また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 117882 全員に公開 沢登り丹沢

水無川水系 勘七ノ沢(沢登り講習)

日程 2011年06月25日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西山林道/二俣
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

7:00渋沢駅南口ロータリー集合=
二俣8:10-
8:20勘七ノ沢出合-
F5-15m11:07-
標高1070m二俣12:25-
13:00花立山荘13:20-
堀山ノ家-
14:10二俣=
湯花楽(入浴)
コース状況/
危険箇所等
■沢登り講習詳細
 http://mt-farm.sports.coocan.jp

■勘七ノ沢

 遡行グレード:1級上

 \昌確啼/二俣までは最後がややダートだが一般車通行可。
  二俣手前に数台は駐車できる。

 勘七ノ沢に入渓し最初の堰堤を左から巻いて、標高570mで小草平ノ沢との
  二俣。勘七ノ沢は左奥にF1-5mが架かっているが、ここは注意しないと
  F1に気づかず小草平ノ沢へそのまま入ってしまう。
  勘七ノ沢を登るつもりが小草平ノ沢を登ってしまい堀山の家に出た話しは
  結構耳にする。

 4七ノ沢F1-5mは左フェイスを登るが、クライミング下手な人は
  最初の数手が苦労する。(卦+)途中残置ハーケン1つ。終了点には
  複数アンカーがある。

 ぞし進むとF2-6m。右側の壁をガバに導かれて登る。卦-。
  壁を乗越し落ち口に向かいトラバース気味に行く。

 ド弦610mで釜を持ったF3-L10m。左右どちらも登れるが
  釜を右からヘツるのがおもしろい。スタンスは水際に求め高く登り過ぎない
  よう注意。(卦-)ロープを出す場合は終了点にベツル2個あり。

 ι弦660mでF4-2段11m(3+8m)。下段は右のリッヂを簡単に
  登りトラバースして、上段は右のチムニー状を登る。途中のハーケンには
  長めのクイックドローを掛けロープの流れがスムーズになるようにしたい。
  (卦)終了点は残置ハーケン2(少し甘い)と地面に強度アンカー1。

 П當蕕5個越し標高800m付近でこの沢最大の大滝F5-15mが堂々と
  落ちている。左のバンドから流芯に向かいトラバースして、流芯左側の
  フェイスを直登。残置ハーケンは要所にあり、岩も安定しているので
  登りやすい。(卦)
  終了点は古くて甘いアンカー3個と錆びてきたラペルリングあり。
  長いスリングの継ぎ足しで河原の大きな岩に掛けることも可能。

 大滝の上部で水量比5:1の二俣を左に行けばF6が連続した小滝を
  掛けている。
  3m(教+)、4m(左側トラバース卦)、3m(左)、
  4段12m(3+3+3+3。2、3番目は左トラバース卦蕕4番目は
  右卦-)、3m(左)、3m(左)、5m(右卦-で少し滑る)、
  そして堰堤。

 標高900m二俣の左沢はゴーロが崩壊している。右沢に入ると3m、2段
  3m滝と容易に越していく。

 標高980mには2段7m(左)、2段6m(左巻き)。いずれも容易。

 左に開けた大きい崩壊地を見送ると標高1070mで二俣となる。
  本流はおそらく左だが、一般的にはここを右に入る。古いアプローチ靴が
  木にぶら下がっている。(以前は草鞋だった)

 右沢に入り少しでL10mトイ状の棚。水はもうほとんど涸れている。
  トイの中をそれほど難しくもなく登る。(卦-)

 標高1170mで右からゴーロで出合う支沢を詰める。ある程度登り、右側の
  尾根に逃げ、少しで花立山荘に到着。

  
過去天気図(気象庁) 2011年06月の天気図 [pdf]

写真

さあ二俣を出発♪
2011年06月25日 07:58撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ二俣を出発♪
最初の堰堤は左から越える
2011年06月25日 08:02撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の堰堤は左から越える
うかうかしていると見過ごしてしまう勘七ノ沢F1-5m。
左フェイスを登る。
2011年06月25日 08:09撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うかうかしていると見過ごしてしまう勘七ノ沢F1-5m。
左フェイスを登る。
F1を登るNさん
2011年06月25日 08:23撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F1を登るNさん
F2-6mは階段状の右壁を登る
2011年06月25日 08:29撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2-6mは階段状の右壁を登る
釜を持ったF3-L10m。釜の右をへつって越す。
2011年06月25日 09:24撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜を持ったF3-L10m。釜の右をへつって越す。
釜をへつり中。
2011年06月25日 09:25撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜をへつり中。
へつったらそのまま流芯右を登る。
2011年06月25日 09:27撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
へつったらそのまま流芯右を登る。
ちょっとだけナメ
2011年06月25日 09:29撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとだけナメ
F4-2段11m。
下段は右のリッジを上段は右のチムニーを登る。
2011年06月25日 09:34撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F4-2段11m。
下段は右のリッジを上段は右のチムニーを登る。
上段8mチムニーを登る
2011年06月25日 09:52撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上段8mチムニーを登る
上段の終了点
2011年06月25日 09:54撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上段の終了点
その後出てくる堰堤は左を登る
2011年06月25日 10:14撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後出てくる堰堤は左を登る
勘七ノ沢F5-15m大滝。
左のバンドをトラバースし直登。
2011年06月25日 10:34撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勘七ノ沢F5-15m大滝。
左のバンドをトラバースし直登。
F5の終了点。だいぶ甘い。
2011年06月25日 10:41撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F5の終了点。だいぶ甘い。
F5を登るNさん
2011年06月25日 10:50撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F5を登るNさん
F6は3〜4m小滝の連続
2011年06月25日 10:59撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F6は3〜4m小滝の連続
F6中2番目の4m滝
2011年06月25日 11:01撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F6中2番目の4m滝
4m滝の左をトラバース気味に登る
2011年06月25日 11:02撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4m滝の左をトラバース気味に登る
まだまだ小滝はつづく
2011年06月25日 11:06撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ小滝はつづく
ここも左をトラバース気味に越える
2011年06月25日 11:09撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも左をトラバース気味に越える
5m滝と堰堤。
少し滑るので注意。
2011年06月25日 11:15撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5m滝と堰堤。
少し滑るので注意。
5m滝を右から登る
2011年06月25日 11:17撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5m滝を右から登る
左手に開けたガレ場が出てきたらもうすぐ1070m二俣だ
2011年06月25日 11:45撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に開けたガレ場が出てきたらもうすぐ1070m二俣だ
1070m二俣。右へ進む。
ここにアプローチ靴が木にかかっている。
2011年06月25日 11:50撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1070m二俣。右へ進む。
ここにアプローチ靴が木にかかっている。
木に掛けられたアプローチ靴。
以前は草鞋が架かっていたが時代の変化かな。
2011年06月25日 12:16撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木に掛けられたアプローチ靴。
以前は草鞋が架かっていたが時代の変化かな。
10mトイ状の涸滝
2011年06月25日 12:19撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10mトイ状の涸滝
10mトイ状は流芯を直登する。
2011年06月25日 12:21撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10mトイ状は流芯を直登する。
右から入る2番目(小さいのを合わせると3番目)の支沢に入る
2011年06月25日 12:29撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から入る2番目(小さいのを合わせると3番目)の支沢に入る
2番目の支沢二俣を上から。
2011年06月25日 12:32撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2番目の支沢二俣を上から。
少しルンゼ状になる
2011年06月25日 12:40撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しルンゼ状になる
適当な箇所で右の尾根へ。
2011年06月25日 12:42撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適当な箇所で右の尾根へ。
尾根上の窪地を突っ切れば・・・
2011年06月25日 12:46撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上の窪地を突っ切れば・・・
花立山荘に飛び出す
2011年06月25日 12:50撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立山荘に飛び出す
大倉尾根の長〜い階段
2011年06月25日 13:10撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根の長〜い階段
はい、二俣に戻ってきました!
2011年06月25日 14:01撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、二俣に戻ってきました!
訪問者数:1570人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ