ヤマレコ

記録ID: 1225898 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

角兵衛沢から鋸岳ピストン

日程 2017年08月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候雲のち雨
アクセス
利用交通機関
バス
甲府駅⇒広河原⇒北沢峠は季節運行の登山バスを利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間25分
休憩
50分
合計
13時間15分
S長衛小屋04:0004:15大平山荘04:2005:25丹渓小屋跡05:3006:00角兵衛沢分岐06:0506:40角兵衛沢一合目06:4510:35角兵衛沢のコル10:4010:55第一高点11:0511:20角兵衛沢のコル14:05角兵衛沢一合目14:1014:35角兵衛沢分岐14:4015:20丹渓小屋跡16:55大平山荘17:0017:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
角兵衛沢のガレ場の登りはとにかくきついです

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック ザックカバー 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 時計 カメラ ヘルメット

写真

川沿いに少し進むと右側に登山道入口がある
2017年08月12日 05:28撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川沿いに少し進むと右側に登山道入口がある
鋸岳を望む
2017年08月12日 05:50撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳を望む
熊穴沢から角兵衛沢へ途中河原に出るがリボンや目印を見逃さないように
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊穴沢から角兵衛沢へ途中河原に出るがリボンや目印を見逃さないように
角兵衛沢の分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角兵衛沢の分岐
入口の巨大ケルン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口の巨大ケルン
角兵衛沢一合目
2017年08月12日 06:37撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角兵衛沢一合目
ガレ場の開始地点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場の開始地点
角兵衛沢のコルにて
2017年08月12日 10:40撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角兵衛沢のコルにて
第一高点への登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一高点への登り
もう少し
2017年08月12日 10:53撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し
山頂
2017年08月12日 11:06撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂
第二高点方面を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二高点方面を望む
撮影機材:

感想/記録

北沢峠から角兵衛沢経由での日帰り登山を試みましたが、アプローチが長い上に角兵衛沢のガレ場がひどいため、ものすごく体力を消耗します。
角兵衛沢はガレ場に出るまではリボンを目印にできますが、ガレ場に出てからは殆どアテにできません。たまに左右の樹林帯の中にテープがあり、その場合は樹林帯を登った方がはかどりますが長くは続かないので、大半は不安定なガラ場を崩さないように登っていくことになります。これがとにかくきつい。

私は沢の左側に沿って登って行ったのですが、半分ほど進むと完全に樹林帯がなくなってしまうため、途中で右側に移動するのがよいようです。ただ、沢の右側に沿って進むと、最終的に角兵衛沢のコルを外して右に行き過ぎてしまうので、要注意です。
コルから第一高点までは普通の登りです。

角兵衛沢の下りは更に慎重に行動する必要があります。私はずっとコルを背に沢の右側を強引に下って行ったのですが、浮石だらけなので、かなり気が張りました。途中で雨が降り出したので更に滑りやすく・・・。

丹渓小屋まで戻ると、北沢峠への2時間の登りが待っています。10時間以上歩いた後のコレは本当にしんどいです。
訪問者数:277人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ