また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1110261 全員に公開 ハイキング近畿

龍門山(紀州富士)

日程 2017年04月20日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:最寄り駅から南海電車で新和歌山駅、JR和歌山駅経由でJR粉河駅
復路:JR粉河駅からJR和歌山駅経由で和泉府中駅、バスで帰路
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間45分
休憩
32分
合計
4時間17分
Sスタート地点09:5510:06龍門橋10:58田代コース登山口11:15地蔵尊の祠11:42田代峠11:4412:00磁石岩12:0212:10龍門山12:3012:50明神岩・風穴12:5513:15中央コース登山口13:1613:26田代コース登山口13:2814:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
所々ガレ場や岩場もありますが問題なし
その他周辺情報粉河寺(西国三十三所第三番札所)
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ロングスリーブシャツ Tシャツ ベスト 長ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ サポートソックス

写真

JR粉河駅を出発
2017年04月20日 09:52撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR粉河駅を出発
紀ノ川にかかる龍門橋
2017年04月20日 10:06撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紀ノ川にかかる龍門橋
龍門橋を渡った左側にあるハイキングコース案内マップ
2017年04月20日 10:14撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍門橋を渡った左側にあるハイキングコース案内マップ
杉原の集落から登山口まで続く急坂

2017年04月20日 10:24撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉原の集落から登山口まで続く急坂

白い梨の花
2017年04月20日 10:36撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い梨の花
一本松分岐の左側奥にある田代コース登山口
2017年04月20日 10:58撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本松分岐の左側奥にある田代コース登山口
1
ガレ場の登山道
2017年04月20日 11:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場の登山道
途中の祠(地蔵尊)
2017年04月20日 11:14撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の祠(地蔵尊)
田代峠(飯盛山・龍門山分岐)
2017年04月20日 11:41撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代峠(飯盛山・龍門山分岐)
磁石岩(周囲約17m、高さ約4mで磁鉄鉱を多く含んだ蛇紋岩)
2017年04月20日 12:02撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磁石岩(周囲約17m、高さ約4mで磁鉄鉱を多く含んだ蛇紋岩)
三等三角点
2017年04月20日 12:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点
山頂標識(756.6m)
2017年04月20日 12:11撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識(756.6m)
4
山頂からの眺望(和泉葛城山、岩湧山方面)
2017年04月20日 12:10撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望(和泉葛城山、岩湧山方面)
山頂からの眺望(和泉山脈:四石山、俎板石山、雲山峰方面)
2017年04月20日 12:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望(和泉山脈:四石山、俎板石山、雲山峰方面)
山頂から西側すぐの中央コース下山口
2017年04月20日 12:35撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から西側すぐの中央コース下山口
蛇紋原(蛇紋岩が無数にある谷)
2017年04月20日 12:44撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇紋原(蛇紋岩が無数にある谷)
中央コースには道標も整備
2017年04月20日 12:40撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央コースには道標も整備
所々丸太階段も整備
2017年04月20日 12:46撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々丸太階段も整備
明神岩に上ると
2017年04月20日 12:50撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神岩に上ると
断崖絶壁
2017年04月20日 12:51撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
断崖絶壁
明神岩からの眺望、手前に紀ノ川、奥手は和泉山脈
2017年04月20日 12:52撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神岩からの眺望、手前に紀ノ川、奥手は和泉山脈
1
風穴はチェーンがあり中は覗けない(楠木正成が一時立て籠もったという伝説のある風穴)
2017年04月20日 12:53撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風穴はチェーンがあり中は覗けない(楠木正成が一時立て籠もったという伝説のある風穴)
明神岩全景
2017年04月20日 12:54撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神岩全景
中央コース登山口
2017年04月20日 13:16撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央コース登山口
ここからも眺望が楽しめます
2017年04月20日 13:18撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからも眺望が楽しめます
1
撮影機材:

感想/記録

今回は雄大な紀ノ川の流れや和泉山脈を眺めながらの登山です。
登山口まではマイカー或いはタクシーが一般的ですが、自宅から路線を幾つか乗り継ぎ、JR粉河駅に到着。今回はメイン3コース(残りは勝神コース)の中から、登りは田代コース、下山は中央コースとしました。
登山口まで約1時間のウオーキング、駅南側に龍門山のどっしりとした山容が目に入ってきます。龍門橋を渡るとすぐ左側にハイキングコース案内マップがあり、山に向かって直進、徐々に上り勾配になり杉原の集落に入るとミカン、もも、柿や梨等の果実畑が広がる山里です。さらに傾斜のキツイ舗装路、農道、砂利道を上ると一本松と呼ばれる分岐に。(田代・中央コース分岐)駐車スペースに車4台、既に先客がおられるようだ。
左側奥の道標に従い田代コースに、(ここから田代峠まで道標はないが分岐もないほぼ一本道)すぐに藪と擁壁の間の細い道を登ると、岩や石がゴロゴロしたほとんど展望のない山道に入る。段々と荒れた岩場やガレ場の急坂が続き、地蔵尊の祠を過ぎ、ひたすら雑木林の急坂を登って行くと、北側が開けた田代峠の稜線に到着。ここからゆるい勾配の続く尾根道を進むと岩場の登りとなり前方に巨岩の磁石岩が見えてきた。ここからは緩やかな登りが続き、しばらくすると三等三角点のある龍門山(756m)に到着。頂上は、ゆっくりと休憩できる広場になっており、パノラママップと大きな標識があり(また初夏にかけて天然記念物のキイシモツケが自生)、紀泉山脈の眺望を満喫しながら昼休憩。
山頂から西側に少し下りたところに中央・神勝コース下山口の道標がある。しばらくは明るいササの広がる歩きやすい道が続き、蛇紋原を過ぎると徐々に勾配がきつくなりザレ場や丸太階段を下ると右手に明神岩と風穴を示す道標が見えてきた。
コースから少し奥まったところをしばらく進むと明神岩に到着。(龍門山最大の蛇紋岩で高さ30mのせり出した岩)岩に上ると下は断崖絶壁、眺めは最高ですが端に寄りすぎると危険です。明神岩の下手に風穴があり、そこからチェーン伝いに進むと明神岩の全体が見渡せる絶景ポイントにでます。
もとのコースに戻り、樹林帯の所々ザレた急な坂道をひたすら下ると中央コース登山口に。しばらく舗装路を下ると田代コース登山口に合流します。ここからは登ってきた同じ道を辿り、粉河駅にゴールしました。
龍門山は、標高こそ756mの高山ではないが、海抜の低いところから登るため標高以上の高低差を感じ、登山道も変化に富んで登りごたえのある山でした。また山頂や明神岩等からの眺望も素晴らしく、天気も良くて爽快な一日でした。次回はキイシモツケの咲く時期に是非登りたいと思います。
訪問者数:348人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ