また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1167563 全員に公開 トレイルラン尾瀬・奥利根

【夜行日帰り】湯の小屋〜笠ヶ岳〜尾瀬散策〜御池

日程 2017年06月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
上越線上牧駅
会津バス尾瀬御池
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

上牧駅 0:35
湯の小屋 3:59
笠ヶ岳 6:50
小笠分岐 8:27
悪沢山 9:35
鳩待峠 10:40
山の鼻 11:16
東電小屋 12:29
尾瀬御池 15:41
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

高崎線人身事故の影響で30分遅れで上牧駅到着。以前ここから谷川に行っているので必然的にスタートはここ。
2017年06月11日 00:35撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高崎線人身事故の影響で30分遅れで上牧駅到着。以前ここから谷川に行っているので必然的にスタートはここ。
水上湯原のファミマで買い出し。品揃え豊富で助かります。
2017年06月11日 01:13撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水上湯原のファミマで買い出し。品揃え豊富で助かります。
月夜の中、湯の小屋温泉に向かう
2017年06月11日 03:32撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月夜の中、湯の小屋温泉に向かう
1
登山口。丁度明るくなってきた。
2017年06月11日 04:14撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。丁度明るくなってきた。
少し登ったところにあるゲート。登山道は右手の梯子を登ります。
2017年06月11日 05:02撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登ったところにあるゲート。登山道は右手の梯子を登ります。
シャクナゲの応援
2017年06月11日 06:48撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲの応援
1
なかなか手ごわい道
2017年06月11日 06:49撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか手ごわい道
2
咲倉尾根避難小屋。扉が外れています。中は何もなし。
2017年06月11日 06:51撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲倉尾根避難小屋。扉が外れています。中は何もなし。
避難小屋の屋根に登ると谷川展望台
2017年06月11日 06:52撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋の屋根に登ると谷川展望台
4
実は裏手にこんな梯子があり、屋根に登れるんです。
2017年06月11日 06:53撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実は裏手にこんな梯子があり、屋根に登れるんです。
1
笠ヶ岳が見えてきた
2017年06月11日 07:03撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳が見えてきた
笹薮多数。積雪もあり、道がわからない
2017年06月11日 07:10撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹薮多数。積雪もあり、道がわからない
少し上がれば雪原になり、自由に登れる
2017年06月11日 07:43撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し上がれば雪原になり、自由に登れる
2
池塘と至仏岳
2017年06月11日 08:06撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘と至仏岳
3
楽園です
2017年06月11日 08:07撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽園です
3
楽園です
2017年06月11日 08:08撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽園です
2
せっかくなので笠ヶ岳頂上へ
2017年06月11日 08:21撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなので笠ヶ岳頂上へ
1
頂上。360度の展望。貸し切りです。
2017年06月11日 08:28撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上。360度の展望。貸し切りです。
4
三角点と谷川方面?
2017年06月11日 08:35撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点と谷川方面?
2
風が強いけど、いい天気です
2017年06月11日 08:35撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強いけど、いい天気です
1
これから進む悪沢岳方面。左は至仏、右は燧。
2017年06月11日 08:36撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む悪沢岳方面。左は至仏、右は燧。
2
先ほどの池塘と記念撮影。
2017年06月11日 08:38撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの池塘と記念撮影。
3
このトラバースが一番の難所。少し降りて傾斜のゆるいところを探して進みました。
2017年06月11日 08:48撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このトラバースが一番の難所。少し降りて傾斜のゆるいところを探して進みました。
1
小笠付近より至仏山
2017年06月11日 08:55撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小笠付近より至仏山
1
振り返って笠ヶ岳。右斜面に道はあるのか?→あとで調べたら無いようです。
2017年06月11日 09:04撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って笠ヶ岳。右斜面に道はあるのか?→あとで調べたら無いようです。
駆け下りた雪原を下から振り返り。気持ちよい!
2017年06月11日 09:09撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駆け下りた雪原を下から振り返り。気持ちよい!
1
進むにつれて、先週登った奥白根も見えるように。
2017年06月11日 09:28撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進むにつれて、先週登った奥白根も見えるように。
悪沢の最後ののぼり
2017年06月11日 09:29撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢の最後ののぼり
1
悪沢岳山頂は展望なし。
2017年06月11日 09:36撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳山頂は展望なし。
雪に覆われたオヤマ沢田代。これで自宅と苗場がつながりました。万歳!
2017年06月11日 09:41撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪に覆われたオヤマ沢田代。これで自宅と苗場がつながりました。万歳!
4
鳩待峠は人がいっぱい。コーラで喉を潤します。
2017年06月11日 10:41撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠は人がいっぱい。コーラで喉を潤します。
1
こんな感じで上下線渋滞です。
2017年06月11日 11:05撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じで上下線渋滞です。
2
道端に咲く水芭蕉。おおむね巨体です。
2017年06月11日 11:07撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端に咲く水芭蕉。おおむね巨体です。
水辺の水芭蕉は瑞々しい。
2017年06月11日 11:24撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水辺の水芭蕉は瑞々しい。
4
至仏山も絵になる
2017年06月11日 11:26撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山も絵になる
4
燧が岳も絵になる
2017年06月11日 11:29撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧が岳も絵になる
4
木道も絵になる
2017年06月11日 11:29撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道も絵になる
2
池塘も絵になる
2017年06月11日 11:38撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘も絵になる
3
美しや〜
2017年06月11日 12:28撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しや〜
4
ここから燧裏林道に入ります
2017年06月11日 13:10撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから燧裏林道に入ります
直射日光の当たらない森は助かる
2017年06月11日 13:15撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直射日光の当たらない森は助かる
つつじもちらほら。
2017年06月11日 13:27撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つつじもちらほら。
まだ咲いたばかりの水芭蕉。こっちのほうが好きだな。
2017年06月11日 14:54撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ咲いたばかりの水芭蕉。こっちのほうが好きだな。
1
これから成長しますよ。
2017年06月11日 14:54撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから成長しますよ。
1
平が岳はまだまだ雪が沢山。
2017年06月11日 15:13撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平が岳はまだまだ雪が沢山。
1
尾瀬御池がゴール。これは未来への布石です。
2017年06月11日 15:41撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬御池がゴール。これは未来への布石です。
2
食堂はしまっていたので、売店で赤いきつねを購入。
2017年06月11日 15:56撮影 by COOLPIX S02, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食堂はしまっていたので、売店で赤いきつねを購入。
2
尾瀬と苗場山はつながっていませんが、今回繋ぎました。後日つながったマイマップを掲載予定。
2017年06月12日 22:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬と苗場山はつながっていませんが、今回繋ぎました。後日つながったマイマップを掲載予定。
2
尾瀬と苗場山がつながりました。
2017年06月13日 23:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬と苗場山がつながりました。
1
撮影機材:

感想/記録

土曜日午前中はとある理由で休日出勤。来週末も土日の片方は出勤するはめになりそうなので、疲れてはいるが尾瀬遠征。最終の列車で向かうものの、高崎線人身事故の影響で上越線は30分遅れ。自動的に出発時刻が30分遅れたが、湯の小屋温泉への時間を30分短縮し3時間半で到着することで回復。4時だともう明るいので、林道ではなく登山道を上るが、入山直後は人が歩いていないせいか、下草が多く不明瞭な部分も多い。少し登れば明瞭になるが、思ったよりもアップダウンが多く、体力が消耗した。
避難小屋から先は笹やぶが多く、また残雪もあって道があるのかないのかわからない。この先どんだけ時間がかかるか心配になってくる。しかし、雪が増えてくるにしたがって、逆に歩きやすくなり、展望も開けてくる。良いペースで進めた。
半分が雪に埋もれた池塘に到着した時には、至仏山と燧ケ岳も見えるようになり、この世の楽園のような風景で疲れと眠気が吹き飛んだ。
笠ヶ岳へは崩れやすい道で風も強かったが、360度の展望で谷川岳の雪山や武尊、奥白根等全部丸見えで感動。北側に下る道が見当たらないので、来た道を引き返して山の東斜面を北上する(帰宅後に北側には道がついていないことを確認)。この東斜面には雪がたっぷり残っていて、しかもトレースは一切なく、なかなかにスリリングなトラバース。少し標高を下げて安全そうな部分を行くが、それでも緊張を強いられる場所だった。鳩待から笠ヶ岳は結構歩かれているとの情報だったが、それは無積雪期の話のようだ。
この難所を越えれば、後は特に危ない場所もなく悪沢岳。頂上のみ樹木で展望がさえぎられている。少し下れば展望が開ける。オヤマ沢田代分岐に到達すれば自宅とつながるまさにその瞬間であるが、あいにくオヤマ沢田代は全て雪に覆われていて、どこが分岐かが分からなかった。鳩待峠へも雪が多い下りで、歩きやすそうな場所を進むと違う沢筋に行ってしまったりした。2回ほど軌道修正して、鳩待峠。鳩待峠登山口にはロープが張ってあったためか、ここまで誰にも出会わなかった。
しかしながら、ここからしばらくは観光の方と同じ道を行くことになる。30名くらいの団体さんとかもいて大賑わい。水芭蕉もこれでもかというくらい咲いていた。牛首から東電小屋方面に折れると、多少人が少なくなる。また、温泉小屋を過ぎるとほとんど人は歩いていない。
燧裏林道は名前からして林道をイメージしていたのでが、実際は普通の山道でびっくりした。しかし傾斜は緩く、林道並なのでこのようなネーミングなのか。途中にいくつか湿原があるが、尾瀬ヶ原よりも標高が高いため、水芭蕉がまだ蕾であったり小さかったりする。尾瀬ヶ原でのただただ体格が大きく悪い言い方をすればだらしない水芭蕉よりは可憐で素敵だと思った。燧裏林道も後半になると、長旅の疲れが出てきた。バス時刻に余裕があることもあり、ほとんど歩いてしまった。後半の最後のスタミナが足りないと実感した。
帰りは小山駅で水戸線に乗り換える予定が、まさかの寝過ごしにより、間々田駅まで行ってしまった。幸いにも引き返して水戸線の最終に間に合い、無事ひたちなかに戻れました。
訪問者数:458人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/2/8
投稿数: 35
2017/6/13 21:41
 尾瀬縦断!
こんばんは。ロングランニングお疲れさまでした!
街からスタートして山に向かうという旅ができるのは、矢張りランニングならではですね(^^)
後半のスタミナが足りないなんてとんでもない、素晴らしい体力だと思います。
私は昨夏に笠ヶ岳に登りましたが、それより先の尾瀬に降り立ったことはありません。nakanoさんのレコを見て、是非足を踏み入れたいと強く思いました。
登録日: 2011/10/15
投稿数: 426
2017/6/13 23:27
 Re: 尾瀬縦断!
こんばんは。実はhoriさんのレコも参考にさせていただきました。ここを歩く人は少ないですね。また、真夏は今とはかなり雰囲気が違いますね。
6月、7月は夜明けが早いので夜行日帰りのシーズンですよ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ