また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1107815 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

丸沼高原スキー場から日光白根山(日帰り)

日程 2017年04月16日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
春スキーシーズンは、土日も駐車場が無料です。ただし、混雑時は少し離れた駐車場に誘導されます。
ゴンドラは、往復大人2000円、子ども1000円。ただしデポジットが1000円かかります。下山時のコンドラは15:30が最後になります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間27分
休憩
52分
合計
5時間19分
Sスタート地点09:3809:48日光白根山ロープウェイ山頂駅09:4910:30大日如来分岐10:41地獄ナギ12:30奥白根山13:1514:11地獄ナギ14:1314:20大日如来分岐14:2114:54日光白根山ロープウェイ山頂駅14:5714:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登りゴンドラ内でGPSをONにしてしまいました。
ゴンドラは、15:30が最終便(下山)。
コース状況/
危険箇所等
全体的にだいぶ雪が緩くなってきています。トラバース部分は、特に注意が必要かと思います。

ゴンドラ終点〜大日如来分岐
森の中の気持ちの良いルートです。分岐手前で一度短めの急斜面があります。積雪期はチェーンや雪質によってはアイゼンをはくほうが良いかと思います。今年は、大日如来は雪が多くて埋まっているようでした。

大日如来分岐〜標高2400m地点(森林限界)
大日如来からすぐの七色平分岐を過ぎると、白根山の南西面をトラバース気味に高度を上げるルートになります。地獄ナギなどの沢では、落石や小さなデブリが散見され、そろそろ雪崩が怖い感じがします。ただし週末で人が多く入っていてトレースははっきりしていました。トラバースが終わったら山頂へ向けて急斜面を登ります。森林限界を迎えて平らな休憩適地に出ると、山頂へ続く最後の登りが見えるようになります。

標高2400m地点(森林限界)〜山頂
今回は、大きな雪渓をヒーヒーと登りました。風が強く周辺の雪は飛ばされています。一気に高度を上げると直ぐに神社の社です。雪の状態によっては右側にある草付きの夏道を通って降りることもありますが、今回はそのまま直進して斜面を降りて山頂へ登り返しました。山頂直下は雪は少なく前爪アイゼンだと少々歩きにくい区間です。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

9:18 9時過ぎ到着だと、隔地駐車場に案内されました。
スキー場まで徒歩で3分ほどです。
2017年04月16日 09:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:18 9時過ぎ到着だと、隔地駐車場に案内されました。
スキー場まで徒歩で3分ほどです。
9:31 春スキーですが、まだまだ人が多いです。
2017年04月16日 09:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:31 春スキーですが、まだまだ人が多いです。
9:51 ゴンドラ上からは、日光白根山がはっきり見えました。 けっこう遠くに見えます。白いバンドのような部分の下の樹林帯をトラバースしながら右上して、このアングルでは見えない奥側から山頂へ向かうルートです。
2017年04月16日 09:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:51 ゴンドラ上からは、日光白根山がはっきり見えました。 けっこう遠くに見えます。白いバンドのような部分の下の樹林帯をトラバースしながら右上して、このアングルでは見えない奥側から山頂へ向かうルートです。
2
山頂ズーム!
2017年04月16日 09:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂ズーム!
すぐに登山道になります。夏道通りです。
2017年04月16日 09:52撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに登山道になります。夏道通りです。
9:55 午前10時の時点で気温は10度。暑いです。
2017年04月16日 09:55撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:55 午前10時の時点で気温は10度。暑いです。
10:00 まだ雪はタップリ残っています。ただし、だいぶ雪質が緩んできています。トレース上は踏み抜きはありません。
2017年04月16日 10:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:00 まだ雪はタップリ残っています。ただし、だいぶ雪質が緩んできています。トレース上は踏み抜きはありません。
11:54 急登を抜けると山頂方向に雪面が広がります。なおトラバースになってからチェーンスパイクをつけました。12本アイゼンでもよかったかと思います。
2017年04月16日 11:54撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:54 急登を抜けると山頂方向に雪面が広がります。なおトラバースになってからチェーンスパイクをつけました。12本アイゼンでもよかったかと思います。
1
12:07 山頂直下の雪面を登ります。暑くてヒーヒーです。
2017年04月16日 12:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:07 山頂直下の雪面を登ります。暑くてヒーヒーです。
2
12:29 山頂手前。山頂までは、約2時間40分程度かかりました。
2017年04月16日 12:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:29 山頂手前。山頂までは、約2時間40分程度かかりました。
12:51 山頂は団体さんで賑やかでしたので、皆さんが降りてから撮影。
2017年04月16日 12:51撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:51 山頂は団体さんで賑やかでしたので、皆さんが降りてから撮影。
2
中禅寺湖、男体山、女峰山です。抜群の景色でした。
2017年04月16日 12:52撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中禅寺湖、男体山、女峰山です。抜群の景色でした。
13:26 下りは尻セードで一気に降りられます。後続の団体さんも滑っていました。
2017年04月16日 13:26撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:26 下りは尻セードで一気に降りられます。後続の団体さんも滑っていました。
4
こんな感じのトラバースが数回あります。この先、雪質が緩んでくると怖い感じです。
2017年04月16日 13:47撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じのトラバースが数回あります。この先、雪質が緩んでくると怖い感じです。
3
まだ雪が多く、鹿よけ柵はくぐって通ります。
2017年04月16日 14:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ雪が多く、鹿よけ柵はくぐって通ります。
14:50 無事下山に感謝です。下りは、山頂から約1時間30分程度でした。
2017年04月16日 14:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:50 無事下山に感謝です。下りは、山頂から約1時間30分程度でした。

感想/記録
by k2saka

天候が安定したので、雪山としては3度目の日光白根(奥白根)へ行ってきました。
GWまでスキー場が営業しているため 丸沼スキー場から登ります。往復大人2000円、子ども1000円。ただしデポジットが1000円かかります。この時期は駐車場が無料です。

この日の気温は10度、雪がクサッていて歩きにくかったです。ただしこのルートは人が多く入っているのでトレースはばっちりです。トレース上は圧雪されているので、踏み抜きもありませんでした。小学生(小5)の足で、登り2時間半弱、下り1時間半強といったところでした。

今回は日帰りのため、ゴンドラ降り場を10時前出発と遅めでした。先行に団体が1パーティと、数人のグループが2,3組といったところでした。初めての晴れの山頂からは、360度の展望が望めました。素晴らしいです。

山頂直下の雪面は、登りは汗ダラダラですが、下りは尻セードで一気に下山できます。トラバース部分は、所々に急斜の登降があるのですが、チェーンでギリギリ、12本爪アイゼンだと安心でしょう。いかんせん雪がグズグズで、この先気温がもっと上がれば危険度は上がると思います。


訪問者数:859人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ