また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1092379 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

ダイトレ縦走2 二上山(当麻寺)〜紀見峠

日程 2017年03月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行き:近鉄南大阪線 当麻寺駅
帰り:南海高野線 紀見峠駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ヤマレコでスマホ写真を連携させようと思ったのですが、一切写真編集ができないので、いつも通りPC経由でアップしました。
コース状況/
危険箇所等
金剛山の北側(一の鳥居周辺)には、ほんの少し残雪がありました。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 着替え ザック 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) 計画書 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

近鉄当麻寺駅から出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近鉄当麻寺駅から出発。
1
當麻寺横を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
當麻寺横を通過。
2
チャレンジ登山の集合場所となるゆうあいステーション付近?!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チャレンジ登山の集合場所となるゆうあいステーション付近?!
祐泉寺通過。中を抜けずに、秋の縦走大会コースを登っていきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祐泉寺通過。中を抜けずに、秋の縦走大会コースを登っていきました。
湿度高めで花粉がマシだったのかな。比較的、視界は開けていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿度高めで花粉がマシだったのかな。比較的、視界は開けていました。
4
倒木をくぐって万葉の森登山口に。ここからの車道歩き、途中から歩道がなくなるので、危ないですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木をくぐって万葉の森登山口に。ここからの車道歩き、途中から歩道がなくなるので、危ないですね。
竹内峠のダイトレプレート。新しいトレランシューズを履いて、下りは駆け足で進み、順調に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹内峠のダイトレプレート。新しいトレランシューズを履いて、下りは駆け足で進み、順調に。
1
名物階段をひたすら登って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物階段をひたすら登って
1
岩橋山にとうちゃこ。靴が新しくても登りのきつさは変わらないT_T;。小休憩をはさみ、おにぎりを一つチャージ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩橋山にとうちゃこ。靴が新しくても登りのきつさは変わらないT_T;。小休憩をはさみ、おにぎりを一つチャージ。
2
階段を登りに登って葛城山のキャンプ場に到着。ゆうあいST から二時間半。秋よりもペースアップできてる^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を登りに登って葛城山のキャンプ場に到着。ゆうあいST から二時間半。秋よりもペースアップできてる^^
2
次に目指す金剛。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に目指す金剛。
3
遠くの名峰には、雪が残っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くの名峰には、雪が残っています。
水越峠までおりてきました。下り坂で調子に乗りすぎて、左膝に違和感が出始めました。(膝メーター7/10♪)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠までおりてきました。下り坂で調子に乗りすぎて、左膝に違和感が出始めました。(膝メーター7/10♪)
1
水越のプレート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越のプレート。
1
金剛の水をハイドレーションに注ぎ込み。残っていたたくさんのお茶を全部こぼしてしまいました(-_-;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛の水をハイドレーションに注ぎ込み。残っていたたくさんのお茶を全部こぼしてしまいました(-_-;)
沢山の階段で、左膝の痛みが増してきて・・・それをかばう右足ふくらはぎが攣り気味・・。(膝メータ3/10)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢山の階段で、左膝の痛みが増してきて・・・それをかばう右足ふくらはぎが攣り気味・・。(膝メータ3/10)
1
山頂へハンコをもらいに行くつもりでしたが、断念し、先へ進みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へハンコをもらいに行くつもりでしたが、断念し、先へ進みました。
1
園地では、「ふれあい動物園」と称して
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
園地では、「ふれあい動物園」と称して
2
珍しい動物たちが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
珍しい動物たちが
4
たくさんいました(^_-)-☆
葛城山〜金剛山が2時間。この先は下りの駆け足を自重し、最後までたどり着くことに専念(;'∀')。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさんいました(^_-)-☆
葛城山〜金剛山が2時間。この先は下りの駆け足を自重し、最後までたどり着くことに専念(;'∀')。
6
足をかばいながら、ゆっくり下って久留野峠(膝メータ2/10)。おにぎりをほおばりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足をかばいながら、ゆっくり下って久留野峠(膝メータ2/10)。おにぎりをほおばりました。
3
上り下りを急がずに繰り返し、千早峠を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上り下りを急がずに繰り返し、千早峠を通過。
1
行者杉まで来ました。で、再びおにぎりをチャージし、小休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者杉まで来ました。で、再びおにぎりをチャージし、小休憩。
1
弥山・八経が良く見えました。肉眼では、稲村も見えました(^_-)-☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山・八経が良く見えました。肉眼では、稲村も見えました(^_-)-☆
3
ここからの階段地獄
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの階段地獄
長かった・・・(膝メータ0.5/10!)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長かった・・・(膝メータ0.5/10!)
1
最後のプレート、紀見峠。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のプレート、紀見峠。
モニュメントもパチリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モニュメントもパチリ。
2
で、コンクリート坂を降りて駅に到着。ビールでひとり乾杯しました。この後、駅の階段がきつかったぁ〜( ;∀;) 膝メータ0.01/10!)終わってみれば8時間の長旅。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、コンクリート坂を降りて駅に到着。ビールでひとり乾杯しました。この後、駅の階段がきつかったぁ〜( ;∀;) 膝メータ0.01/10!)終わってみれば8時間の長旅。。
5

感想/記録
by marsee

今日は登山靴ではなく、初のランニングシューズでダイトレを歩いてきました。

登山靴よりも軽く、特に下りはスピーディーに駆け下りれた気がします。

秋の縦走タイムを意識しながら、大幅短縮を狙って調子よく飛ばせたのは水越峠まで。それ以降は、膝が悲鳴を上げ、終わってみれば前回以上の時間となってしまいました。

最後まで歩けたものの、かなりの疲労と痛みを残した山行きとなりました。でも、今の自分に見合う歩き方を一つ勉強できました^^;。
訪問者数:305人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/6/12
投稿数: 121
2017/3/26 10:40
 marseeさん早すぎ
marsee早すぎです。
だんだん、トレランに移行してますね。
ただ、あんまり無理しないでくださいね。
膝、および下半身の故障は、将来きついですよ。
大事にしてくださいね。

本番の9日までに、ゆっくり治して、頑張ってください。
登録日: 2016/5/5
投稿数: 48
2017/3/26 11:42
 Re: marseeさん早すぎ
otoさんこんにちは。

歩き始めてもうすぐ1年。秋のダイトレから半年。ちょっと成長を感じてみたくなり、ローカットの新しい靴を履いて挑んでみましたが、あっという間に「膝カックン」状態になって、あえなく撃沈。ランナーのような体力も技術もなく、前半のちょっとしたスピードアップより、平均速度を上げられるような歩き方を考えないといかん、と体得した次第です( ;∀;)。

身の丈に合った目標を立てて、歩いてきますね>4月9日。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ