また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1238983 全員に公開 ハイキング白山

大笠山 1822m 三百名山

日程 2017年08月27日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山
 1120aki(CL)
 HYRULE(SL)
天候ほぼ快晴
アクセス
利用交通機関
桂湖オートキャンプ場をナビで検索して来れば迷うことはありません
駐車場まで綺麗な舗装道路
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間35分
休憩
1時間2分
合計
7時間37分
S桂湖オートキャンプ場07:1007:19大畠谷橋07:2309:17前笈ヶ岳09:2009:38アカモノの頂09:4010:15大笠山避難小屋10:49新大笠山避難小屋10:5310:56大笠山11:3011:32新大笠山避難小屋11:3411:59大笠山避難小屋12:0112:34アカモノの頂12:3812:58前笈ヶ岳12:5914:33大畠谷橋14:3914:47桂湖オートキャンプ場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
皆が書いているように、最初の700mは急登。特に最初の100位は両側が切れ落ちた崖の上を歩くので転倒注意。そこから先は、アップダウンの繰り返しで約3.8km歩くと避難小屋跡。ここから山頂の間でまたこれが登山道かと思うようなところをよじ登り程なく山頂に到着する。
登山道の状態が悪いので登りよりも降りの方が体力の消耗が大きい。どう足を置いても確実に滑ります。転んだり尻餅をついたりはしませんでしたが、慎重に降った分、コースタイム通り3時間を要しました。
登山道全般で非常に滑りやすく、転落の危険箇所が随所にあり。
後半の山頂に至るところで、笹薮が生い茂り登山道が覆われているところが多々あり、上り降りとも慎重な足運びを要求します。
ヤマレコの情報の中には大幅に短いタイムで往復した記録をあげている方も見えますが、この山に関しては登山道の状態が劣悪なため、健脚の人でもそれなりに時間が掛かることを想定しておくべきでしょう。初心者にお勧めできる山ではない。
その他周辺情報岐阜からなので帰りは国道156号を使い、平瀬にある道の駅 大白川温泉 しらみずの湯 600円を利用
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン CWX 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ 日焼け止め コーヒー
共同装備 コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 日焼け止め ジェットボイル ナイフ

写真

ここが登山口、車止めから大凡600m程。
ここから往復13キロ程の行程
2017年08月27日 07:18撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが登山口、車止めから大凡600m程。
ここから往復13キロ程の行程
最初にこのつり橋を渡る
桁下は50m位はありそう
跳ね上げ式のグレーチング床版、冬場は雪荷重を避けるためでしょうかね。
2017年08月27日 07:19撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初にこのつり橋を渡る
桁下は50m位はありそう
跳ね上げ式のグレーチング床版、冬場は雪荷重を避けるためでしょうかね。
大桧に到着、ここまで約1時間
2017年08月27日 08:29撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大桧に到着、ここまで約1時間
アカモノの頂より 登ってきた道を振り返る
2017年08月27日 09:39撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノの頂より 登ってきた道を振り返る
笈ヶ岳ですね
アカモノの頂より
2017年08月27日 09:40撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笈ヶ岳ですね
アカモノの頂より
白山見えます
同じく、アカモノの頂より
2017年08月27日 09:40撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山見えます
同じく、アカモノの頂より
1
あれが大笠山かな
なかなか近づいて来ないなぁ
2017年08月27日 09:42撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが大笠山かな
なかなか近づいて来ないなぁ
避難小屋跡通過
2017年08月27日 10:19撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋跡通過
山頂付近にある避難小屋
2017年08月27日 10:53撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近にある避難小屋
山頂より
笈ヶ岳と白山
2017年08月27日 10:55撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より
笈ヶ岳と白山
1
劔と立山もよく見えてます
2017年08月27日 10:58撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔と立山もよく見えてます
2
槍から穂高へと続く稜線
2017年08月27日 10:59撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍から穂高へと続く稜線
1
乗鞍もよく見える
御嶽は雲がかかっていたので撮ってません
2017年08月27日 10:59撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍もよく見える
御嶽は雲がかかっていたので撮ってません
白山バックにもう一枚
2017年08月27日 11:00撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山バックにもう一枚
3
山頂からの360度パノラマをお楽しみください
2017年08月27日 11:01撮影 by iPhone8,4 iOS 10.3.3, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの360度パノラマをお楽しみください
山頂はこんな感じ。ベンチとテーブルが置いてあります
2017年08月27日 11:30撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はこんな感じ。ベンチとテーブルが置いてあります
山頂付近にリンドウが沢山咲いてます
2017年08月27日 11:31撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近にリンドウが沢山咲いてます
山頂付近にある道標
左、大笠山
右に行くと奈良岳と読める
2017年08月27日 11:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近にある道標
左、大笠山
右に行くと奈良岳と読める
上の方の登山道はこんな感じ
道は殆ど見えません
2017年08月27日 11:38撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の方の登山道はこんな感じ
道は殆ど見えません
アサギマダラの好きなやつ
2017年08月27日 11:59撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサギマダラの好きなやつ
大笠山を振り返る
2017年08月27日 12:16撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大笠山を振り返る
鏡岩まで降りて来ました
ここから下は危険地帯、慎重に
2017年08月27日 14:04撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡岩まで降りて来ました
ここから下は危険地帯、慎重に
最後にはこんな感じの梯子が5箇所連続して設置してある
2017年08月27日 14:37撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後にはこんな感じの梯子が5箇所連続して設置してある
無事降りて来ました
2017年08月27日 14:40撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事降りて来ました
登山口手前のオートキャンプ場から奥は工事のため車止めとなっております。まあ、水平に歩いて10分なので大したことはない。
2017年08月27日 14:54撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口手前のオートキャンプ場から奥は工事のため車止めとなっております。まあ、水平に歩いて10分なので大したことはない。

感想/記録

久方ぶりの、週末晴天予報
天候不順の8月だったが、これは何処か登らなければなるまい。
ということで、登ったことのない大笠山へ息子を誘って日帰りすることにした。

標高差は1200m程、歩行距離も片道6キロ強なので数字だけ見ると往復5時間もあれば行けそうだが
マイナーな山は先週の三ノ峰のように伏兵が潜んでいるので要注意
予想通りで、大笠山はそんなに甘い山ではなかった
登り始めは急登で1300m超えてからはアップダウンの連続、歩けどもなかなか近づいて来ない頂
でも、ここまでなら、よくある話でそれほど問題ではないのだけれど
道が悪すぎる、上は腰までの笹薮、下は砂礫状の急勾配、切れ落ちた痩せ尾根など遭難要素てんこ盛りの登山道に体力と時間が削られて行く。結局、この山を征するのに要したのは登り3時間半、降り3時間。上り下りの時間差が殆ど無いところに難路の片鱗が出ている。降りで転倒すれば即滑落事故というような箇所が多々あり降りは相当慎重に歩いた。
頂上からの笈ヶ岳、白山の眺望は素晴らしいが、8月末期は花少なめ。出会う人も少なめで、本日の入山者は我々を含めたったの9名。ついでにヤマレコの記事も8月は今まで0。マイナーな山。

とはいえ、今回は息子と山頂まで登れたし(山の日の木曽駒ケ岳はDNF)、山頂からは北アルプスが全て見渡すことが出来たので山行の満足度は高い。
訪問者数:503人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ