また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1180115 全員に公開 トレイルラン志賀・草津・四阿山・浅間

湯の丸山・烏帽子岳・太郎山・虚空蔵山〜レンゲツツジの高原から緑の里山へ

日程 2017年06月24日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間29分
休憩
1時間2分
合計
8時間31分
S地蔵峠04:2804:54鐘分岐04:5505:22湯ノ丸山05:36小梨平分岐06:01前烏帽子06:11烏帽子岳06:1206:23市民の森/角間温泉分岐06:49すずめ岩07:23烏帽子岳登山口07:2408:29ファミリーマート08:4309:07太郎山表参道登山口09:1010:17太郎山10:3411:29虚空蔵山11:4311:59鳥小屋山12:0012:07高津屋山12:20菖蒲平12:24陣馬鳥越山12:33和合城跡12:3512:49和合城跡登山口12:51坂城ベイシア12:5912:59坂城駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

地蔵峠をスタート。ゲレンデを登ります。
2017年06月24日 04:30撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵峠をスタート。ゲレンデを登ります。
1
振り返ると、まもなくご来光。
2017年06月24日 04:31撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、まもなくご来光。
18
リフトを見上げます。
2017年06月24日 04:31撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトを見上げます。
4
振り返って、湯ノ丸スキー場と篭ノ登山
2017年06月24日 04:31撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、湯ノ丸スキー場と篭ノ登山
5
靄がかかった太陽。
2017年06月24日 04:36撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
靄がかかった太陽。
9
リフトの上駅。
2017年06月24日 04:43撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトの上駅。
靄のおかげで幻想的。
2017年06月24日 04:45撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
靄のおかげで幻想的。
17
地表の靄と湯ノ丸山。
2017年06月24日 04:45撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地表の靄と湯ノ丸山。
10
放射霧による靄でしょうか。
2017年06月24日 04:47撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
放射霧による靄でしょうか。
8
牛。散策者との間に柵はありません。
2017年06月24日 04:48撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛。散策者との間に柵はありません。
5
サラサドウダン
2017年06月24日 05:04撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラサドウダン
8
イワカガミ
2017年06月24日 05:08撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ
6
靄により、やさしい光になっている。
2017年06月24日 05:09撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
靄により、やさしい光になっている。
4
ズミの花。ほぼ終わってます。
2017年06月24日 05:10撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズミの花。ほぼ終わってます。
2
コケモモかなぁ。
2017年06月24日 05:12撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケモモかなぁ。
1
湯の丸山北峰・角間山と遠方に四阿山。四阿山がいい感じ。
2017年06月24日 05:21撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯の丸山北峰・角間山と遠方に四阿山。四阿山がいい感じ。
9
湯の丸山の山頂。北アルプス方面は見えません。見えるのは烏帽子岳。
2017年06月24日 05:22撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯の丸山の山頂。北アルプス方面は見えません。見えるのは烏帽子岳。
7
小梨平。ズミの花が美しい場所ですが、終わっています。
2017年06月24日 05:36撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小梨平。ズミの花が美しい場所ですが、終わっています。
イチヤクソウ
2017年06月24日 05:45撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イチヤクソウ
5
ムラサキヤシオ、わずかに咲き残り。
2017年06月24日 05:46撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキヤシオ、わずかに咲き残り。
2
チドリ。ハクサンチドリでしょうか。
2017年06月24日 05:52撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チドリ。ハクサンチドリでしょうか。
2
稜線にでました。
2017年06月24日 05:54撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線にでました。
4
イワカガミが随所に。
2017年06月24日 05:57撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミが随所に。
3
左の一番奥が浅間山
2017年06月24日 06:00撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の一番奥が浅間山
1
レンゲツツジと四阿山
2017年06月24日 06:05撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レンゲツツジと四阿山
5
レンゲツツジと烏帽子岳
2017年06月24日 06:06撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レンゲツツジと烏帽子岳
11
烏帽子岳の山頂
2017年06月24日 06:10撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳の山頂
3
遠くに四阿山。右は角間山
2017年06月24日 06:11撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに四阿山。右は角間山
下っていく尾根がよく見えます。左上の山塊が太郎山。
2017年06月24日 06:13撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下っていく尾根がよく見えます。左上の山塊が太郎山。
2
ウラジロヨウラク
2017年06月24日 06:15撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラク
2
モアイ岩。ほんと似てる。
2017年06月24日 06:18撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モアイ岩。ほんと似てる。
6
グンナイフウロ
2017年06月24日 06:22撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グンナイフウロ
2
角間分岐。角間温泉へは通行止めのようです。
2017年06月24日 06:23撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角間分岐。角間温泉へは通行止めのようです。
3
快適な道ですが、この先ずっと樹林帯。
2017年06月24日 06:26撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な道ですが、この先ずっと樹林帯。
林道と何度か交差しますが、案内ちゃんとあります。
2017年06月24日 06:36撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道と何度か交差しますが、案内ちゃんとあります。
1
「市民の森」の標識で安心。
2017年06月24日 06:58撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「市民の森」の標識で安心。
2
オダマキ
2017年06月24日 07:01撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オダマキ
4
市民の森。鹿がいました。
2017年06月24日 07:30撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市民の森。鹿がいました。
5
下界におりてしばらくロード。太郎山が見えてきました
2017年06月24日 08:27撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界におりてしばらくロード。太郎山が見えてきました
1
エイドのファミマ。遠くに烏帽子岳が見えます。
2017年06月24日 08:37撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エイドのファミマ。遠くに烏帽子岳が見えます。
太郎山の登山口。路駐の車もたくさん。人気の山。
2017年06月24日 09:11撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎山の登山口。路駐の車もたくさん。人気の山。
1
高尾エリア並みに良く整備されています。「丁目」ごとに祠。
2017年06月24日 09:24撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾エリア並みに良く整備されています。「丁目」ごとに祠。
途中にある鳥居
2017年06月24日 09:39撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にある鳥居
2
山頂付近の赤い鳥居
2017年06月24日 10:06撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近の赤い鳥居
2
23丁目のようです。
2017年06月24日 10:07撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
23丁目のようです。
1
太郎山のハイキングマップ
2017年06月24日 10:07撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎山のハイキングマップ
神社の前にある展望所。ベンチあり。
2017年06月24日 10:10撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の前にある展望所。ベンチあり。
2
山頂付近にある神社。
2017年06月24日 10:12撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近にある神社。
1
太郎山の山頂
2017年06月24日 10:17撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎山の山頂
4
山頂のお地蔵様
2017年06月24日 10:18撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のお地蔵様
3
山頂からの展望
2017年06月24日 10:18撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの展望
1
左中央に虚空蔵山が見えています。向かいます。
2017年06月24日 10:18撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左中央に虚空蔵山が見えています。向かいます。
2
ウツボグサが咲いていました。
2017年06月24日 10:34撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウツボグサが咲いていました。
4
緑の道。この先は概ね草藪の道です。
2017年06月24日 10:42撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑の道。この先は概ね草藪の道です。
2
のろし場みたいな岩
2017年06月24日 10:47撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のろし場みたいな岩
ここも展望の良い場所
2017年06月24日 10:50撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも展望の良い場所
3
虚空蔵山が見えてきました。
2017年06月24日 10:50撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虚空蔵山が見えてきました。
3
ナデシコがたくさん。
2017年06月24日 10:51撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナデシコがたくさん。
6
露岩ぽいところに花がたくさん。イブキジャコウソウ。
2017年06月24日 11:07撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
露岩ぽいところに花がたくさん。イブキジャコウソウ。
3
シモツケも咲いています。
2017年06月24日 11:07撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シモツケも咲いています。
2
大峯山、大道山でしょうか。
2017年06月24日 11:07撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峯山、大道山でしょうか。
2
坂城の市街地がよくみえます。五里ヶ峯と鏡台山も。
2017年06月24日 11:08撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂城の市街地がよくみえます。五里ヶ峯と鏡台山も。
5
ナデシコたくさん。
2017年06月24日 11:12撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナデシコたくさん。
6
小さなお花畑。ナデシコ、ジャコウソウ、シモツケ。
2017年06月24日 11:14撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなお花畑。ナデシコ、ジャコウソウ、シモツケ。
1
緑の山。遠くに烏帽子岳も見える。
2017年06月24日 11:14撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑の山。遠くに烏帽子岳も見える。
1
ロープ場。虚空蔵山の前後は急な場所が多い。
2017年06月24日 11:25撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ場。虚空蔵山の前後は急な場所が多い。
2
花の解説板
2017年06月24日 11:27撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花の解説板
1
素晴らしい展望。上田市街。
2017年06月24日 11:27撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい展望。上田市街。
8
虚空蔵山の山頂手前
2017年06月24日 11:29撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虚空蔵山の山頂手前
虚空蔵山頂は素晴らしい展望! いいところ。
2017年06月24日 11:29撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虚空蔵山頂は素晴らしい展望! いいところ。
8
少しだけ展望。虚空蔵山からの下山路は過酷。草藪に蜘蛛の巣、しかも暑い!
2017年06月24日 11:40撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ展望。虚空蔵山からの下山路は過酷。草藪に蜘蛛の巣、しかも暑い!
2
城跡について解説
2017年06月24日 11:44撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城跡について解説
1
坂城の市街
2017年06月24日 11:51撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂城の市街
2
お地蔵様
2017年06月24日 11:59撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵様
1
だいぶ標高を下げました。姨捨山かな。
2017年06月24日 12:07撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ標高を下げました。姨捨山かな。
2
送電線の巡視路とあわさると少しだけ道が良くなった。
2017年06月24日 12:18撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線の巡視路とあわさると少しだけ道が良くなった。
和合城。
2017年06月24日 12:33撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和合城。
2
和合城。草ボウボウ。展望は良い。
2017年06月24日 12:34撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和合城。草ボウボウ。展望は良い。
2
下界に降りた。ベイシアが見える。
2017年06月24日 12:46撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界に降りた。ベイシアが見える。
振り返って、和合城(右)。ベイシアから。
2017年06月24日 12:51撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、和合城(右)。ベイシアから。
ハナショウブ
2017年06月24日 13:00撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナショウブ
3
坂城駅。信越線で活躍した急行型電車が停まっていました。
2017年06月24日 13:34撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂城駅。信越線で活躍した急行型電車が停まっていました。
6
坂城駅。和風なかんじ
2017年06月24日 13:38撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂城駅。和風なかんじ
1
ホーム端から五里ヶ峯。
2017年06月24日 13:39撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホーム端から五里ヶ峯。
小諸駅に到着
2017年06月24日 14:21撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小諸駅に到着
1
駅前のハーブガーデン
2017年06月24日 14:22撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前のハーブガーデン
1
きれいに管理されています
2017年06月24日 14:23撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいに管理されています
なかなか。
2017年06月24日 14:23撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか。
3
バスが来ました。早着しないための調整だと思いますが9分遅れ。
2017年06月24日 14:59撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスが来ました。早着しないための調整だと思いますが9分遅れ。
地蔵峠に戻ってきました。ハイカー、観光客で賑やか。
2017年06月24日 15:38撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵峠に戻ってきました。ハイカー、観光客で賑やか。
2
湯の丸高原ホテル。入浴。650円。
2017年06月24日 16:18撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯の丸高原ホテル。入浴。650円。
2

感想/記録
by sat4

■はじめに
 湯の丸山から上田までの赤線繋ぎのルートです。湯の丸山は今年3月に行ったばかりなので来年にと予定していましたが、赤城山のレンゲツツジのレコや、湯の丸周辺での赤線繋ぎのレコをみて、前倒しで行ってきました。なおレンゲツツジの頃の湯の丸山&烏帽子岳に来るのは10年ぶりです。当時は山歩きを始めた頃で、確か、リフトで登ったのではないかと記憶しています。
 まずは、湯の丸山・烏帽子岳にてレンゲツツジを堪能し、そこから上田市街まで大きく下る。菅平上田インター付近から約600m登り返して太郎山。太郎山から虚空蔵山への長い尾根を下るというものです。
 また、時間と体力に余裕があれば太郎山から大道山・大峯山・鳩ヶ峯を通って五里ヶ峯に至り、一気に赤線をつなぐことも念頭にその場合の地図もあわせて持参することとします。
 
■鉄道とバスで戻る(2017/6/24時点。運転日注意。時刻表確認を)
 地蔵峠に車をとめて、鉄道とバスで戻るオペレーションです。小諸駅からのバスは午後は14:50発(湯ノ丸15:35着)のみ。これに乗るためには、上田駅なら13:57発、坂城駅なら13:45発の乗車が必要です。上田14:28発、坂城14:17発でもまにあう可能性が高いですが、小諸駅が2分接続です。あるいはこの列車で滋野駅(14:42着)で下車して少し歩いて牧家バス停(15:00発)から乗車することにすれば時間の余裕がでます。なお、状況に応じて坂城駅の手前にテクノさかき駅や西上田駅からの乗車も利用できます。
 以上、このように時間の制約のあるプランです。

■第一部(湯ノ丸・烏帽子)
 明るくなってからスタートです。ゲレンデを登っていくと、レンゲツツジが咲いています。ちょうど見ごろだと思います。しかし早朝に登ったため、また靄がかかっていたため青空ではありませんでした。やはり青空の方が映えるのでしょうか。
 湯の丸山の山頂からも靄の影響で遠望がきかず、アルプスや八ヶ岳は見えません。ズミの花やムラサキヤシオは終了ですが、イワカガミはたくさん咲いていました。チドリやイチヤクソウの花はこれからのようです。
 湯の丸山も烏帽子岳も、開放的な登山路ですし、素晴らしい登山道です。

■上田市街へ
 烏帽子岳からは最初は展望のある道。モアイ岩を過ぎた辺りから樹林帯に突入します。山と高原地図では非表示ですが、道標はあり、道も整備されていました。長大な尾根で、途中3つくらいの小ピークを越えます。舗装路に出るとまもなく上田市民の森です。「市民の森」という道標がずっとあったので、ここまで迷うことはありませんでした。
 湯の丸山は寒いくらいでしたが、上田市街まで降りると蒸し暑く感じるくらいになりました。この先気温上昇が不安になります。また、太郎山の登りに備えて、ファミマで水分を補給しました。

■第二部(太郎山・虚空蔵山)
 太郎山へは表参道を上ります。登り返しはとてもきつかったです。この時点で、体力や気温から鳩が峯方面に行くのは困難とみて、虚空蔵山経由で坂城駅とすることに決定しました。
 太郎山の登山道は高尾エリア並みに整備されており、とても歩きやすい道です。山頂付近からの展望も良く、人気があるのももっともだと思いました。一方、虚空蔵山へのルートに入ると、道は明瞭ですが、草が生えている道となりました。草だけなら問題ないのですが、バラのようなトゲのある植物があり、かなり痛いです。虚空蔵山を超えるとさらに状況は悪くなり、蜘蛛の巣に巻かれるようになりました。滝汗と蜘蛛の巣で悲惨な状況となりました。
 虚空蔵山のルートは概ね樹林帯ですが、ところどころ、木がない場所、ピーク、露岩などがあり、展望が得られます。虚空蔵山の展望は特に素晴らしく、おすすめの場所です。また、このルートは花も豊富で、露岩の場所などに、イブキジャコウソウ、シモツケ、ナデシコなどが咲いていました。
 和合城から一気に下ると、ベイシアがあり、飲料や食料を調達できます。最寄り駅はテクノさかき駅ですが、時間的な余裕もあるので坂城駅まで向かうこととしました。
 坂城駅からは電車にのって小諸駅へ。小諸駅からはバスで湯の丸地蔵峠まで戻りました。

■おわりに
 虚空蔵山のルートは想定外にハードでした。バラを含む草藪、急斜面、蜘蛛の巣。そしてこの日の高温多湿に参りました。この山に来るのは春先か晩秋がよいのかもしれません。しかし、太郎山の時点で鳩が峯・五里ヶ峯方面に向かったら、坂城駅に時間どおりに到着できなかったことと想像できます。鳩が峯付近は道が不明瞭で、笹藪はらしいので、虚空蔵山に向かって正解でした。
訪問者数:662人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/26
投稿数: 2573
2017/6/25 20:36
 想像しなかったルート
sat4さん、こんばんは

レンゲツツジは一週間で一気に見頃を迎えたのですね。
やはり見応え度がだいぶ違います。
早朝の空いている時間帯、ほぼ独占でしょうか。

実は先週のこのエリアの山行、行く前の日までは上田の森スタートで考えてました。
鳥居峠まで抜けて、自転車で戻るパターンです。
烏帽子岳〜上田の森はいかがでしたか。
時間が余れば、太郎山〜虚空蔵山は選択肢としては考えましたが、
その間を繋ぐとは全く考えもしませんでした。
虚空蔵山はとても良さそうですね。
次回烏帽子岳行く時は頭に入れておきます。
登録日: 2010/9/10
投稿数: 1646
2017/6/25 21:48
 Re: 想像しなかったルート
hirokさん、こんばんは。

レンゲツツジ、一気に開花したようです。
小諸駅からのバスは、貸し切りでしたが、折り返し小諸・佐久平行きのバス待ちは大行列でした。たくさんの人が来てました。

上田の森スタートで鳥居峠ですか!?
先週のレコ見る限り、バカ尾根の方でよかったような気がします。
こちらは長〜い樹林帯で展望ないです。
しかし、モアイ像のちょっと下からは展望が全開!になります。
道標は充実。「烏帽子岳」のサインをたどるだけ、実線レベルです。

太郎山も良いですが、どちらかといえば虚空蔵山の方がお気に入りです。
山頂は狭いですが、展望あって木陰でとても落ち着く空間です。
道中に花がさいていたのもプラス材料です。

太郎の北には砥石城とか、歴史的な場所もあるので、
そのようなつなぎ方も楽しそうです。
登録日: 2013/10/11
投稿数: 1671
2017/6/26 11:10
 車で登っておいて電車バスで戻る!
なるほど、こりゃいい考えですね
でも電車・バスの時刻表に制約を受けるギャンブルですね
ハラハラドキドキ 隊長向けのコースかもしれませんねー
珍しいロングレコ 堪能させていただきました
あと小諸と軽井沢が 繋がれば、ほぼ長野まで到達ですね
登録日: 2012/6/3
投稿数: 9131
2017/6/26 21:32
 sat4さん
湯の丸山には学生時代の友人たちと観光登山したことはありますが・・・こりゃ、また、暑い時期にロードも含めてのロングですね
夏草・蜘蛛の巣の道も堪能?されて、ちょいとメゲそうです。

拙者もハラハラドキドキは好きですが、でも、レベルが違いすぎます

  隊長
登録日: 2010/9/10
投稿数: 1646
2017/6/26 22:13
 Re: 車で登っておいて電車バスで戻る!
cyberdocさん、こんばんは。

この日は人身事故でダイヤが乱れており、
駅で長野方面の電車が30分遅れで到着とのアナウンスには焦りましたが、
小諸方面の電車は定刻どおりでほっとしました。
何かアクシデントがあると、戻れない事態になるので、
緊張します。

小諸-軽井沢は浅間山が通れないという最難関の区間です。
どうやっても相当距離のロードが入るので、
いっそのこと中山道+北国街道ランでつないでしまおうか、とも考えています。
登録日: 2010/9/10
投稿数: 1646
2017/6/26 22:17
 Re: sat4さん
yamabeeryuさん、こんばんは。
湯ノ丸の周辺は、いいところですね。
観光の方も多数訪れていました。

この日は暑いロードよりも、
蜘蛛の巣+草ヤブに参りました。
春先が良さそうなルートですんで、
更埴のあんずの花の時期にからめて行くのがよさそうかなと思いました。

バス+電車で戻るのは緊張しますが、
下りがメインになるというのは、ありがたいものです。
登録日: 2009/5/12
投稿数: 6379
2017/6/27 19:44
 鉄道とバスで戻る
sat4さん、こんばんは。

この辺りの山は繋ぎにくいですが、こんなパターンは
ありですね。峠へ行くバスの存在は知っていたのですが
具体的に考えたことがありませんでした。
上田は古墳も多いので、下におりてからは、こちらも
一緒に計画したらよいいかなあなんて想像してしまった(笑)

藪と蜘蛛の巣は厳しいので、紅葉(もしくは唐松の黄葉)の
時期がよいかもしれませんね。
登録日: 2010/9/10
投稿数: 1646
2017/6/28 23:00
 Re: 鉄道とバスで戻る
youtaro さん、こんばんは。

上田にも古墳が多いのですか!
そおいえば更埴の科野の国にはたくさん古墳ありました。

なお、このエリアの繋ぎ方ですが、今回のパターンのほかに、
「菅平→四阿山→湯の丸山→上田駅(バスで菅平に戻る)」
というのもありますよ。バスの時刻のは楽になります。

ストックを振り回しながらの歩きでしたが、
youtaroさんの、日立アルプスのときの蜘蛛の巣(確か写真があった)よりまし
だと思いながらあるいていました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ