ヤマレコ

記録ID: 1235767 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

木曽駒ヶ岳 雨と風・視界悪し

日程 2017年08月25日(金) [日帰り]
メンバー
天候雨、風は風速15m以上で視界も無し。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
「菅の台バスターミナル」に6:30着。7:15の始発バスで「しらび平」ロープウエイ駅へ。始発のロープウエイで千畳敷駅に到着。バスは満席で乗り切れませんでした。もう一台出るのでしょうか?バスは小型でザックは膝の上に置かねばならずきびしかったです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間40分
休憩
1時間46分
合計
4時間26分
S千畳敷駅08:3009:14乗越浄土09:3509:37宝剣山荘10:0310:03天狗荘10:12中岳10:1810:24(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘10:2810:41木曽駒ヶ岳10:5111:01(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘11:0611:26天狗荘11:2911:31宝剣山荘11:3511:36天狗荘11:4011:41宝剣山荘11:5512:06乗越浄土12:1112:51千畳敷駅12:5512:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 バスターミナルでは半袖でしたが、千畳敷駅に着くと小雨、レインウエアを着込み登山スタート。視界ゼロの八丁阪を登ると暑くなり途中でレインウエアを脱ぎ半袖に・・・・。乗越浄土に着くと雨、風が強くなり長袖を着込みレインウエアを着ました。フィンガーレス手袋で指先が冷たく3000m級の山を舐めてはいけないと思いました。気温は10℃程度でしたが、風もあり体感温度は0℃近いのではないかと思いました。宝剣山荘で作戦会議。宝剣岳は危険なため中止、とりあえず木曽駒ケ岳山頂を目指すことにしました。ザックを宝剣山荘にデボし木曽駒ケ岳山頂を目指しました。途中宿泊予定だった頂上山荘キャンプ場に立ち寄りましたが誰もいませんでした。石を積んで風よけの壁が数か所出来ていましたが、この天候ではやはりキャンプは中止です。中岳山頂を経由し木曽駒ケ岳山頂を踏みました。とりあえず一つ目標達成。下山は危険マークのある巻道で戻ることにしました。途中急な岩場がありましたが特別危険は感じませんでした。ここは登りでは足場が見えず危険な場所があります。途中方向を見失いましたが無事進めました。視界が悪かったこともありますが、もう少しマーキングがあると良いのですが。雨でも足元が滑ることはなく歩けました。宝剣山荘に戻りカレーうどんを頂き下山しました。下山中やや視界が開けてきましたが、千畳敷カールの全貌が見えることはありませんでした。
雨と風(風速15m以上?)でしたがとりあえず宝剣岳は棄権したので特に危険を感じることとはありませんでした。石も滑る事は無く。木も特に滑りやすくは感じませんでした。登山道は良く整備されています。また、hinhiro2000さんの初めてのキャンプも中止となり残念でした。
その他周辺情報帰りは「菅の台バスターミナル」近くの「こまくさの湯」で汗を流して帰りました。とても良い温泉でした。

装備

個人装備 ザック-バルトロ65 山と道サコッシュ レインウエア インナーダウン ダウンパンツ プラックダイヤモンドストック スワンUVメガネ 地図 常備薬 救急キッドA エアーサロンパス 熱さまシート マジクール 着替え(シャツ パンツ ベースレイヤ 靴下) モンベル フィンガーレスグローブ キャップ テント グランドシート ペグ・細引き シルバーシート シュラフ シュラフカバー マットレス ピロー ピローカバー ポンプバック 携帯サンダル 体拭きペーパータオル タオル 細引き パーフェクトポーション バーナーP-153 ガス缶 バーナーキット( ライター・火打石・カートリッジホルダ・風防・バーナーシート ) コッヘル アルミ食器セット 携帯箸・カラトリー コーヒーバネット コーヒーカップ プラティパス2L 食事 行動食 ゴミ袋&ホルダー ピクノリノックス&ホイッスル ヘッドライト(ランタン) ソーラーランタン 手帳・ペン 熊鈴 iPhoneケース ウェットティッシュ メガネ曇り止め ハイマウント N-rit タオル eTrex30x & ホルダ 財布 カメラ カメラクリップ カメラ予備(バッテリ・メモリ) 簡易シート トイレットペーパー クーラーバッグ 歯ブラシ&ペーパー歯磨き 吸水タオル ワイヤーロック ヘルメット
備考 本格的な雨の登山は初めてでしたが色々な準備不足がわかりました。
夏でも3000m級の山で雨が降ると体感温度が0℃近くになることを体感。
服は準備していたので問題なかったが、指先が冷たく手袋の必要性を感じました。
特に防水性のある手袋。保温性の雨フリースのような手袋が良いと思います。
メガネが曇り視界を遮りました。曇り止めを持参し着けたのですが効果がありませんでした。カメラも防水で問題ないのですが、レンズに水滴が付き画像がゆがんでしまいました。

写真

6:30「菅の台バスターミナル」に到着。車中泊の人も含めすでにこれだけの人が来ています。平日なのに・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:30「菅の台バスターミナル」に到着。車中泊の人も含めすでにこれだけの人が来ています。平日なのに・・・
バスにもすでに40人以上が並んでいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスにもすでに40人以上が並んでいます。
場所取り用にに置いたザック。私はバルトロ、hinhiro2000さんはオスプレーでテン泊装備デビュー!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
場所取り用にに置いたザック。私はバルトロ、hinhiro2000さんはオスプレーでテン泊装備デビュー!!!
しらび平に到着しました。みんな一目散にロープウエイ乗り場に向かいます。始発に乗れるように。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しらび平に到着しました。みんな一目散にロープウエイ乗り場に向かいます。始発に乗れるように。
我々は少し出遅れましたが何とか7:50の始発に乗れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我々は少し出遅れましたが何とか7:50の始発に乗れました。
千畳敷は小雨で靄がかかり視界がありません。絶景が見れません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千畳敷は小雨で靄がかかり視界がありません。絶景が見れません。
黄色い花か・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色い花か・・・
白い花も・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い花も・・・
登山道のはじめはこんな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道のはじめはこんな感じ。
下の方も視界がありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の方も視界がありません。
乗越浄土を目指し整備された登山道を進みます。暑くなったのでレインウエアを脱ぎます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越浄土を目指し整備された登山道を進みます。暑くなったのでレインウエアを脱ぎます。
駒ケ岳は長野県の天然記念物なのですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ケ岳は長野県の天然記念物なのですね。
オットセイ岩がかすかに見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オットセイ岩がかすかに見えます。
登山道も佳境に入ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道も佳境に入ってきました。
乗越浄土に到着です。気温10℃、風速15mでかなり寒いです。
長袖を追加で着込みレインウエアを着ました。フィンガーレスグローブを持ってきましたが指先が冷たかったです。体感温度は0℃以下に感じました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越浄土に到着です。気温10℃、風速15mでかなり寒いです。
長袖を追加で着込みレインウエアを着ました。フィンガーレスグローブを持ってきましたが指先が冷たかったです。体感温度は0℃以下に感じました。
とりあえず宝剣山荘に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず宝剣山荘に向かいます。
宝剣山荘にて作戦会議。翌日の天候も良くないため、宝剣岳登頂、キャンプ泊は中止にし、とりあえず木曽駒ケ岳山頂を目指すことにしました。ザックを宝剣山荘にデポし木曽駒ケ岳を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣山荘にて作戦会議。翌日の天候も良くないため、宝剣岳登頂、キャンプ泊は中止にし、とりあえず木曽駒ケ岳山頂を目指すことにしました。ザックを宝剣山荘にデポし木曽駒ケ岳を目指します。
宝剣山荘の横を抜け進みます。視界が無いため登山道も分かりにくいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣山荘の横を抜け進みます。視界が無いため登山道も分かりにくいです。
ゴーロな登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーロな登山道。
中岳山頂を超え降りると頂上山荘キャンプ場に到着です。
誰もいません。この雨と風の中でのキャンプはひたすら耐えることを強いられるだけ・・・中止で正解です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳山頂を超え降りると頂上山荘キャンプ場に到着です。
誰もいません。この雨と風の中でのキャンプはひたすら耐えることを強いられるだけ・・・中止で正解です。
チングルマの花が咲いてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマの花が咲いてました。
木曽駒ケ岳へはこんな登山道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒ケ岳へはこんな登山道です。
山頂直前です。あっという間でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直前です。あっという間でした。
木曽駒ケ岳山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒ケ岳山頂。
下山開始。結構込み合っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始。結構込み合っています。
戻りは中岳の巻道を行ってみることにしました。「山と高原の地図」では危険の印になっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻りは中岳の巻道を行ってみることにしました。「山と高原の地図」では危険の印になっています。
見ずらいですがこんな岩場です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見ずらいですがこんな岩場です。
こんな道も・・・ それ程危険は感じませんでした。この登山道は逆に上り側の方が難易度が高いと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな道も・・・ それ程危険は感じませんでした。この登山道は逆に上り側の方が難易度が高いと思います。
宝剣山荘に到着。カレーうどんを頂きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣山荘に到着。カレーうどんを頂きました。
少し視界が開けてきましたが、カメラのレンズには水滴が・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し視界が開けてきましたが、カメラのレンズには水滴が・・・
定番の記念撮影スポット・・・。今日は千畳敷カールが見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定番の記念撮影スポット・・・。今日は千畳敷カールが見えません。
下りは「剣ヶ池」まで降りて千畳敷駅には登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは「剣ヶ池」まで降りて千畳敷駅には登っていきます。
千畳敷駅への最後の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千畳敷駅への最後の登り。
千畳敷駅に到着です。この語13:00のロープウェイで下山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千畳敷駅に到着です。この語13:00のロープウェイで下山。

感想/記録

hinhiro2000さんの初めてのテント泊は撤退となりました。また宝剣岳往復計画も中止。残念です。山の天気は難しいですね、またトライします。次回は涸沢をベースに奥穂高にトライです。
訪問者数:121人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ