また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1087752 全員に公開 ハイキング京都・北摂

高塚山、音羽山

日程 2017年03月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴(霞がち)
アクセス
利用交通機関
電車バス
行きは山科駅より京阪バス22A系統に乗り醍醐新町バス停で下車。
帰りは大津駅を利用しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間3分
休憩
22分
合計
3時間25分
S醍醐新町バス停。08:4808:57長尾天満宮09:0009:47高塚山09:4909:54尾根分岐(高塚山より)09:5510:17桜の馬場10:1810:26牛尾観音(牛尾山法厳寺)10:2810:46尾根分岐(牛尾観音より)10:58音羽山11:1011:15尾根分岐(大津・膳所駅方面へ)11:34尾根分岐(大津駅方面へ)11:38鶴の里の展望ポイント211:3912:08音羽台登山口12:13JR大津駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
醍醐新町バス停8:48→長尾天満宮8:57(参拝)→高塚山9:47(水分補給)→尾根分岐(高塚山より)9:54→桜の馬場10:17→牛尾観音10:26(参拝)→尾根分岐(牛尾観音より)10:46→音羽山10:58(昼食)11:10→尾根分岐(大津・膳所駅方面へ)11:15→尾根分岐(大津駅方面へ)11:34→音羽台登山口12:08→大津駅12:13着でした。
コース状況/
危険箇所等
醍醐新町〜長尾天満宮、舗装路と参道。
長尾天満宮〜高塚山、道標類は殆ど無いも踏み跡はしっかりして歩き易い。
高塚山〜桜の馬場、分岐多し、谷筋は荒れ気味。
桜の馬場〜牛尾観音〜音羽山、急坂有り。
音羽山〜尾根分岐〜音羽台登山口、歩き易い、分岐多め、道標類は殆ど無いので下調べが必要。
音羽台登山口〜大津駅、舗装路。
その他周辺情報トイレは長尾天満宮に有ります。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ザック 1個 ジュラ28
予備電池 2本 単三
ヘッドランプ 1個
コンパス 1個
GPS 1個
カメラ 1個
雨具 1枚
飲料 1.4L 清涼飲料水、お茶等
個人装備品
数量
備考
ロールペーパー 適量
タオル 2枚
携帯電話 1個
サバイバルシート 1個 半身用
適量
折り畳み傘 1本
手袋 1式
薄手フリース 1枚

写真

山科駅より京阪バス22A系統に乗ります。
2017年03月19日 08:23撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山科駅より京阪バス22A系統に乗ります。
1
長尾天満宮裏参道へ入ります。
2017年03月19日 08:54撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長尾天満宮裏参道へ入ります。
長尾天満宮にて、なかなか趣が有る社でした。
2017年03月19日 08:57撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長尾天満宮にて、なかなか趣が有る社でした。
梅が見頃です。
2017年03月19日 09:00撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅が見頃です。
3
長尾天満宮境内を振り返る。
2017年03月19日 09:00撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長尾天満宮境内を振り返る。
長尾天満宮境内に在る皇大神宮の右寄りから山道へ入ります。
2017年03月19日 09:03撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長尾天満宮境内に在る皇大神宮の右寄りから山道へ入ります。
雑木林の明るい道です。
2017年03月19日 09:06撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雑木林の明るい道です。
2
高島線の鉄塔。
2017年03月19日 09:09撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高島線の鉄塔。
鉄塔より山科区市街を望む。
2017年03月19日 09:11撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔より山科区市街を望む。
1
道筋は太く分かり易かったです。
2017年03月19日 09:15撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道筋は太く分かり易かったです。
2
アセビが咲いていました。
2017年03月19日 09:33撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビが咲いていました。
7
陽を浴びるアセビ。
2017年03月19日 09:34撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽を浴びるアセビ。
3
白く清々しいアセビ。
2017年03月19日 09:34撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白く清々しいアセビ。
3
溝状に掘れた道。
2017年03月19日 09:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
溝状に掘れた道。
高塚山にて。
2017年03月19日 09:47撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高塚山にて。
5
ヤブツバキが咲いていました。
2017年03月19日 10:06撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブツバキが咲いていました。
2
この橋は渡れない…すぐ横を渡渉します。
2017年03月19日 10:09撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋は渡れない…すぐ横を渡渉します。
2
道沿いに在った小さな滝、苔むして美しいです。
2017年03月19日 10:14撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道沿いに在った小さな滝、苔むして美しいです。
5
桜の馬場近くでは、倒木が有って荒れています。
2017年03月19日 10:15撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜の馬場近くでは、倒木が有って荒れています。
こういう階段は嫌ですね…調整しないと同じ足ばかり上げる破目になってしまう。
2017年03月19日 10:20撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう階段は嫌ですね…調整しないと同じ足ばかり上げる破目になってしまう。
1
牛尾観音にて。
2017年03月19日 10:27撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛尾観音にて。
2
鉄塔と青空。
2017年03月19日 10:39撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔と青空。
歩き易い尾根道。
2017年03月19日 10:51撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き易い尾根道。
府県境尾根より石山、瀬田方面を望む。
霞がちで茫洋としていました。
2017年03月19日 10:56撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
府県境尾根より石山、瀬田方面を望む。
霞がちで茫洋としていました。
2
音羽山にて。
2017年03月19日 10:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽山にて。
5
音羽山より山科区を望む、霞んでいましたが京都市街もよく見えました。
2017年03月19日 11:08撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽山より山科区を望む、霞んでいましたが京都市街もよく見えました。
2
音羽山より千頭岳方面を望む。
2017年03月19日 11:10撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽山より千頭岳方面を望む。
音羽山より西大津方面を望む。
霞んでいて比叡山はよく見えなかったです。
2017年03月19日 11:10撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽山より西大津方面を望む。
霞んでいて比叡山はよく見えなかったです。
東海自然歩道より分れ大津・膳所駅方面へ入る…
ちなみに標識類はありません。
2017年03月19日 11:15撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道より分れ大津・膳所駅方面へ入る…
ちなみに標識類はありません。
2
広々として歩き易い尾根道が続きます。
2017年03月19日 11:19撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々として歩き易い尾根道が続きます。
2
鉄塔近くより大津市街(膳所付近)を望む。
2017年03月19日 11:37撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔近くより大津市街(膳所付近)を望む。
1
鉄塔下より大津市街(近江大橋方面)を望む。
2017年03月19日 11:38撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔下より大津市街(近江大橋方面)を望む。
陽を浴びるアセビ。
2017年03月19日 11:57撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽を浴びるアセビ。
1
麓の近くには古いお社が有ります。
2017年03月19日 12:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓の近くには古いお社が有ります。
1
フェンス沿いより大津駅付近を望む。
2017年03月19日 12:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フェンス沿いより大津駅付近を望む。
1
音羽台近くに出て来ました。
2017年03月19日 12:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽台近くに出て来ました。
2

感想/記録

そろそろ春の花も咲くかもと思い醍醐から高塚山、音羽山と歩くことにします。

電車利用で山科駅で下車し、京阪バス22A系統六地蔵行きに乗り醍醐新町に8:46着。
ここから歩きで長尾天満宮裏参道に入り長尾天満宮に寄ります、じっくりとは見れていませんが趣が在りそうな社でした。
また境内には梅の花も少し咲いておりきれいでした。

境内に有る末社の皇大神宮に高塚山の登山道が有ります、ただ道標とかは全く無く下調べしないと分かり難いかもしれません。
登山道に入ると踏み跡しっかり且つ雑木林の歩き易い道でした。

中盤では一部急坂も有り、終盤は掘割の道も多くなり高塚山に至ります。
高塚山は樹林の中で展望はないので水分補給を済まして再出発です。

上醍醐と桜の馬場方面への分岐はあまり目印が無いも地図をよく見れば分かります。
桜の馬場方面へ下ると沢筋が荒れた場所も目立ちますが登山道は迂回路が作られており支障箇所は在りません。
行者が森との分岐を越えてからも谷筋は荒れ気味で桜の馬場手前では倒木が目立ちますが注意して進みます。

桜の馬場からは牛尾観音への参道へ入りますが丸太の階段が微妙に歩き難い、歩調が合わず同じ足ばかり上げる破目になってっしまう。
牛尾観音にご挨拶をして山道へ入ります、尾根筋に出ると登りがキツくなるも府県境尾根からは明るい道で気持ちが楽になります。

音羽山では展望は有るも霞んで近くしか見えません、まあ春なので仕方なく軽く昼食とします。

昼食後は府県境尾根より膳所・大津方面への尾根に入り下って行きます。
昨年も同じルートを下りましたが広くて気持ち良く、途中からは大津方面への尾根に入る。
ここからは未踏ですが一部急坂が有るも踏跡は濃く分かり易い道で若干のアップダウンを経て音羽台の外れに出ました。

ここからは舗装路で大津駅へと至りました。

木に咲く花はアセビとヤブツバキが見れたのみで少し遅めに感じました。
訪問者数:298人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ