また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1170103 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

武甲山

日程 2017年06月07日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り(山頂展望なし)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間47分
休憩
25分
合計
3時間12分
S一の鳥居(武甲登山道入口)07:0007:28不動滝07:2907:53大杉の広場08:0108:36シラジクボとの分岐08:43武甲山08:5609:27大杉の広場09:2809:50不動滝09:5210:12一の鳥居(武甲登山道入口)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ 靴下 手袋 着替え ツエルト ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 地図(地形図) ヘッドライト 計画書 筆記用具 常備薬 時計 ストック カメラ2台 ヘルメット 携帯電話&iPhone バッテリー

写真

前日 “道の駅ちちぶ”から撮影した。武甲山です。
2017年06月06日 17:19撮影 by Canon EOS Kiss Digital N, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日 “道の駅ちちぶ”から撮影した。武甲山です。
1
この鳥居をくぐると表参道駐車場です。 AM7:02
2017年06月07日 07:02撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鳥居をくぐると表参道駐車場です。 AM7:02
1
一丁目石です。
2017年06月07日 07:03撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一丁目石です。
狛犬です。 少し大きいね
2017年06月07日 07:03撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狛犬です。 少し大きいね
1
ここが登山道入り口です。  AM7:04
2017年06月07日 07:04撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが登山道入り口です。  AM7:04
1
十一丁目石です。 AM7:19
2017年06月07日 07:19撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十一丁目石です。 AM7:19
不動滝です。  AM7:32
2017年06月07日 07:32撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動滝です。  AM7:32
水の入ったペットボトルが置かれています。
2017年06月07日 07:32撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水の入ったペットボトルが置かれています。
1
さあ運び上げれるでしょうか。
2017年06月07日 07:34撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ運び上げれるでしょうか。
二十一丁目石です。  AM7:39
2017年06月07日 07:39撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十一丁目石です。  AM7:39
三十一丁目石です。  AM7:59
2017年06月07日 07:59撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三十一丁目石です。  AM7:59
応援標識です。 AM8:05
2017年06月07日 08:05撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
応援標識です。 AM8:05
方位案内板です。 
2017年06月07日 08:05撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
方位案内板です。 
四十一丁目石です。  AM8:20
2017年06月07日 08:20撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四十一丁目石です。  AM8:20
五十一丁目石です。  AM8:41
2017年06月07日 08:41撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五十一丁目石です。  AM8:41
水を入れる箇所に着きました。 AM8:41
2017年06月07日 08:41撮影 by HD2, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水を入れる箇所に着きました。 AM8:41
1
一気に入れます。  AM8:41
2017年06月07日 08:41撮影 by HD2, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に入れます。  AM8:41
こちらが山頂トイレです。
2017年06月07日 08:41撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが山頂トイレです。
からのペットボトルです。 表参道を下る方は滝まで持ってって下さいとのことです。
2017年06月07日 08:44撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
からのペットボトルです。 表参道を下る方は滝まで持ってって下さいとのことです。
1
節水の張り紙です。
2017年06月07日 09:02撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
節水の張り紙です。
武甲山の案内板です。  
2017年06月07日 08:42撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山の案内板です。  
武甲山御嶽神社です。  AM8:43
2017年06月07日 08:43撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山御嶽神社です。  AM8:43
1
武甲山山頂です。
2017年06月07日 08:50撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山山頂です。
1
方位盤ありました。
2017年06月07日 08:49撮影 by HD2, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
方位盤ありました。
崖の下です。何も見えません。
2017年06月07日 08:49撮影 by HD2, GoPro
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖の下です。何も見えません。

感想/記録

「コースデータ」あくまでも参考値です。
アタック日: 2017/6/7
天候: 曇り
気温: 15度〜
アタック場所: 武甲山
標高: 1304m
ルート: 表参道コース
駐車場: 一の鳥居駐車場
出発時間: AM7:00
所要時間: 3:16
到着時間: AM10:12
歩いた距離: 6.6Km
標高差登り: 806m
標高差下り: 782m
歩数: 15000歩 (平成の伊能忠敬万歩計の数字)

前日夕方 “道の駅ちちぶ” から見た武甲山は今まで見たきた山とは容姿が少し違って見えた。 緑の地肌ではなく人工的に削られた面しか見えなかったからだ。

AM7:00スタート、約1Kmほどコンクリートの坂を登る。不動滝で水の入ったペットボトルが一杯並べてあった。山頂トイレまで水を運んで欲しいとの札書き、こんなやり方は島根の ”大山” 以来だな。間もなく後期高齢者だが少し気張って、4Lのボトルを背中に背負った。ずっしりと重い、はたして山頂まで担げれるか否か不安がよぎった。ところが荷を背負うと不思議な事に足がしっかりしてきた、大股では歩けないからだ。良いピッチで登ることが出来る。登るに連れいい感じになってきた。 
登りながらいろいろなことが脳裏をよぎった。ドーム球場で見かけるビールサーバーを背負った売り子のお嬢さんや、”人の一生は重荷を負うて、遠き道を行くがごとし急ぐべからず”、誰かの人生訓だったな 。
ちと頑張って山頂に着いた。山頂トイレ上のマンホールに勢い良く流した。何か良いこと出来たかな〜と思った。

山頂は真っ白で映画館のスクリーンのようであった。今日眺めは諦めることとして 下山、  
と 地下足袋を履いたご年配の方が小生の3倍もの水を背負子に背負って汗だくで上がってきた。脱帽であった。その後大勢の中学生とすれ違った。みんな頑張って水を運んでいる姿を見て微笑ましく思った。
子どもたちにヒゲじいと見られているかと思うと挨拶が大変だった。年甲斐もなく負けないくらいの大きな声を出した。   

鳥取の大山では自然崩落を食い止めようと小石を登山口から背負った。
武甲山は人為的に山がカットされ形が変わってきている。 人類が生きるがために一つの山がなくなりかけている。 小生の近くの町でも小さな山が平らになり団地が造成されている、同じことだと思えば良いのだが、
島国の日本  複雑な想いで駐車場に着いた。

ガイドマップ
“道の駅果樹公園あしがくぼ”となりの、横瀬町観光協会でもらえます。
訪問者数:102人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

崩落 クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ