また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1230606 全員に公開 ハイキング白山

白山

日程 2017年08月19日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ、午後雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
市ノ瀬ビジターセンターで車を停め(駐車料金無料)、
別当出合まではシャトルバス(片道500円)
朝市ノ瀬発5:30〜別当出合発17:00

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間33分
休憩
2時間14分
合計
8時間47分
S別当出合06:4007:11中飯場07:1208:22甚之助避難小屋08:3308:53南竜分岐09:35黒ボコ岩09:4410:07白山室堂10:0910:52白山11:1511:43白山室堂12:5013:08黒ボコ岩13:1614:01甚之助避難小屋14:0915:03中飯場15:0815:27別当出合G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所なし
(下り:中飯場から室堂までの巻き道は土砂崩れのため閉鎖中。そのため
 登りの登山道と同じ道を下りてきました。)
その他周辺情報いつもの白峰総湯
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

「白山開山1300年」
別当出合から歩き出します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「白山開山1300年」
別当出合から歩き出します。
ハクサンシャジン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンシャジン
涼しくて歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涼しくて歩きやすい
シモツケソウはこれからが見頃
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シモツケソウはこれからが見頃
1
この頃は陽も当たってきて眺めもよかったなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この頃は陽も当たってきて眺めもよかったなあ。
ガマズミの実でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガマズミの実でしょうか?
センジュガンピ
あちこちにたくさんいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センジュガンピ
あちこちにたくさんいました
「この先火口域から2km圏内」
新しくできた標識です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「この先火口域から2km圏内」
新しくできた標識です
甚之助までもう少し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助までもう少し
甚之助避難小屋
たくさんの団体さんがいらっしゃいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助避難小屋
たくさんの団体さんがいらっしゃいました
霧の中のお花畑もまた良し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧の中のお花畑もまた良し
2
弥陀ヶ原
木道そばに咲くのはミソガワソウでしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原
木道そばに咲くのはミソガワソウでしょうか
1
白山奥宮にお参りして御前峰登頂。
白山開山1300年の記念すべき今年初。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山奥宮にお参りして御前峰登頂。
白山開山1300年の記念すべき今年初。
4
室堂に下りていつものランチタイム。
ところがこのあと食べていたらポツポツと・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂に下りていつものランチタイム。
ところがこのあと食べていたらポツポツと・・・。
1

感想/記録

白山はこれまでも毎年お世話になり、
これからも山行をさせていただく
私にとって最も身近な御山です。
開山1200年。
ようやく8月にして登頂できました。
お花も多く、涼しくてすばらしい山行でした。

当初、天気予報では19日は晴れて20日は
下り坂と報じていたと思い込んでいました。
だから室堂で降り始めた雨も
そんなに降らないと高をくくっていたら
雨脚がどんどん激しくなり・・・。
ご飯を食べ終え、室堂内でザック内を整理。
濡らしちゃいかん奥宮の御朱印とかを
密封ビニルへ。カメラや財布はziplock。
上下カッパを着て、外へ出ると
土砂降り!
しかも雷の危険もありとのこと。
思わず室堂に泊まろうかと思いました。
迷った末、下りることに。
結局別当出合まで降ったり止んだりでした。
慎重に下りましたが
思った以上に足取りも軽く
無事に下山できました。
ありがとうございました。

ただ老婆心ながら土砂降りの中、
Tシャツ姿で歩く若い人たちが
予想以上にいて、
とても残念でした。
室堂で宿泊するにしても
冷え切った身体で風邪を引けば
誰かに頼らざるを得ない。
カッパを持参し、必要に応じて
着用することは必ずしも自分だけ
のためだけじゃないと思います。
訪問者数:151人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ