また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1215592 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳 剣ヶ峰

日程 2017年08月05日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々雨。台風5号の影響で不安定な天気。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
2:30自宅発 6:30乗鞍高原第一駐車場着。7:00のバスで畳平へ・・・
畳平着7:50、トイレを済ませ8:10登山開始。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間13分
休憩
1時間39分
合計
4時間52分
S畳平バスターミナル08:0808:12乗鞍白雲荘08:1308:19鶴ヶ池08:23県境ゲートバス停08:2508:34富士見岳(乗鞍)08:4609:04摩利支天分岐09:14肩の小屋09:58朝日岳(乗鞍)10:10蚕玉岳10:14乗鞍岳頂上小屋10:1710:22乗鞍岳10:3110:35乗鞍岳頂上小屋10:3610:39蚕玉岳10:4010:46朝日岳(乗鞍)10:4711:08「剣ヶ峰口」11:3911:39肩の小屋11:51摩利支天分岐11:57不消ヶ池11:5812:07県境ゲートバス停12:11鶴ヶ池12:1212:22畳平バスターミナル12:5813:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
夏休み期間という事もあり登山道は渋滞していました。コースはザレ場と多少の岩場はありますが危険もなく登れます。畳平から300m程度の登りであっという間に3000m越えの山頂です。ちょっと物足りない気がしますが夏の軽登山には最適です。この日は天候の関係もあり涼しい一日でした。途中雨も降りやや寒いくらいでした。天候が変わりやすく、やはり3000mの山を舐めてはいけませんね。
その他周辺情報下山後は駐車場の斜め前にある「湯けむり館」で汗を流して帰りました。乳白色の硫黄泉で良い温泉でした。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック-ズール35 山と道サコッシュ レインウエア グローブ ピクノリノックスナイフ ホイッスル ヘッドライト 手帳・ペン 熊鈴 iPhoneケース ウェットティッシュ メガネ曇り止め パーフェクトポーション タオルマフラー ハイマウント N-rit タオル eTrex30x & ホルダ ストック 携帯座布団 レバーシブルグリッパ UVサングラス 地図 財布 行動食 カメラ-デジカメ 予備バッテリ・メモリ 簡易シート 常備薬 救急キッドA エアーサロンパス プラティパスハイドレーション1.5L ゴミ袋&ホルダー レジャーシート・ペグ ジェットボイル 携帯箸・カラトリー コーヒーバネット コーヒーカップ X-SETカップブルー X-SETカップグレー

写真

「乗鞍高原第一駐車場」に駐車。朝6:30で7割程度でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「乗鞍高原第一駐車場」に駐車。朝6:30で7割程度でした。
第一駐車場内に畳平へのシャトルバス乗り場があります。
6:10の後は毎時00分発の一時間に1本です。乗車人数分車両が出るようなので乗れない事はありません。往復で2,500円也。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一駐車場内に畳平へのシャトルバス乗り場があります。
6:10の後は毎時00分発の一時間に1本です。乗車人数分車両が出るようなので乗れない事はありません。往復で2,500円也。
バスの中から撮った乗鞍岳全景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスの中から撮った乗鞍岳全景。
今日の靴紐は蛍光イエロー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の靴紐は蛍光イエロー。
「畳平バスターミナル」に到着です。乗鞍高原から50分。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「畳平バスターミナル」に到着です。乗鞍高原から50分。
1
バスターミナルから乗鞍岳に向かいます。空には青空も見えるのですが・・・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスターミナルから乗鞍岳に向かいます。空には青空も見えるのですが・・・・・
1
バスターミナル横の「鶴ヶ池」の右側砂利道を巻くように進んでいきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスターミナル横の「鶴ヶ池」の右側砂利道を巻くように進んでいきます。
「鶴ヶ池」です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「鶴ヶ池」です。
1
乗鞍岳は活火山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳は活火山です。
先ず「富士見岳」に進みます。登山道沿いに数々の花がきれいに咲いています。高山植物を見るには良い時期のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ず「富士見岳」に進みます。登山道沿いに数々の花がきれいに咲いています。高山植物を見るには良い時期のようです。
オンタデとウサギギク?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オンタデとウサギギク?
ウサギギクでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギギクでしょうか?
ヨシバシオガマとイワギキョウの群生。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨシバシオガマとイワギキョウの群生。
ヨシバシオガマ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨシバシオガマ。
ミヤマアキノキリンソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
ヨツバシオガマのアップ。デジカメTG-4の顕微鏡モード恐るべし。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマのアップ。デジカメTG-4の顕微鏡モード恐るべし。。。
雲に隠れた「富士見岳」の山頂に登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲に隠れた「富士見岳」の山頂に登ります。
山頂はガレ場を登った先です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はガレ場を登った先です。
1
「富士見岳」に登っています。岐阜側のロケーションです。畳平が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「富士見岳」に登っています。岐阜側のロケーションです。畳平が見えます。
「富士見岳」山頂に到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「富士見岳」山頂に到着です。
「富士見岳」山頂からのロケーションです。「畳平」、「鶴ヶ池」方面。反対の長野方面は雲で展望がありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「富士見岳」山頂からのロケーションです。「畳平」、「鶴ヶ池」方面。反対の長野方面は雲で展望がありません。
1
パノラマで取ってみました。今回から新しいデジカメの投入です。オリンパスTG-4型落ちで購入しましたがなかなか優秀です。花を撮る顕微鏡モード(超マクロ)も気に入りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマで取ってみました。今回から新しいデジカメの投入です。オリンパスTG-4型落ちで購入しましたがなかなか優秀です。花を撮る顕微鏡モード(超マクロ)も気に入りました。
「乗鞍岳」の主峰の「剣ヶ峰」に進みます。雪渓を抱いた「不消ヶ池」左側の雲に隠れた山が「剣ヶ峰」です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「乗鞍岳」の主峰の「剣ヶ峰」に進みます。雪渓を抱いた「不消ヶ池」左側の雲に隠れた山が「剣ヶ峰」です。
1
この丸い尾根を下り白く見える車道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この丸い尾根を下り白く見える車道を進みます。
這松帯を「富士見岳」から降るママ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
這松帯を「富士見岳」から降るママ。
1
這松の実を顕微鏡モードで撮ってみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
這松の実を顕微鏡モードで撮ってみました。
長野側は相変わらず展望無し。暑い雲に覆われています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長野側は相変わらず展望無し。暑い雲に覆われています。
1
「肩の小屋」に続く車道です。中央の雪渓でスキーを楽しんでいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「肩の小屋」に続く車道です。中央の雪渓でスキーを楽しんでいました。
1
アップです。結構な人がスキーを楽しんでいます。
歩いて登るのは辛そうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップです。結構な人がスキーを楽しんでいます。
歩いて登るのは辛そうです。
「肩の小屋」が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「肩の小屋」が見えてきました。
「肩の小屋」の裏に「剣ヶ峰」への登山口があります。正面に見えるのは「朝日岳」。「朝日岳」を超え「剣ヶ峰」に登り返します。「朝日岳」まではザレ場に岩が混ざった登山道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「肩の小屋」の裏に「剣ヶ峰」への登山口があります。正面に見えるのは「朝日岳」。「朝日岳」を超え「剣ヶ峰」に登り返します。「朝日岳」まではザレ場に岩が混ざった登山道です。
標高2747m。100m程度の誤差があるので参考程度にしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2747m。100m程度の誤差があるので参考程度にしています。
1
「朝日岳」山頂です。天気は良いのですが周辺は雲で展望がありません。人が見えるのが「朝日岳」山頂。左奥に見えるのが「剣ヶ峰」です「乗鞍本宮」が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「朝日岳」山頂です。天気は良いのですが周辺は雲で展望がありません。人が見えるのが「朝日岳」山頂。左奥に見えるのが「剣ヶ峰」です「乗鞍本宮」が見えます。
1
「朝日岳」を超えて「剣ヶ峰」に登り返します。ここから岩場が多くなってきます。もう一息です。ここからが岩場で一番楽しい登山道でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「朝日岳」を超えて「剣ヶ峰」に登り返します。ここから岩場が多くなってきます。もう一息です。ここからが岩場で一番楽しい登山道でした。
この岩場を左に回り込むと「頂上小屋」に着きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩場を左に回り込むと「頂上小屋」に着きます。
「頂上小屋」です。Tシャツなど販売しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「頂上小屋」です。Tシャツなど販売しています。
1
「山頂小屋」を超えた所から右側岐阜側のロケーションです。
「権現池」がきれいです。その先が雲で展望がないのが残念です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「山頂小屋」を超えた所から右側岐阜側のロケーションです。
「権現池」がきれいです。その先が雲で展望がないのが残念です。
「頂上小屋」からは山頂はすぐです。この岩場を登れば山頂。
空は真っ青に晴れ上がっていますが周辺の展望はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「頂上小屋」からは山頂はすぐです。この岩場を登れば山頂。
空は真っ青に晴れ上がっていますが周辺の展望はありません。
山頂「乗鞍本宮」に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂「乗鞍本宮」に到着。
3
山頂から岐阜側の尾根です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から岐阜側の尾根です。
1
同じく「権現池」。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく「権現池」。
1
パノラマにしてみました。「権現池」は左右尾根に囲まれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマにしてみました。「権現池」は左右尾根に囲まれています。
下山開始です。「朝日岳」を経由し同じ道を降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始です。「朝日岳」を経由し同じ道を降ります。
1
「肩の小屋」まで降りてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「肩の小屋」まで降りてきました。
「肩の小屋」裏でコーヒータイムとします。ジェットボイルでお湯を沸かします。やっぱり炎が安定しません。どうも2500mを超えるとジェットボイルは安定しません。今回着火はできました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「肩の小屋」裏でコーヒータイムとします。ジェットボイルでお湯を沸かします。やっぱり炎が安定しません。どうも2500mを超えるとジェットボイルは安定しません。今回着火はできました。
1
「剣ヶ峰」に乾杯。この頃から雨が降ってきました。山の天気は変わりやすいですね。それとも台風5号の影響でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「剣ヶ峰」に乾杯。この頃から雨が降ってきました。山の天気は変わりやすいですね。それとも台風5号の影響でしょうか?
「肩の小屋」の裏でのコーヒータイム。ママはレインウエアとザックカバーで完全防備。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「肩の小屋」の裏でのコーヒータイム。ママはレインウエアとザックカバーで完全防備。
1
定番の靴の写真。今回は花と一緒に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番の靴の写真。今回は花と一緒に。
高山植物の群生。今は本当に綺麗に咲いています。
高山植物を見るには良い時期のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山植物の群生。今は本当に綺麗に咲いています。
高山植物を見るには良い時期のようです。
雨対策万全。パパは特に対策なし。畳平側から歩いてくる人は完全防備なのであちらの方が雨が強かった様です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨対策万全。パパは特に対策なし。畳平側から歩いてくる人は完全防備なのであちらの方が雨が強かった様です。
1
長野側は相変わらず展望がありませんが、少しだけ雲が切れてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長野側は相変わらず展望がありませんが、少しだけ雲が切れてきました。
「不消ヶ池」に掛かる雪渓。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「不消ヶ池」に掛かる雪渓。
雪渓際がエメラルドブルーで綺麗です。雨が強くなってきました湖に雨脚が・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓際がエメラルドブルーで綺麗です。雨が強くなってきました湖に雨脚が・・・
畳平に戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畳平に戻ってきました。
1
バスまで時間があったのでターミナルの食堂で飛騨牛カレーを頂きました。美味しかったです。バスは毎時05分。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスまで時間があったのでターミナルの食堂で飛騨牛カレーを頂きました。美味しかったです。バスは毎時05分。
1
乗鞍高原に戻ってきました。アルプホルンで迎えてくれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍高原に戻ってきました。アルプホルンで迎えてくれました。
乗鞍高原第一駐車場斜め前の「湯けむり館」で汗を流しました。
乳白色の硫黄泉でとても良い温泉でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍高原第一駐車場斜め前の「湯けむり館」で汗を流しました。
乳白色の硫黄泉でとても良い温泉でした。

感想/記録

高山植物が綺麗だったので写真を撮りながらのノンビリ登山。登山道も渋滞していたのでノンビリが良いですね。
訪問者数:145人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ