また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1103911 全員に公開 雪山ハイキング大山・蒜山

大山地獄谷(キリン沢〜三本槍沢〜振子沢)

日程 2017年04月13日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇りのち晴れ 時々強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道315号から大山環状道路、健康の森登山口。
奥大山スキー場から鍵掛け峠は前日に開通したそうです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間0分
休憩
1時間50分
合計
7時間50分
S健康の森登山口08:0009:301405P10:0010:40地獄谷10:5011:10三本槍沢11:2012:00東尾根12:1012:50振子沢の頭13:1014:20駒鳥小屋14:3015:00鳥越峠15:2015:50健康の森登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◎健康の森登山口〜1405P
 …湿雪腐りかけ、スノーシュー不要。1405P南西の尾根からはピーク手前のヤブ  がひどいので1本東の尾根がよいです。クラック数ヶ所あり。
◎1405P〜キリン沢
 …稜線直下は急、一段下には大きな破断面。滑落、はまり込みの危険。
  落石、落氷。
◎地獄谷〜三本槍右俣
 …落石・クラックは随所にみられる。
  三角小ピークはヤブ露出につき乗り越え不能と思われます。
◎東尾根〜振子沢
 …東尾根は雪が残っていません。ヤブ漕ぎとなります。
  左岸の露出部分からは勢いよく雪解け水が流れ込みます。水流に要注意。
  落石・雪崩は・クラックはほぼみられない。
◎地獄谷〜鳥越峠〜木谷
 …駒鳥小屋へはスノーブリッジを越えることになります。踏み抜き注意。
  急登、倒木など。
その他周辺情報奥大山スキー場 トイレが借りられます。
鍵掛峠 トイレ再開。展望良。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 ゲイター ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス ツェルト ストック カメラ

写真

鍵掛峠まで開通しました。
はやくも駐車場が埋まりそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍵掛峠まで開通しました。
はやくも駐車場が埋まりそうです。
1
この時期にしてこの高さの雪壁。
今年はすごかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期にしてこの高さの雪壁。
今年はすごかった。
2
木谷を歩く。
根開きの深いものは2mほども。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木谷を歩く。
根開きの深いものは2mほども。
1
風が速い。
雲が湧いてるのか、なかなか晴れてくれない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が速い。
雲が湧いてるのか、なかなか晴れてくれない。
2
烏ヶ山と鳥越峠。
当初の予定は鳥越峠から地獄谷。
ちょっと寄り道をしていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏ヶ山と鳥越峠。
当初の予定は鳥越峠から地獄谷。
ちょっと寄り道をしていく。
2
1405Pは上部のブッシュがひどいので南西を避けて上がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1405Pは上部のブッシュがひどいので南西を避けて上がる。
1
ヨコに走るクラックが数ヶ所。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨコに走るクラックが数ヶ所。
もう少しでピーク。
あいかわらず晴れ間が出ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しでピーク。
あいかわらず晴れ間が出ない。
少しの間晴れ待ちをしましょう。
??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しの間晴れ待ちをしましょう。
??
4
なにかおる気がする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なにかおる気がする。
2
もう少しだ。
太陽コイ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しだ。
太陽コイ!
3
出た―っカオナシ!
関西弁を話すカオナシさん3人衆。
ゆかいな方たち、驚かせてくれてありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出た―っカオナシ!
関西弁を話すカオナシさん3人衆。
ゆかいな方たち、驚かせてくれてありがとうございました。
4
余分に登ってしまったので、
少し体力節約で、キリン沢を下降します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余分に登ってしまったので、
少し体力節約で、キリン沢を下降します。
一段下りたところに長ーい破断を確認。
注意して乗り越えた後、思わぬところで落下。
肩まではまる。思った以上に深い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一段下りたところに長ーい破断を確認。
注意して乗り越えた後、思わぬところで落下。
肩まではまる。思った以上に深い。
2
キリン沢の本流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キリン沢の本流。
この先が見えなくて不安があった。
滝になってたらOUT。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先が見えなくて不安があった。
滝になってたらOUT。
5
繋がっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
繋がっています。
シュルンド的な。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュルンド的な。
滝状になって雪解け水が流れ込む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝状になって雪解け水が流れ込む。
1
あらゆる方位を警戒しながら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あらゆる方位を警戒しながら
キリン沢通過。
真ん中は右俣。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キリン沢通過。
真ん中は右俣。
1
上流。
気づかなかったがどこかに魚断の滝があるはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流。
気づかなかったがどこかに魚断の滝があるはず。
2
壁沢分岐。
雪塊が転がっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壁沢分岐。
雪塊が転がっている。
1
壁沢源頭部の様子。
大きな破断と雪崩跡が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壁沢源頭部の様子。
大きな破断と雪崩跡が見える。
2
こういう切れたところが危ないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう切れたところが危ないです。
1
三本槍沢へ到着。
少し休みながら、ルートを選ぶ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本槍沢へ到着。
少し休みながら、ルートを選ぶ。
真ん中は無理なので右俣へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中は無理なので右俣へ。
随所にみられるクラック。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
随所にみられるクラック。
1
振り返って
雪で埋まった地獄谷。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って
雪で埋まった地獄谷。
1
三角ピークの左下は上部と中ほどにクラックが2段。
無難に右を選択。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角ピークの左下は上部と中ほどにクラックが2段。
無難に右を選択。
右へ右へと進んで東尾根直下。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右へ右へと進んで東尾根直下。
尾根に乗りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗りました。
1636P方向、ここの尾根通しはきびしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1636P方向、ここの尾根通しはきびしい。
トラバースしていくが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースしていくが、
えらい。
降りちゃったほうが楽だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えらい。
降りちゃったほうが楽だ。
振子沢へ降下。
ひたすら登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振子沢へ降下。
ひたすら登る。
ちょっと汚れてきてるけどきれい。
大きな沢だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと汚れてきてるけどきれい。
大きな沢だ。
2
さすがに視覚的にきつくなって、
右の稜線に逃げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすがに視覚的にきつくなって、
右の稜線に逃げる。
4
稜線に出ました。
象ヶ鼻の上あたり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ました。
象ヶ鼻の上あたり。
夏山道と元谷を見渡す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏山道と元谷を見渡す。
主稜線。
天狗直下雪なさそう。こわい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線。
天狗直下雪なさそう。こわい。
1
Sさんと記念撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Sさんと記念撮影。
3
ガスってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスってきました。
割れ目の外にも足跡があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割れ目の外にも足跡があります。
1636Pまで行って本沢を観察。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1636Pまで行って本沢を観察。
まずここから下りるなんて怖すぎる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずここから下りるなんて怖すぎる。
横に走るクラックがいくつか見えるので
やめることにする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横に走るクラックがいくつか見えるので
やめることにする。
1
本日振子沢は中盤で一名見かけたのみ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日振子沢は中盤で一名見かけたのみ。
では遠慮なく??
いってらっさい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では遠慮なく??
いってらっさい。
2
振子沢はほとんど落石なし。
たまにこんなの。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振子沢はほとんど落石なし。
たまにこんなの。
なんてきれいな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんてきれいな。
2
絶妙なバランスです。
もしかして人工物?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶妙なバランスです。
もしかして人工物?
2
雪の下から大きな水流音がする場所があります。
ぞっとします。にげろにげろ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の下から大きな水流音がする場所があります。
ぞっとします。にげろにげろ。
大型爆弾が落ちるのを想像。
避けきれないかもしれない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大型爆弾が落ちるのを想像。
避けきれないかもしれない。
地獄谷にもとんがり(尖塔)発見。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄谷にもとんがり(尖塔)発見。
2
ブナの木が青空に映える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの木が青空に映える。
地獄谷振子沢出合。
広ーい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄谷振子沢出合。
広ーい!
1
下から見る東尾根と天狗ヶ峰への稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から見る東尾根と天狗ヶ峰への稜線。
スノーブリッジを恐る恐る渡って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーブリッジを恐る恐る渡って
駒鳥小屋へ。
埋まっていますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒鳥小屋へ。
埋まっていますね。
1
ヒーヒー言いながら
やっと鳥越峠。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒーヒー言いながら
やっと鳥越峠。
1
木谷の森、春を感じます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木谷の森、春を感じます。
1
鍵掛峠にて。
今日もありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍵掛峠にて。
今日もありがとうございました。
7

感想/記録

環状道路は奥大山スキー場〜鍵掛峠まで開通しました。
朝8時前には木谷の登山口Pはほとんど埋まるくらいでした。
(みなさん振子沢かと思ってましたが、BCの方誰もいませんでした)

鳥越峠から地獄谷の予定でしたが、1405Pが近くに見えてしまったのでつい寄り道をしてしまいました。
少し待ったおかげで、青空バックに雪の裏大山を見ることができました。

写真にある通り、素敵な出会い(?)がありまして、
そのお方はなんとジブリ映画でおなじみカオナシさんでございました(笑
いろいろ突っ込みどころはありましたが、晴れ待ちのしばらくの間楽しませていただきました。3人衆の方、ありがとうございました。

1405Pから少し進んだ場所からキリン沢を下りました。
長い破断面が見えていたのですが、回避できなかったので乗り越えました。
同行者のフォローしてると思わぬところで脇まで落ちてしまいました。
幸い脇で止まって、木の根に足がかかったので難なく抜けられましたが、落ち方によっては大変危険なので、さらに気をつけないといけません。

キリン沢〜地獄谷〜三本槍沢と、まだ雪はしっかりあって、落石も一部で小規模といったかんじでした。
ただし、沢の上部、中部は横にクラックが走っているのでそのへんは危ないです。
三本槍の右俣は難なく上がれました。
東尾根はヤブ漕ぎです。あの固い灌木なので、アイゼンつけて進むとケガしそうです。振子沢へ下りました。

初めて通る振子沢、雪が減って時期的にはいい時を逃してるようですが、
すごくよかったです。登っても登っても続く大きな沢の風景、圧巻でした。
できれば本沢下降と思ってました。でも最初の一歩が怖いなあということで振子沢へ戻りました。

今まで歩いてないところをいくつか経験できたので、満足のいく山歩きでした。
Sさん、今回もありがとうございました。




訪問者数:491人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ