また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1203139 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

乾徳山 初のヘルメット山行

日程 2017年07月22日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク
徳和集落の乾徳山登山口駐車場(無料)を利用。
朝5時過ぎでまだまだ余裕がありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間7分
休憩
43分
合計
5時間50分
S乾徳山登山口バス停05:2605:50乾徳山登山口(オソバ沢ルート)05:5406:19銀晶水06:2207:02錦晶水07:0307:10国師ヶ原07:1107:13高原ヒュッテ07:1407:18役小角像07:1907:37月見岩07:3807:41扇平07:4208:15髭剃岩08:1608:41乾徳山08:5509:02髭剃岩09:0309:22扇平09:3509:37月見岩10:33道満山11:05乾徳山登山口(道満尾根ルート)11:0611:16乾徳山登山口バス停11:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
05:26 スタート(0.00km) 05:26 - 山頂(5.42km) 08:45 - 休憩(6.29km) 09:23 - ゴール(10.75km) 11:16
コース状況/
危険箇所等
案内も定期的にあって迷うことはないと思います。
扇平を過ぎて岩場に入ると赤ペンキになりますが、よく見て行けば大丈夫です。
岩場は鎖やロープも頼りになりますが、ホールドとステップしっかり確認した方が落ち着いて上り下りできました。
その他周辺情報すぐ近くの笛吹の湯(510円)を利用しました。
お風呂だけで、食堂はありません。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール

写真

5時過ぎに到着して、無料駐車場はこんな感じでした。
帰りはいっぱいでしたが。
2017年07月22日 05:31撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時過ぎに到着して、無料駐車場はこんな感じでした。
帰りはいっぱいでしたが。
1
駐車場の向かいの公園にトイレもあります。
2017年07月22日 11:23撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の向かいの公園にトイレもあります。
その公園の入口にこの碑。
皇太子の乾徳山登頂記念とのこと。
山好きなんですね〜。
2017年07月22日 11:22撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その公園の入口にこの碑。
皇太子の乾徳山登頂記念とのこと。
山好きなんですね〜。
1
今日のルートを確認。
左下の登山口から入って、帰りは道満尾根で帰ってくるルートにしました。
2017年07月22日 05:31撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のルートを確認。
左下の登山口から入って、帰りは道満尾根で帰ってくるルートにしました。
1
登山口に向けて、徳和川沿いを上がっていきます。
2017年07月22日 05:31撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に向けて、徳和川沿いを上がっていきます。
乾徳神社で安全祈願。
2017年07月22日 05:40撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳神社で安全祈願。
途中、あじさいが綺麗でした。
2017年07月22日 05:38撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、あじさいが綺麗でした。
2
見事な百合も。
2017年07月22日 05:45撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事な百合も。
2
この看板から登山道に入ります。
2017年07月22日 05:54撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板から登山道に入ります。
徐々に明るくなってきて、緑が綺麗です。
2017年07月22日 06:18撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に明るくなってきて、緑が綺麗です。
途中の水場、銀晶水。
ちょろちょろと出ていましたが、飲みませんでした。
2017年07月22日 06:22撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の水場、銀晶水。
ちょろちょろと出ていましたが、飲みませんでした。
色々な案内があります。
2017年07月22日 06:38撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色々な案内があります。
だんだん岩が凄くなってきた。
2017年07月22日 06:46撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん岩が凄くなってきた。
次の水場、錦晶水。
ここは沢山出ていたので、顔を洗わせてもらいました。
冷たくて気持ち良かった〜。
2017年07月22日 07:05撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の水場、錦晶水。
ここは沢山出ていたので、顔を洗わせてもらいました。
冷たくて気持ち良かった〜。
少し傾斜も緩やかになり、
2017年07月22日 07:08撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し傾斜も緩やかになり、
こんな広場のような所に出ました。
2017年07月22日 07:12撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな広場のような所に出ました。
避難小屋といっても、綺麗なロッジのようでした。
2017年07月22日 07:13撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋といっても、綺麗なロッジのようでした。
白樺も出てきた。
2017年07月22日 07:17撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白樺も出てきた。
尾根に出て振り返ると、雲がわいています。
2017年07月22日 07:31撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出て振り返ると、雲がわいています。
南アルプス方面ですが、今ひとつ見えません。
2017年07月22日 07:31撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス方面ですが、今ひとつ見えません。
今日の目標、乾徳山が見えてきました。
2017年07月22日 07:31撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の目標、乾徳山が見えてきました。
ここは高原のような広々としたところで、とても気に入りました。
2017年07月22日 07:33撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは高原のような広々としたところで、とても気に入りました。
1
花も色々と咲いていました。
2017年07月22日 07:37撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花も色々と咲いていました。
2
雲が上がって来ます。
2017年07月22日 07:39撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が上がって来ます。
青空が出ると綺麗でした。
2017年07月22日 07:44撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が出ると綺麗でした。
頂上まであと少し。
2017年07月22日 07:45撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上まであと少し。
手洗石とはよく言ったものです(^_^)。
2017年07月22日 07:46撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手洗石とはよく言ったものです(^_^)。
岩場に入って行くとペンキでマーキング。
ストックをたたんでよじ登ります。
2017年07月22日 08:00撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場に入って行くとペンキでマーキング。
ストックをたたんでよじ登ります。
1
鎖もありますが、使わなくても大丈夫です。
2017年07月22日 08:05撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖もありますが、使わなくても大丈夫です。
富士山が姿を見せてくれました!
2017年07月22日 08:14撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が姿を見せてくれました!
2
雪がほぼないですね。
2017年07月22日 08:14撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がほぼないですね。
1
この隙間を通ってみたかったですが、無理そうでした。
2017年07月22日 08:15撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この隙間を通ってみたかったですが、無理そうでした。
岩場にこの花がよく咲いていました。
2017年07月22日 08:17撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場にこの花がよく咲いていました。
1
高度感あります。
2017年07月22日 08:17撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感あります。
1
小金沢連嶺方面でしょうか。
2017年07月22日 08:18撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小金沢連嶺方面でしょうか。
1
右端は甲斐駒ヶ岳のようです。
2017年07月22日 08:19撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右端は甲斐駒ヶ岳のようです。
途中、一度降りるところがあり、このハシゴを下ります。
2017年07月22日 08:20撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、一度降りるところがあり、このハシゴを下ります。
ここもホールドできるところ沢山あります。
2017年07月22日 08:25撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもホールドできるところ沢山あります。
すぱっと切れてずれてます。
こうなる瞬間を見たかった(^_^)。
2017年07月22日 08:28撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぱっと切れてずれてます。
こうなる瞬間を見たかった(^_^)。
よくあるつっかえ棒ですね。
2017年07月22日 08:29撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よくあるつっかえ棒ですね。
富士山に少し雲が。
2017年07月22日 08:33撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山に少し雲が。
この花も岩場によくありました。
2017年07月22日 08:35撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この花も岩場によくありました。
金峰山の五丈石がはっきりと。
2017年07月22日 08:36撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山の五丈石がはっきりと。
2
最後の岩場をよじ登ります。
上でアドバイスいただき、ありがとうございました。
2017年07月22日 08:40撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の岩場をよじ登ります。
上でアドバイスいただき、ありがとうございました。
山頂からの富士山。
2017年07月22日 08:45撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの富士山。
1
良い眺めです。
2017年07月22日 08:49撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い眺めです。
一番奥は金峰山。
2017年07月22日 08:49撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番奥は金峰山。
再度アップで五丈石。
2017年07月22日 08:50撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度アップで五丈石。
帰りは迂回路を降りましたが、鳳岩だけの迂回路です。
2017年07月22日 08:56撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは迂回路を降りましたが、鳳岩だけの迂回路です。
今回は、今後の北アルプスや南アルプスの岩稜帯に備えて初のヘルメット山行でしたが、当たる所などもなく、違和感なく使えました。
2017年07月22日 09:30撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は、今後の北アルプスや南アルプスの岩稜帯に備えて初のヘルメット山行でしたが、当たる所などもなく、違和感なく使えました。
2
扇平に戻ってきて、帰りは道満尾根を下ります。
2017年07月22日 09:42撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇平に戻ってきて、帰りは道満尾根を下ります。
こんな所をしばらく下ります。
2017年07月22日 09:52撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所をしばらく下ります。
林道に出たり、
2017年07月22日 10:07撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出たり、
また登山道へ。
2017年07月22日 10:12撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また登山道へ。
逆光の緑は大好きです。
2017年07月22日 10:33撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆光の緑は大好きです。
道満尾根はひたすら急降が続きます。
こっちから登ってこなくて良かった、、、
でも膝が笑い始めた。
2017年07月22日 10:57撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道満尾根はひたすら急降が続きます。
こっちから登ってこなくて良かった、、、
でも膝が笑い始めた。
やっと徳和集落への道に出ました。
2017年07月22日 11:09撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと徳和集落への道に出ました。
徳和地区を見下ろして、駐車場に戻って終了。
お疲れ様でした!
2017年07月22日 11:10撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳和地区を見下ろして、駐車場に戻って終了。
お疲れ様でした!
帰りに寄った、笛吹の湯。
少しぬるめで疲れが取れました。
2017年07月22日 11:52撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに寄った、笛吹の湯。
少しぬるめで疲れが取れました。
2

感想/記録

今後、八ヶ岳、北アルプスや南アルプスの岩稜帯歩くことに備えて、ヘルメットを導入。また、岩場の練習に良いと言うことで乾徳山に始めて向かいました。
登山道や、森林帯、高原のような開けた場所、岩場等々、短いコースですが、様々な顔を見せてくれるコースに大満足の山行となりました。
岩場はステップとホールドをよく考えて、脚でしっかり支えるように身体を岩から離すことを心がけ、自分なりには上手く対処できたと思います。
山頂は雲が多めだったものの360度の展望があり、とても良い所でした。でも、狭いのでゆっくりするのはあまり向きません。
帰りの道満尾根は下りがキツく、膝サポーターをしてきて正解でした(^_^)。
また涼しくなったら再度行ってみたいです。
訪問者数:412人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ