また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1233728 全員に公開 沢登り尾瀬・奥利根

近くて良い沢 白毛門沢

日程 2017年08月21日(月) [日帰り]
メンバー
天候青空まじりの曇り
アクセス
利用交通機関
電車
JR信越本線 土合駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
45分
合計
6時間35分
S土合駅08:5008:55白毛門登山口駐車場09:00東黒沢09:50ハナゲノ滝10:0012:50松ノ木沢の頭13:0014:50東黒沢15:1515:20白毛門登山口駐車場15:25土合駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
青春18きっぷの残りが3枚、そろそろ消化しなくてはいけないので谷川岳(土合駅)へ向かった。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

鈍行列車で3時間半
2017年08月21日 08:25撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈍行列車で3時間半
1
車内で登山計画を練る
2017年08月21日 08:31撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車内で登山計画を練る
日本一のもぐら駅
2017年08月21日 08:42撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本一のもぐら駅
3
白毛門登山口駐車場
2017年08月21日 08:57撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門登山口駐車場
馬蹄形概念図
2017年08月21日 08:59撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬蹄形概念図
獣道を抜けて
2017年08月21日 09:01撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獣道を抜けて
堰堤の上に出て
2017年08月21日 09:05撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤の上に出て
ここから入渓
2017年08月21日 09:06撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから入渓
靴に履き替える
2017年08月21日 09:21撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
靴に履き替える
1
綺麗なナメ滝
2017年08月21日 09:38撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗なナメ滝
1
白毛門沢(左)出合
2017年08月21日 10:12撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門沢(左)出合
2
ヨツバヒヨドリ(ピンク)
2017年08月21日 10:48撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバヒヨドリ(ピンク)
シモツケソウ(赤紫)
2017年08月21日 10:48撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シモツケソウ(赤紫)
1
アジサイ(青)
2017年08月21日 10:48撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アジサイ(青)
シャワークライム
2017年08月21日 11:05撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャワークライム
1
結構登ってきた
2017年08月21日 11:05撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構登ってきた
2
滝脇の岩場を登る
2017年08月21日 11:19撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝脇の岩場を登る
1
トリカブト(青紫)
2017年08月21日 11:29撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト(青紫)
左の捲き道から支流へ…
2017年08月21日 11:39撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の捲き道から支流へ…
1
…1時間後、登山道に復帰
2017年08月21日 12:36撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
…1時間後、登山道に復帰
谷川岳と一ノ倉岳
2017年08月21日 12:57撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳と一ノ倉岳
3
松ノ木沢の頭
2017年08月21日 12:58撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松ノ木沢の頭
6
下界を見下ろす
2017年08月21日 13:02撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界を見下ろす
マンモスの木
2017年08月21日 13:51撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マンモスの木
2
マルバダケブキ(黄)
2017年08月21日 14:46撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバダケブキ(黄)
2
東黒沢の橋を渡り
2017年08月21日 14:48撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東黒沢の橋を渡り
土合駅に到着
2017年08月21日 15:24撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土合駅に到着
2

感想/記録

当初東黒沢を遡上し宝川温泉に抜けるルートを考えていたが前日夜は豪雨の予報。
増水した沢を遡るのは賢い行動とはいえないので目的地を谷川岳に変更する。
西黒尾根を登り一ノ倉岳を経由し茂倉新道で土樽駅に抜けるルートに一旦は決める。

最寄駅から鈍行利用だと到着がお昼近くになってしまうので池袋の漫画喫茶に前泊。
5時発の電車に乗って赤羽、高崎、水上で乗り換え8時半くらいに土合駅に到着。
地上に出て谷川岳ロープウェイ方面に向かうのだが途中東黒沢に寄り道。
沢の増水は感じられず晴れ間も見えてきたので勢いで沢を遡上することにした。
東黒沢の遡行図を持ってきてないので昨年登った白毛門沢を遡上することにする。
昨年は最後に登る沢を間違えて山頂までの急勾配の藪漕ぎに大変苦労した。
今年は最後まで間違えずに白毛門に着こうと思っていたのだが…
 参考:昨年の記録
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-941432.html

いくつかのナメ滝とハナゲの滝を越えその先の二俣を白毛門沢へ進む。
落差が大きい滝は大体捲き道があるが滝脇の岩盤を登ったほうが楽なところが多い。
後半の大き目の滝は左手から捲いたがそのときに支流の沢に入り込んでしまった。
(家に帰って遡行図を見るとタラタラのセンの手前の捲き道だと思われる。)
本流から外れたことは気づいていたがどこかで戻れるだろうとそのまま登り続ける。
また、途中で虻にまとわりつかれそれに気を取られて現在地を確認するのを怠る。
結局虻には両肘を咬まれて、さらに30分以上の間顔の周りを飛びまわり続けた。
沢が涸れて藪で閉ざされた所でスマホのGPSを起動、やはり左に大きくずれていた。
山頂まで藪漕ぎするのは御免だし登山道が案外近いのでそちらへ向かうことにした。
途中小さな沢がありもう少し上まで続いてそうだが倒木が塞いでいたので登らず。
その沢を越えて急傾斜を登ると尾根に辿りつき、そこが白毛門登山道だった。
白毛門まで登ると15時半の電車に間に合わなそうなので今回は松ノ木沢の頭まで。
松ノ木沢の頭で軽い食事をとり、対岸の谷川岳や一ノ倉岳などの山々を眺める。
下山の途中に左手に大きな滝が見えたが、あそこを通ったのかな?と考えた。
東黒沢で靴を洗い、ついでに全身水浴びしてから土合駅へ向かった。

来年は最後まで間違えず遡れるだろうか?東黒沢からのウツボギ沢も遡ってみたい。
訪問者数:366人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ