ヤマレコ

記録ID: 1177458 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

ホームグラウンド的な山は燕岳

日程 2017年06月22日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山者用無料第一駐車場 約50台駐車可 朝は15台程度、帰りに30台程度。
宮城ゲートから中房までの林道は舗装されていて走りやすいですけど、すれ違い困難な箇所が多数有り、早朝はともかく昼間は結構交通量があるので常に対向車を意識した走行を心がけたいです。また、できれば昼間でもライト点灯をお願いしたいです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間9分
休憩
3時間8分
合計
9時間17分
S中房温泉05:0105:28第1ベンチ05:50第2ベンチ06:16第3ベンチ06:45富士見ベンチ07:16合戦小屋07:4507:59合戦山(合戦沢ノ頭)08:0508:54燕山荘09:1809:23いるか岩09:34めがね岩09:42燕岳09:5810:06めがね岩10:0710:19いるか岩10:2010:28燕山荘11:5212:17合戦山(合戦沢ノ頭)12:26合戦小屋12:4412:58富士見ベンチ13:10第3ベンチ13:25第2ベンチ13:3413:49第1ベンチ14:10中房温泉登山口14:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
第一駐車場から中房登山口までは登り10分程度です。登山口手前に指導所、ポスト有り。
コース状況/
危険箇所等
コースは残雪箇所を含め全体によく整備されてます。合戦沢の頭までは富士見ベンチから上でポツポツっと雪がある程度、合戦沢の頭から燕山荘下の最終ベンチまでは4割ほどの残雪で雪切りがしてあり、特に急と思われる斜面は階段状に切ってあります。なのでアイゼン等、無くても大丈夫ですけどトレッキングシューズのように踵の丸い靴などは軽アイゼンがあれば歩きやすいかとも思います。ただ、靴裏に雪がくっつきそうなベタついた雪だったりするので、現場での判断が必要かも。
その他周辺情報中房登山口の立ち寄り温泉ももちろん良いですが、麓へ下ってきて最初の信号を右に曲がり5分弱、右側に最近出来た「しゃくなげの湯」がおすすめです。(700円 9:30~20:30 第一水曜日休館) 食事に関しては宮城ゲートをちょっと下ったところにあるそば屋「くるまや」がおすすめ。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ

写真

駐車場は思ってたより全然車が少なくてラッキーな感じ
2017年06月22日 04:45撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場は思ってたより全然車が少なくてラッキーな感じ
今日は静かな登山口
2017年06月22日 05:00撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は静かな登山口
おきまりの各ベンチ写真をアップ(笑)
第一。
2017年06月22日 05:28撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おきまりの各ベンチ写真をアップ(笑)
第一。
第一ベンチの道祖神がかわいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一ベンチの道祖神がかわいい
第二。
2017年06月22日 13:34撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二。
第三。
2017年06月22日 06:15撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第三。
広葉樹が割と少ない北アルプスですけど、花も咲き始めて新緑と併せてきれいです。夏山になってきたなって感じます。
2017年06月22日 06:32撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広葉樹が割と少ない北アルプスですけど、花も咲き始めて新緑と併せてきれいです。夏山になってきたなって感じます。
富士見ベンチ
2017年06月22日 06:46撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見ベンチ
たくさんのコイワカガミの近くにショウジョウバカマも見られました
2017年06月22日 06:57撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たくさんのコイワカガミの近くにショウジョウバカマも見られました
2
合戦小屋までで一番大きな残雪
2017年06月22日 06:58撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋までで一番大きな残雪
雨で洗われた登山道
2017年06月22日 07:06撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨で洗われた登山道
合戦小屋のスイカは来週からみたいです。
今日は頻繁に荷揚げ用ケーブルで荷揚げしてました。
2017年06月22日 07:16撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋のスイカは来週からみたいです。
今日は頻繁に荷揚げ用ケーブルで荷揚げしてました。
1
ナナカマドが咲き始めてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドが咲き始めてました。
1
合戦小屋から尾根への入り口に残雪
2017年06月22日 07:44撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋から尾根への入り口に残雪
端っことか踏み抜きに注意です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
端っことか踏み抜きに注意です。
所々冬道になってた辺りに残雪
2017年06月22日 07:55撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々冬道になってた辺りに残雪
雷鳥がそんなことを……心得ました(汗)
2017年06月22日 08:05撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥がそんなことを……心得ました(汗)
槍を見てくださいと言わんばかりの、スプーンですくったかのようなたるみ(笑)
2017年06月22日 08:05撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍を見てくださいと言わんばかりの、スプーンですくったかのようなたるみ(笑)
合戦沢の頭からしばらく雪道
2017年06月22日 08:06撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦沢の頭からしばらく雪道
1
雪切り本当に大変だと思います。お疲れ様です。感謝してます。
2017年06月22日 08:18撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪切り本当に大変だと思います。お疲れ様です。感謝してます。
大きく雪のあるところは三ヶ所かな、後は普通に夏道。
2017年06月22日 08:18撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きく雪のあるところは三ヶ所かな、後は普通に夏道。
1
尾根前半の様子
2017年06月22日 08:19撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根前半の様子
後半の様子
2017年06月22日 08:23撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半の様子
尾根から見る燕もかっこいい
2017年06月22日 08:23撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根から見る燕もかっこいい
2
ぼんやり富士山が見えてた。ちょっと雲も多めだったけど展望が良くてよかった。
2017年06月22日 08:20撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぼんやり富士山が見えてた。ちょっと雲も多めだったけど展望が良くてよかった。
1
蓮華に爺に鹿島槍、奥に五竜、高度が上がるにつれていろんな山が見えてきてなかなか前に進みません(笑)
2017年06月22日 08:43撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華に爺に鹿島槍、奥に五竜、高度が上がるにつれていろんな山が見えてきてなかなか前に進みません(笑)
2
最終ベンチから上は雪が無いとの立て札
2017年06月22日 08:42撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終ベンチから上は雪が無いとの立て札
本来の夏道はまだ多くの雪、特にテント場下。
2017年06月22日 08:43撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本来の夏道はまだ多くの雪、特にテント場下。
夏道の雪が無くなるまで、しばらくはこちらの尾根上を行くルートで。
2017年06月22日 08:45撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道の雪が無くなるまで、しばらくはこちらの尾根上を行くルートで。
小屋に着くと一気に大展望。
2017年06月22日 08:56撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋に着くと一気に大展望。
1
パノラマにしてみました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマにしてみました
1
燕、何度見てもいいなぁ
2017年06月22日 08:59撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕、何度見てもいいなぁ
2
裏銀座の山々を眺めながら山頂へ
2017年06月22日 09:26撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏銀座の山々を眺めながら山頂へ
2
ハイマツとのコントラストがまた良いです
2017年06月22日 09:27撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツとのコントラストがまた良いです
めがね岩はだいぶもろくなってきたらしく、登るなとのこと。
2017年06月22日 09:35撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
めがね岩はだいぶもろくなってきたらしく、登るなとのこと。
登頂、気持ちいいです。でも風が強くなるとまだ寒いです。
2017年06月22日 09:42撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂、気持ちいいです。でも風が強くなるとまだ寒いです。
4
大天井〜槍と縦走した時を思い出します。近いうちにまた歩きたいです。
2017年06月22日 10:06撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井〜槍と縦走した時を思い出します。近いうちにまた歩きたいです。
燕山荘ってなかなかかっこいい。
2017年06月22日 10:06撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘ってなかなかかっこいい。
1
いるかと燕山荘。この目のところは自然に…でしょうか?(^^;
2017年06月22日 10:17撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いるかと燕山荘。この目のところは自然に…でしょうか?(^^;
1
槍と偽槍?
2017年06月22日 10:17撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍と偽槍?
1
風の当たらない日当たりの良いところにキバナシャクナゲが咲いてました。ほかの多くはまだつぼみです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風の当たらない日当たりの良いところにキバナシャクナゲが咲いてました。ほかの多くはまだつぼみです。
2
ミヤマキンバイも咲き始めてました。
2017年06月22日 10:25撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイも咲き始めてました。
2
夏道に下る階段は深い雪の下
2017年06月22日 10:27撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道に下る階段は深い雪の下
山頂〜燕山荘に帰ってくる安曇野は雲海の下に。ガスが垂直に立ち昇る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂〜燕山荘に帰ってくる安曇野は雲海の下に。ガスが垂直に立ち昇る
1
後ろの野口五郎岳には何度もヘリが荷揚げしてた
2017年06月22日 11:47撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろの野口五郎岳には何度もヘリが荷揚げしてた
下る前に見納め
2017年06月22日 11:52撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下る前に見納め
徐々に本来の夏道上を歩くように誘導してます
2017年06月22日 12:05撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に本来の夏道上を歩くように誘導してます
合戦小屋過ぎて結構暑くなってきて、登りより汗かいたです。
2017年06月22日 12:47撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋過ぎて結構暑くなってきて、登りより汗かいたです。
第二ベンチのすぐ下の保護用枠組み。この上を荷揚げ用ケーブルが走ってます。
2017年06月22日 13:34撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二ベンチのすぐ下の保護用枠組み。この上を荷揚げ用ケーブルが走ってます。
登山口到着。今日はほぼ事前の計画通りの山行でした。
2017年06月22日 14:09撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口到着。今日はほぼ事前の計画通りの山行でした。
駐車場はまだ空き空きでした。
2017年06月22日 14:18撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場はまだ空き空きでした。
撮影機材:

感想/記録
by Usshie

地元安曇野から眺めて一番目立つのは常念岳と有明山ですけど、有明山の後ろの稜線に言われなければ分からないような、目立たない山の燕岳が僕は大好きです。ホームグラウンドと言っても良いかと思います。四季を問わずなんだかんだ毎年登ってます。前の日に突然思い立って登に行ったりもします。今回も、梅雨の戻りであまり天気がよくないと思われていた今日の天気予報を、前日に見たら晴れマークだったので唐突に行くことにしました(笑)
麓からは目立たないけど、登ってみるときれいな山容といろんな山が見れる景色と、何度登っても飽きない楽しい山です、コンパクトに登れるのも魅力です、人気ありますもんね。コマクサの時期にはまだ早いけど稜線も結構花が咲き始めました。キバナシャクナゲもちらほら咲いてます。時間が許せるなら日帰りじゃ無く泊まりで行って欲しい山です、朝夕夜がまたいいので。
今回残雪の様子を見に行ったという意味もあったんですけど、いろんな山で雪解けが遅いと言われてる中で、ここは順調に解けてた感じです。昨日の雨でさらに進んだみたいです。合戦沢の頭から上は結構残ってますけどほとんど問題ない感じです。燕山荘下の最終ベンチから上は、本来の夏道がまだしばらく歩けそうに無いので冬道と同じ燕山荘の裏に出るルートを使ってます。ここに雪はありません。
燕岳に向かう稜線のルートは二ヶ所ちょこっと残雪があります。
駐車場は今日はがらがらで、登山者も少なく静かな山を楽しめました。ピーク時には第三駐車場まで満車になったりして路上駐車をする人も出てきますが、変なところに止めると駐車違反の切符を切られることもあるのでご注意ください。
訪問者数:684人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ