また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1092586 全員に公開 ハイキング京都・北摂

大岩岳384m ステップアップ講座 地図を片手に道迷い

日程 2017年03月25日(土) [日帰り]
メンバー
 bucch(CL)
, その他メンバー3人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
JR道場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.7〜1.8(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
0分
合計
5時間20分
Sスタート地点09:3014:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
しっかり読図しないと迷子になります。
地図はB班。
その他周辺情報駅前で”反省会”
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハイキング装備一式
共同装備 無線機 ツェルト

写真

読図実習が主のハイキングです。3ルートに班分けして登りました。
2017年03月25日 09:23撮影 by SOV31, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
読図実習が主のハイキングです。3ルートに班分けして登りました。
千刈貯水池は大正時代に建設された施設で、ダムも含めて趣があります。
2017年03月25日 09:44撮影 by SOV31, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千刈貯水池は大正時代に建設された施設で、ダムも含めて趣があります。
要所要所で、現在位置の確認をしました。ここでは、山座同定をし、遠くに有馬富士、千丈寺山、大船山を視認しました。
2017年03月25日 11:27撮影 by SOV31, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要所要所で、現在位置の確認をしました。ここでは、山座同定をし、遠くに有馬富士、千丈寺山、大船山を視認しました。
1
東大岩岳でBチームと合流し昼食
2017年03月25日 12:03撮影 by SOV31, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東大岩岳でBチームと合流し昼食
1
分岐では必ず地図を出しルートを確認
2017年03月25日 12:20撮影 by SOV31, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐では必ず地図を出しルートを確認
丸山湿原の成り立ちを”学習”
2017年03月25日 12:49撮影 by SOV31, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山湿原の成り立ちを”学習”
湿原を歩く
2017年03月25日 12:49撮影 by SOV31, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原を歩く
丸山湿原は”天然記念物”、珍しいランが自生しています。
2017年03月25日 13:02撮影 by SOV31, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山湿原は”天然記念物”、珍しいランが自生しています。
A,B,Cチーム集まって記念撮影
2017年03月25日 13:03撮影 by SOV31, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A,B,Cチーム集まって記念撮影
2
点名丸山の4等三角点
2017年03月25日 13:19撮影 by SOV31, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
点名丸山の4等三角点
入山禁止!!
2017年03月25日 14:13撮影 by SOV31, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山禁止!!
野辺に咲くスイセン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野辺に咲くスイセン

感想/記録

ステップアップ講座、読図研修が例年のとおり大岩岳周辺で行われました。
3班に分かれ、9時30分ごろから5分おきに不動岩下の駐車場を出発しました。
以前、ステップアップ研修のコースでは同じような道や、地図にない道が沢山あると聞いていたので、今日は地図をしっかり見て、現地もしっかり見て迷わないようにしようと目標を立てていました。結果、迷うことはなかったのですが、やはり一時、自分の所在が分からなくなり迷う一歩手前までにいたりました。地図のせいにしてはいけませんが、地図にない道も沢山ありました。
丸山湿原北分岐まで3班に分かれ実習を行い。ここから全班一緒にゴールを目指します。いつものハイキングでは、井戸端会議的な話が多いのですが、今日は研修ということで読図やハイキングの失敗談的な話が中心です。講師の方々に加え知識の豊富な人もたくさんいらっしゃり、地図について知識が深まりました。
自分が知らなかっただけでご存知の方もいらっしゃるので長々とは書けませんが、印象に残ったことは
・地図は正しいとは、限らない。
・地形(等高線)は、変化が少ないが、道は大いに変化する。
・極論、道の記号でなく、現地の地形と照らし合わせて、現在地を確認する必要あり。
・地図の表現方法のため仕方がない。
現地の道の形態地図の表現
T字分岐として目指していると上からおりてきた場合、分岐を見落とし易い。
・三角点の話:一等とか二等とかあるけど、有名な山がランク上?× インターネットにて詳細確認。
・講師の方、経験者の方を見ていると、周辺を観察すとき、平面的にみるのではなく、立体的に見ていると感じました。例えば、上空を通過する送電線についても注視していました。
14時45分全員、不動岩下の駐車場に戻りゴールしました。
今回の研修では、出発前の調査(今回は地図を見て何があるか知っておく)、ハイキング中の地図読みの大切さとコツを学ぶことができました。一段と地図読みが面白くなった気がいたします。(KUG)
訪問者数:542人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

三角点 山座同定 道迷い 自生
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ