また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1223756 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

燕温泉から日帰り妙高山・火打山縦走

日程 2017年08月13日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り・霧雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間26分
休憩
1時間3分
合計
11時間29分
S燕温泉05:1605:24燕温泉黄金の湯05:2405:34妙高山登山道入口標識05:3405:50赤倉温泉源湯05:5006:13湯道分岐06:1306:57天狗堂06:5707:13光善寺池07:1307:34燕登山道九合目・鎖場07:4107:58妙高山08:0008:14日本岩08:1508:18妙高山08:2208:24日本岩08:2408:29妙高山(北峰)08:3009:07長助池分岐09:0709:38大倉乗越09:4109:58黒沢池ヒュッテ09:5810:24茶臼山10:2410:44高谷池ヒュッテ10:4410:58天狗の庭10:5811:24ライチョウ平11:2811:59火打山12:1712:39ライチョウ平12:4012:57天狗の庭12:5813:10高谷池ヒュッテ13:1913:40茶臼山13:4014:00黒沢池ヒュッテ14:0214:59大倉分岐14:5915:06黄金清水15:0816:18麻平分岐16:2416:33惣滝分岐16:3616:38河原の湯16:3816:45燕温泉16:4516:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体的に泥濘んでいて滑りやすい
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

滑ってここに突っ込んで滑落しそうになりました
2017年08月13日 13:39撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑ってここに突っ込んで滑落しそうになりました
1

感想/記録

家族で妙高の赤倉温泉に8/12〜14に二泊三日で旅行に来ました。
奥さんに許可を頂き8/13に奥さんと子供を残し、妙高山と火打山に登りました。

◾️妙高山
燕温泉から北地獄谷→燕登山道ルートで登りました。非常に泥濘んでいて滑りやすかったです。
最初は妙高山だけのつもりでしたが、3時間半ぐらいで登れたので、火打山へいける所まで行こうと決めました。

◾️火打山
妙高山から大倉乗越→黒沢池→天狗の庭のルートで行きました。
黒沢池から茶臼山付近で足を滑らせて滑落しそうになりましたが、藪が多かったので引っかかって助かりました。この時、レギンス破れてしまいましたが、命あって良かった…。
火打山の最後の木階段がしんどかったです。

◾️下山
火打山から燕さん温泉へ戻るのに、黒沢池ヒュッテまでは同じルートで戻りましたが、時間短縮のため、三ツ峰方面へ下山しましたが、これが大きな間違いでした。道が藪だらけで、途中道も崩落してる箇所もあり、しかも人1人通らなかったので、かなりテンパってしまいました。三ツ峰分岐でご夫婦が休憩しているのをみてホッとしました。
燕新道では同じ下山する人が多くて安心でしたが、大倉沢で増水のため、何回かルートをロストしました。

今回の登山は百名山2座を登った喜びよりも、無事に下山できたことの方が嬉したかったです。
あとで妙高市のホームページを見たら、黒沢池ヒュッテと三ツ峰分岐間は崩落で通行できない状態だったようで、自分の認識の甘さを痛感させられました。
今回の山行は山にお灸を据えられた感じでした…。
訪問者数:878人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

乗越 崩落 滑落 テン 山行 ヒュッテ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ