また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1173049 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

甲相国境尾根

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
<往路>
小田急線 新宿駅>小田急線 新松田駅
富士急湘南バス 新松田駅>西丹沢自然教室
<復路>
富士急行バス 山中湖 平野>富士山駅
富士急行線 富士山駅>大月駅
JR中央線 大月駅>高尾山駅>新宿駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
畦ヶ丸の後は、細かいアップダウンが続く。
コース状況/
危険箇所等
道は、よく整備されている。危険箇所はない。
その他周辺情報高尾山駅から徒歩15分の「八王子健康ランドふろッぴィ」で入浴
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ルーファス8 グレゴリー2Lハイドレーション VAAMペット500ml 水500ml 菓子パン2個 柿ピー小3袋 雨具 着替えTシャツ1枚 着替え短パン1枚 ヘッ電 予備バッテリー カメラ iPhone6S 速乾性のパタゴニアT MHWゴーストライトジャケット MHWダイヘドラルプリカーブパンツ MHWウェイクールアームズ ダーンタフ・ノーショーソックス アディダス テレックス スコープ GTX QQセット Garmin GPSMAP 62s 地図

写真

始発前の臨時バスに乗車、8時15分頃に西丹沢自然教室に到着した。今日は、梅雨の合間の晴れ。天気よし!
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始発前の臨時バスに乗車、8時15分頃に西丹沢自然教室に到着した。今日は、梅雨の合間の晴れ。天気よし!
西丹沢自然教室を出てすぐの橋。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丹沢自然教室を出てすぐの橋。
振り返ると大室山。いつか行こう。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると大室山。いつか行こう。
思いやり橋。いつもありがとうございます!
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思いやり橋。いつもありがとうございます!
朝9時前の気温は、24.5度。西沢の清流が最高に気持ち良い。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝9時前の気温は、24.5度。西沢の清流が最高に気持ち良い。
花崗岩の削れた登山道。良く整備されている。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花崗岩の削れた登山道。良く整備されている。
トカゲさん、こんにちは!
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トカゲさん、こんにちは!
道標に従って進む。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標に従って進む。
善六のタワに到着したのは、スタートしてから1時間12分後。CTだと2時間って、CTが間違えている気がする。。。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
善六のタワに到着したのは、スタートしてから1時間12分後。CTだと2時間って、CTが間違えている気がする。。。
ブナ林とまっすぐ尾根。最高!
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林とまっすぐ尾根。最高!
畔ヶ丸、1292.3m!
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畔ヶ丸、1292.3m!
山頂は、先客が1名だけ。1本入れて先へ。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は、先客が1名だけ。1本入れて先へ。
畔ヶ丸避難小屋は、こじんまり。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畔ヶ丸避難小屋は、こじんまり。
薪ストーブが原因だろうけど、中は少し煙り臭い。入り口横にトイレあり(使用せず)。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薪ストーブが原因だろうけど、中は少し煙り臭い。入り口横にトイレあり(使用せず)。
ツツジ。ちょうど満開だった。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ。ちょうど満開だった。
S字尾根。素敵。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
S字尾根。素敵。
11時頃に大界木山到着。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時頃に大界木山到着。
グリーンとピンクのコラボ。午前中は、天気よし。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンとピンクのコラボ。午前中は、天気よし。
大木の存在感に思わずパチリ。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大木の存在感に思わずパチリ。
1
道の駅「どうし」への分岐点。ここまで来ると、「どうし」から上がってくる人が多い。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅「どうし」への分岐点。ここまで来ると、「どうし」から上がってくる人が多い。
城ヶ尾「峠」。「山」はこの後。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城ヶ尾「峠」。「山」はこの後。
城ヶ尾「山」。ここだけ、ぽっかりと空間が開いていた。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城ヶ尾「山」。ここだけ、ぽっかりと空間が開いていた。
南方向の眺望。風が涼しくて気持ち良い。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方向の眺望。風が涼しくて気持ち良い。
1
ぶなの木尾根と勝手に命名したくなる。ちょー素敵なグリーンエリア。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぶなの木尾根と勝手に命名したくなる。ちょー素敵なグリーンエリア。
2
中ノ丸に到着したのは、11時半過ぎ。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ丸に到着したのは、11時半過ぎ。
足元には、「菰釣山(こもつるしやま)避難小屋1.0km」のサイン。お昼は、避難小屋で食べることにする。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元には、「菰釣山(こもつるしやま)避難小屋1.0km」のサイン。お昼は、避難小屋で食べることにする。
菰釣山(こもつるしやま)避難小屋遠景。木製ベンチが2つ。ここでランチ休憩を入れる。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菰釣山(こもつるしやま)避難小屋遠景。木製ベンチが2つ。ここでランチ休憩を入れる。
さあ、中へ!
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、中へ!
ちょーキレイ!こんなキレイな避難小屋は初めて見た気がする。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょーキレイ!こんなキレイな避難小屋は初めて見た気がする。
避難小屋から20分ほど登って、菰釣山(こもつるしやま)に到着。先客は2名。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋から20分ほど登って、菰釣山(こもつるしやま)に到着。先客は2名。
先客いわく、「さっきまで見えていたんだよね、富士山。」ということなので、タイミング悪く富士山は雲の中。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先客いわく、「さっきまで見えていたんだよね、富士山。」ということなので、タイミング悪く富士山は雲の中。
少し粘ってみたものの、富士山は見えず、先へ進む。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し粘ってみたものの、富士山は見えず、先へ進む。
ここでもツツジがキレイ。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでもツツジがキレイ。
油沢の頭。何もない。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
油沢の頭。何もない。
「樅ノ木沢の頭」、これが読めなかった。正解は、「もみのきさわのかしら」。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「樅ノ木沢の頭」、これが読めなかった。正解は、「もみのきさわのかしら」。
山伏峠へ降りると、バス停があるらしいので、エスケープルートに使えるかも。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山伏峠へ降りると、バス停があるらしいので、エスケープルートに使えるかも。
石保土山、1297m。何も無し。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石保土山、1297m。何も無し。
送電線の下を通過する。眺望よし。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線の下を通過する。眺望よし。
富士岬平。ここからの富士山に期待したのだが。。。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士岬平。ここからの富士山に期待したのだが。。。
富士山は、少し見えるくらい。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山は、少し見えるくらい。
富士山ズームその1。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山ズームその1。
富士山ズームその2。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山ズームその2。
スマホで撮った方がクリア。
2017年06月17日 14:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スマホで撮った方がクリア。
スマホでズームするも、富士山は雲の中。。。
2017年06月17日 14:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スマホでズームするも、富士山は雲の中。。。
15時過ぎに高指山に到着。あとは市街地へ下山するのみ。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15時過ぎに高指山に到着。あとは市街地へ下山するのみ。
素敵なグリーントンネル。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵なグリーントンネル。
お約束?送電線下から。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お約束?送電線下から。
市街地に出た後は、地味でなが〜い歩きを経て平野バス停に到着。
2009年01月01日 00:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市街地に出た後は、地味でなが〜い歩きを経て平野バス停に到着。

感想/記録

友人が「甲相国境尾根(こうそうこつきょうおね)」を歩きたいというので、一緒に歩くことにした。
言われるまで、「甲相国境尾根」の存在すら知らなかった。
ただ、調べると大多数の人が避難小屋に1泊しているのが分かった。
その友人は、マイナールート含めて丹沢山系の大部分を踏破しているものの、「甲相国境尾根」は行ったことがないという。
友人は、フィジカルは強い(CTの7割りペース)し、単独山行の経験値も高いが、
・未踏破の1泊ロングルートをソロで行くのはイマイチ不安
・出来れば1日で歩いてしまいたい
・帰りに温泉に入らないと嫌だ
という無理難題を押し付けてきた。
ならばお供しましょう(泣いても知らんぞ)、となり、梅雨の晴れ間を狙って、西丹沢自然教室に降り立ったのは、6月17日(土)の午前8時15分頃。
小田急線/新松田駅のバス停で待ち合わせて、運良く座れたので、午前7時過ぎに出発する臨時バスに乗ることにした。
午前9時前の気温は、24度。沢沿いの道は、せせらぎの音が気持ち良い。
CTで約9時間半の道のりなので、バディがどれくらい着いてこれるのか分からないものの、畦ヶ丸までペースを上げて進むが、なんとピッタリと着いてくる。
途中、短い休憩を数回入れて様子を伺うが、「大丈夫!」とひるむ様子はない。
走ることは一切しなかったが、スタートして1時間50分程度で畦ヶ丸に到達した。
CT3時間だから、CTのおおよそ6割程度で畦ヶ丸に到達したことになる。
フィジカルが強いのは認識していたけど、これには素直に驚いた。
こんなペースで良いのか、と一応は確認してみるが、「大丈夫!」と言うので、途中バテたら荷物を持つことを覚悟して、ハイペースのまま進む。
畦ヶ丸から富士岬平までは、噂通り、細かいアップダウンが続く。
「甲相国境尾根」の呼名の通り、明るい尾根道を登っては降りるを繰り返す。
土嚢袋を積み上げた階段がなかなかキツイけど、感心するほどに登山道は、良く整備されている。
ヤマツツジが所々咲き誇り、尾根を吹く風は涼しくて気持ちが良い。
最初の富士山絶景ポイントは、城ヶ尾山だったが、富士山は雲の中。
少し粘ってみたものの、富士山は顔を出さず、諦めて先へ進む。
ここまで来れば、CTで進んでも夕暮れ前には下山できるので、「日帰り」の条件はクリアできることを確信する。
富士岬平では、富士山の顔を少しだけ拝むことが出来た。
高指山まで登れば、後は降るのみ。
午後4時には山中湖平野バス停に到達して(2つ目のお題をクリア)、隣のセブンで缶ビールのロング缶を買ってバスの中で無事の下山を乾杯する。
ちなみに、一般道添いは、ジュース自販機が数台ある程度で、缶ビールは平野交差点手前の酒屋か、バス停隣のセブンでしか買うことができない。
富士山駅の駅ビル地下で吉田うどんでエネルギー補給した後は、高尾山駅まで移動して、「八王子健康ランドふろッぴィ」で汗を流して解散となった(3つ目のお題もクリア)。
ランを一切入れず、早いペースで歩き通したが、CTの5〜6割というのは意外だった。
山と高原地図のCTは、時間設定がかなり甘めと思うことがあるので、今回もそういうことだろうと考えている。
菰釣(こもつるし)避難小屋は、トイレは無いが、中はめちゃキレイなので宿泊するには最高だろう。
ルーファス8には、着替え、雨具の他に、行動食として、水2.5L、VAAM500ml、自家製トレイルミックス400g、小あんぱん5個、ランチパック1個、クリーム玄米ブラン2個、柿ピー小3個、おかき小1個、イカフライ1個を詰め込んだ。
スマホ、GARMIN GPSMAP 62s、財布と自体鍵を入れた総重量は、6.4kgだった。
水は500ml、トレイルミックス200g、クリーム玄米ブラン1個を残した。
ちな、フィジカルの強さを示したバディの荷物は、正確には測っていないが、持った感じでは総重量で5kgくらい。
途中でバテることもなかったので、フィジカルの強さは折り紙つきというのがよーく分かった。
訪問者数:311人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ