また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1228479 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白山

白山(エコーライン〜御前峰・大汝峰・お花松原)〜太陽とお花畑の夏山お気軽山行〜

日程 2017年08月17日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■この日はマイカー規制無し。別当出合までマイカーで上がった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間0分
休憩
1時間51分
合計
9時間51分
Sスタート地点03:0203:09別当出合03:1103:39中飯場03:4204:09別当覗04:32甚之助避難小屋04:4104:55南竜分岐05:05南竜道・エコーライン分岐05:46弥陀ヶ原・エコーライン分岐05:58白山室堂06:1806:47白山06:5307:09翠ヶ池07:1207:18お池めぐり分岐07:22大汝峰南・中宮道分岐07:35大汝峰北の巻道分岐07:4307:55大汝小屋07:5808:00大汝峰08:0708:13大汝峰南・中宮道分岐10:05大汝峰南・中宮道分岐10:0710:10お池めぐり分岐10:37白山室堂11:1311:20弥陀ヶ原・エコーライン分岐11:24黒ボコ岩11:2611:41南竜分岐11:4211:50甚之助避難小屋11:5212:05別当覗12:0612:20中飯場12:2512:45別当出合12:4612:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■今回ルートは全体的に危険個所無し。
■強いて言えば、砂防新道序盤の下り専用道が閉鎖されており、下りも登り専用道を使った。登り専用道は小さなステップの急な石階段が長く続く。死んでも転べない。
その他周辺情報■白峰温泉総湯。大人の場合、白山市民400円。それ以外は650円。モンベルカード提示で100円割引。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

真夜中の別当出合スタート。いつものモニュメントに開山1300年の幕がかけられてた。
2017年08月17日 03:26撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真夜中の別当出合スタート。いつものモニュメントに開山1300年の幕がかけられてた。
甚之助避難小屋あたりで稜線が白みだした。
2017年08月17日 05:09撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助避難小屋あたりで稜線が白みだした。
朝の南竜を眺めたくてエコーラインから登ることにした。まだ夜明け前。
2017年08月17日 05:19撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の南竜を眺めたくてエコーラインから登ることにした。まだ夜明け前。
1
別山もお目覚め前。空にパックマンのモンスターみたいな形の雲(^^)
2017年08月17日 05:15撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山もお目覚め前。空にパックマンのモンスターみたいな形の雲(^^)
2
エコーラインに入る。
2017年08月17日 05:19撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エコーラインに入る。
来たー!
2017年08月17日 05:31撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来たー!
4
おはよう、別山。
2017年08月17日 05:34撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはよう、別山。
アップで。
2017年08月17日 05:33撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。
トンビ岩のシルエットもくっきり。
2017年08月17日 05:37撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンビ岩のシルエットもくっきり。
2
御前峰の南側はまだ日陰。
2017年08月17日 05:42撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前峰の南側はまだ日陰。
エコーラインのチングルマは店じまい。
2017年08月17日 05:46撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エコーラインのチングルマは店じまい。
5
五葉坂から別山と弥陀ヶ原を振り返る。好きな景色のひとつ。
2017年08月17日 06:08撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五葉坂から別山と弥陀ヶ原を振り返る。好きな景色のひとつ。
2
雲ひとつない室堂。ベンチで休憩して、まずは御前峰へ。
2017年08月17日 06:17撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ひとつない室堂。ベンチで休憩して、まずは御前峰へ。
2
新しくなった社殿。巫女さんが入り口の掃き掃除をしていた。
2017年08月17日 06:33撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しくなった社殿。巫女さんが入り口の掃き掃除をしていた。
御前峰の白山奥宮。この先の無事を祈願。
2017年08月17日 07:02撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前峰の白山奥宮。この先の無事を祈願。
定番。山頂からの室堂、弥陀ヶ原、別山。
2017年08月17日 07:03撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番。山頂からの室堂、弥陀ヶ原、別山。
4
雲海に浮かぶ御嶽山。
2017年08月17日 07:04撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ御嶽山。
7
槍、穂高。
2017年08月17日 07:05撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍、穂高。
6
剣、立山。北アルプスの高峰一望。
2017年08月17日 07:05撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣、立山。北アルプスの高峰一望。
5
こちらも定番。山頂からの大汝峰と剣ヶ峰。
2017年08月17日 07:07撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも定番。山頂からの大汝峰と剣ヶ峰。
4
翠ケ池。太陽を映して、めっちゃいい色してた。
2017年08月17日 07:23撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翠ケ池。太陽を映して、めっちゃいい色してた。
7
翠ケ池から少し進むとチングルマのお花畑。
2017年08月17日 07:26撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翠ケ池から少し進むとチングルマのお花畑。
4
イワカガミとアオノツガザクラも花盛り。
2017年08月17日 07:27撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミとアオノツガザクラも花盛り。
4
血の池。逆さ御宝庫。
2017年08月17日 07:31撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
血の池。逆さ御宝庫。
4
次は大汝。
2017年08月17日 07:33撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は大汝。
大汝の西側を巻いていく。ここもイワカガミとアオノツガザクラのカーペット。
2017年08月17日 07:38撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝の西側を巻いていく。ここもイワカガミとアオノツガザクラのカーペット。
2
七倉山への分岐、北部白山への入り口とも言える場所。いつ見てもいい眺め。
2017年08月17日 07:50撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七倉山への分岐、北部白山への入り口とも言える場所。いつ見てもいい眺め。
1
四塚山・七倉山、アップで。四塚山の塚と七倉ノ辻の標柱も見える。
2017年08月17日 07:53撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四塚山・七倉山、アップで。四塚山の塚と七倉ノ辻の標柱も見える。
3
さらにアップで。
2017年08月17日 07:53撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにアップで。
1
釈迦新道の尾根。また歩かねば。
2017年08月17日 07:53撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦新道の尾根。また歩かねば。
2
大汝への登頂中にしつこく振り返る。雄大。
2017年08月17日 08:06撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝への登頂中にしつこく振り返る。雄大。
大汝峰、登頂!
2017年08月17日 08:12撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝峰、登頂!
1
木場潟と小松ドームも見えましたよ、koueiさん(^o^)
2017年08月17日 08:11撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木場潟と小松ドームも見えましたよ、koueiさん(^o^)
大汝神社にもお参り。
2017年08月17日 08:12撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝神社にもお参り。
大汝から剣ヶ峰と御前峰。これも好きな景色。
2017年08月17日 08:13撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝から剣ヶ峰と御前峰。これも好きな景色。
6
お花松原に向かう。中宮道に入ると、突然マイナームードに。
2017年08月17日 08:33撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花松原に向かう。中宮道に入ると、突然マイナームードに。
3
ヒルバオ雪渓の下端部から見上げる。
2017年08月17日 08:48撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒルバオ雪渓の下端部から見上げる。
4
そこはハクサンコザクラの楽園。
2017年08月17日 08:52撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこはハクサンコザクラの楽園。
7
そしてお花松原。クロユリ満開!
2017年08月17日 09:02撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてお花松原。クロユリ満開!
9
うじゃうじゃ。立っててもきつい匂いが(笑)
2017年08月17日 09:02撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うじゃうじゃ。立っててもきつい匂いが(笑)
7
ハクサンコザクラも太陽に向かって背伸び。
2017年08月17日 09:03撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンコザクラも太陽に向かって背伸び。
5
チングルマ。
2017年08月17日 09:04撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマ。
3
ミヤマキンバイ。
2017年08月17日 09:05撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ。
5
アップ。
2017年08月17日 09:05撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップ。
3
写真ではわかりにくいですが、一面の花畑。
2017年08月17日 09:07撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真ではわかりにくいですが、一面の花畑。
3
ミヤマキンポウゲ。
2017年08月17日 09:08撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ。
ヨツバシオガマみたいですが花が白い?
2017年08月17日 09:09撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマみたいですが花が白い?
2
ハクサンフウロ。
2017年08月17日 09:10撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ。
2
こいつもたくさん咲いてた。
2017年08月17日 09:11撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こいつもたくさん咲いてた。
2
なかなか・・・
2017年08月17日 09:16撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか・・・
3
歩が進まない〜。
2017年08月17日 09:17撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩が進まない〜。
3
アサギマダラもちらほら。
2017年08月17日 09:20撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサギマダラもちらほら。
5
よく似た写真ばかり(笑)
2017年08月17日 09:22撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく似た写真ばかり(笑)
2
クルマユリ。
2017年08月17日 09:28撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマユリ。
2
雪渓に戻ってきた。
2017年08月17日 09:30撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓に戻ってきた。
景色を見がてら休憩。冷え冷えの梨。
2017年08月17日 09:34撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色を見がてら休憩。冷え冷えの梨。
1
気持ちいい〜!
2017年08月17日 09:46撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちいい〜!
ナナカマド。葉っぱはきれいだった。今年の紅葉は期待できるか?
2017年08月17日 09:49撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマド。葉っぱはきれいだった。今年の紅葉は期待できるか?
ミヤマリンドウ。七倉山への分岐のところと中宮道の入り口にたくさんあるので、個人的に大汝と言えばこの花。
2017年08月17日 10:20撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマリンドウ。七倉山への分岐のところと中宮道の入り口にたくさんあるので、個人的に大汝と言えばこの花。
2
北側から見る御前峰はいかつい。
2017年08月17日 10:21撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側から見る御前峰はいかつい。
千蛇ケ池と御宝庫。
2017年08月17日 10:26撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千蛇ケ池と御宝庫。
五色池。大汝峰をバックに。
2017年08月17日 10:27撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色池。大汝峰をバックに。
1
室堂へ戻る一番西側の道。ここもいい雰囲気で好き。人も少ないし(^^;)
2017年08月17日 10:29撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂へ戻る一番西側の道。ここもいい雰囲気で好き。人も少ないし(^^;)
1
室堂に戻ってきた。
2017年08月17日 10:45撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂に戻ってきた。
ふと思い立って、初めてビジターセンターでランチを食べてみた。ラーメン800円なり。汗かいた体にうまい!
2017年08月17日 11:18撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと思い立って、初めてビジターセンターでランチを食べてみた。ラーメン800円なり。汗かいた体にうまい!
2
いつの間にかガスガス。雨予報と雷注意報が出てたので、さっさと砂防で下ることに。
2017年08月17日 11:27撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にかガスガス。雨予報と雷注意報が出てたので、さっさと砂防で下ることに。
十二曲りも花盛り。
2017年08月17日 11:41撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二曲りも花盛り。
延命水も飲んでおこう。冷たくておいしい。
2017年08月17日 11:42撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延命水も飲んでおこう。冷たくておいしい。
1
砂防のシンボルツリー。
2017年08月17日 12:25撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防のシンボルツリー。
1
到着!お疲れ!
2017年08月17日 12:57撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着!お疲れ!
別当出合に来たら、この水場は外せない。顔と腕と頭を洗って、喉も潤した。つっめった〜い♪
2017年08月17日 13:00撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別当出合に来たら、この水場は外せない。顔と腕と頭を洗って、喉も潤した。つっめった〜い♪
3

感想/記録

毎年恒例の1週間の休暇。
娘をテン泊に連れていこうと、この時期にしたが、天候不順。
なんとか晴れそうなのはこの日だけ。
前日に親戚一同で氷見の民宿に行って、ゆうちゃんはお疲れだったので、サクッとソロで出発。

北部白山も考えたが、今夏は蓋を開けてみるまで天気がわからない。
またガスガスだったら嫌なので、花盛りであろうお花松原を目指すお気楽登山としたf(^^;

お盆も終わった平日とは言え、今年の白山は人が多そうなので、深夜出発。
雲を気にしながらマイカー規制なく別当まで乗り入れると満天の星空!
半袖が肌寒く感じたので長袖を一枚羽織って出発。
ナイトハイクは怖くて正直苦手だが、穏やかな風と明るい三日月でリラックスして歩けた。
甚之助を過ぎたあたりからブルーアワーとなった。
砂防だとご来光を拝めないと思い、朝の南竜も眺めたかったのでエコーラインへ。
眩しい光を浴びながら室堂に向かう。
室堂のベンチで休憩してたが朝の気温だし、汗も引いて寒くなりカッパを羽織って御前峰へ。
山頂でまたカッパを脱いで、先へ進む。
いつ曇ってくるかわからなかったので、先に大汝峰へ。
まだ日陰の西側の巻き道。下草の朝露でズボンの裾を湿らせながら七倉山への分岐に。
四塚山や七倉山、釈迦新道の大好きな眺めを堪能し快晴の大汝峰に登頂し、中宮道に降りていく。
ヒルバオ雪渓の下端までくるとハクサンコザクラの花畑となりお花松原の期待が高まった。

そしてお花松原。
ジャストタイミングの花盛り。最高。来て良かった。
見た目は良いが、黒ユリの強烈な匂いが辺りに立ち込めていて苦笑い。
雪渓までもどり景色を堪能しがてら梨を剥いて休憩。冷凍ペットボトルと一緒にしてきたので冷たくておいしかった。
中宮道を引き返す今日の最後の登りで息を切らしたら、あとは室堂への散歩道。

室堂センターでラーメンを食べてみたが、チャーシュー、ワカメ、ネギ(フリーズドライ)のシンプルな醤油味。
汗をかいた体に染みた(笑)
麺は西穂ラーメンよりおいしかったかも。
そうこうしてるうちに、外はあっという間にガスで真っ白。大汝を先に登っといてよかった。
センター内のテレビやホワイトボードで、雷注意報やこの後の雨予報が確認できたので、消化試合と決めて砂防で降りることにした。
流石に砂防は人が多いがストレスを感じるほどではなく快調に下れた。
暑くなり甚之助で長袖を脱いで水を飲み、もう一汗かいてゴール。
別当出合の冷たい湧き水で顔・頭・腕を洗ってさっぱり!
結局雨に降られることもなく、終わって見れば結構歩けた。室堂センターと帰りの砂防以外は数えるほどしか人に会わない静かな山歩き。
充実の山行となった。

この後の休み期間は天気も悪そうだし、ゆうちゃんとのテン泊はまた今度。
普通に家族サービスすることにします(^^;
訪問者数:564人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/4/26
投稿数: 3
2017/8/18 7:18
 夜間登山
私も3時からスタートしました。涼しくて登り易かったのでこれからはまりそう。やすひろドクターみたいに0時から登るのはどうかと思っていたのですが、整備された砂防新道で歩きなれた登山道なら大丈夫かなと思い登りました。13時から用事があったので逆算して0時起床3時スタートになりました。最短の3時間でした。やすひろさんは2時間だそうです。
登録日: 2014/12/7
投稿数: 548
2017/8/18 10:15
 99.5点!
yamachanさん、おはようございます。
お邪魔させていただきます。

いやぁ、今年の夏の一番最高な日和にこれまた花期がドンピシャとハマったお花松原散策を見事大成功されましたわね。
ブラボー!ブラボー!
夏の午後からのお山の天候なんて全く当てに出来ないものですから天候が安定している深夜スタートチョイスも抜け目のない作戦で功を奏しましたわね。
ブラボー!ブラボー!
今年の夏山は天候不良が続いていますので皆様は大変苦慮なさっておられますよね。
暗雲立ち込める中でお花松原の花園を楽しまれたお方も多かったのではないでしょうか。
yamachanさん、ホントにラッキーだったわね。

さてさて、100点満点中99.5点という極めて好成績とも言える数字なんですが残りの0.5点が誠に惜しかった。
それはな〜に?
お花松原を楽しまれたお方でしたら是非とも収めておきたいシーンをyamachanさんは忘れてらっしゃるの。
それは…。
「青空をバックにした剣ヶ峰とお花松原のお花畑のコラボ」よ。
このシーンはお花松原の定番ショット(紅葉時期も最高よん)とも言えるのでこれを収めていたら100点満点でしたわ。
でも青空に栄えるイキイキしたお花の描写は最高でしたわよん。
登録日: 2011/5/2
投稿数: 1223
2017/8/18 12:12
 超ニアミスでした。
yamachanこんにちわ
レコ見て、ビックリ
同じ日に行ってたんですね。(僕は平瀬からだけど)
10時くらいに山頂から下に見えた人はyamachanだったのかな?
久しぶりに話したかったな。
天気が崩れるのは判ってたけどあの青空見て油断しましたよ。
油断禁物、そのあと一気にガスが来て真っ白け。
もう必死にガスと競争でした。
なんとかギリ間に合ったけど、やっぱ山は早立ちが原則ですね。
クロユリすごかった。
登録日: 2012/1/10
投稿数: 1038
2017/8/18 16:31
 Re: 夜間登山
motokitakayukiさん、こんにちは。
ナイトハイクはお化けやら暗闇やらが怖くて苦手なのですが、距離が長いときやご来光をみたいときにやむを得ず利用しています。
でも確かに砂防は例外ですね(笑)

それにしても速足ですね!
登録日: 2012/1/10
投稿数: 1038
2017/8/18 16:37
 Re: 99.5点!
ミラーさん、こんにちは。
ホントに今年の夏は悩ましい!
ただでさえゴルフやなんやで日程取れないのに、長期休暇もモヤモヤです(泣)
そんな中、ドンピシャな時間でした。
99.5点もいただいてかたじけないですね〜。勉強じゃこうはいきません(笑)
登録日: 2012/1/10
投稿数: 1038
2017/8/18 16:41
 Re: 超ニアミスでした。
raubouさん、こんにちは。
オレンジの長袖、茶色のハット、カーキのパンツ、青のザックでしたよ♪

それにしても僕が少し遅いかラウさんが少し早ければ、中宮道ですれ違ってましたね。残念です。
またどっかで会える気がしますけど♪
登録日: 2017/4/26
投稿数: 3
2017/8/19 0:57
 Re[2]: 夜間登山
山頂に7:15分までいたのでニアミスしてましたね。ヤマレコでなくフェイスブックに投稿してます。下りで200人ぐらいとすれ違いましたがすずをガンガンならしながら走って降りたらだいたいよけてくれました。
登録日: 2012/1/10
投稿数: 1038
2017/8/19 10:01
 Re[3]: 夜間登山
山頂に7:15までいらっしゃったならお会いしてる可能性大ですね。人も少なかったですし。

くま鈴作戦、僕も活用してます(^-^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ