ヤマレコ

記録ID: 1219651 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

富士山(吉田ルート)

日程 2017年08月08日(火) 〜 2017年08月09日(水)
メンバー , その他メンバー30人
天候1日目:曇り、八合目から雨、2日目:九合目まで曇り、九合目から下は晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
バスツアーを利用しましたので富士スバルライン五合目までバス。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間0分
休憩
0分
合計
6時間0分
S富士スバルライン五合目12:0018:00上江戸屋(宿泊地)
2日目
山行
6時間0分
休憩
0分
合計
6時間0分
上江戸屋(宿泊地)02:3004:20吉田ルート山頂08:30富士スバルライン五合目G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ペースと休憩はガイドさん任せで、時間をちゃんと記録していなかったのでざっくりです。。。
その他周辺情報富士スバルライン五合目にはレストランや土産物店あり。下山後はふじやま温泉に寄りました。

装備

個人装備 半袖Tシャツ ソフトシェル ズボン フリース ニット帽 靴下 グローブ 雨具 ゲイター 予備靴ひも ザック ザックカバー 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル トイレットペーパー 小銭 モバイルバッテリー

写真

バスの車窓より。上のほうには雲がかかっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスの車窓より。上のほうには雲がかかっています。
1
富士スバルライン五合目に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士スバルライン五合目に到着。
富士スバルライン五合目も展望がよく、雲がきれいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士スバルライン五合目も展望がよく、雲がきれいです。
下から富士山を撮ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から富士山を撮ります。
1
富士スバルライン五合目には多くの観光客、登山客が訪れています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士スバルライン五合目には多くの観光客、登山客が訪れています。
五合目〜六合目。吉田ルートは晴れていればずっと山中湖、河口湖、富士吉田方面の展望があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目〜六合目。吉田ルートは晴れていればずっと山中湖、河口湖、富士吉田方面の展望があります。
3
五合目〜六合目
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目〜六合目
1
五合目〜六合目
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目〜六合目
山小屋は遠い。ここから強風と雨で登ることに集中していたため写真なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山小屋は遠い。ここから強風と雨で登ることに集中していたため写真なし。
山頂は曇っていたため、下山道を少し下りてからご来光待ち。暗かったこともあり山頂の写真がないですが一応山頂まで行っています。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は曇っていたため、下山道を少し下りてからご来光待ち。暗かったこともあり山頂の写真がないですが一応山頂まで行っています。。。
3
晴れていたので江の島まで海のほうがはっきり見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていたので江の島まで海のほうがはっきり見えました。
1
日が昇ってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が昇ってきます。
1
ご来光!きれい〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご来光!きれい〜。
4
絶景ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景ですね。
3
やっぱり山から海が見えるのって良いな〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり山から海が見えるのって良いな〜。
3
日が昇りました。これから下山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が昇りました。これから下山です。
3
同じような景色の中ブルドーザー道をせっせと下っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じような景色の中ブルドーザー道をせっせと下っていきます。
1
空が青くて気持ちいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空が青くて気持ちいい。
2
最高の登山日和です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高の登山日和です。
2
半分くらい来ただろうか。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半分くらい来ただろうか。。。
1
だいぶ下りました。下りるのが名残惜しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ下りました。下りるのが名残惜しいです。
1
植物は少なめ。ホタルブクロを一枚。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植物は少なめ。ホタルブクロを一枚。
3

感想/記録

昨年の忘年会か何かで職場の人が若いころに富士山に登った話をしており、それを聞いてうらやましくなったので今年の夏に登ろうと計画していました。
年が明けてからも山にはちょくちょく登っていたのですが、なにしろ標高3000mを超えるところに行くのが10年ぶりだったので、高山病に完全にびびってガイド付きのツアーにしました。(集客実績No.1の格安のとこ)

・富士スバルライン五合目〜七合目
五合目から六合目まではほぼ平坦な道。左手側はずっと山中湖方面の眺望がよいです。この時点で東京にいては決してみられない美しい景色で、来てよかったと思いました。六合目から七合目はなだらかな登り坂です。ガイドさんのペースは高山病対策も兼ねてとてもゆっくりでしたので、特にきつさを感じることはありませんでした。

・七合目〜本八合目
七合目からは岩場が始まります。この日は風が強かったため、何度か体を持っていかれそうになりましたが、静止の際(前の人が先へ進むのを待っているとき)は手で岩をつかむようにしたら安定しました。
八合目からは雨も本格的に降り出したため、レインウェアを着用し、ザックカバーをかけました。ウェア調節についてはガイドさんから細かく指示が出ました。
ひたすら登っていくと宿泊先の山小屋に到着。夕食にカレーをいただき、仮眠をとりました。
空気が薄くて頭が痛くなりそうな気分がしましたが、特に頭は痛くなりませんでした。
ガイドさんのペースと教えてもらった呼吸法がよかったのでしょう。

・本八合目〜頂上
ご来光を見るため、1時頃起きて支度。体調は良好。
風は多少ありましたが気温がそれほど寒くなかったため、この日のウェアは半袖Tシャツ+長袖薄手パーカー+フリース+レインウェアで問題ありませんでした。
前日の雨でグローブを濡らしていたため、グローブは着用なし(お金を出してゴアテックスにしていれば2日目も使えたものを。。。)。
頂上までの道からは夜景も星空もきれいに見えました!
ご来光目当てに夜間登山をする人が多く、頂上までの道はパーティーぐちゃぐちゃのカオスでしたw途中割り込まれてもなんとか前の人を見失って迷子にならないように頑張りました。
山頂到着。ガスが出ていたのでご来光は下山道を少し下ったところで見ることになりました。お鉢巡りは悪天候のため中止。残念。

・頂上〜富士スバルライン五合目
頂上からはブルドーザー道を下っていきます。傾斜のある砂礫地なのでとても滑りやすいです。しばらく下ってご来光鑑賞。
空気が澄んでいて湘南の海のほうまできれいに見えました。東京スカイツリーも見えた!
下山道は、須走口との分岐後から自由下山になりました。滑らないように色々歩き方を試しましたが、八合目近辺で1回尻もちつきました。それ以外にも足を滑らすこと多数。なかなかうまいこといかないです。やっぱりストックあったほうが良いんですかね。。。
2日目は1日目以上にきれいに晴れたので、景色を楽しみながら下りました。

・まとめ
富士山は一回登ればいいや〜、単調でつまらない、人が多すぎる、みたいな意見が多く、そこまで期待していなかったのですが、思っていた以上に眺望がすばらしく、見るポイントも多いため、来てよかったと思いました。
また2回目をやりたいか?と問われると、やりたい!という答えです。
剣が峰・お鉢巡りに行けなかったのが心残りなので、次はお鉢巡りも是非やりたいです。
日本一の標高の山に登った達成感・感慨みたいなのは、実際あまりありませんでした。自分で特に何もせずツアー会社任せだった、今回使用したルート自体のグレードは雲取山(鴨沢ルート)と同じで日本一に見合う負荷がなかった、山頂に到着したとき日の出前で暗かった、など色々要因はあると思います。
次の機会があれば富士山のスケール感を味わうために、吉田口馬返ルート、御殿場ルートに宿泊を入れつつ挑戦したいなと思いました。
訪問者数:139人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ