また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1188910 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

合戦尾根から燕岳、北燕岳

日程 2017年07月08日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
4時間18分
合計
10時間48分
Sスタート地点07:3907:46有明荘08:00中房温泉08:0408:05中房温泉登山口08:1008:46第1ベンチ08:5909:17第2ベンチ09:2309:50第3ベンチ10:1510:36富士見ベンチ10:5211:17合戦小屋11:3811:48合戦山(合戦沢ノ頭)11:5812:34燕山荘13:3913:43いるか岩13:4413:58めがね岩14:01燕岳14:1214:23北燕岳14:4014:50燕岳14:5314:54めがね岩14:5515:10いるか岩15:1315:19燕山荘15:3716:03合戦山(合戦沢ノ頭)16:0616:13合戦小屋16:2316:36富士見ベンチ16:4216:57第3ベンチ16:5917:18第2ベンチ17:3017:41第1ベンチ17:4418:06中房温泉登山口18:0918:10中房温泉18:20有明荘18:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特にありません。
北燕岳から東沢乗越へ向かう場合、北燕岳山頂から稜線沿いを進もうとすると滑落の危険があります。正規ルートではありませんが踏み跡があります。以前騙されて歩いてしまい、途中で引き返しました。要注意です。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 日焼け止め 携帯 時計 タオル ストック カメラ ポール

写真

この日は第一、第二駐車場とも満車。第三駐車場はこの時点では閉鎖されていました。その為、登山口から1km程離れたこの場所に駐車。鬱蒼としている。
2017年07月08日 07:38撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は第一、第二駐車場とも満車。第三駐車場はこの時点では閉鎖されていました。その為、登山口から1km程離れたこの場所に駐車。鬱蒼としている。
登山口に到着。ここまでアスファルトの舗装路を歩く。地味に足にくる。奥の建物は中房温泉の日帰り入浴施設。
2017年07月08日 08:04撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着。ここまでアスファルトの舗装路を歩く。地味に足にくる。奥の建物は中房温泉の日帰り入浴施設。
駐車場が満車ではなくてもここまで500m程歩く必要がある。
2017年07月08日 08:06撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場が満車ではなくてもここまで500m程歩く必要がある。
第一ベンチ。写真の奥に水場がある。ここで水を汲む振りをしつつ休むという手もある。
2017年07月08日 08:55撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一ベンチ。写真の奥に水場がある。ここで水を汲む振りをしつつ休むという手もある。
2488.2m三角点。ここにもベンチがあるので休憩所になっている。ここが最後のベンチ。
2017年07月08日 11:57撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2488.2m三角点。ここにもベンチがあるので休憩所になっている。ここが最後のベンチ。
燕山荘。登り始めは快晴だったが雲が出てきてしまった。残念。やや風があり、休むと寒くなってくる。
2017年07月08日 12:37撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘。登り始めは快晴だったが雲が出てきてしまった。残念。やや風があり、休むと寒くなってくる。
燕山荘内部の食堂。
2017年07月08日 12:56撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘内部の食堂。
食堂でカツカレーを頼んだ。あれこれ沢山食べて更にこれを食す。
2017年07月08日 13:04撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食堂でカツカレーを頼んだ。あれこれ沢山食べて更にこれを食す。
1
イルカ岩。実は何回も燕岳に登ったにも関わらず、きちんとイルカ岩を見るのは初めて。ようやく会えた。
2017年07月08日 13:45撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イルカ岩。実は何回も燕岳に登ったにも関わらず、きちんとイルカ岩を見るのは初めて。ようやく会えた。
2
正面が燕岳。ガスが出てきた。
2017年07月08日 13:47撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面が燕岳。ガスが出てきた。
1
燕岳を少し過ぎた場所から望む北燕岳。今回はあそこまで行く。
2017年07月08日 14:14撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳を少し過ぎた場所から望む北燕岳。今回はあそこまで行く。
2
北燕岳山頂手前の分岐。前回はこれを見落として北燕岳から稜線上を歩いてしまった。それなりにしっかりした踏み跡があるから嫌らしい。
2017年07月08日 14:22撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北燕岳山頂手前の分岐。前回はこれを見落として北燕岳から稜線上を歩いてしまった。それなりにしっかりした踏み跡があるから嫌らしい。
1
ハクサンイチゲらしい。
2017年07月08日 14:23撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲらしい。
2
北燕岳かた燕岳を望む。ほとんどの人は燕岳までしか来ない為、燕岳以北は静かな山域。
2017年07月08日 14:24撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北燕岳かた燕岳を望む。ほとんどの人は燕岳までしか来ない為、燕岳以北は静かな山域。
1
ハクサンイチゲ再び。
2017年07月08日 14:47撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ再び。
1
タカネバラ?ちょっと違うような気もするけど・・・。名前は判らず。
2017年07月08日 15:12撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネバラ?ちょっと違うような気もするけど・・・。名前は判らず。
合戦小屋まで降りてきた。この時間は既に他の客はいない。雷が鳴りだしたのでここでカメラはザックに仕舞う。
2017年07月08日 16:14撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦小屋まで降りてきた。この時間は既に他の客はいない。雷が鳴りだしたのでここでカメラはザックに仕舞う。
撮影機材:

感想/記録

五年ぶりに燕岳に登りました。

駐車場に7時前に着いたのですが空きが無く、登山口から1km程離れた場所に駐車する羽目に。
駐車場を探しての徘徊、遠い場所に駐車した事によるロス、1時間以上でした。
もう少し早く行くべきだったと反省です。
午前中、登り始めた頃は快晴でしたが、雲はどんどん増え、稜線に着く頃にはガスが巻いてきました。
出発が遅かったせいで混雑のピークをやや過ぎていたのは良かったのですが。
合戦小屋上の三角点まで、いくつかのベンチがあって休む場所には事欠かないのはさすが登山者の多いルートだと感心します。

当初、燕岳・北燕岳・東沢乗越を経て中房川沿いのルートを辿ろうと考えていたのですが燕山荘にて聞くと今年はまだルートの整備をしていないとの事。
更にこのルートを通った人の情報も無く、お勧めしないとの事だったので熟考の末今回は北燕岳までとしました。
(登る前に見た中房川の水量からは行けそうだとは思ったのですが)
遠くで雷鳴が聞こえた事もやめた理由のひとつです。
東沢登山道は餓鬼岳の帰りにでも通りましょうか。
それにしても何故東沢登山道というのでしょうね。東沢は東沢乗越の向こう側の沢の名前なのに。
訪問者数:341人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ