また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1225866 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

涸沢カールと北穂高岳(第1日、上高地→涸沢)

日程 2017年08月11日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
沢渡から乗り合いタクシー 1人1,000円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間51分
休憩
1時間41分
合計
10時間32分
S上高地バスターミナル05:2505:29無料トイレ05:3005:39小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)05:4006:19明神館06:25徳本口(徳本峠分岐)07:42徳沢公衆トイレ07:5707:57徳澤園07:5808:13新村橋(パノラマ分岐)08:1410:02横尾 (横尾山荘)10:2910:55横尾岩小屋跡12:21本谷橋13:0015:00Sガレ15:1615:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山の日とお盆休みで、かなりの混雑を予想していたのですが、横尾までは順調に進むことが出来ました。
コース状況/
危険箇所等
問題なし
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
共同装備 調理器具
備考 もう少し荷物を軽くしたかったです。

写真

山の日、朝5:25 涸沢へ向けて上高地を出発です。
2017年08月11日 05:04撮影 by NIKON D500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の日、朝5:25 涸沢へ向けて上高地を出発です。
河童橋。まだ早朝なので人もそんなに多くありません。
2017年08月11日 05:29撮影 by NIKON D500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋。まだ早朝なので人もそんなに多くありません。
明神館通過、20kg近いザックを背負ってますが、まだ大丈夫。
2017年08月11日 06:17撮影 by NIKON D500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神館通過、20kg近いザックを背負ってますが、まだ大丈夫。
昔の上高地へのルートだった徳本峠との分岐点
2017年08月11日 06:23撮影 by NIKON D500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔の上高地へのルートだった徳本峠との分岐点
徳沢園通過。少〜しずつペースダウン。ソフトクリーム食べたいけど、帰りのお楽しみに取っておきます。
2017年08月11日 07:57撮影 by NIKON D500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢園通過。少〜しずつペースダウン。ソフトクリーム食べたいけど、帰りのお楽しみに取っておきます。
涸沢へ通じているパノラマコースへ向かう新村橋。パノラマコースは閉鎖中でした。もっとも、通行可能でも私たちのレベルではムリムリ(^^;
2017年08月11日 08:13撮影 by NIKON D500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢へ通じているパノラマコースへ向かう新村橋。パノラマコースは閉鎖中でした。もっとも、通行可能でも私たちのレベルではムリムリ(^^;
槍ヶ岳方面との分岐点、横尾に到着、時間的に登りの人と、降りてくる人が交差し、混雑しています。
2017年08月11日 10:07撮影 by NIKON D500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳方面との分岐点、横尾に到着、時間的に登りの人と、降りてくる人が交差し、混雑しています。
さぁ、横尾大橋から先は本格的な登山道。頑張らなければ。。
2017年08月11日 10:30撮影 by NIKON D500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、横尾大橋から先は本格的な登山道。頑張らなければ。。
屏風岩がハッキリと見えてきました。
2017年08月11日 11:02撮影 by NIKON D500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩がハッキリと見えてきました。
横尾岩小屋跡通過。そろそろバテ気味に。。
2017年08月11日 11:08撮影 by NIKON D500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾岩小屋跡通過。そろそろバテ気味に。。
本谷橋。ここも沢山の方々が休憩していました。重いザックでふらふらしながら到着。
2017年08月11日 12:21撮影 by NIKON D500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷橋。ここも沢山の方々が休憩していました。重いザックでふらふらしながら到着。
ゼェゼェしながらも先へ進みます。
2016年08月10日 13:51撮影 by NIKON D3100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゼェゼェしながらも先へ進みます。
雪がありました。涸沢近い!
2016年08月10日 15:56撮影 by NIKON D3100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がありました。涸沢近い!
ヒュッテと、小屋の分岐点。最初にヒュッテへ行くことにしました。
2016年08月10日 16:28撮影 by NIKON D3100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテと、小屋の分岐点。最初にヒュッテへ行くことにしました。
分岐点から歩いてきた方法を振り返る。
2016年08月10日 16:31撮影 by NIKON D3100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点から歩いてきた方法を振り返る。
ヒュッテも小屋も満員電車並みの予想だったので、テント泊にしたのですが、ヨロヨロで時間かかって到着したので、テント張る場所が・・・・
2017年08月12日 09:17撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテも小屋も満員電車並みの予想だったので、テント泊にしたのですが、ヨロヨロで時間かかって到着したので、テント張る場所が・・・・
そそくさと受付を済ませます。二人で2泊と銀マットがまだ空いてたのでゲット出来ました。
2017年08月12日 09:17撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そそくさと受付を済ませます。二人で2泊と銀マットがまだ空いてたのでゲット出来ました。
テント受付のすぐそばに奥穂高岳への入り口が。いつかは登ってみたい。。
2017年08月12日 09:16撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント受付のすぐそばに奥穂高岳への入り口が。いつかは登ってみたい。。
かなり下の方まで降りて、やっと張れる場所を確保できました。今年は雪解けが遅く、ヒュッテと小屋を結ぶ歩道より上は雪があってテント張れない。。でも数張りだけ頑張ってる人いました。
2016年08月11日 07:05撮影 by NIKON D3100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり下の方まで降りて、やっと張れる場所を確保できました。今年は雪解けが遅く、ヒュッテと小屋を結ぶ歩道より上は雪があってテント張れない。。でも数張りだけ頑張ってる人いました。
2
夕飯食べたらもう夜。沢山のテントにライトが灯って綺麗でした。
2016年08月11日 19:37撮影 by NIKON D3100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕飯食べたらもう夜。沢山のテントにライトが灯って綺麗でした。
1

感想/記録

GWの反省から、余計な物は持って行かないようにしたはずが、ザックの重量は20kg近くになり、徳沢園くらいからペースが落ち始め、横尾を過ぎてからの急登に入ると急激に体力を消耗し、さらに速度がガタ落ちしてしまいました。休憩を多く取ったので思うように進まず、かなり時間かかって涸沢到着しました。もっと、体力つけないとねぇ。。。>自分。
訪問者数:127人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ