また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1103094 全員に公開 ハイキング奥秩父

和名倉山(三ノ瀬からピストン)

日程 2017年04月09日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候雨のち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
行き 3:30大井町駅ー6:50民宿みはらし
帰り 18:40民宿みはらしー19:10大菩薩の湯20:00ー21:30辻堂駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間54分
休憩
35分
合計
11時間29分
S将監登山道入口06:2008:20将監小屋08:3008:45将監峠08:55山ノ神土10:49東仙波(奥仙波)12:45和名倉山13:1013:24二瀬分岐(二瀬・山頂・仙波方面)15:00東仙波(奥仙波)16:00西仙波(前仙波)17:49将監登山道入口17:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
緑の回廊から西仙波、東仙波から和名倉山方面などいくつかわかりづらい箇所があります。

また山の神土から先はところどころ雪が凍っていて軽アイゼンなどが必要です。
その他周辺情報駐車場 民宿みはらし¥500
温泉 大菩薩の湯 ¥640
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯 サングラス タオル

写真

山の神土分岐
2017年04月09日 08:55撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神土分岐
東仙波山頂、看板が落っこってます
2017年04月09日 10:49撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東仙波山頂、看板が落っこってます
同じく東仙波山頂
2017年04月09日 10:49撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく東仙波山頂
和名倉山山頂
2017年04月09日 12:45撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和名倉山山頂
2
山頂の目印のテープなのかな!?
2017年04月09日 12:45撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の目印のテープなのかな!?
1
前に見えてたのが飛龍だったかな
2017年04月09日 13:24撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前に見えてたのが飛龍だったかな
1
山頂手前の分岐
2017年04月09日 13:24撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前の分岐
1
午後から晴れるかと思いましたが、、、
2017年04月09日 13:54撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後から晴れるかと思いましたが、、、
2
クマさんの足跡
2017年04月09日 15:31撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマさんの足跡
3
緑の回廊
2017年04月09日 15:56撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑の回廊
2
丹沢山みたいだなぁ〜
2017年04月09日 15:56撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山みたいだなぁ〜
4
無事下山🙌
2017年04月09日 17:49撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山🙌
撮影機材:

感想/記録
by cjirou

正直Oさんからお誘いされるまで知らなかったこの奥秩父にある和名倉山。1週間前から天気予報ばかりチェックし、天気は悪そうだが気温も上がりそうだからと高を括って楽勝ムードを漂わせていたのが間違いの始まりでした。

当日久々に自家用車で行くにも関わらず、邪魔になるだろうとアイゼンを持たずに出発。直前の予報では曇りのち晴れとなっていたため、ソフトシェルに春夏用のストレッチパンツ。もちろんハードシェルと雨具のパンツは持って行きましたが。

民宿みはらしに着くと、単独の方がちょうど出発するところでした。Oさんが少し眠いということで10分車の中で仮眠をとり、それから支度をして行く頃になると民宿のおばあちゃんが起きてきたので料金を払ってから出発。

行きは将監小屋経由で歩き、その手前あたりで6〜7名の大学生風のグループとすれ違いました。小屋は一部解放されていましたが、人はおらずトイレも冬季閉鎖中でした。そこでコーヒーブレイクをし、それから歩き出すと次第に天気は急坂へ。

山の神土を過ぎたあたりから登山道のアイスバーンが酷くなり、私がアイゼンを持っていなかったのでOさんから片方の軽アイゼンをお借りし、先へ進んで行きます。

次第に道がトラバース気味になり、残雪やアイスバーンが一層酷くなると落っこちても大したことなさそうな傾斜にも関わらず、片足スケート状態なので思うように進むことができなくなり、これぞ和名倉マジックといった具合にすっかり侮っていた自分を後悔させられました。

道もところどころわかりづらいところが多く、残雪を踏み抜いてひざ下くらいならまだしも深いところでは腰のあたりまでラッセルしながら山頂を目指しました。

途中ですれ違った先行の方は東仙波を過ぎたあたりで引き返してきたようで、それまであったトレースもなくなり、ここまでミスというか計算違いが発生してくると引き返した方がいいかもしれないなぁ、と思いOさんと協議しましたがまだいけるということで続行し、それからはわりに道も歩きやすくなり、目印のテープもわりにわかりやすくなり、出発してから約7時間かかって何もない山頂へ。

体を冷やさないうちにカップラーメンを作ってかきこみ、再び片足軽アイゼンでもと来た道へ。少しは氷も溶け始めてきてはいたものの、やはりしんどさはさして変わらず、おまけに緑の回廊あたりですってんころりんし、大転子後部を思いっきり岩にぶつけてしばらく起き上がることができませんでした。

とまあ、ずぶ濡れで泥だらけ&鹿のフンまみれ、おまけに冬眠から目覚めたクマさんがうろつく道を片足スケートしながら(Oさん本当にご迷惑おかけ致しました)ディープすぎる奥秩父を丸一日堪能することができました。しんどさ的には4年前の5月に行った大無間山を思い出させられ、色々ありましたが終わってみればいい山行になりました。

下山後はみはらしのおばあちゃんに温かいお茶や漬物をいただきながら、集落の話をたくさん聞かせてもらってそれもまたいい思い出になりました。

最後になってしまいましたがOさん19年後にまた一緒にこの山を登りましょう!
訪問者数:920人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ