また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1164632 全員に公開 ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

志賀高原の主峰 岩菅山 8年ぶりの再訪

日程 2017年06月09日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れにちくもり
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

・5:50一ノ瀬スキー場駐車場→ 7:28アライタ沢グリーンタフ→ 8:53ノッキリ→ 9:45岩菅山9:55→ 10:58裏岩菅山11:40→ 12:28岩菅山→ 12:52ノッキリ→ 14:38金山沢の頭→ 2:51寺子屋山→ 16:05一ノ瀬スキー場駐車場
コース状況/
危険箇所等
・登山道には、まだまだ残雪がありますが、アイゼンは不要です。登山道が不明瞭な部分もありません。ただし、大きな倒木が登山道をふさでいるところが、2か所ほどあるので、そこは注意して避けて通る必要があります。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

志賀高原の丸池の近くまで来ました。朝陽が当たって、今日もいい山行になりそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
志賀高原の丸池の近くまで来ました。朝陽が当たって、今日もいい山行になりそうです。
2
丸池でゆっくりしたいところですが、先に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸池でゆっくりしたいところですが、先に進みます。
10
一ノ瀬スキー場の駐車場に車を停め、登山開始。この左手前から、上条用水路に沿った水平歩道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ瀬スキー場の駐車場に車を停め、登山開始。この左手前から、上条用水路に沿った水平歩道を進みます。
水平歩道は、こんな感じ。いろいろな山野草が、たくさん見られます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水平歩道は、こんな感じ。いろいろな山野草が、たくさん見られます。
1
ニリンソウ この閉じている姿も、なかなかかわいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウ この閉じている姿も、なかなかかわいい。
7
ツバメオモト (だと思います。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバメオモト (だと思います。)
7
水平歩道にも、朝陽が入ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水平歩道にも、朝陽が入ってきました。
シロバナエンレイソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナエンレイソウ
5
プリンスホテル東館側の登山口からの合流点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プリンスホテル東館側の登山口からの合流点
登山道が明るくなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道が明るくなってきました。
アライタ沢、グリーンタフの岩盤の上を流れています。奥の橋を渡ると、本格的な登山道が始まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アライタ沢、グリーンタフの岩盤の上を流れています。奥の橋を渡ると、本格的な登山道が始まります。
4
コミヤマカタバミ まだ閉じています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コミヤマカタバミ まだ閉じています
2
右手に、寺子屋山が見えてきました。帰りは、あそこを通って来る予定です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に、寺子屋山が見えてきました。帰りは、あそこを通って来る予定です。
2
マイヅルソウのつぼみ 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイヅルソウのつぼみ 
2
新緑が透けてきれいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が透けてきれいです
2
イワナシ たくさん咲いています イカみたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワナシ たくさん咲いています イカみたい
7
う〜〜ん、きもちがいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜〜ん、きもちがいい
1
ナナカマドの葉が、透けてきれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの葉が、透けてきれいです。
1
岩菅山が姿を現しました。きれいな青空です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山が姿を現しました。きれいな青空です。
8
なかなか見事。ノッキリを通過すると、岩菅山への急坂が始まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか見事。ノッキリを通過すると、岩菅山への急坂が始まります。
8
だいぶ登ってきました。振り返ると、北アルプスの峰々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ登ってきました。振り返ると、北アルプスの峰々。
6
そして、志賀高原の山々。一番奥に見える山は、横手山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、志賀高原の山々。一番奥に見える山は、横手山です。
9
なかなか険しい岩壁もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか険しい岩壁もあります。
4
かわいいので撮ってみました。 直径2mmほどですが、なんでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かわいいので撮ってみました。 直径2mmほどですが、なんでしょうか?
2
ショウジョバカマ 、開いたところを初めて見ましたが、なかなかきれいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョバカマ 、開いたところを初めて見ましたが、なかなかきれいですね。
10
岩菅山にとうちゃこ。今日は一番乗りのようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山にとうちゃこ。今日は一番乗りのようです。
9
山頂にある、もうひとつの祠。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にある、もうひとつの祠。
8
裏岩菅山に向かいます。なかなかの絶景。この風景は、抜戸岳あたりから笠ヶ岳を見た風景に似ています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏岩菅山に向かいます。なかなかの絶景。この風景は、抜戸岳あたりから笠ヶ岳を見た風景に似ています。
11
進行方向の左奥には、美しいカヤノ平が広がっています。若いころは、ここを縦断する林道「奥志賀公園栄線」をよくドライブしたものです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向の左奥には、美しいカヤノ平が広がっています。若いころは、ここを縦断する林道「奥志賀公園栄線」をよくドライブしたものです。
13
左は、焼額山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は、焼額山です。
5
裏岩菅山、残雪がなかなかでしょ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏岩菅山、残雪がなかなかでしょ
6
裏岩菅山、撮ってばかりいたら、地元の若い方に先を越されました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏岩菅山、撮ってばかりいたら、地元の若い方に先を越されました。
4
この縦走路にも、フデリンドウが咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この縦走路にも、フデリンドウが咲いていました。
7
岩菅山を振り返って、いいね〜、いいね〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山を振り返って、いいね〜、いいね〜
8
とても暑いです。ショウジョバカマ ちいさいものが、たくさん咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても暑いです。ショウジョバカマ ちいさいものが、たくさん咲いています。
3
振り返って、残雪がいい感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、残雪がいい感じです。
2
大高山方面、野反湖はその先になります。赤石山から野反湖までの縦走路を一度行って見たいのですが、結構長いので・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大高山方面、野反湖はその先になります。赤石山から野反湖までの縦走路を一度行って見たいのですが、結構長いので・・・
3
残雪からの超強力な紫外線。あまりに暑いので、残雪アイスを口に入れました、うまい、最高。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪からの超強力な紫外線。あまりに暑いので、残雪アイスを口に入れました、うまい、最高。
3
イモリも暑いのでしょうか、残雪で涼んでいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イモリも暑いのでしょうか、残雪で涼んでいました。
13
裏岩菅山にとうちゃこ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏岩菅山にとうちゃこ。
10
北側、手前の尾根が栄村の切明に続く烏帽子岳、左奥が鳥甲山、右奥が苗場山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側、手前の尾根が栄村の切明に続く烏帽子岳、左奥が鳥甲山、右奥が苗場山。
5
苗場山にもまた行ってみたいです。烏帽子岳のリッジすごいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山にもまた行ってみたいです。烏帽子岳のリッジすごいですね。
9
左の高い山が佐武流山、その右が白砂山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の高い山が佐武流山、その右が白砂山。
6
たぶん、この正面の山の後ろに野反湖があるはずです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶん、この正面の山の後ろに野反湖があるはずです。
2
右奥が鳥甲山、左の鮮やかな緑の部分が木島平村の広大な山域。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右奥が鳥甲山、左の鮮やかな緑の部分が木島平村の広大な山域。
4
なかなかの風景、焼額山。アルプス、頚城の山々、ちょっと雲がかかっていて残念です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかの風景、焼額山。アルプス、頚城の山々、ちょっと雲がかかっていて残念です。
2
アルプスをズーム、立山、鹿島槍、五竜、唐松。そして長野市街地。頭上に雲が掛かってきました、雷こわいので、急いで戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルプスをズーム、立山、鹿島槍、五竜、唐松。そして長野市街地。頭上に雲が掛かってきました、雷こわいので、急いで戻ります。
6
オオバキスミレ 黄色が鮮やかです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオバキスミレ 黄色が鮮やかです。
5
ノッキリまで、下りてきました。雷は大丈夫そうです。ここからは寺子屋峰を廻って、帰ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノッキリまで、下りてきました。雷は大丈夫そうです。ここからは寺子屋峰を廻って、帰ります。
2
ミツバオウレン 今が見頃です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン 今が見頃です。
4
岩菅山もだいぶ遠くなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山もだいぶ遠くなりました。
1
ショウジョバカマ 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョバカマ 
2
コミヤマカタバミが咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コミヤマカタバミが咲いていました。
7
こんな感じの風景が続きます。なかなか寺子屋山に着きません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの風景が続きます。なかなか寺子屋山に着きません。
1
遠くなったな岩菅山、二等辺三角形でなかなか美形です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くなったな岩菅山、二等辺三角形でなかなか美形です。
1
この花の名前は? キンバイ系でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この花の名前は? キンバイ系でしょうか。
2
オオバキスミレは、こちらの峰にも咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオバキスミレは、こちらの峰にも咲いています。
1
岩菅山の上だけ、厚い雲
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山の上だけ、厚い雲
4
金山沢の頭にとうちゃこ、この絵で右に行くと赤石山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山沢の頭にとうちゃこ、この絵で右に行くと赤石山です。
緑の葉がきれいでしたので。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑の葉がきれいでしたので。
1
寺小屋山山頂にとうちゃこ、展望は全くないので、そのまま進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寺小屋山山頂にとうちゃこ、展望は全くないので、そのまま進みます。
寺小屋スキー場から、右が岩菅山、左の高いところが裏岩菅山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寺小屋スキー場から、右が岩菅山、左の高いところが裏岩菅山。
3
下ってくると、館山高山植物園を通ります。ミズバショウ、ちょっと小ぶりです。 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ってくると、館山高山植物園を通ります。ミズバショウ、ちょっと小ぶりです。 
10
シラネアオイ (館山高山植物園内)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイ (館山高山植物園内)
16
コバイケソウ (館山高山植物園内)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケソウ (館山高山植物園内)
1
ムラサキヤシオ (館山高山植物園内)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキヤシオ (館山高山植物園内)
3
シャクナゲ (館山高山植物園内)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲ (館山高山植物園内)
2
やっと一ノ瀬スキー場(出発地点)が見えてきた。あとちょっと。急斜面で膝が悲鳴を上げました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと一ノ瀬スキー場(出発地点)が見えてきた。あとちょっと。急斜面で膝が悲鳴を上げました。
1

感想/記録

・初めて岩菅山に登ったのは、2009年6月13日で、ちょうど8年前です。岩菅山から裏岩菅山への区間の景色に感動しながら歩いたのを思い出して、また同じ時期に来ることにしました。
・初めてきたのは、山に行くようになって2年目で、山の三種の神器であるザック、登山靴、レインウェアが、やっとそろって(みんな安物でしたが)、カメラもコンデジ(パナのLX-3)にして、怖いもの知らずで、ちょっと調子の載って、毎週どこかに行っていたころです。
・あの時は、館山から大沼池→赤石山→岩菅山→裏岩菅山→岩菅山→館山と周回したのですが、三つの危ない経験をしました。ひとつは、大沼池から赤石山までの登山道で、途中残雪が多く道がわからなくなり、30分ほど行ったりきたりしたこと(残雪の経験がなかった)。ふたつめは、赤石山から金山沢の頭までのネマガリがぼうぼうの登山道で、熊らしきものに大接近したこと(鈴さえ持っていなかった)。家畜の様な臭さと、ネマガリの中をガサガサと音を立てながらどんどんと進んでゆく大きな音、絶対あれは熊だった。三つ目は、裏岩菅山から戻る途中で、急に空が暗くなり隣の焼額山で雷が鳴りだしたこと(雷の経験がなかった)。この経験から、その後の山行が、少し変わりました。そういう意味でも、この山には感謝しています。
・今回は、いい天気になりそうだし、仕事も一段落したので、金曜日ですが休みをいただき、行ってきました。そして、あの残雪のきれいな風景をまた味わってこれました。また、あの頃はあまり興味がなかった山野草の写真もたくさん撮ってこれました。
・機会があったら、裏岩菅山から切明に行くルート、赤石山から野反湖に出て切明に行くルートに挑戦したいものです。
訪問者数:455人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ