ヤマレコ

記録ID: 1223922 全員に公開 ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

米子から根子岳、四阿山、浦倉山周回(登山道流失につき注意)

日程 2017年08月13日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
パルコール嬬恋スキー場付近の登山道の国土地理院地図の表記は実際と異なる(gps記録を参照)。実際、浦倉山頂上で標識をきちんと確認せずに直進したら野地平側に下ってしまった。標高100mほど下ったところで東に進んでいるこに気づき、分岐に戻って北に進路をとる(頂上にある標識は直角におれまがるように表記されていたが、地図上は北に直進である)。26分のロス。
浦倉山から根子岳分岐に下山するまで2時間以上かかったがこれは下記の通り消失した登山道を50分近く探索したため。対岸の笹薮をしばらく彷徨ったあげくザックにくくっていたモンベルの最高級Gore-Texパンツを紛失してしまった。彷徨ったことよりもそっちがショックであった。
コース状況/
危険箇所等
米子鉱山跡から根子岳方面にしばらく登り1640m付近あたりで蜂の巣を踏んだらしく地面から多数の蜂が飛び出してきてタイツの上から膝を二箇所刺された。直ちにその場を離れて毒の吸引処置を行ったのであまり腫れずに済んだ。ステロイド軟膏は車に置いたままだった。
浦倉山から米子への下山道で標高1730m付近(gpsの記録で停滞しているところ)にある渡渉箇所は米子側の登山道が完全に消失し目視確認できない。対岸の笹薮をしばらく探索したが登山道がみつからず、しばらく下流に沢を降ったところで登山道を発見。浦倉側もかなり崩壊しており沢に降りる時に危険。
米子側の登山道の全体ほとんど歩かれていないようで藪の様相。蜂に刺された後はレインパンツを着用したが、子根子岳からは藪漕ぎがなくなったのでレインパンツを脱いで背中に括ってしまった(そしてその後笹薮を彷徨って失くしてしまう)。四阿山からパルコール嬬恋スキー場までは登山者が多く登山道は終始泥濘に悩まされた。

装備

個人装備 長袖シャツ cwx 半ズボン 靴下 シューズ 20Lザック レインジャケット レインパンツ 日本手拭い 行動食 platypusに水2L アミノバイタル 地形図 コンパス ヘッドライト SIMなしスマホ ガラケー 現金 保険証 ファーストエイドキット テーピング 日焼け止め protreck fitbit サングラス 保温シート
備考 ステロイド軟膏、ゲーターを持つべきだった

写真

板状節理
2017年08月13日 08:53撮影 by Canon DIGITAL IXUS 100 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
板状節理
根子岳と四阿山の鞍部
2017年08月13日 08:55撮影 by Canon DIGITAL IXUS 100 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根子岳と四阿山の鞍部
1
登山道崩壊場所。浦倉山側から沢に降りて撮影。写真左端は米子側だが登山道が崩壊しており取り付き場所が見当たらない。このあと笹薮を30分以上彷徨った末、下流側にに登山道を発見。沢を少し降ればすぐ発見できたのだが、沢を降りるのは流石に気が引けたのですぐに見つけられなかった。
2017年08月13日 13:07撮影 by Canon DIGITAL IXUS 100 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道崩壊場所。浦倉山側から沢に降りて撮影。写真左端は米子側だが登山道が崩壊しており取り付き場所が見当たらない。このあと笹薮を30分以上彷徨った末、下流側にに登山道を発見。沢を少し降ればすぐ発見できたのだが、沢を降りるのは流石に気が引けたのですぐに見つけられなかった。
2

感想/記録

藪漕ぎ、蜂に刺され、泥濘に悩まされ、登山道消失で笹薮を彷徨い、モンベルの高級レインパンツを失くすという、私の登山歴で最悪の1日であった。小根子岳、根子岳の花たちが救いではあった。花の百名山。
訪問者数:151人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鞍部 渡渉 藪漕ぎ 節理 コール
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ