また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1237841 全員に公開 ハイキング支笏・洞爺

風不死岳(楓沢↑北尾根↓)

日程 2017年08月27日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間57分
休憩
9分
合計
6時間6分
S風不死岳(北尾根ルート)登山口05:5306:52楓沢08:30風不死岳方向分岐08:59砂れきのコル09:29963mコブ09:3010:06ニセピーク10:0810:13風不死岳10:1911:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
楓沢は、ピンテと踏み跡でルートは明確。
北尾根の下りは疲れもあり、慎重に下りました。
その他周辺情報ゆのみの湯(1人600円)、よく温まるお湯です。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

楓沢経由で風不死岳を目指します。
2017年08月27日 06:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楓沢経由で風不死岳を目指します。
1
苔がびっしり生えた渓谷を歩きます。
2017年08月27日 06:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔がびっしり生えた渓谷を歩きます。
3
ゴルジュ帯もあります。
2017年08月27日 06:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュ帯もあります。
2
ゴルジュ帯は歩けないので、巻き道がついています。ありがとうございます。
2017年08月27日 06:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュ帯は歩けないので、巻き道がついています。ありがとうございます。
再び苔の洞門へ。
2017年08月27日 06:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び苔の洞門へ。
1
どうしたらこのようになるのでしょう?
2017年08月27日 06:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうしたらこのようになるのでしょう?
自然の造形に目をみはります。
2017年08月27日 06:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然の造形に目をみはります。
2
滝状の地形が現れました。ここも巻き道がついています。
2017年08月27日 07:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝状の地形が現れました。ここも巻き道がついています。
しばらくは沢から離れ、明るい森の中をあるきます。ルートは明瞭です。
2017年08月27日 07:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは沢から離れ、明るい森の中をあるきます。ルートは明瞭です。
三度、苔の洞門へ。
2017年08月27日 07:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三度、苔の洞門へ。
沢の源頭が近づいてきました。
2017年08月27日 07:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の源頭が近づいてきました。
1
ここを抜けると苔の洞門は終了です。
2017年08月27日 07:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを抜けると苔の洞門は終了です。
沢を抜け、登山道を目指して歩きます。
2017年08月27日 07:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を抜け、登山道を目指して歩きます。
足元にはシラタマノキが盛りです。
2017年08月27日 08:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元にはシラタマノキが盛りです。
1
樽前山・風不死岳・7合目ヒュッテの三差路分岐点
2017年08月27日 08:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樽前山・風不死岳・7合目ヒュッテの三差路分岐点
2
風不死岳へ本格的な登りが始まります。
2017年08月27日 09:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風不死岳へ本格的な登りが始まります。
楓沢は一人ぼっちでしたが、樽前山や風不死岳への登山道は登山者でいっぱいでした。
2017年08月27日 09:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楓沢は一人ぼっちでしたが、樽前山や風不死岳への登山道は登山者でいっぱいでした。
急登の終わりを告げる岩。これはカエルでしょうか?
2017年08月27日 09:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登の終わりを告げる岩。これはカエルでしょうか?
1
長い距離を歩き、登り、ようやく山頂を捉えました。
2017年08月27日 10:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い距離を歩き、登り、ようやく山頂を捉えました。
1
山頂到着。
2017年08月27日 10:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。
2
恵庭岳と支笏湖
2017年08月27日 10:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵庭岳と支笏湖
3
支笏湖を見ながら、北尾根を下ります。
2017年08月27日 10:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支笏湖を見ながら、北尾根を下ります。
1
北尾根登山口に安着。
2017年08月27日 12:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根登山口に安着。

感想/記録

楓沢経由で風不死岳に登り、北尾根を下りました。楓沢のルートは、ピンテと踏み跡で明瞭なトレースでした。たくさんの方々のおかげで、自然の造形を堪能した一日でした。
訪問者数:201人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/7/24
投稿数: 0
2017/8/27 20:40
 無題
いつかは歩きたい苔の道
ヘルメット装着ですか?
自然をたっぷり堪能の1日だったようですね〜
お疲れ様でした👍✨✨

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 巻き道 ゴルジュ ヒュッテ 渓谷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ