ヤマレコ

記録ID: 1165574 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

美濃戸口〜阿弥陀岳

日程 2017年06月10日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち一時雨。防寒対策も必要。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口に停車し、八ヶ岳山荘で支払い。バイクは250円だった。帰ってきてから気づいたが、駐車券でコーヒーをいただけたらしい(写真参照)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間41分
休憩
21分
合計
7時間2分
S美濃戸口07:0307:07八ヶ岳山荘08:29御小屋山09:04不動清水10:19西ノ肩10:24西の肩(岩場)10:27阿弥陀岳10:3910:58中岳のコル10:5911:12中岳11:32文三郎尾根分岐12:01行者小屋12:0912:28赤岳鉱泉13:03堰堤広場13:22美濃戸山荘14:05美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
阿弥陀岳直前の急登〜赤岳までは岩場が多く、崩れやすいところもあるので手足の置き場には注意。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

美濃戸口のスタート地点
2017年06月10日 07:08撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸口のスタート地点
別荘地内もしっかり案内板あり
2017年06月10日 07:21撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別荘地内もしっかり案内板あり
別荘地終了
2017年06月10日 07:27撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別荘地終了
静かな山歩き開始。阿弥陀岳までにすれ違ったのは5人だけだった
2017年06月10日 07:35撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな山歩き開始。阿弥陀岳までにすれ違ったのは5人だけだった
何度も出てくる境界
2017年06月10日 07:42撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も出てくる境界
舟山十字路からの合流点。まだまだ先は長い。
2017年06月10日 08:28撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舟山十字路からの合流点。まだまだ先は長い。
左側の矢印が紛らわしい。登山道は真っ直ぐ。
2017年06月10日 08:30撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側の矢印が紛らわしい。登山道は真っ直ぐ。
このあたりは苔がいい感じ
2017年06月10日 08:35撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりは苔がいい感じ
阿弥陀岳方面が見えてきた(山頂はこの奥だった)
2017年06月10日 08:58撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳方面が見えてきた(山頂はこの奥だった)
権現岳、編笠山も見えてきた
2017年06月10日 09:38撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳、編笠山も見えてきた
蓼科山方面
2017年06月10日 09:48撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山方面
急登。とはいえ、中岳側の方がきついと思う。
2017年06月10日 09:59撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登。とはいえ、中岳側の方がきついと思う。
こんな高い場所まで立ててあった
2017年06月10日 10:20撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな高い場所まで立ててあった
阿弥陀岳手前のピークと阿弥陀岳との間の場所。風が強かったので注意して渡った。
2017年06月10日 10:23撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳手前のピークと阿弥陀岳との間の場所。風が強かったので注意して渡った。
1
行者小屋と赤岳鉱泉が見える
2017年06月10日 10:23撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋と赤岳鉱泉が見える
阿弥陀岳山頂からの赤岳。
2017年06月10日 10:27撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳山頂からの赤岳。
2
阿弥陀岳東側の登山道上に残るわずかな雪。
2017年06月10日 10:41撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳東側の登山道上に残るわずかな雪。
阿弥陀岳から少し下ったところからの中岳と赤岳。
2017年06月10日 10:41撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳から少し下ったところからの中岳と赤岳。
3
今回の中ではここが一番雪が綺麗に残ってた。登山道には影響なし。
2017年06月10日 11:03撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の中ではここが一番雪が綺麗に残ってた。登山道には影響なし。
中岳山頂からの権現岳。
2017年06月10日 11:10撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳山頂からの権現岳。
中岳からの赤岳。行者小屋への分岐は半分くらいまで登ったところ。
2017年06月10日 11:10撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳からの赤岳。行者小屋への分岐は半分くらいまで登ったところ。
1
登り返して分岐到着しました。
2017年06月10日 11:30撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返して分岐到着しました。
間隔が均等じゃなく、ちょっと歩きづらかったステップ
2017年06月10日 11:35撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間隔が均等じゃなく、ちょっと歩きづらかったステップ
今日歩いてきた阿弥陀岳と中岳。
2017年06月10日 11:36撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日歩いてきた阿弥陀岳と中岳。
行者小屋到着。12時前でテントは10数張り。
2017年06月10日 11:57撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋到着。12時前でテントは10数張り。
行者小屋でちょうど12時の気温は11度。寒かったはずだ。
2017年06月10日 12:00撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋でちょうど12時の気温は11度。寒かったはずだ。
行者小屋〜赤岳鉱泉間の会談にはこのマーク。マムートが協力?
2017年06月10日 12:16撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋〜赤岳鉱泉間の会談にはこのマーク。マムートが協力?
赤岳鉱泉。以前赤岳に登ったときに泊まって、お風呂でさっぱりできた。
2017年06月10日 12:28撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉。以前赤岳に登ったときに泊まって、お風呂でさっぱりできた。
コーヒーをいただけたらしい。
2017年06月11日 09:37撮影 by Nexus 6, motorola
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コーヒーをいただけたらしい。

感想/記録

余裕があれば赤岳まで行きたいと楽観的に考えて出発。
歩き始めてみると、体が重く、慣らしが終わるまではと思いながらゆっくり歩くものの時間が経っても解消せず。
逆に高度を上げるにつれ、しんどさアップ。
呼吸法を高山向けのに変えてみると、少しだけマシになったので、もとの体調のいまいちさもあいまって高山に順応できてなかったらしい。

きついながらもなんとかそのまま進み、阿弥陀岳到着。
到着時点では先客一人。
静かな中、ゆっくり360度の展望を楽しみ、一息。
その後、中岳方面に下りはじめると、登ってくるグループが何組もいたので、タイミングよく山頂にいられてよかった。

その後、終盤に少し雨にも降られたものの予報で心配していた雷雨とまではならず、小雨&短時間だけですんでくれた。
林道に変わり、少しだけ走ってみたが、トレランシューズでないためか、辛いだけ。ただ、ショートカットの山道に入ると少しだが楽しめたので、地面の固さが影響しているように思われた。

美濃戸〜美濃戸口間の林道、途中に歩行者むけのショートカットがあるが、そのうちのひとつかと思って(後で地図を見ると少し手前だった)踏み跡に入ってみると途中で道が不明瞭になり、それ以上進むことがヤバいように感じたので戻ることに。
同じように誤って入った人が多く、踏み跡がしっかり残ってしまってるのかも。
訪問者数:316人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント 急登 林道 テン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ