また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1108029 全員に公開 山滑走中央アルプス

千畳敷カール 伊那前ルンゼ滑走

日程 2017年04月16日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴のち時々曇
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
菅の台バスセンター 4/15より始発7:15 以降30分おき
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間29分
休憩
1時間10分
合計
7時間39分
S千畳敷駅09:3209:57極楽平10:2710:32千畳敷駅10:3311:25乗越浄土11:3211:45伊那前岳九合目ピーク12:04伊那前岳12:3212:39千畳敷駅09:3213:01千畳敷駅13:0313:36極楽平13:3814:04千畳敷駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
スノーボードでザラメ滑走目的で8:15の3便のバスで入山。
コース状況/
危険箇所等
滑落・雪崩の危険随所にあり。 
その他周辺情報至近にこまくさの湯
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

とりあえず一本目は極楽平に登る。宝剣岳。雪多い。
2017年04月16日 10:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 70, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず一本目は極楽平に登る。宝剣岳。雪多い。
1
伊那前岳。山頂直下の派手なルンゼの雪が上からつながっている。激しく気になる。
2017年04月16日 10:35撮影 by Canon IXY DIGITAL 70, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那前岳。山頂直下の派手なルンゼの雪が上からつながっている。激しく気になる。
2
一本目ドロップ。本日3本目のトラック。雪は悪くはないが、そんなに良くもない。急斜面ではグズグズ崩れる。
2017年04月16日 10:39撮影 by Canon IXY DIGITAL 70, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本目ドロップ。本日3本目のトラック。雪は悪くはないが、そんなに良くもない。急斜面ではグズグズ崩れる。
1
2本目は乗越浄土。
2017年04月16日 10:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 70, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2本目は乗越浄土。
1
気になるあのルンゼを目指して。GPSにポイントデーター入れてくるのを忘れたので下から入念にインスペクション。稜線のえらくとんがった岩がドロップポイントの目印だな。
2017年04月16日 10:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 70, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気になるあのルンゼを目指して。GPSにポイントデーター入れてくるのを忘れたので下から入念にインスペクション。稜線のえらくとんがった岩がドロップポイントの目印だな。
1
一〜三ノ沢の辺りはすべて雪崩れて、破断面がまだむき出しになっている。デブリの末端で講習会?
2017年04月16日 11:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 70, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一〜三ノ沢の辺りはすべて雪崩れて、破断面がまだむき出しになっている。デブリの末端で講習会?
2
乗越浄土到着。こっちの登りは疲れる。
2017年04月16日 11:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 70, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越浄土到着。こっちの登りは疲れる。
あっちを目指し稜線を行く。雲と風が出てきた。
2017年04月16日 11:37撮影 by Canon IXY DIGITAL 70, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちを目指し稜線を行く。雲と風が出てきた。
1
とんがった岩発見。だが周りの様子が違う。正解はこの奥のコルだった。ここからドロップしなくてよかった。
2017年04月16日 12:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 70, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とんがった岩発見。だが周りの様子が違う。正解はこの奥のコルだった。ここからドロップしなくてよかった。
1
北面のバックボウル。登り返し必須だが、楽しそうな斜面。風が強くあんまり観察できなかった。雲がかかり心細い。
2017年04月16日 12:17撮影 by Canon IXY DIGITAL 70, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北面のバックボウル。登り返し必須だが、楽しそうな斜面。風が強くあんまり観察できなかった。雲がかかり心細い。
1
アイゼンのまま少し降りてルンゼ入口を確認。ここでは板を履けないので稜線にもどりしばし光待ち。稜線には風をかわす場所が無く、軽量化にアークの薄手のウィンブレを着てきたことを悔やむ。この時期、風が残る天気図の時はまだゴアテックスを着てくるべきだな。
2017年04月16日 12:18撮影 by Canon IXY DIGITAL 70, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンのまま少し降りてルンゼ入口を確認。ここでは板を履けないので稜線にもどりしばし光待ち。稜線には風をかわす場所が無く、軽量化にアークの薄手のウィンブレを着てきたことを悔やむ。この時期、風が残る天気図の時はまだゴアテックスを着てくるべきだな。
なんとか滑った。新雪とザラメのミックスで視界が悪くて酔いそうだった。慎重な滑りになったけど、左右にあてこめる40度近い谷地形が続くすごい斜面だった。きんちょうしたー。トラバースラインも間違えず無事カールに帰還。
2017年04月16日 12:53撮影 by Canon IXY DIGITAL 70, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか滑った。新雪とザラメのミックスで視界が悪くて酔いそうだった。慎重な滑りになったけど、左右にあてこめる40度近い谷地形が続くすごい斜面だった。きんちょうしたー。トラバースラインも間違えず無事カールに帰還。
千畳敷駅にもどるとうって変わってのどかなゆるキャラと楽しそうに午後の光に照らされる極楽平。
2017年04月16日 13:12撮影 by Canon IXY DIGITAL 70, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千畳敷駅にもどるとうって変わってのどかなゆるキャラと楽しそうに午後の光に照らされる極楽平。
1
思わず極楽平を登り返す。ゆるキャラと引換えに私の緊迫感は消えてしまったので、疲れた足にむち打ちだらだら登る。
2017年04月16日 13:56撮影 by Canon IXY DIGITAL 70, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思わず極楽平を登り返す。ゆるキャラと引換えに私の緊迫感は消えてしまったので、疲れた足にむち打ちだらだら登る。
陽がかげりがちだったので少し硬くなった雪に足を取られ終了。
2017年04月16日 14:20撮影 by Canon IXY DIGITAL 70, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽がかげりがちだったので少し硬くなった雪に足を取られ終了。
駅舎から滑った伊那前ルンゼを眺める。うん今日も満足。
2017年04月16日 13:12撮影 by Canon IXY DIGITAL 70, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅舎から滑った伊那前ルンゼを眺める。うん今日も満足。
1
こまくさの湯の駐車場。ここから見る宝剣岳も好き。
2017年04月16日 15:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こまくさの湯の駐車場。ここから見る宝剣岳も好き。
1
帰りの中央道は小仏TNで渋滞25k... 
初狩PAの農林48号の絶品おにぎりを食べ車で仮眠して帰る。
2017年04月16日 18:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの中央道は小仏TNで渋滞25k... 
初狩PAの農林48号の絶品おにぎりを食べ車で仮眠して帰る。
撮影機材:

感想/記録
by Ukisgm

 私の脳内には 春ーザラメー千畳敷の急斜面 という直結回路があるようで、この時期中央アルプスロープウェーのライブカメラが気になって仕方ない。というわけで好天の日曜日を狙って出撃。前日吹雪で所々望まない新雪。幸いストップスノーにはならず、ザラメむき出しの部分は所々フィルムクラスト。全体としてはまあまあの春雪。いつもは滑りを優先して手近な極楽平を滑ることが多いけど、この日は数年越しで滑りたかった伊那前岳直下のルンゼを初滑走。雪も気を抜けないし、雲がかかっちゃって視界も今一だったんで滑りはそこそこだったけど、プチ冒険気分でドキドキしたー。やっぱりあーだーこーだ想像(心配?)しながら未知の斜面を滑るのはアドレナリンでるし、バックカントリーの醍醐味だな〜。
訪問者数:577人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ