ヤマレコ

記録ID: 1202168 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

奥穂高岳(重太郎新道から)14km 1850m

日程 2017年07月18日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
あかんだな駐車場(600円/日)からバスで上高地バスターミナル(往復2050円)
http://www.alpico.co.jp/access/kamikochi/hirayu/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間30分
休憩
19分
合計
8時間49分
S無料トイレ06:0506:11日本山岳会上高地山岳研究所06:19岳沢湿原・岳沢登山口06:417番標識07:39岳沢小屋09:08紀美子平09:0910:03南稜の頭10:11穂高岳10:2110:28南稜の頭10:2911:19紀美子平11:38前穂高岳11:4012:08紀美子平13:33岳沢小屋14:187番標識14:1914:38岳沢湿原・岳沢登山口14:4214:50日本山岳会上高地山岳研究所14:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

連休明け2番め出発のバスは7名ほどで空いてる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連休明け2番め出発のバスは7名ほどで空いてる
上高地、6時の時点で100名ほど、空いてる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地、6時の時点で100名ほど、空いてる
初上高地、河童橋、これか〜〜と。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初上高地、河童橋、これか〜〜と。
1
岳沢小屋から上はガス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋から上はガス。
こちらから登る人は少ない、不安になるくらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらから登る人は少ない、不安になるくらい。
ここから山に入っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから山に入っていく。
振り返って河童橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って河童橋
見上げて岳沢小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げて岳沢小屋
岳沢小屋到着。数枚写真だけ撮ってスルー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋到着。数枚写真だけ撮ってスルー
振り返って岳沢小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って岳沢小屋
一つ目のはしご。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つ目のはしご。
重太郎新道になって人が詰まってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重太郎新道になって人が詰まってきた。
息切らしながら雷鳥広場。まだお目にかかれない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
息切らしながら雷鳥広場。まだお目にかかれない。
1
梯子降りたすぐの残雪、慎重に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子降りたすぐの残雪、慎重に。
2
ノンストップで紀美子平着。ガスで何も見えず、スルーして奥穂高へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノンストップで紀美子平着。ガスで何も見えず、スルーして奥穂高へ
1
吊尾根を進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根を進む
ここで雷鳥登場。案内してくれるかのように前を歩くハッピーサプライズ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで雷鳥登場。案内してくれるかのように前を歩くハッピーサプライズ。
7
念願達成まであと少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
念願達成まであと少し。
奥穂高到着。もっと感動するかと思っていたが、ガスと寒さと雨でそんな余裕もなく、先着の方と少し会話するだけで下山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高到着。もっと感動するかと思っていたが、ガスと寒さと雨でそんな余裕もなく、先着の方と少し会話するだけで下山。
8
ちょっともったいないけど、ガスは晴れそうにないので、まぁ、仕方ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっともったいないけど、ガスは晴れそうにないので、まぁ、仕方ない。
1
次は前穂高。この急登はもう何も考えず四本足で登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は前穂高。この急登はもう何も考えず四本足で登る。
1
前穂高山頂。奥穂高よりも広く、晴れていたらさぞ気持ちいいだろうなあと妄想しながら昼食。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂高山頂。奥穂高よりも広く、晴れていたらさぞ気持ちいいだろうなあと妄想しながら昼食。
6
いっきに下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いっきに下山
行きは気づかなかったが、冷気に「あ、そうだ」と思って気づいた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きは気づかなかったが、冷気に「あ、そうだ」と思って気づいた。
1
楽しかったです、ありがとうございました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しかったです、ありがとうございました。
3

感想/記録
by 1155

事前情報を詰め込みすぎて妄想がふくらんだ穂高にやっと行くことができた。天気は急変することなく予報どおり曇り。上高地から見上げる山は緑というより灰色。それでも興奮抑え切れず河童橋を渡り出発した。事前情報を反芻するようにコースを進み、重太郎新堂も想定通りしんどく、それでもワクワク感の方が優勢のまま紀美子平に到着。前穂高を先か後か迷ったが、体力あるうちに奥穂高に行こうとそのまま吊尾根へ。出発地点からおいつ抜かれつのソロの方とガスのなか同志感が芽生え一緒に進む。景色が全く見えないので、立ち止まる理由もなく前に進むしかないw。ガスの中に突如雷鳥が登場、20mほど一緒に進んでくれたサプライズに興奮し、しんどさを感じることもなく奥穂高到着。ここまで4時間。先客の涸沢ピストンの方と情報交換するも横殴りの霧雨で寒さに堪えれず、ゆっくり感動に浸る間もなく下山。出発から一緒のソロの方は北穂高へと進んでいった。紀美子平まで戻り、気合を入れ直して前穂高、霧雨はやんだので山頂で先客と昼食しながら会話。そのままピストンで河童橋まで下山。あとから思えば先に前穂高に行って、奥穂高から涸沢方面へ下山したら良かったなあと。今日は終日ガスの日だったが、念願の穂高に来れただけで興奮し大満足だった。あとはYouTubeの晴れの穂高動画で記憶偽装しよう。距離感がつかめたので、槍ヶ岳や西穂高のことを思うと、次回早く行きたくてもうまたウズウズする。何度も行きたくなるの感覚の仲間入りができてうれしい。
訪問者数:575人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 ピストン 涸沢 吊尾根
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ