また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1114716 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

愛鷹山・位牌岳

日程 2017年04月22日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
41分
合計
7時間26分
S水神社08:5209:05水神社・森林公園分岐09:0609:13桃沢橋09:25第2桃沢橋09:29一服峠登山口09:3010:54愛鷹山11:0411:34馬場平11:3511:56袴腰岳12:0412:29一服峠12:48愛鷹山・池ノ平分岐12:4913:03位牌岳13:0913:46愛鷹山・池ノ平分岐13:4914:00つるべ落しの滝分岐14:06ブナ平14:57千福が丘分岐14:5815:46水神社・森林公園分岐15:4815:59水神社16:0616:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道の愛鷹山登山口〜愛鷹山
登山口からしばらくは、大きめの石で足が取られ歩きにくいです。コルから愛鷹山は急登。

愛鷹山〜位牌岳
愛鷹山直下のコルから馬場平途中までは急登で、それが終わると、ブナとヒメシャラの快適な森の道になります。一服峠から位牌岳までは、緩やかに登っていく尾根道です。

位牌岳〜池の平
つるべ落としの滝と池ノ平の分岐点が分かり難いです。位牌岳から下りた場合、五輪の塔のプレート方向へは行かず、ルートをそのまま直進すると分岐の道標に当たります。その後、池の平までは、一部に、木の根に足を取られそうな箇所とやせ尾根があるため、注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

到着時、すでに水神社の駐車場は結構いっぱいになっていました。
2017年04月22日 08:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着時、すでに水神社の駐車場は結構いっぱいになっていました。
水神社です。
2017年04月22日 08:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水神社です。
安全を祈願してから登ります。
2017年04月22日 08:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安全を祈願してから登ります。
1
水量豊富なお水が出ています。
2017年04月22日 08:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量豊富なお水が出ています。
1
神社の横にはこのような滝があります。
2017年04月22日 08:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の横にはこのような滝があります。
水神社はまるで水の都です。
2017年04月22日 08:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水神社はまるで水の都です。
1
林道を進んで柳沢橋の近くに登山口の道標があります。
2017年04月22日 09:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を進んで柳沢橋の近くに登山口の道標があります。
しばらくは石がゴロゴロの使われなくなった林道(⇒歩きにくい)を登って、やっと山道に入ります。ここが登山口かな?
2017年04月22日 09:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは石がゴロゴロの使われなくなった林道(⇒歩きにくい)を登って、やっと山道に入ります。ここが登山口かな?
ミツマタが綺麗に咲いていました。
2017年04月22日 09:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツマタが綺麗に咲いていました。
2
ミツマタがあちこちに咲いています。
2017年04月22日 09:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツマタがあちこちに咲いています。
良い雰囲気になってきて、愛鷹山下のコルが近そう。
2017年04月22日 10:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い雰囲気になってきて、愛鷹山下のコルが近そう。
山頂直下の急坂を登って、山頂到着〜 1等三角点の山です。
2017年04月22日 10:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の急坂を登って、山頂到着〜 1等三角点の山です。
2
静岡名物だんごの頂標です。残念なことに、天候イマイチで、富士山が見えません(>_<)
2017年04月22日 10:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静岡名物だんごの頂標です。残念なことに、天候イマイチで、富士山が見えません(>_<)
山頂から歩いてすぐの所に、愛鷹明神があります。
2017年04月22日 10:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から歩いてすぐの所に、愛鷹明神があります。
これが本社です。
2017年04月22日 10:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが本社です。
ヒメシャラとブナの林の出迎えを受け、位牌岳を目指して進みます。
2017年04月22日 11:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメシャラとブナの林の出迎えを受け、位牌岳を目指して進みます。
この花の名は??
⇒馬酔木(アセビ)といいます!(Minera)
2017年04月22日 11:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この花の名は??
⇒馬酔木(アセビ)といいます!(Minera)
1
新緑には少し早かったですが、気持ちの良いブナの森です。
5月と紅葉の時期は最高です。
2017年04月22日 11:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑には少し早かったですが、気持ちの良いブナの森です。
5月と紅葉の時期は最高です。
いっぱい生えているコケ。触り心地が最高で癒されます。
2017年04月22日 11:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いっぱい生えているコケ。触り心地が最高で癒されます。
気持ちの良いブナと
2017年04月22日 11:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良いブナと
袴腰岳へ到着!と言っても、何も見えないです。
2017年04月22日 12:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袴腰岳へ到着!と言っても、何も見えないです。
一服峠到着! しかし、やはり富士山は見えず。。。
2017年04月22日 12:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一服峠到着! しかし、やはり富士山は見えず。。。
長泉町最高地点の碑。
実は10年ほど、私は長泉町の住民でした(^_^)v
2017年04月22日 12:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長泉町最高地点の碑。
実は10年ほど、私は長泉町の住民でした(^_^)v
位牌岳手前にあるガレでパチリ。霧で下が見えません。
2017年04月22日 13:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位牌岳手前にあるガレでパチリ。霧で下が見えません。
1
位牌岳へ到着〜
2017年04月22日 13:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位牌岳へ到着〜
3
帰りもガレ地に寄ってみると、今度は下が見えます。皆さん気付きましたが、静岡の山はガレガレなんです。崩落地が沢山。
2017年04月22日 13:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りもガレ地に寄ってみると、今度は下が見えます。皆さん気付きましたが、静岡の山はガレガレなんです。崩落地が沢山。
1
訪問者数:1003人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ