ヤマレコ

記録ID: 1223295 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走道北・利尻

日帰百名山 '17-50 北海道遠征 別名を利尻富士、海に浮かぶ霊峰最北の利尻山(鴛泊港おしどまりこう〜)

日程 2017年08月13日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
船、 自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

北海道遠征第四日目、記念の今年50座目は、稚内からハートランドフェリーで、利尻島の鴛泊港から利尻山を目指します。
この時期の稚内7時15分始発、鴛泊8時55分着です。片道2,140円です。
明日も百名山を計画していたので、最終の17時35分に間に合うように、無料手荷物の輪行で、おしどまり港到着です。

 深田久弥の『日本百名山』に最初に登場するのが、日本最北端の利尻山だ。氏は利尻山を「島全体が一つの頂点に引きしぼられて天に向かっている。こんなみごとな海上の山は利尻岳だけである」と称賛している。別名利尻富士とも呼ばれ、昭和49年(1974)に利尻礼文(れぶん)サロベツ国立公園に指定された。
 アイヌ語でリイシリは「高い島山」を意味する。古くから高くそびえるその美しい姿は航海や漁場の目印とされた。人々はその山に航海の安全を祈り、豊漁を祈願した。山は海からも信仰されあがめられたのだ。ついに明治23年(1890)ごろ、修験者・天野磯次郎が鴛泊(おしどまり)から利尻山頂上まで登山道を開削したと伝えられている。
2017年08月13日 09:09撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海道遠征第四日目、記念の今年50座目は、稚内からハートランドフェリーで、利尻島の鴛泊港から利尻山を目指します。
この時期の稚内7時15分始発、鴛泊8時55分着です。片道2,140円です。
明日も百名山を計画していたので、最終の17時35分に間に合うように、無料手荷物の輪行で、おしどまり港到着です。

 深田久弥の『日本百名山』に最初に登場するのが、日本最北端の利尻山だ。氏は利尻山を「島全体が一つの頂点に引きしぼられて天に向かっている。こんなみごとな海上の山は利尻岳だけである」と称賛している。別名利尻富士とも呼ばれ、昭和49年(1974)に利尻礼文(れぶん)サロベツ国立公園に指定された。
 アイヌ語でリイシリは「高い島山」を意味する。古くから高くそびえるその美しい姿は航海や漁場の目印とされた。人々はその山に航海の安全を祈り、豊漁を祈願した。山は海からも信仰されあがめられたのだ。ついに明治23年(1890)ごろ、修験者・天野磯次郎が鴛泊(おしどまり)から利尻山頂上まで登山道を開削したと伝えられている。
路面は濡れていましたが、降雨はありませんでした。
離島の百名山ともあって、登山口までのロードも登りが続きます。
2017年08月13日 09:15撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
路面は濡れていましたが、降雨はありませんでした。
離島の百名山ともあって、登山口までのロードも登りが続きます。
これから晴れの予報でしたが、山頂はまだお休み中です。
2017年08月13日 09:33撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから晴れの予報でしたが、山頂はまだお休み中です。
約30分で利尻北麓野営場到着です。
自転車はこちらまでです。
2017年08月13日 09:36撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約30分で利尻北麓野営場到着です。
自転車はこちらまでです。
登山開始です。
外来種を削除するため、靴底をきれいにします。
2017年08月13日 14:59撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山開始です。
外来種を削除するため、靴底をきれいにします。
甘露泉水で水分補給です。
ほのかに甘い気がしました。
2017年08月13日 09:44撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甘露泉水で水分補給です。
ほのかに甘い気がしました。
ここからが本当の登山口です。
2017年08月13日 09:46撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからが本当の登山口です。
6合目です。
恥ずかしがり屋の山頂は、まだまだガスの中です。
2017年08月13日 10:40撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目です。
恥ずかしがり屋の山頂は、まだまだガスの中です。
五合目、ライチョウのみちしるべです。
2017年08月13日 10:27撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目、ライチョウのみちしるべです。
胸突きは八丁から、更に急登になります。
2017年08月13日 10:59撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胸突きは八丁から、更に急登になります。
八合目です。
2017年08月13日 11:33撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目です。
もしもの時に重宝します。
2017年08月13日 11:45撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もしもの時に重宝します。
手入れが行き届いた登山道で、大変ありがたいです。
2017年08月13日 12:07撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手入れが行き届いた登山道で、大変ありがたいです。
ここからが正念場です。
2017年08月13日 12:08撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからが正念場です。
ようやく利尻山直下です。
2017年08月13日 12:39撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく利尻山直下です。
利尻山(りしりやま)1719m登頂\(^o^)/
2017年08月13日 12:42撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
利尻山(りしりやま)1719m登頂\(^o^)/
悪天候で何も見えません。
2017年08月13日 12:42撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪天候で何も見えません。
現在は北峰で、お隣は南峰で二メートルほど高いです。
2017年08月13日 12:57撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
現在は北峰で、お隣は南峰で二メートルほど高いです。
至福のひと時、ランチタイムです。
霧雨から雨に変わりつつあります。
2017年08月13日 12:48撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至福のひと時、ランチタイムです。
霧雨から雨に変わりつつあります。
無事に下山完了しました。
予定より早めでしたので、海鮮丼を求めにやってきたのですが、残念です。
鴛泊港17時35分発、稚内19時15分着で道内に帰りました。
最後までご覧いただきありがとうございました。
2017年08月13日 15:21撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山完了しました。
予定より早めでしたので、海鮮丼を求めにやってきたのですが、残念です。
鴛泊港17時35分発、稚内19時15分着で道内に帰りました。
最後までご覧いただきありがとうございました。
撮影機材:

感想/記録

北海道遠征第四日目、記念の今年50座目は、稚内からハートランドフェリーで、利尻島の鴛泊港から利尻山を目指します。
この時期の稚内7時15分始発、鴛泊8時55分着です。片道2,140円です。
明日も百名山を計画していたので、最終の17時35分に間に合うように、無料手荷物の輪行で、おしどまり港到着です。

 深田久弥の『日本百名山』に最初に登場するのが、日本最北端の利尻山だ。氏は利尻山を「島全体が一つの頂点に引きしぼられて天に向かっている。こんなみごとな海上の山は利尻岳だけである」と称賛している。別名利尻富士とも呼ばれ、昭和49年(1974)に利尻礼文(れぶん)サロベツ国立公園に指定された。
 アイヌ語でリイシリは「高い島山」を意味する。古くから高くそびえるその美しい姿は航海や漁場の目印とされた。人々はその山に航海の安全を祈り、豊漁を祈願した。山は海からも信仰されあがめられたのだ。ついに明治23年(1890)ごろ、修験者・天野磯次郎が鴛泊(おしどまり)から利尻山頂上まで登山道を開削したと伝えられている。路面は濡れていましたが、降雨はありませんでした。
離島の百名山ともあって、登山口までのロードも登りが続きます。

これから晴れの予報でしたが、山頂はまだお休み中です。

約30分で利尻北麓野営場到着です。
自転車はこちらまでです。

登山開始です。
外来種を削除するため、靴底をきれいにします。

甘露泉水で水分補給です。
ほのかに甘い気がしました。

ここからが本当の登山口です。

6合目です。
恥ずかしがり屋の山頂は、まだまだガスの中です。

五合目、ライチョウのみちしるべです。

胸突きは八丁から、更に急登になります。

八合目です。

もしもの時に重宝します。

手入れが行き届いた登山道で、大変ありがたいです。

ここからが正念場です。

ようやく利尻山直下です。

利尻山(りしりやま)1719m登頂\(^o^)/

悪天候で何も見えません。

現在は北峰で、お隣は南峰で二メートルほど高いです。

至福のひと時、ランチタイムです。
霧雨から雨に変わりつつあります。

無事に下山完了しました。
予定より早めでしたので、海鮮丼を求めにやってきたのですが、残念です。
鴛泊港17時35分発、稚内19時15分着で道内に帰りました。
最後までご覧いただきありがとうございました。


前日の北海道遠征第三日目の斜里岳、羅臼岳山行
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1221984.html
週刊ヤマレコ5月1日版ランキング5位をいただいた常念岳山行
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1115169.html
ライチョウベストショット山行
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1163626.html


<a class="yamareco_widget" yr_id="1f02376d61f35ad561cf17a1035f20a2" href="https://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-97679-data.html">karasawa246の山行記録</a><script src="//www.yamareco.com/modules/yamareco/include/widget.js?v=3"></script>
訪問者数:29人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ