また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1109640 全員に公開 雪山ハイキング奥秩父

大菩薩嶺(大菩薩峠登山口〜柳沢峠)

日程 2017年04月19日(水) [日帰り]
メンバー
天候8−10時:曇り、10時以降:晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
雲峰荘入口傍の無料駐車場。
柳沢峠に下山後、デポした自転車で戻る(柳沢峠からのトレースは自転車のものです)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間8分
休憩
1時間49分
合計
8時間57分
S大菩薩峠登山口04:5905:05雲峰寺駐車場05:10裂石登山口駐車場05:20丸川峠分岐駐車場05:2405:35千石茶屋05:3706:54上日川峠07:20福ちゃん荘07:3308:05 (雨具装着&休憩)08:1708:48雷岩08:5509:06大菩薩嶺09:2009:45 (軽アイゼン装着&休憩)10:0010:44丸川峠10:5411:16木戸岩三角点11:21寺尾峠11:2211:34天庭峠12:15六本木峠12:38展望台12:4313:07柳沢峠13:3313:56雲峰荘入口脇の駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
〇唐松尾根には雪は無し。
●雷岩〜大菩薩嶺と丸川峠の真ん中辺りまで雪が残っています。特に圧縮された雪が融けた後に凍り付き、つるつるになった箇所が結構あり、こういう所はアイゼンが無いと歩けません。暫く、アイゼン付けずに頑張ったのですが、早く付ければ良かったと反省してます。

・大菩薩峠登山口〜大菩薩嶺
 ・上日川峠ゲートの少し先まで車道歩き。その後は登山道をなだらかに登って千石茶屋へ。
 ・千石茶屋の先の登山道入口から短くやや急登した後は、緩やかに登り、上日川峠へ。
 ・上日川峠からも緩やか・平坦に登り、福ちゃん荘へ。
 ・その後も概ね緩やかに登り、やや急登して雷岩へ。
 ・その後は、平坦・なだらかに進んで、大菩薩嶺に至る。

・大菩薩嶺〜柳沢峠
 ・概ね緩やかに下って丸川峠へ。
 ・丸川峠から六本木峠までは、平坦・なだらかなアップダウン(ピークは巻きます)。
 ・六本木峠からは、概ね、なだらかに下って、柳沢峠に至る。
その他周辺情報大菩薩の湯(610円) 第三火曜日定休
http://www.s-seiun.co.jp/shisetsu/daibosatsu/
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 非常食 地図 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯 ツェルト 防寒着 軽アイゼン

写真

04:52雲峰荘入口脇の駐車場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
04:52雲峰荘入口脇の駐車場
2
雲峰荘へ下ってショートカットした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲峰荘へ下ってショートカットした。
1
(振り返って)ショートカット出口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)ショートカット出口
1
04:59大菩薩峠登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
04:59大菩薩峠登山口
1
大菩薩峠登山口を入ると直ぐにトイレあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩峠登山口を入ると直ぐにトイレあり。
1
05:05雲峰寺駐車場。トイレあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:05雲峰寺駐車場。トイレあり。
1
05:10裂石登山口駐車場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:10裂石登山口駐車場
1
カーブの所からショートカット
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カーブの所からショートカット
1
ショートカット出口で振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショートカット出口で振り返る。
1
再度、カーブの所でショートカット。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度、カーブの所でショートカット。
1
05:20-24丸川峠分岐駐車場。ショートカットの出口が丸川峠分岐駐車場前。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:20-24丸川峠分岐駐車場。ショートカットの出口が丸川峠分岐駐車場前。
カーブの所が登山道入口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カーブの所が登山道入口
2
一般道に出会うと、間もなく、千石茶屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般道に出会うと、間もなく、千石茶屋。
1
05:36千石茶屋。林道を進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:36千石茶屋。林道を進む。
2
再び、登山道へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、登山道へ。
2
短く、やや急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短く、やや急登。
2
ゴロ岩。この後も、しばしば、ゴロ岩が現れるが、ゴロ岩が折り重なるようなことはない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴロ岩。この後も、しばしば、ゴロ岩が現れるが、ゴロ岩が折り重なるようなことはない。
3
今日はダメ。晴れてると、八ヶ岳辺りが見えるのかな??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はダメ。晴れてると、八ヶ岳辺りが見えるのかな??
1
上日川峠が現れる。斜面を巻いているので、見た目よりも遠かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上日川峠が現れる。斜面を巻いているので、見た目よりも遠かった。
1
06:17第二展望台。今日は眺望無。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:17第二展望台。今日は眺望無。
1
一般道傍を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般道傍を通過。
1
この先崩落しているため、ここから、一旦、道路に出る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先崩落しているため、ここから、一旦、道路に出る。
1
道路へ出たとこ。しかし、この先直ぐに、登山道入口がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路へ出たとこ。しかし、この先直ぐに、登山道入口がある。
再び、登山道へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、登山道へ。
ロッジ長兵衛が現れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッジ長兵衛が現れた。
1
06:54上日川峠。トイレ有。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:54上日川峠。トイレ有。
2
再び、軽くダウン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、軽くダウン。
1
福ちゃん荘が現れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘が現れる。
1
07:20-33福ちゃん荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:20-33福ちゃん荘
1
中央ピークが妙見ノ頭、その右が賽の河原、親不知、大菩薩峠、熊沢山。この後、ガスに覆われてしまうとは、この時は思ってもなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央ピークが妙見ノ頭、その右が賽の河原、親不知、大菩薩峠、熊沢山。この後、ガスに覆われてしまうとは、この時は思ってもなかった。
1
左に、唐松尾根への入口。右は;大菩薩峠へ。建物はトイレ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に、唐松尾根への入口。右は;大菩薩峠へ。建物はトイレ。
2
福ちゃん荘、唐松尾根への入口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘、唐松尾根への入口。
1
眼下に大菩薩湖。富士山は今日はダメ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に大菩薩湖。富士山は今日はダメ。
1
偽ピークへやや急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
偽ピークへやや急登。
2
(偽ピークを振り返って)ガスがどんどん広がってきたので、念のため、ここで雨具装着した。所要、12分。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(偽ピークを振り返って)ガスがどんどん広がってきたので、念のため、ここで雨具装着した。所要、12分。
1
08:48-55雷岩。全く見えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:48-55雷岩。全く見えません。
参考までに、2012年登頂時の絶景写真。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
参考までに、2012年登頂時の絶景写真。
6
(雷岩を振り返って) 大菩薩嶺へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(雷岩を振り返って) 大菩薩嶺へ
1
雪が現れる。大菩薩嶺と丸川峠の中間辺りまで雪道でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が現れる。大菩薩嶺と丸川峠の中間辺りまで雪道でした。
3
テカテカに凍っており、とても足を置くことはできません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テカテカに凍っており、とても足を置くことはできません。
3
大菩薩嶺頂上。もともと眺望はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺頂上。もともと眺望はありません。
3
ピークは巻きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークは巻きます。
1
塩山・甲府方面の眺望ポイントがありました。晴れてきた、1時間ほど待ってればよかったか〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩山・甲府方面の眺望ポイントがありました。晴れてきた、1時間ほど待ってればよかったか〜。
4
痩せ尾根はここだけでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根はここだけでした。
2
丸川峠へは左へ。太い道は何処へ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸川峠へは左へ。太い道は何処へ?
1
右:裂石/丸川峠分岐駐車場へ、左:柳沢峠
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右:裂石/丸川峠分岐駐車場へ、左:柳沢峠
1
(振り返って)裂石方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)裂石方向。
1
短く、ゴロ岩の道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短く、ゴロ岩の道。
1
黒槐山、唐松尾山、東仙波
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒槐山、唐松尾山、東仙波
1
竜喰山、大常木山、飛龍山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜喰山、大常木山、飛龍山
1
右ピークは巻きます。今後も同様、ピークはすべて巻いてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右ピークは巻きます。今後も同様、ピークはすべて巻いてました。
1
木々越しに、唐松尾山〜雲取山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々越しに、唐松尾山〜雲取山
1
ピークは巻きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークは巻きます。
1
木々越しに、国師ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々越しに、国師ヶ岳。
1
(拡大)国師ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(拡大)国師ヶ岳。
1
(振り返って)大菩薩嶺
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)大菩薩嶺
1
綺麗な石畳になってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な石畳になってました。
3
苔むした登山道を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした登山道を通過。
1
ピークは巻きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークは巻きます。
1
笹が現れれば、間もなく、六本木峠。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹が現れれば、間もなく、六本木峠。
1
12:15六本木峠。左:柳沢峠、右:鶏冠山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:15六本木峠。左:柳沢峠、右:鶏冠山
1
左:ブナ坂、経由 柳沢峠。右:展望台
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左:ブナ坂、経由 柳沢峠。右:展望台
2
木賊山、破風山、雁坂嶺、古礼山、笠取山、黒槐山、唐松尾山、竜喰山、大常木山、飛龍山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木賊山、破風山、雁坂嶺、古礼山、笠取山、黒槐山、唐松尾山、竜喰山、大常木山、飛龍山
6
分岐に戻って振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に戻って振り返る。
2
左を登って、柳沢峠へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左を登って、柳沢峠へ。
1
柳沢峠が現れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柳沢峠が現れた。
2
柳沢峠。奥に、駐車場&トイレ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柳沢峠。奥に、駐車場&トイレ。
1
駐車場に戻りました。お疲れ様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻りました。お疲れ様。
1
(参考)大菩薩の湯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(参考)大菩薩の湯
1
(参考)帰宅途中より、大菩薩嶺
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(参考)帰宅途中より、大菩薩嶺
5

感想/記録

・大菩薩嶺から笠取山を繋ごうと、天気予報がイマイチだが、既に雷岩からの絶景は堪能済みのため、出かけた。案の定、徐々にガスがかかってきて、雷岩通過時はガスガス。ここまで酷いとは思っていなかったので、少々、残念。念のため、久し振りに、雨具を着けたが、雨にはならず、幸い。なお、頂上を通り過ぎ丸川峠に達するころには、晴れに変わっていた。出発時間を少しズラせば良かったみたいだが、悔いはない。

・これで、柳沢峠〜白沢峠まで歩けば大菩薩嶺と笠取山が繋がるが、柳沢峠のバス便が土日祝のみなのがネック。
訪問者数:1295人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/25
投稿数: 1827
2017/4/22 5:29
 相変わらず✨
Gonpapaさん、おはようございますっ(≧▽≦)✨
いや〜、大菩薩から笠取山をつなぐ!!✨え!?つながるの!?っと思わず地図を広げてしまいましたッ(≧▽≦)相変わらずいいところに目をつけられますね〜〜〜〜❤ここ繋がったら気持ちいいですね〜〜〜✨このあたりは交通の便がイマイチなので、次回をどうつながれるのかが楽しみです(^^♪
お天気はベストとは言えなかったようですが、展望台かの展望はなかなかでしたね〜〜〜✨これから目指す笠取山も見えたようで♥しかし写真を見ると、笠取山、遠いですね〜〜〜(笑)これを踏破すると思うと楽しみですね!!✨
登録日: 2011/11/2
投稿数: 156
2017/4/22 10:22
 Re: 相変わらず✨
chi-suke さん、おはようございます。朝、早いですね〜。
笠取山〜大菩薩嶺のコースは、当初は、アクセスの関係から、5月に笠取小屋で1泊縦走で一気に片づける予定でしたが、4月に早めたため、小屋営業前&積雪(今年は3月下旬の雪が多かった)といった、私にとっての悪条件から、3回に分けて歩くことにしました。
明日(23日)、柳沢峠〜白沢峠を歩いて完成させようと思ってます。今回のルートは、登った斜面とは反対側の斜面に下るため、簡単には登り口に戻れず、バスを利用せざるを得ないのですが、バスは土日祝日のみ朝昼一本ずつのみ、明日の天気も快晴ではないので、少し気にはなりますが、止むを得ません。まあ、もともと眺望を期待できるルートではなく、赤線つなぎというマニアックな山行ですから、雨さえ降らなけければ良しとします。
那須岳、拝見しました。剣が峰のピークを踏んだとは凄いですね、私は往復、巻きました。
私が訪れた時も(確か、11月初め)強風で三本槍に向かう稜線であわや吹き飛ばされそうになったことや、朝日岳に向かう北側を巻く登山道に微妙に雪が残っていて気が抜けなかったことを思い出しました。
那須岳は、風の通り道だそうで、しばしば強風が吹き、ロープウェイが止まると、後で知りました。
本格的な雪山にも挑戦されているようで、自分も行った気分で楽しませて貰ってます。これからも安全登山で頑張って下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ