また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1195628 全員に公開 ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

安達太良山 大地の息吹を感じる山

日程 2017年07月15日(土) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沼尻登山口駐車場。駐車スペースが広く、50台以上は楽にはいれると思われます。駐車場までの砂利道が一部路面が悪いところがあるので要注意。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間27分
休憩
53分
合計
5時間20分
S沼尻登山口04:2104:26白糸の滝展望台04:2904:49胎内コース分岐04:5006:14船明神山06:26石筵分岐06:38沼尻分岐06:46安達太良山07:0207:11沼尻分岐07:31鉄山07:3307:41鉄山避難小屋07:5908:25胎内岩08:2809:09沼尻鉱山跡09:1909:36白糸の滝展望台09:41沼尻登山口09:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ログ GARMIN62S
荷物重量 約10kg
コース状況/
危険箇所等
yama-ariさんregさんのレコを参考にしました。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1191809.html

沼ノ平外輪の山道はところどころ足を踏み外すと転落しそうなところがありますが、気を付けていれば大丈夫。
船明神山手前の沼から先のルートが不鮮明。ピンクテープの印は若干ありますが、わかりにくいです。
鉄山避難小屋から湯の華採取場までの区間はガレガレのザレザレなので足元注意。
硫黄川へ降りていく道が分かりにくい。降りてきたところに石が並べてあるところがありますが、それが目に入ったら自分の背後にルートがあります。
湯の華採取場建物の先に沼尻登山口の看板があり、採取場へ導かれますがこれは信じてはいけません。無視して真っすぐ進むと岩に大きく×印がありますが、進んでよいと思います。これを信じたばかりに大変なところを歩かされました。
その他周辺情報田村旅館で日帰り温泉入浴可
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック 登山靴 手袋 帽子 行動食 昼食 飲料水2L 救急セット ヘッドライト 予備電池 GPS 熊鈴 コンパス 地図 時計 携帯 財布 保険証 筆記用具 ミラーレス一眼カメラ レンズ ジオライン ズボン 登山靴下 予備紐 ライター ビバークシート 防寒着 カッパ チェーンスパイク

写真

駐車場は広いです。
車から降りると硫黄臭が漂っていました。
2017年07月15日 04:19撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は広いです。
車から降りると硫黄臭が漂っていました。
2
ブレブレですが、登山口
2017年07月15日 04:21撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブレブレですが、登山口
少し登ると展望台。磐梯山と吾妻連峰を眺められます。
2017年07月15日 04:24撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登ると展望台。磐梯山と吾妻連峰を眺められます。
1
しかし天気が悪いのでよく見えません。磐梯山はこの写真の左にあるのですが切れています。
2017年07月15日 04:25撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし天気が悪いのでよく見えません。磐梯山はこの写真の左にあるのですが切れています。
1
最初は階段の道を進みます。野生動物の気配が凄くしました。
2017年07月15日 04:33撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は階段の道を進みます。野生動物の気配が凄くしました。
白い山の上で空が焼ける。夜明けですね。ここに車でにサル二頭に会いました。私が山で会いたくない動物ベスト3がクマ、イノシシ、サルです。怖かった。
2017年07月15日 04:35撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い山の上で空が焼ける。夜明けですね。ここに車でにサル二頭に会いました。私が山で会いたくない動物ベスト3がクマ、イノシシ、サルです。怖かった。
2
分岐。左に行くと湯の華採取場。右が船明神山。右に行きます。
2017年07月15日 04:48撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐。左に行くと湯の華採取場。右が船明神山。右に行きます。
1
採取場を上から眺める。なんかすごい谷だな。
2017年07月15日 04:49撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
採取場を上から眺める。なんかすごい谷だな。
2
急登山道を登っている最中に、ふと振り向くと平坦な森林の向こうに雲海。
2017年07月15日 04:54撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登山道を登っている最中に、ふと振り向くと平坦な森林の向こうに雲海。
1
沼ノ平見えてきました。迫力が凄い。
2017年07月15日 05:29撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼ノ平見えてきました。迫力が凄い。
8
すげー。先ほど猿にあったので、猿の惑星を連想してしまいました。
2017年07月15日 05:29撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すげー。先ほど猿にあったので、猿の惑星を連想してしまいました。
6
外輪を歩きます。
2017年07月15日 05:39撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外輪を歩きます。
2
高度感もあります。
2017年07月15日 05:42撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感もあります。
1
この花がたくさん咲いておりました。なんでしょうね。
2017年07月15日 05:45撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この花がたくさん咲いておりました。なんでしょうね。
3
稜線が続きます。
2017年07月15日 05:48撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が続きます。
2
今回は三脚を持ってきたので、沼ノ平をバックに自撮りを・・・
2017年07月15日 05:55撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は三脚を持ってきたので、沼ノ平をバックに自撮りを・・・
8
沼発見。ここから先のルートがわかりにくかった。
2017年07月15日 05:59撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼発見。ここから先のルートがわかりにくかった。
2
また自撮り。格好つけたつもりがダサい…。
2017年07月15日 06:20撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また自撮り。格好つけたつもりがダサい…。
10
沼ノ平の反対を見ると樹林帯が広がっています。
2017年07月15日 06:21撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼ノ平の反対を見ると樹林帯が広がっています。
1
分岐点到着。山頂まで3km。どう見てもそんなにないと思うが…
2017年07月15日 06:24撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点到着。山頂まで3km。どう見てもそんなにないと思うが…
1
ザレ場を下ります。
2017年07月15日 06:26撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレ場を下ります。
3
沼ノ平すごいなぁ
2017年07月15日 06:27撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼ノ平すごいなぁ
5
ケルンをたどっていくと
2017年07月15日 06:39撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルンをたどっていくと
1
山頂が近づいていきました。
2017年07月15日 06:45撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が近づいていきました。
3
山頂の下に標識。ここでは登ったことにならないですよね。
2017年07月15日 06:47撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の下に標識。ここでは登ったことにならないですよね。
7
ちゃんと山頂に登りました。山頂標識の周りにものすごい数の羽虫がたむろっていました。
2017年07月15日 06:50撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちゃんと山頂に登りました。山頂標識の周りにものすごい数の羽虫がたむろっていました。
7
また自撮り。いい眺め。
2017年07月15日 07:00撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また自撮り。いい眺め。
5
来た道を戻って、鉄山を目指します。
2017年07月15日 07:09撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を戻って、鉄山を目指します。
2
くろがね小屋からの山道との合流点。くろがねから登ってきて最初に目に入るのがこれなので、「おおおおお!!!!」って感じになりますね。
2017年07月15日 07:12撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くろがね小屋からの山道との合流点。くろがねから登ってきて最初に目に入るのがこれなので、「おおおおお!!!!」って感じになりますね。
6
くろがね小屋発見
2017年07月15日 07:17撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くろがね小屋発見
1
沼ノ平に道がと思ったら川ですね。硫黄川の源流でしょうか。
2017年07月15日 07:23撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼ノ平に道がと思ったら川ですね。硫黄川の源流でしょうか。
2
鉄山到着。何も標識がありませんでした。三角点と定点観測の機会のみ。
2017年07月15日 07:33撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄山到着。何も標識がありませんでした。三角点と定点観測の機会のみ。
3
避難小屋に向かう途中に巨大なナメクジを発見。なんでこんなところにいるんだろう?
2017年07月15日 07:35撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋に向かう途中に巨大なナメクジを発見。なんでこんなところにいるんだろう?
3
小屋に到着。この中で持ってきたパン等食事をしました。登山口から安達太良山山頂までずっと頭の上を数十匹の羽虫が飛び交っていて、なかなか落ち着いて食べられなかったので。
2017年07月15日 07:59撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に到着。この中で持ってきたパン等食事をしました。登山口から安達太良山山頂までずっと頭の上を数十匹の羽虫が飛び交っていて、なかなか落ち着いて食べられなかったので。
3
沼尻登山口へ戻ります。
2017年07月15日 08:05撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼尻登山口へ戻ります。
1
雲が上がってきました。
2017年07月15日 08:23撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が上がってきました。
1
下が見えん
2017年07月15日 08:24撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下が見えん
2
胎内岩くぐりました。
2017年07月15日 08:26撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胎内岩くぐりました。
5
この石まで降りてきたら、自分の背後を見ると
2017年07月15日 08:48撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この石まで降りてきたら、自分の背後を見ると
1
道があります。地図を見ると硫黄川に降りるようになっているのですが、道がわからずザレた斜面を降りる覚悟をしたところ、この道に気が付きました。
2017年07月15日 08:48撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道があります。地図を見ると硫黄川に降りるようになっているのですが、道がわからずザレた斜面を降りる覚悟をしたところ、この道に気が付きました。
1
硫黄川。すごい色になっていますね。鉄分でしょうね。
2017年07月15日 08:53撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄川。すごい色になっていますね。鉄分でしょうね。
4
沼ノ平へ入るルートは進入禁止
2017年07月15日 08:54撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼ノ平へ入るルートは進入禁止
1
湯の華採取場手前に落石多発ポイントあり。結構長いので怖いです。
2017年07月15日 09:02撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯の華採取場手前に落石多発ポイントあり。結構長いので怖いです。
1
湯の華採取場建物を過ぎると現れるこの看板。この看板を無視して真っすぐ行くと岩に大きな×印があったので、引き返してこの看板を信用したばかりに…
2017年07月15日 09:16撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯の華採取場建物を過ぎると現れるこの看板。この看板を無視して真っすぐ行くと岩に大きな×印があったので、引き返してこの看板を信用したばかりに…
1
こんなところを通らされました(# ゜Д゜)こわごわ通っていると、さっき引き返したルートを駐車場方面から歩いている方が!看板に騙されました。
2017年07月15日 09:20撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところを通らされました(# ゜Д゜)こわごわ通っていると、さっき引き返したルートを駐車場方面から歩いている方が!看板に騙されました。
4
結局、×だったルートに合流し、そのまま進みました。
2017年07月15日 09:28撮影 by NIKON 1 J4, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、×だったルートに合流し、そのまま進みました。
2
撮影機材:

感想/記録
by BlueR

ややわかりにくいところもありましたが、楽しめるコースでした。
沼ノ平の迫力はすごいですね。別世界に来たようでした。
安達太良山は静岡に住んでいる人間にとってはあまり馴染みがないので、百名山だという事以外全然知りませんでした(火山であることすら知らなかった)。
標高が1700mと低い山ですが、広大な森林と迫力の火口を眺める景色はまさに絶景。百名山の名に恥じない素晴らしい山でした。
おすすめです。
訪問者数:268人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ