また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 108900 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

雨引山・唐沢山・馬羅尾山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2011年05月04日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
雨引山登山口〜有明山登山口の道沿いには駐車スペースが点在しています。空いてる場所、都合のいい場所に駐車できます。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
11:10
距離
11.6 km
登り
1,213 m
下り
1,193 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

林道ゲート前(5:35)→雨引山登山口(5:40)→No.38鉄塔(6:20)→(7:05)雨引山(7:10)→林道(7:25)→屈曲点(8:15)→(8:40)唐沢山(8:50)→(10:45)1711m峰(10:55)→(12:40)馬羅尾山(13:05)→(13:25)鞍部(13:30)→(14:20)1650m地点(14:25)→尾根終端(15:45)→(15:55)大曲上部(16:05)→有明山登山口駐車場(16:35)→(16:45)林道ゲート前
コース状況/
危険箇所等
雨引山はよく整備された登山道になってます。ロープのあるところや高度感のあるところもありますが気を付ければ問題ありません。時間もあまりかからず登れるので楽しめる山だと思います。
唐沢山へは藪漕ぎありますが踏み跡、テープ等あります。山頂からの展望は望めません。
馬羅尾山はとにかく藪漕ぎせずには到達できません。また、踏み跡もテープもほとんどありません。藪もシャクナゲとクマザサで非常に深いです。山頂は南北に細長くなっています。北側の方が展望は開けます。

雨引山以外は基本一般ルートではありません。ルートが無いと言ってもいいでしょう。登れそうなところは尾根や沢など数か所ありました。今回は雨引山から行ったので登りは主尾根上を進みました。下山は馬羅尾山から清水岳方面に進んだ鞍部付近から大曲の上部に向かって伸びる尾根を選びました。藪は濃く見通せないのでルート確認を怠らず進む必要があります。ほかの尾根をたどっても同じことだと思います。

雨引山から馬羅尾山まで全部歩くと結構時間かかります。距離の割には相当かかりますので状況によってルート変更は必要になります。細かくは感想で書きます。
過去天気図(気象庁) 2011年05月の天気図 [pdf]

写真

雨引山登山口
2010年05月04日 05:41撮影 by FinePix JZ300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨引山登山口
熊ノ倉岩
2010年05月04日 06:28撮影 by FinePix JZ300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊ノ倉岩
熊ノ倉岩下から
2011年05月05日 10:13撮影 by FinePix JZ300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊ノ倉岩下から
雨引山山頂
2010年05月04日 07:03撮影 by FinePix JZ300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨引山山頂
1
雨引山山頂から
2010年05月04日 07:04撮影 by FinePix JZ300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨引山山頂から
1
ここから唐沢山の登り
2010年05月04日 07:31撮影 by FinePix JZ300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから唐沢山の登り
唐沢山山頂付近
2011年05月05日 10:14撮影 by FinePix JZ300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢山山頂付近
2
表銀座主稜線方向
2010年05月04日 09:52撮影 by FinePix JZ300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表銀座主稜線方向
1
倒木の一本橋
2011年05月05日 10:14撮影 by FinePix JZ300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木の一本橋
馬羅尾山手前鞍部の人工物
2010年05月04日 11:36撮影 by FinePix JZ300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬羅尾山手前鞍部の人工物
1
この付近から下山
2010年05月04日 13:24撮影 by FinePix JZ300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この付近から下山
沢筋に降ります
2010年05月04日 15:42撮影 by FinePix JZ300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢筋に降ります
有明山登山道と合流
2010年05月04日 15:46撮影 by FinePix JZ300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有明山登山道と合流
この尾根も使えるかも
2010年05月04日 16:34撮影 by FinePix JZ300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根も使えるかも
新品の皮手袋に穴が開きました…
2010年05月04日 16:48撮影 by FinePix JZ300, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新品の皮手袋に穴が開きました…
2

感想/記録

感想も含めコース詳細を書いていく。

スタート地点は林道の入口にしたがこの辺ならどこでもいいだろう。雨引山登山口には2,3台は停められるスペースがある。登山口はしっかりした道標や看板がありわかりやすい。
送電線の巡視路も兼ねた道なので鉄塔によく出会う。登りだして笹の中を進むがすぐに急登となる。ペースを上げすぎずに登りたい。登山道はしっかりしているので歩きやすい。しばらくするとNo.40の鉄塔に出る。鉄塔をくぐり1110mのピークまで急登は続く。ピークからはなだらかに尾根上を進み1141mピークに。すぐそばに鉄塔がある。
ここから少し行くと開けた場所に出て分岐になっている。広い道に行かず道標の雨引山方向に入る。少し上り詰めると1210mのピークに立つ。何もないので先に進もう。すぐに熊ノ倉岩という看板が目に入る。そんなに岩の感じはしないかもしれないが、進むとロープの張ってある岩場の下りとなる。慎重に下りたい。距離は大したことないので急がず進もう。降りてから進むと今度は崩落地が見えてくる。見た目よりは大したことのない道が付いている。左下には林道が見えている。ま、万が一滑り落ちてもその林道までだろうなと思ったり…(ちなみに20m位の落差かな?)
しばらくなだらかに登っていくと林道へ降りる下山道との分岐に出る。狭い分岐なのでゆっくりはできない。同じような緩い道を歩けば雨引山山頂に出る。下界の展望はとても良い。反対側はちょっと木が邪魔するが見えないわけではない。
ベンチもありゆっくりしたら来た道を戻る。東方向の尾根にもなんとなく道になっていた。どこかに繋がっているのだろう。下山道分岐から急な斜面を下りると林道の峠付近に出る。ここから帰るときは下山道を下る。今回はここからが本番である。

まずはささやぶを突っ切り林道横のNo.37鉄塔に。ホントにすぐである。鉄塔をくぐると藪の中に踏み跡が。藪で踏み跡も薄いがテープがありわかりやすい。尾根を外さないように進むと大きな岩に阻まれるが巻いて上部に出られる。テープも踏み跡も思っていたよりあり歩きやすい。といっても普通の登山道よりはるかに分かりずらい。ルートを外さないよう常に注意は必要だ。急な尾根を上り詰めると尾根が大きく右に方向転換する。テープもあるのでわかるだろう。ここまでくれば唐沢山は近い。傾斜もゆるくなり歩きやすい。
山頂付近には大きな岩が2つあり間を通り抜けられる。その辺が山頂だが展望はない。南北に長い山頂だがどこからも展望はなかった。広いわけでもないのでいい場所を見つけて休憩しよう。でもここは思っていたより人が入っているのかな?という感じの尾根歩きだった。

唐沢山から方角を確認し尾根を間違わないように進む。ここまであった踏み跡やテープは極端に少なくなる。そして藪も濃くなり歩みが遅くなる…。1560m付近の鞍部で休憩しながらこの付近に上がる尾根と沢を確認する。沢は上部がきつそうだが尾根はうまく上がれれば使えるかもしれない。そして濃い藪の中を登り進める。シャクナゲの濃いところはとにかく進路を妨げられる。シャクナゲの生え方を見ていいところを見つけるしかない。そして1711m峰に上りつく。この辺はところにより藪が消え歩きやすくなる。
この辺に上がる尾根もありそうだが地図上できつそうなところもある。その先のちょっと低いピークに上がる尾根も行けるだろう。この尾根はネットで検索していたら記録にあった。ここを過ぎると馬羅尾山手前の鞍部に向かって高度を下げる。ところどころ雪が残っている。雪の上は藪はないものの下が空洞の落とし穴が多くあるので雪から除く草木を見分けて落ちないようにしよう。うまくいけば藪を漕ぐより歩きやすい。
鞍部に降り立つと83と表示のある朽ちかけた杭がある。唐沢山からここまであった人工物は途中のテープ1箇所とこの杭だけである。ところどころ尾根に付けられた踏み跡は糞から見てカモシカだろう。ただ、交叉してるけもの道の中には熊のものもあると思われる。鞍部からの登りはきつい。斜度も割とあるうえしゃくなげの藪がひどい。そして所々に雪…この登りの途中に沢を上り詰めた記録もネット上にあった。その跡は見てとれなかった。とにかく藪の中尾根を外さないように登り詰めたら馬羅尾山だ。

馬羅尾山山頂も南北に長い。多く雪に覆われていた。三角点を探すも見つからず…展望は北の方でちらっとあるがそれだけ…でも唐沢山よりは広く休むのにはいいかもしれない。ゆっくりしたら下山に入る。ルートは尾根を清水岳方面に進んだ鞍部付近から南東に伸び大曲上部に降りる尾根を辿ることにした。ネット検索では記録は見つからなかった尾根である。山頂から鞍部まで歩きやすい。鞍部は雪に覆われ落とし穴も多い。この辺はテントが張れそうである。
雪の鞍部から尾根を左に外れながら下山路を探す。鞍部付近から下山尾根に入るとまた藪の中になる。いくつも尾根が交錯しているので目標の尾根を外さないようにしたい。が、藪の中でなかなか視界がない。ちょっと進んで違ってトラバースまた進んでトラバースと修正しながら目標の尾根に何とかとどまる。藪で歩きやすい獣道に誘われるとこうなるのだ…うまくトラバースする獣道で修正する。たぶんカモシカと猿の獣道が多いと思われるが熊のものもある。1500m付近で尾根が左右別れるので右側の尾根に入る。といってもハッキリとは別れず緩やかに分かれ気づくと間に沢がある感じなのでうまく見つけよう。左の尾根を進むと地図上で大きな岩にぶつかっているので進路に困るだろう。
だんだんと沢の音が大きくなり沢が入り乱れてくるのでうまく沢に入っても行けるだろう。一応今回は尾根の先端まで進む。最後は沢にめがけて尾根が落ちていくので歩きやすい笹薮の中を漕ぎ沢にでる。沢に降りてしまえば一安心沢で手を洗い顔を洗い…そうしたくなるだろう。そこから下流に少し進むと有明山からの登山道にぶつかる。あとは登山道に沿って歩くのでだいぶ気が楽だ。下から見上げながら登れそうな尾根をチェックしてもどれも急である。そして藪の中…。
どんどん下り車道に出るところの尾根の取り付きにテープがいくつか見えた。もしかしたらこの尾根に踏み跡があるかもしれない。1711m峰に出る尾根である。そして舗装されてない車道歩き。車を止めた林道入り口まで歩く。スタートをこっちにする手もある。ま、10分ほどで着くのだが。

こんなコースであるが全体的に藪が濃い。道がない。獣の跡が多い。ってところでしょうか。ただ多く人が歩かれていないので土の上などはフカフカで気持ちいい。展望は少ないので登る人が少ないのもの頷ける。ま、登る人が少ないというよりほとんど登られていない山である。コースももう少し短くした方が体力的にも時間的にもいいと思う。情報も少ないので現地判断も必要だ。もし行かれる方があればと思い長々とした感想になってしまった。お許し頂きたい。

時間も体力も許されるなら清水岳、有明山と登り詰めるのも面白いかもしれないが、清水岳まで藪はあるだろう…清水岳から表銀座縦走路まで出るコースも考えてみたりできる。そこまでやる人はごくごく少数だろうが。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:4183人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ