また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1216462 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

剱岳〜早月尾根から

日程 2017年08月05日(土) 〜 2017年08月06日(日)
メンバー , その他メンバー8人
天候1日目:曇たまに晴れ
2日目:曇→晴れ間→雨(雷も何発か)
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
行き:高速バス(東京→高岡)
帰り:新幹線(富山→東京)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間6分
休憩
1分
合計
7時間7分
Sスタート地点09:1210:02松尾平10:0316:19早月小屋16:19宿泊地
2日目
山行
9時間49分
休憩
2時間4分
合計
11時間53分
宿泊地04:0707:40カニのハサミ07:4407:58剱岳08:4908:56カニのハサミ08:5911:25早月小屋12:3115:29松尾平16:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

有名な石碑「試練と憧れ」。これが見たかったんだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な石碑「試練と憧れ」。これが見たかったんだ。
2
ふむふむ…ん?「人身とも鍛錬された人々よ来れ」?
ヤバ。鍛錬してないのに勢いだけで来ちゃったよ((;゚Д゚)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふむふむ…ん?「人身とも鍛錬された人々よ来れ」?
ヤバ。鍛錬してないのに勢いだけで来ちゃったよ((;゚Д゚)
2
太くて大きな立山杉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太くて大きな立山杉。
1
花もそこそこ咲いています。
いつもなら写真撮るけど今回はパス。そんなことやってる余裕なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花もそこそこ咲いています。
いつもなら写真撮るけど今回はパス。そんなことやってる余裕なし。
1
200mごとに設置されているプレート。
励みになるような、ならないような…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
200mごとに設置されているプレート。
励みになるような、ならないような…
1
途中の休憩ポイントで、野菜炒めを作ってもらいました!
温かい飲み物を飲むと元気でるけど、温かい食事だともっと元気出る!ピーマンがめっちゃ美味しかったー✨
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の休憩ポイントで、野菜炒めを作ってもらいました!
温かい飲み物を飲むと元気でるけど、温かい食事だともっと元気出る!ピーマンがめっちゃ美味しかったー✨
1
早月小屋に到着ー。
日帰りする人も多いけど、我々は泊まりますよ。
山に泊まって夕日&朝日を楽しまなくちゃね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋に到着ー。
日帰りする人も多いけど、我々は泊まりますよ。
山に泊まって夕日&朝日を楽しまなくちゃね。
2
夕方、小屋の前から小窓尾根。
一生行くことのない稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方、小屋の前から小窓尾根。
一生行くことのない稜線。
2
これも小屋前から、一番奥に明日行く剱岳の山頂がチラリ。遠い・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも小屋前から、一番奥に明日行く剱岳の山頂がチラリ。遠い・・・
1
夕食。
魚の煮付け、サラダ、煮物、豚汁。どれも美味しい。
当日は3回戦までありました。
と言っても食堂が狭いので1度に10人程しか食べられないためで、トータル30名ってことですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食。
魚の煮付け、サラダ、煮物、豚汁。どれも美味しい。
当日は3回戦までありました。
と言っても食堂が狭いので1度に10人程しか食べられないためで、トータル30名ってことですね。
1
2日目。
CT10時間なので、夜明け前の4時に出発。
ナイトハイクはほとんどやらなので気付かなかったけど、私のヘッデン暗いわー。夜歩くのにこれでは危険。

だんだん明るくなってきた。青空もチラリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。
CT10時間なので、夜明け前の4時に出発。
ナイトハイクはほとんどやらなので気付かなかったけど、私のヘッデン暗いわー。夜歩くのにこれでは危険。

だんだん明るくなってきた。青空もチラリ。
1
少しだけ雪渓。アイゼン不要。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ雪渓。アイゼン不要。
3
マツムシソウの向こうに小窓尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マツムシソウの向こうに小窓尾根。
1
ヒーコラ登って、やっと2800m。
このプレートが出たら山頂までもうすぐ、と出発前に読んだどなたかのブログに書いてあったけど、ここから先の方が長かった気がする(~_~;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒーコラ登って、やっと2800m。
このプレートが出たら山頂までもうすぐ、と出発前に読んだどなたかのブログに書いてあったけど、ここから先の方が長かった気がする(~_~;)
1
青空に励まされてエンヤコラ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に励まされてエンヤコラ。
1
なかなかの勾配です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかの勾配です。
2
ようやく岩場に突入。本当に最後の方だけだな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく岩場に突入。本当に最後の方だけだな。
2
カニのハサミ。全然怖くないよ。
夜中に雨が降っていたので、この辺りの岩場が濡れていたら嫌だなぁと思っていたけど乾いていました。よかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カニのハサミ。全然怖くないよ。
夜中に雨が降っていたので、この辺りの岩場が濡れていたら嫌だなぁと思っていたけど乾いていました。よかった。
2
みんな頑張って登っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんな頑張って登っている。
1
分岐が見えた!あれが見えたら山頂までもうすぐ!
と思ったけど、まだまだだった(こればっか)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐が見えた!あれが見えたら山頂までもうすぐ!
と思ったけど、まだまだだった(こればっか)
1
やっと着いたーー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと着いたーー!
4
剱岳に登ったぞー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳に登ったぞー!
2
雲多めだけど、なかなかの絶景です✨
立山三山・室堂・五色ヶ原が見えます。
風もなく穏やかな山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲多めだけど、なかなかの絶景です✨
立山三山・室堂・五色ヶ原が見えます。
風もなく穏やかな山頂。
1
が、今日中に東京まで帰らないといけないので渋々下山開始。

こうやって見るとすごい傾斜の下りだなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
が、今日中に東京まで帰らないといけないので渋々下山開始。

こうやって見るとすごい傾斜の下りだなぁ。
帰りのカニのハサミ。

この後、雷雨に襲われてカメラをザックの中にしまったので写真なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りのカニのハサミ。

この後、雷雨に襲われてカメラをザックの中にしまったので写真なし。
3

感想/記録

初めての剱岳、噂の早月尾根、堪能してきました。
ひょんなことから富山の方と知り合えて、トントンと剱岳に行く話になり、それが現実となり…山の縁ってホント不思議です✨

高岡駅に迎えにきてもらい、現地で富山の方のお友達と合流して登山口へ。
有名な「試練と憧れ」の石碑の前で気合いを入れて出発!・・・いや、気合いなんか入ってなかったかも。ふわふわ浮き足立っていたような。その時点でも現実と思えないような感じで・・・。

初日は早月小屋までなので、ゆっくり行きます。スローペースがよかったのか、全然疲れずに登れました。道自体は、確かに急ではあるけど歩きにくいところや危険なところはなかったです。
ただし、ずっと樹林帯、暑い!滝汗!
早月尾根は水場がないので(小屋では買えるけど。2リットル900円)たくさん担いで上がった方がいいです。

小屋は布団1人1枚確保。そもそも定員以上は予約受けないようです。予約しようとしたら「満室です」と断られたのでテント担いで来た、という人もいました。
欲しかったTシャツは全サイズ売り切れー!Σ\(゜Д゜;) なんでやねん、仕入れとけよぉ。

翌朝は4時出発で山頂へ。まだ暗いので、みんなでまとまって登り開始。明るくなったら、何人かずつばらけて自分のペースで。
岩岩は山頂下だけ、一番危険らしい(?)カニのハサミもあっさり通過、別山尾根に比べると技術的なものはほとんど必要ないかと(別山尾根、行ったことないけど)。
でもさすがに最後の岩場で足に疲れが〜(´Д` )
そして山頂に着く頃には、雲多めながら青空が!✨✨
わーい!着いたよー!やったよー!
後立山方面はあまりよく見えなかったけど、室堂方面はばっちり。
別山尾根を登ってくるアリンコのような登山者の行列もハッキリ見えます。空いている早月尾根とはやっぱり人気度が違うな(^◇^;)
登頂後も、ふわふわ浮き足立って実感なし。記念撮影したり、コーヒー飲んだり、だいぶ堪能したはずなんだけど、、もっともっとまったりしたかった!

でもこの後、CT6時間の下りが待っているので後ろ髪引かれながら下山開始。
いやー、登りより下りのほうが断然しんどいわ!おまけに雨が降ってきて、さらに雷まで!ヤバイ!そしてトイレにも行きたい!
汗と涙と雨でグッショリになって下山。疲れました。
「試練と憧れ」、実際は「試練と試練」って感じだったけど、仲間全員、怪我なく登頂できて大満足。
剱岳は、早月尾根と別山尾根の両方から登って1人前らしいけど、もう私は今回だけで充分かな(^。^;)
訪問者数:325人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ