ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 1186105
全員に公開
ハイキング
赤城・榛名・荒船

赤城山 黒檜山〜地蔵岳周回 雲海と花を尋ねて

2017年07月03日(月) [日帰り]
 - 拍手
体力度
3
日帰りが可能
GPS
05:19
距離
11.6km
登り
907m
下り
889m
歩くペース
速い
0.70.8
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
4:25
休憩
0:52
合計
5:17
10:20
50
11:10
11:11
3
11:14
11:21
3
11:24
11:29
3
11:32
11:35
32
12:07
12:34
26
13:00
13:00
5
13:05
13:05
24
13:29
13:30
25
13:55
13:55
23
14:18
14:26
31
14:57
14:57
30
15:27
15:27
10
15:37
ゴール地点
降雨後で滑りやすく慎重に行った。
天候 晴れのち曇り
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
黒檜山登山道口前に路駐。
コース状況/
危険箇所等
 早朝までの豪雨により泥土、水たまり多数。濡れた岩場とともに滑りやすい。
また黒檜山山頂は20℃だったが、日差しがあればやはり蒸し暑い。こまめな水分補給を。私は2ℓ持参し全て消費。

黒檜登山口〜黒檜山〜駒ヶ岳:開花している花があまりないが美しい緑に癒される。ドウダンツツジ僅かに残る程度。アキグミ、クサタチバナ開花。黒檜山、駒ヶ岳山頂にはアキアカネの大群。
覚満淵:クサタチバナ、キバナ、キンポウゲ、保護ゲージ内にニッコウキスゲ。
地蔵岳:中継局内はある意味保護されたお花畑。ハクサンフウロ、ニッコウキスゲ、キンポウゲ開花。
その他周辺情報 富士見温泉で不死身に。
赤城県道正面には黒檜山。6時まで雨が強く降り、9時に薄曇りの前橋市から標高を上げると山は晴れていた。
2017年07月03日 10:06撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
1
7/3 10:06
赤城県道正面には黒檜山。6時まで雨が強く降り、9時に薄曇りの前橋市から標高を上げると山は晴れていた。
毎度お世話になる黒檜山登山口。登山道には枯葉や土が流れ出ており、今朝の豪雨が伺える。
2017年07月03日 10:16撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7/3 10:16
毎度お世話になる黒檜山登山口。登山道には枯葉や土が流れ出ており、今朝の豪雨が伺える。
美しい大沼、地蔵岳。
2017年07月03日 10:27撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
2
7/3 10:27
美しい大沼、地蔵岳。
サラサドウダン。
2017年07月03日 10:45撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7/3 10:45
サラサドウダン。
ベニバナサラサドウダン。陽光を浴びて美しい。
2017年07月03日 10:45撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7
7/3 10:45
ベニバナサラサドウダン。陽光を浴びて美しい。
美しい緑に囲まれて山頂へ向かう。
2017年07月03日 11:03撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7/3 11:03
美しい緑に囲まれて山頂へ向かう。
黒檜山山頂、貸切。標高1828m。アキアカネの群生が空を駆け巡っている。
2017年07月03日 11:27撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7
7/3 11:27
黒檜山山頂、貸切。標高1828m。アキアカネの群生が空を駆け巡っている。
登山口から1時間かからずに展望ポイント着。大沼、鈴ヶ岳、あとは雲海の下。爽やかな風が駆け抜ける。気温20℃。
2017年07月03日 11:14撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7/3 11:14
登山口から1時間かからずに展望ポイント着。大沼、鈴ヶ岳、あとは雲海の下。爽やかな風が駆け抜ける。気温20℃。
心の目では谷川主脈と武尊山、至仏山が見えている。
2017年07月03日 11:14撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
2
7/3 11:14
心の目では谷川主脈と武尊山、至仏山が見えている。
心の目では日光白根山、燧ケ岳、皇海山、男体山が見えている。
2017年07月03日 11:17撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
1
7/3 11:17
心の目では日光白根山、燧ケ岳、皇海山、男体山が見えている。
展望ポイントにはアキグミ。
2017年07月03日 11:20撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7/3 11:20
展望ポイントにはアキグミ。
秋には赤い実がなり食用になる。
2017年07月03日 11:20撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
2
7/3 11:20
秋には赤い実がなり食用になる。
踵を返して再度山頂へ、アキアカネの大群生が空を舞う。
2017年07月03日 11:21撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
1
7/3 11:21
踵を返して再度山頂へ、アキアカネの大群生が空を舞う。
男体山方面には夏のような積乱雲が出来つつある。
2017年07月03日 11:29撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7/3 11:29
男体山方面には夏のような積乱雲が出来つつある。
黒檜大神鳥居、青空に雲が流れトンボが飛ぶ。初夏の赤城山。
2017年07月03日 11:31撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
2
7/3 11:31
黒檜大神鳥居、青空に雲が流れトンボが飛ぶ。初夏の赤城山。
雲海を湛えて長七郎山、小沼、地蔵岳。下界は曇って蒸し暑いだろう。
2017年07月03日 11:34撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
1
7/3 11:34
雲海を湛えて長七郎山、小沼、地蔵岳。下界は曇って蒸し暑いだろう。
レンゲツツジの最終演目は、陰日向に咲く。
2017年07月03日 11:47撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
1
7/3 11:47
レンゲツツジの最終演目は、陰日向に咲く。
桐生市黒保根方面も雲海の下。成神山すら見えない。
2017年07月03日 11:48撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7/3 11:48
桐生市黒保根方面も雲海の下。成神山すら見えない。
振り返る黒檜山。
2017年07月03日 11:51撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
1
7/3 11:51
振り返る黒檜山。
駒ヶ岳山頂。雲海を眼下に眺めが良いのでここで昼食に。
2017年07月03日 12:02撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
1
7/3 12:02
駒ヶ岳山頂。雲海を眼下に眺めが良いのでここで昼食に。
雲海を見ながら準備する。
2017年07月03日 12:02撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7/3 12:02
雲海を見ながら準備する。
今日は「もつっ子」。暑かろうが関係ない。豆腐300gとネギたっぷりで。昨日カレーを食べ過ぎたので、うどんは入れない。
2017年07月03日 12:15撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
5
7/3 12:15
今日は「もつっ子」。暑かろうが関係ない。豆腐300gとネギたっぷりで。昨日カレーを食べ過ぎたので、うどんは入れない。
アキアカネの接写。今日はオリンパスのコンデジ。描写力や画質は良くないが超マクロ撮影は素晴らしい。
2017年07月03日 12:29撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
3
7/3 12:29
アキアカネの接写。今日はオリンパスのコンデジ。描写力や画質は良くないが超マクロ撮影は素晴らしい。
ここでもサラサドウダン。
2017年07月03日 12:36撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7/3 12:36
ここでもサラサドウダン。
ふんわりと可愛らしい花。
2017年07月03日 12:37撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
5
7/3 12:37
ふんわりと可愛らしい花。
一瞬カラマツソウと思ったが、ヤグルマソウの未開花か?
2017年07月03日 12:52撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
2
7/3 12:52
一瞬カラマツソウと思ったが、ヤグルマソウの未開花か?
覚満淵へ来た。ハナニガナ。
2017年07月03日 13:07撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7/3 13:07
覚満淵へ来た。ハナニガナ。
キンポウゲ。
2017年07月03日 13:08撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
2
7/3 13:08
キンポウゲ。
クサタチバナの群生。
2017年07月03日 13:08撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
1
7/3 13:08
クサタチバナの群生。
ヒトデのようなクサタチバナの花。
2017年07月03日 13:09撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
2
7/3 13:09
ヒトデのようなクサタチバナの花。
ニッコウキスゲ。花言葉は「日々新たに」
2017年07月03日 13:14撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
9
7/3 13:14
ニッコウキスゲ。花言葉は「日々新たに」
おしべが一本折れている。
2017年07月03日 13:12撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
2
7/3 13:12
おしべが一本折れている。
覚満淵の北側にぽつんとニッコウキスゲ。黄一点。
2017年07月03日 13:14撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
1
7/3 13:14
覚満淵の北側にぽつんとニッコウキスゲ。黄一点。
まさに夏の覚満淵。
2017年07月03日 13:17撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
5
7/3 13:17
まさに夏の覚満淵。
鹿の食害から保護するゲージ内にニッコウキスゲ。増えていってほしい。
2017年07月03日 13:20撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7/3 13:20
鹿の食害から保護するゲージ内にニッコウキスゲ。増えていってほしい。
タニウツギ。
2017年07月03日 13:29撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
1
7/3 13:29
タニウツギ。
鳥居峠から小沼へ向かう。歩んできた黒檜山、駒ヶ岳。
2017年07月03日 13:48撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
3
7/3 13:48
鳥居峠から小沼へ向かう。歩んできた黒檜山、駒ヶ岳。
地蔵岳登山道から小沼、覚満淵。ガスの襲来。
2017年07月03日 14:13撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7/3 14:13
地蔵岳登山道から小沼、覚満淵。ガスの襲来。
地蔵岳山頂。無線、電波中継局がある。
2017年07月03日 14:23撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
1
7/3 14:23
地蔵岳山頂。無線、電波中継局がある。
地蔵岳山頂から大沼、黒檜山。
2017年07月03日 14:19撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
1
7/3 14:19
地蔵岳山頂から大沼、黒檜山。
駒ヶ岳東側、日光方面からのガスが行き場をなくして漂ってくる。
2017年07月03日 14:19撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7/3 14:19
駒ヶ岳東側、日光方面からのガスが行き場をなくして漂ってくる。
地蔵岳の中継局は金網で全て覆ってある。ある意味動物から保護されたお花畑。訪れた時は必ず見ている。
2017年07月03日 14:34撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7/3 14:34
地蔵岳の中継局は金網で全て覆ってある。ある意味動物から保護されたお花畑。訪れた時は必ず見ている。
ニッコウキスゲが咲いている。
2017年07月03日 14:32撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7/3 14:32
ニッコウキスゲが咲いている。
ハクサンフウロ。花言葉は「変わらない信頼」
2017年07月03日 14:25撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
6
7/3 14:25
ハクサンフウロ。花言葉は「変わらない信頼」
ここはたくさん咲いている。日当たりが良いのだ。まだ咲き始めなので今後に期待。天候が怪しいので下山する
2017年07月03日 14:35撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
6
7/3 14:35
ここはたくさん咲いている。日当たりが良いのだ。まだ咲き始めなので今後に期待。天候が怪しいので下山する
ムラサキツメクサ。大沼周辺の花を見てぶらぶら歩く。
2017年07月03日 15:14撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
3
7/3 15:14
ムラサキツメクサ。大沼周辺の花を見てぶらぶら歩く。
トキワハゼ。
2017年07月03日 15:15撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
3
7/3 15:15
トキワハゼ。
大沼湖畔。帆船型のボートもある。ジャック・スパロウはどこに行った?
2017年07月03日 15:21撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
1
7/3 15:21
大沼湖畔。帆船型のボートもある。ジャック・スパロウはどこに行った?
キンポウゲの群生。
2017年07月03日 15:22撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7/3 15:22
キンポウゲの群生。
赤城神社啄木鳥橋。積乱雲が押し寄せる。
2017年07月03日 15:23撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
7/3 15:23
赤城神社啄木鳥橋。積乱雲が押し寄せる。
コモチマンネンソウ。黄色い星の花が美しい。
2017年07月03日 15:26撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
6
7/3 15:26
コモチマンネンソウ。黄色い星の花が美しい。
マムシグサが対話している。
2017年07月03日 15:34撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
3
7/3 15:34
マムシグサが対話している。
最初から最後まで一台だけ。
2017年07月03日 15:38撮影 by  TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
2
7/3 15:38
最初から最後まで一台だけ。

感想

 梅雨前線が東北に差し掛かっており非常に不安定な天候が予想される月曜日。
上越の山は引き続き厚い雲に覆われ雨も降り続くだろう。
ただ前線より下は猛烈な蒸し暑さとなる。4時に起床したらゲリラ豪雨がお見舞いされた。夕立もあるので登頂まで時間のかかる山は無理だなと、珍しく二度寝してしまった。

 再度起きたら7時半。雨はやみ薄曇り。今日は大人しく赤城山だなと思い、自宅から赤城山を見ると、曇っていて輪郭すら見えない。大沼のライブカメラを見るとやはり薄曇り。逡巡し山行計画メモを見ると覚満淵地蔵、ニッコウキスゲと書いてあった。花を尋ねにいく。

 赤城県道を登って行くと畜産試験場交差点で観光バスの隊列に阻まれた。そのバス群は姫百合に駐車し大勢の中学生を吐き出していた。先々週、根子岳で中学生の大群に絡まれ面倒だったので、荒山経由はやめて黒檜からの周回に変更。

 地獄谷への入口あたりでガスから抜け雲海の上になり晴れてきた。
白樺牧場辺りでは完全な晴れ。やはり目視やライブカメラの情報だけでは、時は進み、天候は変化するので不十分だ。天気予報は博打と同じ、丁か?半か?勝負!

 黒檜山登山口駐車場には2台あった。平日で空いており面倒なので登山口前に路駐。装備して出立する。気温25℃でやや蒸し暑いが風があり体感温度は低め。
早朝の凄まじい雨で土砂や落葉が登山道に流れ出ている。岩と相まって滑りやすい。
岩場と樹林帯内を抜けて1時間かからずに展望ポイントへ。

 誰もいない貸切の山頂にはアキアカネの群生。トンボが辺り一面空を舞う。登山者は私の後から1名、展望ポイントに1名いた。景観は望んでいなかったが美しい雲が見られた。その雲中の上越や尾瀬日光の美しい山稜は心の目で見ていた。踵を返して駒ヶ岳へ向かう。

 黒檜大神の付近にもアキアカネの群生。花見ヶ原方面へも展望ポイントがあるので見に行く。関東平野に浮かぶ雲海が良く見えた。大タルミには深い水たまりが出来ていた。駒ヶ岳山頂でもつっ子の昼食。後半はもつっ子パワーで楽に行きたい。

 鉄階段側から県道に下りて覚満淵へ。ハナキバナ、クサタチバナの群生があった。シカの食害で絶滅寸前のニッコウキスゲが少しずつだが増えつつある。保護ゲージ内にいくつか咲いていた。

 ちなみにニッコウキスゲの群生で有名な尾瀬の大江湿原。未だに食害対策ネットが張られてないそうだ。あそこは福島県。なるがままにで保護する気がない。残念。
自治体や経営側は箱モノやインフラばかり金を掛けたがる。人を呼ぶのも大事だが、本来の尾瀬の姿を後世に伝えるのが監督官庁や行政だ。尾瀬財団から上申すべき。

 覚満淵から鳥居峠へ、鳥居峠から小沼へ。昨年見たギンリョウソウの群生は見つけられなかった。土砂崩れで種が流されてしまったか。小沼湖畔に行くと水面を駆け抜ける風が涼しい。地蔵岳へ向かう。

 ハルゼミの大合唱を聞きながら木道を歩む。北から怪しい雲が出てきた。
山頂には一名、一人でしゃべっている。無線交信だ。私も4アマ所有でコールサイン、ハンディー機も持っている。景色を軽く眺めてお楽しみの中継局花見へ。

 NHKの電波塔敷地にはハクサンフウロ、ニッコウキスゲが咲いていた。まだ少ない。国土交通省、群馬県防災には雑草だけ。無線リピーター局、TBSにはキンポウゲとタンポポ。その北側の携帯電話中継局にハクサンフウロ、ニッコウキスゲ、キンポウゲ、タンポポが咲く。まだ咲き始めで少ないが、もう少しすれば立派なお花畑となる。

 下山は八丁峠からスキー場へ。大沼湖畔に立ち寄り湖面上を進むカッターを眺める。先導役の中学生が声を張り上げ鼓舞している。歓声が上がる。楽しそうだ。
北の空を眺めると積乱雲。道端の草花を眺めながら路駐した車へぶらぶらと歩く。
出立時、下山時も同じように私の車一台だけ。今日も何も考えず、一人静かに山の中を歩くことが出来た。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:1561人

コメント

赤城一筆書き
こんにちわ。
畜産試験場の前で小学生のバスに阻まれ、その後の展開が恐ろしくて黒檜山に行かれたのですね。同じ日、私は鍋割山でこの小学生に遭遇してました。
私も以前、学校生徒の団体を抜くのに苦労したことあります。「こんにちわー」と生徒達に言いながら一気抜き  一番大変だったのが磐梯山の幼稚園の園児抜きでしょうか
大江湿原のニッコウキスゲ、数年前は鹿被害で花が少なかったそうですが、ここ数年は保護の甲斐あって花数が増えたと聞いています。鹿柵ですが、私達の歩かない場所に設置されているかと思います。推測ですが。
2017/7/5 11:11
平日はひっそりと
 こんにちは、yasubeさん。
コメント頂きありがとうございます。

 先々週の根子岳山頂で東京の中学生に囲まれ、ハロを説明したら質問攻めで面倒になりました。大した知識もない愚か者ですからボロが露見する前に逃亡しました。
やはり平日の山行はひっそり静かに「孤高の人」気取りです。

 大江湿原のニッコウキスゲ、食害防止柵ですが下記に詳細が出ています。
http://www.asahi.com/area/gunma/articles/MTW20170704100590001.html
朝日新聞群馬版のコラム、「尾瀬便り」です。
尾瀬は木道以外は歩行禁止ですので、見えない所に柵はあるかもしれませんね。
昨年7月18日に訪れた際は、例年より早く開花したので少なく感じました。
野反湖、カモシカ平の方が個人的には好きですね。
2017/7/5 12:37
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

ハイキング 赤城・榛名・荒船 [日帰り]
赤城山(黒檜山〜駒ヶ岳)
利用交通機関: 車・バイク、 電車・バス
技術レベル
1/5
体力レベル
1/5
ハイキング 赤城・榛名・荒船 [日帰り]
赤城山 大沼 外輪山?周遊
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
2/5
体力レベル
3/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら