また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1225780 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

鳳凰三山 夜叉神峠から広河原へ

日程 2017年08月13日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
夜叉神峠入口駐車場利用
広河原から夜叉神峠入口までの戻りは乗り合いタクシー利用(¥1100+協力金¥100)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間54分
休憩
48分
合計
11時間42分
S夜叉神峠登山口04:0504:57夜叉神峠04:5805:00夜叉神峠小屋05:0206:14杖立峠06:1806:59火事場跡07:36苺平07:3708:07南御室小屋08:1209:17砂払岳09:22薬師岳小屋10:06鳳凰山10:1310:29鳳凰小屋分岐11:07アカヌケ沢の頭11:2612:24高嶺12:2713:20白鳳峠15:17白鳳峠入口15:2315:45広河原・吊り橋分岐15:47広河原インフォメーションセンターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
広河原付近のGPS位置情報には誤差があります。前回北岳に行った際もこの付近で軌跡が乱れましたので、GPS電波を受信しにくい場所なのかも知れません。
コース状況/
危険箇所等
夜叉神峠入口から鳳凰峠まではよく整備されている。白鳳峠からの下りは樹林帯の中で梯子が壊れていたり、荒れている部分あり
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 着替え ザック ザックカバー 行動食、飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ

写真

夜明け前にヘッデンを点けて出発。樹林帯の中は凄い湿気。真夏なのに吐いた息がヘッデンの光に白く映ります。
2017年08月13日 04:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前にヘッデンを点けて出発。樹林帯の中は凄い湿気。真夏なのに吐いた息がヘッデンの光に白く映ります。
夜叉神峠の手前で明るくなりました。
2017年08月13日 05:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜叉神峠の手前で明るくなりました。
本当はここから展望があるはず。今日は残念ながら真っ白です。
2017年08月13日 05:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当はここから展望があるはず。今日は残念ながら真っ白です。
霧に包まれた幻想的な路をひたすら登ります。
2017年08月13日 05:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧に包まれた幻想的な路をひたすら登ります。
杖立峠到着。このパイプでできたケルンがこの先何度も登場します。
2017年08月13日 06:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杖立峠到着。このパイプでできたケルンがこの先何度も登場します。
お!晴れてきた。
2017年08月13日 06:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お!晴れてきた。
苺平到着。展望はありません。
2017年08月13日 07:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苺平到着。展望はありません。
南御室小屋で休憩。小屋の脇に水場があり、給水。ものすごく冷えた南アルプスの天然水がいただけます。
2017年08月13日 08:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南御室小屋で休憩。小屋の脇に水場があり、給水。ものすごく冷えた南アルプスの天然水がいただけます。
1
テント場の様子。
2017年08月13日 08:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場の様子。
苔がキレイ。
2017年08月13日 08:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔がキレイ。
長い樹林帯を抜けてようやく稜線に出ました。でも真っ白。残念!
2017年08月13日 09:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い樹林帯を抜けてようやく稜線に出ました。でも真っ白。残念!
薬師岳が見えてきた。
2017年08月13日 09:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳が見えてきた。
薬師岳小屋は絶賛改装中。8月26日より営業再開だそうです。
2017年08月13日 09:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳小屋は絶賛改装中。8月26日より営業再開だそうです。
1
さすが新築。キレイですね。
2017年08月13日 09:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが新築。キレイですね。
1
砂の斜面を登ります。また少し青空が見えて期待させてくれます。
2017年08月13日 09:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂の斜面を登ります。また少し青空が見えて期待させてくれます。
鳳凰三山らしい風景ですね。
2017年08月13日 09:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山らしい風景ですね。
2
薬師岳到着。やはり真っ白。
2017年08月13日 09:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳到着。やはり真っ白。
なかなか展望が得られないので、花を見て楽しむことにします。
2017年08月13日 09:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか展望が得られないので、花を見て楽しむことにします。
3
さて、次の観音岳を目指します。ここは本当なら白峰三山の稜線が広がる絶景ポイントらしいのですが、自分の居る稜線しか見えません。
2017年08月13日 09:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、次の観音岳を目指します。ここは本当なら白峰三山の稜線が広がる絶景ポイントらしいのですが、自分の居る稜線しか見えません。
2
時々、ガスが晴れて青空が見えるのですが、、、
2017年08月13日 09:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々、ガスが晴れて青空が見えるのですが、、、
観音岳到着
2017年08月13日 10:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音岳到着
むむ!やはり真っ白。心の眼で北岳、甲斐駒を見ることにします。
2017年08月13日 10:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
むむ!やはり真っ白。心の眼で北岳、甲斐駒を見ることにします。
ダイナミックな山肌ですね。
2017年08月13日 10:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイナミックな山肌ですね。
1
ハイマツが鳳凰のようです。誰かが作ったのか自然の造形なのか?
2017年08月13日 10:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツが鳳凰のようです。誰かが作ったのか自然の造形なのか?
地蔵ヶ岳の下まで来ました。残念ながら本日のメイン、オベリスクは全く見えません。
2017年08月13日 11:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵ヶ岳の下まで来ました。残念ながら本日のメイン、オベリスクは全く見えません。
お地蔵様大集合。
2017年08月13日 11:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵様大集合。
歩いてきた稜線を振り返ります。
2017年08月13日 11:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線を振り返ります。
アカヌケ沢の頭から先は岩稜が多く出現します。高嶺越えが意外と疲れる。
2017年08月13日 11:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヌケ沢の頭から先は岩稜が多く出現します。高嶺越えが意外と疲れる。
花を見て休憩。
2017年08月13日 11:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花を見て休憩。
白鳳峠到着。ここからは下るだけ、、、と思ったら甘かった。
2017年08月13日 13:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白鳳峠到着。ここからは下るだけ、、、と思ったら甘かった。
ゴロゴロ岩を急降下
2017年08月13日 13:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴロゴロ岩を急降下
いかにも毒キノコ
2017年08月13日 13:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いかにも毒キノコ
急傾斜をひたすら下ります。行動時間は10時間を超え、だいぶ疲労が蓄積されてきました。
2017年08月13日 14:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急傾斜をひたすら下ります。行動時間は10時間を超え、だいぶ疲労が蓄積されてきました。
ようやく登山道終了。ゴールは間近。お疲れ様でした。
2017年08月13日 15:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく登山道終了。ゴールは間近。お疲れ様でした。

感想/記録

今年の夏は天候が安定せず、なかなか山に出かけるチャンスがありません。折角のお盆休みですし、少なくとも雨が降らない予報でしたので、1ヶ月ぶりの山行でした。
出発は4時。夜叉神峠登山口の駐車場はガスがかかっていましたが、月明かりが透けて見える状況で、夜明け前ですが薄明るい状況。登山道に入ると霧が濃くなり、ヘッデンの光が白く光線となって前を照らします。さながら探検隊です。最初の展望ポイントである夜叉神峠に着きましたが、視界は真っ白。残念感が高まります。観音岳あたりは標高が高いから、もしかしたら雲の上に出られるか?という淡い期待で進みました。
途中、南御室小屋で朝食タイム。水場ではとても冷たい天然水を汲むことができ、アルミボトルに入れてきた水道水と入れ替え。瞬く間にボトルが結露するほどの冷水でした。その後、稜線に出て三山を渡っていきましたが、稜線上の山々はなんとか見えたのですが、期待していた北岳や甲斐駒、地蔵岳オベリスクの展望は得られませんでした。リベンジ必須です。稜線に出る直前ですれ違った方からは、早朝はまだ稜線に雲が上がってきておらず、素晴らしい展望だったとので南アルプスの山々を始め、北アルプスも見えたとのこと。やはり、展望を得るには早朝に山頂に立つことは必須ですね。まもなく薬師岳小屋が営業を再開するとのことですので、次回は泊まりで来たいと思います。
アカヌケ沢の頭から高嶺方面は、多くの人が鳳凰小屋の方に向かうのでしょう、人が少なくなります。途中手を使うような岩場の上り下りあり、また白鳳峠からの下りは、不安定の石の急斜面、苔で滑りやすい樹林帯の急斜面が続き、疲れた身体に追い打ちを掛けてきます。途中、鎖場、梯子もあり、アドベンチャー度が高いです。もちろん楽しかったですが。
ということで、体力的には満足できましたが、展望は消化不良に終わりましたのでまた訪れたいと思います。
訪問者数:591人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ