ヤマレコ

記録ID: 1214658 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

至仏山・尾瀬ヶ原

日程 2017年08月05日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
バス
往路:
・高速バス(新宿〜尾瀬戸倉)

復路:
・路線バス(尾瀬戸倉〜上毛高原)
・新幹線(上毛高原〜東京)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間46分
休憩
1時間9分
合計
7時間55分
S鳩待峠05:4406:42山ノ鼻06:4507:20上ノ大堀橋07:2207:47山ノ鼻08:1010:49至仏山11:1912:05小至仏山12:1512:36オヤマ沢田代12:3612:55原見岩12:5613:40鳩待峠13:4013:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山ノ鼻から登頂を目指すルートには、所々に朽ちた階段があり、足元注意。また蛇紋岩が多いため、滑りやすい箇所が多いです。
その他周辺情報・戸倉周辺に日帰り入浴施設や温泉宿が何軒かあります。
・帰路は路線バス+電車を使うと、高速バスで帰るよりも、尾瀬滞在時間を長く取れます。

写真

高速バスで早朝4時に尾瀬に到着。眠くて体痛くてしんどいけど、スタートします。天気予報はイマイチだったけど、ばっちり晴れてる!
2017年08月05日 05:43撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高速バスで早朝4時に尾瀬に到着。眠くて体痛くてしんどいけど、スタートします。天気予報はイマイチだったけど、ばっちり晴れてる!
清々しい朝です。それほど混んでもいなくて、快適。
2017年08月05日 05:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清々しい朝です。それほど混んでもいなくて、快適。
1
植物を見ながら、のんびり散策。これはギンリョウソウ?植物にも詳しくなりたい…。
2017年08月05日 06:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植物を見ながら、のんびり散策。これはギンリョウソウ?植物にも詳しくなりたい…。
2
まだ気温もそれほど上がっておらず、汗もほとんどかいてません。むしろ立ち止まっていると、ひんやり涼しいくらい。
2017年08月05日 06:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ気温もそれほど上がっておらず、汗もほとんどかいてません。むしろ立ち止まっていると、ひんやり涼しいくらい。
至仏山荘に到着。今回は至仏山を登る前に、せっかくなので湿原も少し散策します。ということで、尾瀬ヶ原方面へ。
2017年08月05日 06:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山荘に到着。今回は至仏山を登る前に、せっかくなので湿原も少し散策します。ということで、尾瀬ヶ原方面へ。
1
6時半頃ですが、まだまだ木道も空いています。この時間だと湿原の植物がしっとりしていて美しく、おすすめです。
2017年08月05日 06:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時半頃ですが、まだまだ木道も空いています。この時間だと湿原の植物がしっとりしていて美しく、おすすめです。
振り返ると至仏山。これからあれ登るのかぁ。
2017年08月05日 06:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると至仏山。これからあれ登るのかぁ。
3
正面には燧ヶ岳。
2017年08月05日 06:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面には燧ヶ岳。
2
逆さ燧スポット。風も穏やかだったので、見事な逆さ燧が見られました。
2017年08月05日 07:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆さ燧スポット。風も穏やかだったので、見事な逆さ燧が見られました。
1
牛首分岐の手前あたり。ここで折り返して、至仏山を目指します。湿原は朝一で来て正解。少しずつ混んで来ていました。
2017年08月05日 07:21撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首分岐の手前あたり。ここで折り返して、至仏山を目指します。湿原は朝一で来て正解。少しずつ混んで来ていました。
2
再び山ノ鼻へ。ここからが今日の本番です!
2017年08月05日 08:11撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び山ノ鼻へ。ここからが今日の本番です!
2
今までの木道の爽やかさは何処へやら。一気にじめっとした登山道に。
2017年08月05日 08:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今までの木道の爽やかさは何処へやら。一気にじめっとした登山道に。
1
森林限界に到達。
2017年08月05日 08:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界に到達。
振り返るとさっきまでいた尾瀬ヶ原が見えます。ゴルフ場みたい。
2017年08月05日 08:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとさっきまでいた尾瀬ヶ原が見えます。ゴルフ場みたい。
1
だんだん岩場が多くなってきました。蛇紋岩が多くて、よく踏まれてるところはツルツルです。
2017年08月05日 09:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん岩場が多くなってきました。蛇紋岩が多くて、よく踏まれてるところはツルツルです。
1
中間地点という看板。ウソでしょ…体感的には8割くらい来た気分。
2017年08月05日 09:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間地点という看板。ウソでしょ…体感的には8割くらい来た気分。
1
振り返った景色はより高く。より一層ゴルフ場。
2017年08月05日 09:30撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返った景色はより高く。より一層ゴルフ場。
1
クサリ場も登場。晴れの日だったからか、何の意味が…と思ったけど、雨の日はこれが無いと登れないかもしれない。
2017年08月05日 09:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサリ場も登場。晴れの日だったからか、何の意味が…と思ったけど、雨の日はこれが無いと登れないかもしれない。
1
ここら辺から高原植物的なものが増えてくるけど、あんまり分からず、やっぱり花の名前知ってるといいなぁと思ったりします。
2017年08月05日 10:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここら辺から高原植物的なものが増えてくるけど、あんまり分からず、やっぱり花の名前知ってるといいなぁと思ったりします。
これで最後でしょ、と思って頑張って登ります。
2017年08月05日 10:23撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これで最後でしょ、と思って頑張って登ります。
1
最後じゃなかった。何グループかは諦めてここらへんでランチタイムにしているみたいです。
2017年08月05日 10:28撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後じゃなかった。何グループかは諦めてここらへんでランチタイムにしているみたいです。
そしてようやく山頂。赤とんぼが尋常じゃないくらい大発生していました。
2017年08月05日 11:07撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてようやく山頂。赤とんぼが尋常じゃないくらい大発生していました。
3
ここから鳩待峠に向かうので、小至仏山を超えていきます。いったん下ってまた登る修行。
2017年08月05日 11:26撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから鳩待峠に向かうので、小至仏山を超えていきます。いったん下ってまた登る修行。
1
この花きれいです。やっぱり花の名前を…。
2017年08月05日 11:31撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この花きれいです。やっぱり花の名前を…。
そして小至仏山に到着。
2017年08月05日 12:04撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして小至仏山に到着。
1
この花もきれいです。やっぱり花の名前を…。
2017年08月05日 12:31撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この花もきれいです。やっぱり花の名前を…。
オヤマ沢に到着。小至仏山から鳩待峠に向かうルートは、木道や整備された階段での緩やかな下り道が多くて歩きやすかったです。
2017年08月05日 12:43撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマ沢に到着。小至仏山から鳩待峠に向かうルートは、木道や整備された階段での緩やかな下り道が多くて歩きやすかったです。
あと1kmくらいのところ。爽やかさがなくなって、またじめっとした森の中です。
2017年08月05日 13:20撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと1kmくらいのところ。爽やかさがなくなって、またじめっとした森の中です。
1
ゴール!バスのほか、人数集まり次第発車の乗合いタクシーも随時出てるので便利。ソフトクリーム美味しそうでした。
2017年08月05日 13:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール!バスのほか、人数集まり次第発車の乗合いタクシーも随時出てるので便利。ソフトクリーム美味しそうでした。
1
尾瀬戸倉からの路線バスです。ただし、上毛高原までは1時間半以上。あんまり混んでなかったので爆睡でした。
2017年08月05日 14:28撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬戸倉からの路線バスです。ただし、上毛高原までは1時間半以上。あんまり混んでなかったので爆睡でした。
撮影機材:

感想/記録

6年ぶり3度目の尾瀬。天気も良く、前回雨に降られたリベンジを果たせました。

早朝一番に尾瀬ヶ原に向かったのは正解だったかも。道も空いているし、夜露で植物もしっとりと瑞々しくて、気持ちが良かったです。

8月でも早朝は涼しく、上着が一枚あったほうが安心かも。歩き始めるまでは長袖でも寒かった…。日が昇って7時過ぎてくるとだいぶ暑くて、逃げ場のない湿原の木道歩きは結構つらそう。

至仏山は、森林限界を越えるまではじめじめした登り道がひたすら続いて、なかなかの修行。森林限界の先は見晴らしも良く、気持ちよく登れました。岩場がちょくちょく出てくるので、手袋があったほうが登りやすいかも。

頂上はそこまで広くはないけど、登山客も多いというほどではなかったので、ランチするには十分。

帰りは、念のため、高速バスで帰るよりも尾瀬での滞在時間を長く取れる路線バス+電車を選択。戸倉から上毛高原までは2時間弱かかるけど、空いてたのでぐっすり爆睡。

新幹線では地ビールで打上げ。高速バスではなかなかできないので、ご褒美的な感じでこれもありかも。
訪問者数:227人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ