ヤマレコ

記録ID: 1235550 全員に公開 ハイキング京都・北摂

品谷山から廃村八丁・刑部谷を巡る

日程 2017年08月25日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
佐々里峠の駐車スペースに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間44分
休憩
39分
合計
5時間23分
S佐々里峠08:5310:14品谷山10:3011:49廃村八丁12:1013:13ダンノ峠14:14佐々里峠14:1614:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
すぐに戻りましたが、支尾根に一度入ってしまっています。
コース状況/
危険箇所等
道標はほとんどなし。今回のコース上にほぼ垂直にロープを登る箇所がありますが、回避できます。

写真

佐々里峠駐車スペースに駐車します。以前ここから北側に小野村割岳へ行きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐々里峠駐車スペースに駐車します。以前ここから北側に小野村割岳へ行きました。
1
小野村割岳・中央分水嶺方面のハシゴ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小野村割岳・中央分水嶺方面のハシゴ
今回は道路を挟んで反対側、南側を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は道路を挟んで反対側、南側を登ります。
電波塔のような施設がすぐにあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電波塔のような施設がすぐにあります。
初めはこのような雑木林です。ミンミンゼミが鳴いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めはこのような雑木林です。ミンミンゼミが鳴いています。
少し登ると大きな芦生杉が現れますが、小野村割岳のようなクラスのものはありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登ると大きな芦生杉が現れますが、小野村割岳のようなクラスのものはありませんでした。
クリ・ミズナラ・天然杉などの雑木林です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クリ・ミズナラ・天然杉などの雑木林です。
1
稜線近くになると大きなブナが現れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線近くになると大きなブナが現れます。
ダンノ峠分岐。品谷山へ行くので右へ。 帰りは左から帰ってくる予定。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダンノ峠分岐。品谷山へ行くので右へ。 帰りは左から帰ってくる予定。
このブナの地衣類の模様が好きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このブナの地衣類の模様が好きです。
今回は終始展望がありません。微かに見えた南側。奥は桟敷ヶ岳あたりでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は終始展望がありません。微かに見えた南側。奥は桟敷ヶ岳あたりでしょうか。
朽ちた大木、このあとも多数ありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朽ちた大木、このあとも多数ありました。
品谷山への鞍部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
品谷山への鞍部
1
杉苔とブナが綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉苔とブナが綺麗です。
1
エゾゼミ♀がいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾゼミ♀がいました。
2
ブナの大木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの大木。
1
気持ちの良いブナの原生林の稜線を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良いブナの原生林の稜線を歩きます。
1
本日の最高峰、品谷山に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の最高峰、品谷山に到着。
4
気温は25℃。ちなみにこの日の京都の最高気温は34℃です。同じ市内とは思えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温は25℃。ちなみにこの日の京都の最高気温は34℃です。同じ市内とは思えません。
山頂で、おにぎりを頬張ります。美味しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で、おにぎりを頬張ります。美味しい。
廃村八丁の方へはブナが林立している方へ下ります。このあたりはアカエゾゼミが鳴いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃村八丁の方へはブナが林立している方へ下ります。このあたりはアカエゾゼミが鳴いていました。
イワカガミの群生
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミの群生
1
これはたぶん毒キノコですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはたぶん毒キノコですね
足元がもじゃもじゃします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元がもじゃもじゃします。
こちらももじゃもじゃ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらももじゃもじゃ
これも毒でしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも毒でしょう。
2
これ、絶対毒でしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これ、絶対毒でしょう。
4
はっきりとした目印はありませんが、地形図ではたぶんこの植林帯を下るはず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はっきりとした目印はありませんが、地形図ではたぶんこの植林帯を下るはず。
植林帯を過ぎるとまた天然林となります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯を過ぎるとまた天然林となります。
沢の音が聞こえて来ると傾斜は急になり、フィックスロープが出てきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の音が聞こえて来ると傾斜は急になり、フィックスロープが出てきます。
ほとんど誰も通っていないのでしょう。ちょいちょい藪こぎがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんど誰も通っていないのでしょう。ちょいちょい藪こぎがあります。
この谷は結構荒れていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この谷は結構荒れていました。
写真ではわかりづらいのですが、道がかなり不明瞭です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真ではわかりづらいのですが、道がかなり不明瞭です。
この渡渉ポイントで滑って右半身浸かりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この渡渉ポイントで滑って右半身浸かりました。
久しぶりにまともな道標が出てきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりにまともな道標が出てきました。
これは食べれそう?やめときましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは食べれそう?やめときましょう。
しばらく川を下ると石垣が見えてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく川を下ると石垣が見えてきます。
廃村八丁のシンボルの三角の小屋です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃村八丁のシンボルの三角の小屋です。
1
明治時代まではここに集落があったらしいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明治時代まではここに集落があったらしいです。
1
ドラム缶風呂用でしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドラム缶風呂用でしょうか。
今は管理されているのでしょうか、机など、休憩スペースもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今は管理されているのでしょうか、机など、休憩スペースもあります。
川には魚影が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川には魚影が見えます。
1
廃屋もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃屋もあります。
奥にはトイレ?のような建造物もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥にはトイレ?のような建造物もあります。
さらに奥にはもう一つ倉庫のようなものがありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに奥にはもう一つ倉庫のようなものがありました。
集落内には石段があり、登ると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集落内には石段があり、登ると
「安全祈願」と書かれた祠があります。手を合わせます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「安全祈願」と書かれた祠があります。手を合わせます。
廃村八丁を後にし、刑部谷を遡上します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃村八丁を後にし、刑部谷を遡上します。
渡渉ポイント。ロープは意味あるのか?と思いましたが、しっかり使いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉ポイント。ロープは意味あるのか?と思いましたが、しっかり使いました。
荒れてはいますが、綺麗な沢です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒れてはいますが、綺麗な沢です。
この巻道は細すぎでした。掴むべき木の根っこにビニールテープが貼ってありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この巻道は細すぎでした。掴むべき木の根っこにビニールテープが貼ってありました。
三国岳の岩屋を思わせるものがありました。ここも渡渉ポイント。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国岳の岩屋を思わせるものがありました。ここも渡渉ポイント。
こちらのルートは倒木が多く、たまにルートが不鮮明です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらのルートは倒木が多く、たまにルートが不鮮明です。
そして多年草が繁茂しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして多年草が繁茂しています。
美しい滝がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい滝がありました。
1
滝から見て右側に巻道があります。急なためロープが設置されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝から見て右側に巻道があります。急なためロープが設置されています。
落ちたら滝、というところに安全基準に不安のある橋があります。大丈夫でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ちたら滝、というところに安全基準に不安のある橋があります。大丈夫でした。
さらに奥にもう一つ立派な滝がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに奥にもう一つ立派な滝がありました。
この滝からみて左側にロープが設置されていたので、登りましたが、かなり急です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝からみて左側にロープが設置されていたので、登りましたが、かなり急です。
腕力のない人、足のリーチの短い女性は厳しいかもしれません。ほぼ垂直です。後ろは何もないので、落ちたら川までいきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腕力のない人、足のリーチの短い女性は厳しいかもしれません。ほぼ垂直です。後ろは何もないので、落ちたら川までいきます。
ロープを登れば痩せ尾根があり、その後、通常の尾根道になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープを登れば痩せ尾根があり、その後、通常の尾根道になります。
頑張って登って通って来た道はこちら側からは立ち入り禁止になっていました。別に安全な道がついていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頑張って登って通って来た道はこちら側からは立ち入り禁止になっていました。別に安全な道がついていました。
大きなホオノキがありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなホオノキがありました。
ここで別ルートと合流します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで別ルートと合流します。
こちらもかなりの大木であったと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらもかなりの大木であったと思います。
刑部谷の上流は少し湿地のようになっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刑部谷の上流は少し湿地のようになっています。
八丁平を思わせるような風景です。八丁平よりさらに誰もいないので秘境感あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁平を思わせるような風景です。八丁平よりさらに誰もいないので秘境感あります。
ヒグラシ♀がいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒグラシ♀がいました。
1
ダンノ峠到着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダンノ峠到着です。
1
あとは行きに通った分岐まで戻るのみです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは行きに通った分岐まで戻るのみです。
ここからしばらく急な登りが続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからしばらく急な登りが続きます。
ここを抜けると最初の分岐点に出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを抜けると最初の分岐点に出ます。
今日の行動食です。食べれば食べるほど、喉が渇きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の行動食です。食べれば食べるほど、喉が渇きました。
無事、帰ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事、帰ってきました。
1

感想/記録

今回は1年ぶりの山行です。
佐々里峠からダンノ峠への分岐までは単調な登りです。植生は途中でブナ・ミズナラ・クリなどに変わります。
ダンノ峠分岐から品谷山までは気持ちの良い稜線歩きです。ブナの天然林と芦生杉が見られます。エゾゼミはこのあたり一帯で鳴いていましたが、アカエゾゼミの声が聞こえたのは品谷山山頂付近のみでした。おそらくこのあたり、エゾハルゼミやアカエゾゼミはいても、標高の関係でコエゾゼミはいないのではないかと思いました。
品谷山から廃村八丁までは、尾根を気持ちよく歩いていると知らない間にルートを外していました。こまめなルーファイが必要です。また、沢へ下り始める部分の道が不明瞭です。沢は荒れていますが、皆子山のツボクリ谷よりはましだと思います。
廃村八丁は、かなりしっかりした集落であったことが伺えました。こんなに山深いところに住むのにはかなりの覚悟が必要だったと思います。
刑部谷は綺麗な谷ですが、川幅もある程度あり、渡渉が多かったです。何度か本気ジャンプしました。2つ目の大きな滝の左側にロープ場がありますが、通常は使用しなほうが無難だと思います。かなり危険だと思います。滝でない方の支流をもう少し遡ると迂回路があるようです。
刑部谷上流は八丁平を思わせる美しい自然の風景でした。今回は終始、誰ひとりお会いしませんでしたし、人が踏み入れた形跡はほとんどないように思いました。
京都市内にはまだまだこのような秘境があると思うと、ワクワクします。

ありがとうございました。
訪問者数:178人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ