また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1221708 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

至仏山、尾瀬ヶ原〜家族ではるかな尾瀬へ〜

日程 2017年08月04日(金) 〜 2017年08月06日(日)
メンバー 子連れ登山, その他メンバー3人
天候[4日]日中:ガス~晴れ~曇り、夜:短時間の降雨有り
[5日]終日晴れ
[6日]晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
尾瀬の入口は複数あり、初めての尾瀬ということもあり戸惑いました。
そもそも尾瀬ってそんなに広くないと思っていたので(^^;)情報収集を始めて
びっくり、すごい広いのね。尾瀬ヶ原と尾瀬沼、至仏山と燧ヶ岳、自分が
どこに行きたいか、目的地を明確にしないとアクセスが決まらない。

私たち家族は、至仏山〜尾瀬ヶ原を目指したので、群馬県側の鳩待峠から
入山しました。

マイカー規制があります。
尾瀬保護財団のHP( https://www.oze-fnd.or.jp/ozb/b-as/tt/ ) で確認できる
「群馬県側の交通対策」によると規制時間は規制開始日(私たちのケースでは8月4日
(金))の19時~規制終了日(8月6日(日))の正午まで。規制中の19時~翌朝5時
までは津奈木ゲートを閉鎖し全面通行止めとなります。

私たちが戸倉に着いたのは4日の午前3時過ぎだったので、鳩待峠の駐車場までは
入れるはずです。でも鳩待峠まで入ってしまうと6日の正午まで車を出せなく
なってしまい、これだとちょっと遅いなと思い、戸倉の尾瀬第一駐車場に停めて
乗合タクシーで鳩待峠入りすることとしました。

が、今改めてこの規制の文言を読み返すと、後段部分がちょっと分からない。
翌朝5時までゲートを閉鎖とあります。規制終了日は正午をもって規制解除なので、
5時から正午までの間車を出せるの?出せないの?これについては未確認のままです。

バスも乗合タクシーも料金は同じで券売機で購入します。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間28分
休憩
2時間28分
合計
8時間56分
S鳩待峠07:3208:46原見岩09:0309:35オヤマ沢田代09:4310:13小至仏山10:2611:17至仏山12:0612:47小至仏山12:5713:23オヤマ沢田代13:2713:58原見岩13:5914:45鳩待峠15:3116:28山ノ鼻
2日目
山行
4時間46分
休憩
1時間43分
合計
6時間29分
山ノ鼻07:4208:30上ノ大堀橋08:40牛首分岐(中田代三叉路)08:5609:11下ノ大堀川橋09:36竜宮十字路09:3810:18見晴(下田代十字路)11:2912:24竜宮十字路12:2612:58下ノ大堀川橋13:0813:22牛首分岐(中田代三叉路)13:2413:33上ノ大堀橋14:11山ノ鼻
3日目
山行
1時間18分
休憩
0分
合計
1時間18分
山ノ鼻08:3009:48鳩待峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
至仏山は蛇紋岩の山。この蛇紋岩、滑る滑るとは聞いていたけれど本当によく滑るので足運びは慎重に。

危険と言えば、熊の目撃情報が相次いでいます。私たちの滞在初日、8月4日にも
鳩待峠から山ノ鼻へ向かうコース上に現れています。
鳩待峠へ戻る登山者から熊がいるから気をつけて!と熊情報をもらってから山ノ鼻
までの道中の怖かったこと。結局私たちが熊に遭遇することはありませんでした。
その他周辺情報花の駅・片品村「花咲の湯」に寄って帰りました。
土産物も買えるし食事もできます。

山ノ鼻でテント泊した2日間は至仏山荘の風呂を利用しました(500円/人)
※石鹸、シャンプー等は環境保護のため使用できません
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

尾瀬第一駐車場
夜中に降っていた雨は
上がっています。
2017年08月04日 06:14撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬第一駐車場
夜中に降っていた雨は
上がっています。
鳩待峠までは乗合
タクシーで。
2017年08月04日 06:49撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠までは乗合
タクシーで。
鳩待峠で朝食
コンビニのおにぎり
2017年08月04日 07:12撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠で朝食
コンビニのおにぎり
お、晴れた!
至仏山は雲の向こう。
2017年08月04日 07:28撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、晴れた!
至仏山は雲の向こう。
鳩待峠休憩所の裏に
ある立派なトイレ棟
2017年08月04日 07:28撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠休憩所の裏に
ある立派なトイレ棟
鳩待峠から至仏山
までピストンします。
2017年08月04日 07:33撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠から至仏山
までピストンします。
のっけから熊注意
2017年08月04日 07:34撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のっけから熊注意
登山道も最初はこんな
感じ。雨が降ると川に
なるんだろうな。
2017年08月04日 07:45撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道も最初はこんな
感じ。雨が降ると川に
なるんだろうな。
1
階段が現れました。
2017年08月04日 08:19撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段が現れました。
まだ新しい木道。東電の
焼印付き。この広い尾瀬の
木道の管理はさぞ大変
でしょう。感謝。
2017年08月04日 08:36撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ新しい木道。東電の
焼印付き。この広い尾瀬の
木道の管理はさぞ大変
でしょう。感謝。
ヒオウギアヤメ
2017年08月04日 08:37撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒオウギアヤメ
原見岩の上で休憩。
高山植物図鑑で出会った
花を探します。
2017年08月04日 08:52撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
原見岩の上で休憩。
高山植物図鑑で出会った
花を探します。
1
原見岩
雲が多くなってきました。
2017年08月04日 08:55撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
原見岩
雲が多くなってきました。
1
息子が見つけた
ギンリョウソウ
2017年08月04日 09:11撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息子が見つけた
ギンリョウソウ
オヤマ沢
冷たくて気持ちいい水。
但し飲めず。
2017年08月04日 09:24撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマ沢
冷たくて気持ちいい水。
但し飲めず。
モウセンゴケ
これも息子が発見
2017年08月04日 09:37撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モウセンゴケ
これも息子が発見
オヤマ沢田代
ここはきれいだったなぁ。
2017年08月04日 09:41撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマ沢田代
ここはきれいだったなぁ。
1
ごめんね、まだ頂上じゃ
ねえんだよ。
小至仏山を越えてくんだよ。
2017年08月04日 09:44撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごめんね、まだ頂上じゃ
ねえんだよ。
小至仏山を越えてくんだよ。
向こうから幼稚園の
子供たち。強いね!
2017年08月04日 09:49撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうから幼稚園の
子供たち。強いね!
1
蛇紋岩
黒く磨かれたところは
特に滑ります。
2017年08月04日 10:03撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇紋岩
黒く磨かれたところは
特に滑ります。
小至仏山まであと一息
2017年08月04日 10:09撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小至仏山まであと一息
ハクサンイチゲとチングルマ
咲いたばかりのようで真っ白
できれいな株が多かった。
2017年08月04日 10:11撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲとチングルマ
咲いたばかりのようで真っ白
できれいな株が多かった。
小至仏山到着
2017年08月04日 10:23撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小至仏山到着
1
至仏山へは一旦下って
から登り返します。
2017年08月04日 10:34撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山へは一旦下って
から登り返します。
さあ頑張りましょ。
もう着くよ。
2017年08月04日 10:52撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ頑張りましょ。
もう着くよ。
1
至仏山到着。
がんばったね。
2017年08月04日 12:05撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山到着。
がんばったね。
2
至仏山頂を振り返る
2017年08月04日 12:11撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山頂を振り返る
小至仏山への登り返し
2017年08月04日 12:29撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小至仏山への登り返し
1
オヤマ沢田代の
池塘が見えました。
2017年08月04日 12:56撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマ沢田代の
池塘が見えました。
順調に下っています。
2017年08月04日 12:59撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
順調に下っています。
まず娘が下山してきました。
ママがずっと背負っていた
ザックを担いでいますね。
2017年08月04日 14:48撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず娘が下山してきました。
ママがずっと背負っていた
ザックを担いでいますね。
1
だいぶ遅れて息子とママも
下山。なんでもキノコ探し
に夢中になっていたそうで。
2017年08月04日 14:56撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ遅れて息子とママも
下山。なんでもキノコ探し
に夢中になっていたそうで。
1
鳩待山荘でザックを受取った
ら山ノ鼻までコースタイム
1時間の歩き。
2017年08月04日 15:51撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待山荘でザックを受取った
ら山ノ鼻までコースタイム
1時間の歩き。
1
テンマ沢湿原
人間と熊がお互いを離れたところ
から認識できるように、水芭蕉が
刈払われていました。
2017年08月04日 16:11撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テンマ沢湿原
人間と熊がお互いを離れたところ
から認識できるように、水芭蕉が
刈払われていました。
山の鼻キャンプ場到着。
山の鼻ビジターセンター前に
テントを設営(ステラ4)
しました。
2017年08月04日 17:16撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の鼻キャンプ場到着。
山の鼻ビジターセンター前に
テントを設営(ステラ4)
しました。
昼間はCAFE至仏、そして
夜はBAR至仏に。
二日間お世話になりました。
2017年08月04日 18:46撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼間はCAFE至仏、そして
夜はBAR至仏に。
二日間お世話になりました。
1
至仏山お疲れ様の
乾杯〜。
2017年08月04日 18:59撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山お疲れ様の
乾杯〜。
1
燧ヶ岳 夜明け
2017年08月05日 05:31撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳 夜明け
2
朝、尾瀬ヶ原より
至仏山
2017年08月05日 05:33撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝、尾瀬ヶ原より
至仏山
1
山の鼻ビジターセンター
熊の目撃情報コーナー
2017年08月05日 07:36撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の鼻ビジターセンター
熊の目撃情報コーナー
テンマ沢湿原の川上川側
で8月4日の夕方熊が目撃
されています。
幸い私たちは直後に通り
ましたが遭遇しませんでした。
2017年08月05日 07:37撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テンマ沢湿原の川上川側
で8月4日の夕方熊が目撃
されています。
幸い私たちは直後に通り
ましたが遭遇しませんでした。
山ノ鼻のトイレ棟
立派。水洗。
ヘッデン必須。
2017年08月05日 07:42撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ノ鼻のトイレ棟
立派。水洗。
ヘッデン必須。
なんとなく逆さ至仏山
2017年08月05日 08:19撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとなく逆さ至仏山
2
逆さ燧ヶ岳
夏!
2017年08月05日 09:05撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆さ燧ヶ岳
夏!
2
水芭蕉のお化け
熊の好物だそうです。
2017年08月05日 09:32撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水芭蕉のお化け
熊の好物だそうです。
ようやく龍宮小屋。
見晴はこの林を抜けた
先です。
2017年08月05日 09:39撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく龍宮小屋。
見晴はこの林を抜けた
先です。
1
右足が群馬県
左足が福島県
2017年08月05日 09:54撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右足が群馬県
左足が福島県
1
ようやく見晴の山小屋群が
見えてきました。
2017年08月05日 10:04撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく見晴の山小屋群が
見えてきました。
見晴キャンプ場を偵察。
快適そうなテン場ですね。
2017年08月05日 10:35撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴キャンプ場を偵察。
快適そうなテン場ですね。
見晴のひのえまた小屋、
ひげくま喫茶で昼食。
2017年08月05日 11:28撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴のひのえまた小屋、
ひげくま喫茶で昼食。
私はカレーライスと生。
カミさんと子供たちは
おしることクロワッサン。
2017年08月05日 11:02撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私はカレーライスと生。
カミさんと子供たちは
おしることクロワッサン。
長蔵小屋で息子が買った
手拭い。好みが渋いね。
手拭いハンターです。
2017年08月05日 11:24撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長蔵小屋で息子が買った
手拭い。好みが渋いね。
手拭いハンターです。
ボッカさん。
すごいの一言、
そして感謝。
2017年08月05日 11:37撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボッカさん。
すごいの一言、
そして感謝。
1
ヒツジグサ
2017年08月05日 12:51撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒツジグサ
尾瀬ヶ原歩いたねぇ、
に乾杯。
2017年08月05日 18:13撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原歩いたねぇ、
に乾杯。
飲みながらUNO大会。
私ボロ負けしました。
2017年08月05日 18:20撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飲みながらUNO大会。
私ボロ負けしました。
尾瀬研究見本園
植物分布図
2017年08月06日 05:46撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬研究見本園
植物分布図
尾瀬研究見本園
2017年08月06日 05:45撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬研究見本園
オゼコウホネ
2017年08月06日 05:39撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オゼコウホネ
キンコウカ
2017年08月06日 05:27撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キンコウカ
登り専用の東面登山道
の入口を偵察。
早朝なので熊に会いそう
でちょっと不安。
2017年08月06日 05:31撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り専用の東面登山道
の入口を偵察。
早朝なので熊に会いそう
でちょっと不安。
ボッカさん
2017年08月06日 08:33撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボッカさん
山ノ鼻から鳩待峠までは
ゆるい登り、時々きつめ。
2017年08月06日 09:04撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ノ鼻から鳩待峠までは
ゆるい登り、時々きつめ。
1
冷たい沢水に手拭いを
浸しご機嫌の息子。
2017年08月06日 09:08撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷たい沢水に手拭いを
浸しご機嫌の息子。
1
撮影機材:

感想/記録

毎年恒例となった夏休みのファミリー登山、今年は至仏山に登りました。

当初仙丈ヶ岳にしようと思っていたけれど、カミさんの高山病リスクと
運動不足でさっぱり登れなくなった体を考慮して尾瀬に変更しました。

はるかな尾瀬とはよく言ったもの。木曜の夜出発してファミレスで
夕食とって東名、圏央道、関越と進み戸倉の尾瀬第一駐車場に着いた
のが金曜の午前3時過ぎ。
圏央道に乗った辺りからずっと雨、関越下りてからは濃霧。
先行きは文字通り不透明でした。

しかし結果的に期間中カッパを着ることは一度もなかった。
山の鼻での1泊目の晩にザッと降っただけだったのは幸運でした。

初日、戸倉から鳩待峠まで乗合タクシーで移動。到着時ガス。
でも鳩待山荘の前でおにぎりぱくついている間に晴れてきました。
晴れてくると気が急いてきます。登山道の入口に設置されているポストに
計画書を入れて出発。
4つのザックのうち、2つにテン泊装備や不要な食材、着替えなど詰め詰め
にして鳩待山荘に預け(200円/個)、大人がザックを背負い、子どもたちは
空身で登ります。
登山中は晴れたり曇ったりだったけれど満足のいく天気でした。
至仏山は蛇紋岩が滑るってのはあちこちで聞いていたけれど、ここまでよく
滑るとは。
足運びに気をつかうところがかなりありました。
子どもたちとカミさんは偽ピーク(小至仏山)で軽く心が折れたよう。
山頂で山ノ鼻から登って来た人と少し話しましたが、そちらのコースは
長雨の後で登山道が川のようになっているところがあったり、数年前と
比べて荒れていたそう。
小学低学年向きじゃないとのことだったので自分たちの選んだ鳩待峠からの
ピストン登山で正解でした。

至仏山ピストンを無事に終え鳩待峠まで帰ってきてもまだ続きがあります。
テン場のある山ノ鼻までのコースタイム1時間の木道歩き、ここはもちろん
全員ザックを担がねばなりません。
途中すれ違う人から熊が出た!!との情報を得ました。
もうそこからは全ての物音が熊が発する音に聞こえてしまいビビリまくり。
家族4人、生きた心地がしなかった。
山の鼻に着くとまず現われるのがビジターセンターで、その前からテント
サイトが広がっています。
ビジターセンターの真ん前にちょうどいいスペースがあったのでそこに設営。

テントを張ったら至仏山荘へ。尾瀬では風呂に入れます!1回500円也。
石鹸シャンプーの利用は禁止されていますが、1日の汗を流せるだけで
超快適。
夕食を簡単に済ませ、夜は至仏山荘前に不定期オープンするという
「BAR至仏」へ。種類こそ多くないものの生ビールに合うつまみがあるので
至仏山荘の売店で子供のジュースを買って持ち込んで(何かしらBAR至仏で
オーダーすれば持ち込みOKです)生ビールとジュースで無事至仏山登山を
終えたことを祝って乾杯しました。
当初、2泊目は見晴でと考えていたけど、BAR至仏を気に入ったことと、
至仏山登山で満足しちゃったこともあって、ここ山ノ鼻に2連泊することと
しました。

明けて8月5日(土)。のんびり尾瀬ヶ原散策の1日です。
ちょっと想定外だったのは実際に歩いてみると尾瀬ヶ原はとにかく
だだっ広い。
山ノ鼻→龍宮→見晴と木道をひたすら歩きます。快晴だったので至仏山も
燧ヶ岳もばっちり山頂まで見えていたのは嬉しかったけれど日陰が無いので
たいそう暑かった。
花も一番無い時期なのかな、雨予報で1週間延期したことでニッコウキスゲは
完全に終わっていた。
この時期の主役はキンコウカ、池塘にはヒツジグサ。
あと水芭蕉のお化け^_^
山小屋ひしめく見晴。ひのえまた小屋で昼食をとったら山ノ鼻まで戻ります。
変化が無さ過ぎてけっこう辛い・・
でも朝には咲いていなかった池塘のヒツジグサが咲いていて綺麗でした。
希少種の尾瀬河骨も見つけましたよ。
戻ったらもちろん風呂!からのBAR至仏!楽しい。

最終日は鳩待峠まで歩くだけなのであっさりしたものでした。
暑かったけど。鳩待峠休憩所の売店で土産を買っていると乗合タクシーの
人数がそろったとの連絡が入ったので駐車場へ移動し、待ち時間無しで
尾瀬第一駐車場へ向け出発できました。
移動がスムーズだと子連れ登山の場合飽きたり、ぐずったりがないので
ありがたいです。

このように家族全員怪我や体調不良(含、高山病)もなく今年も無事夏休み
ファミリー山行を終えることができました。
広い尾瀬、まだまだ見ていないところが残っています。今度は尾瀬沼を歩いて、
燧ヶ岳にも登りたい、アヤメ平も歩きたい、三条ノ滝にも行きたい。
季節を変えて水芭蕉も見たいし、黄葉の時期にも歩きたい
・・・ハードな山をガシガシ歩いている人でも尾瀬が好きって人は多いよう
だけれど、実際に行ってみてそれが良くわかりました。
素晴らしいところでした、尾瀬。
訪問者数:53人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ