また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1239710 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳・桜平からオーレン小屋経由で天狗岳往復

日程 2017年08月27日(日) 〜 2017年08月28日(月)
メンバー 子連れ登山, その他メンバー3人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
桜平駐車場(上)(20台)に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間25分
休憩
11分
合計
1時間36分
S桜平駐車場(上)13:1413:18桜平13:22仮設トイレ13:2313:50夏沢鉱泉14:0014:50オーレン小屋
2日目
山行
4時間45分
休憩
1時間33分
合計
6時間18分
オーレン小屋06:1106:55箕冠山06:5807:01根石山荘入口07:10根石岳07:19休憩07:2107:24白砂新道入口07:44東天狗岳07:4608:09天狗岳08:2008:41東天狗岳09:01白砂新道入口09:12根石岳09:20根石山荘09:2609:33箕冠山09:59夏沢峠10:19オーレン小屋11:1811:52夏沢鉱泉12:0112:19仮設トイレ12:2012:24桜平12:29桜平駐車場(上)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
根石岳の下り、東天狗頂上直下の登りが、強いて言えば危険。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

桜平駐車場(上)。日曜日の午後ということもあり、空きがあります。
2017年08月27日 13:14撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜平駐車場(上)。日曜日の午後ということもあり、空きがあります。
登山口の桜平ゲート
2017年08月27日 13:18撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の桜平ゲート
沢を渡ったところにある簡易トイレ。
2017年08月27日 13:22撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡ったところにある簡易トイレ。
夏沢鉱泉
2017年08月27日 13:50撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉
登山道のシグザグ折り返しの先端部で、木の間から峰の松目が見えた。
2017年08月28日 11:29撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道のシグザグ折り返しの先端部で、木の間から峰の松目が見えた。
オーレン小屋
2017年08月28日 06:11撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーレン小屋
名物の桜鍋
2017年08月28日 17:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物の桜鍋
箕冠山頂上
2017年08月28日 06:58撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箕冠山頂上
箕冠山からの下り道。これから向かう根石岳(右)と西天狗(左)。眼下には、根石山荘。
2017年08月28日 06:59撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箕冠山からの下り道。これから向かう根石岳(右)と西天狗(左)。眼下には、根石山荘。
根石山荘入口。背後は西天狗。
2017年08月28日 07:01撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石山荘入口。背後は西天狗。
1
根石岳頂上から東天狗
2017年08月28日 07:10撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳頂上から東天狗
1
根石岳頂上から、赤岳(左)と阿弥陀岳(右)。
2017年08月28日 07:11撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳頂上から、赤岳(左)と阿弥陀岳(右)。
北岳、甲斐駒、仙丈。
2017年08月28日 07:11撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳、甲斐駒、仙丈。
根石岳ー白砂新道分岐間より東天狗
2017年08月28日 07:19撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳ー白砂新道分岐間より東天狗
根石岳ー白砂新道分岐間より奥秩父方面
2017年08月28日 07:21撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳ー白砂新道分岐間より奥秩父方面
白砂新道分岐
2017年08月28日 07:24撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白砂新道分岐
東天狗頂上直下の足場。手すりが無いに等しい。
2017年08月28日 08:45撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗頂上直下の足場。手すりが無いに等しい。
2
東天狗頂上。背後は蓼科山。
2017年08月28日 07:44撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗頂上。背後は蓼科山。
1
東天狗頂上から硫黄岳。背後に赤岳と阿弥陀。
2017年08月28日 07:46撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗頂上から硫黄岳。背後に赤岳と阿弥陀。
東天狗から西天狗への下りで。北アルプス方面がクッキリ。
2017年08月28日 07:55撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗から西天狗への下りで。北アルプス方面がクッキリ。
西天狗頂上
2017年08月28日 08:09撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗頂上
1
白砂新道分岐。背後は硫黄岳の爆裂火口。
2017年08月28日 09:01撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白砂新道分岐。背後は硫黄岳の爆裂火口。
根石山荘
2017年08月28日 09:26撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石山荘
根石山荘のコマクサ。確認できたのは、コレだけ(苦笑)。
2017年08月28日 09:28撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石山荘のコマクサ。確認できたのは、コレだけ(苦笑)。
1
夏沢峠。かなりガスが出てきました。
2017年08月28日 09:59撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢峠。かなりガスが出てきました。
オーレン小屋前から峰の松目
2017年08月28日 11:18撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーレン小屋前から峰の松目
桜平駐車場(上)に戻りました。
2017年08月28日 12:29撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜平駐車場(上)に戻りました。
撮影機材:

感想/記録

 弟子(妻)、ポッポ(小6)、リンちゃん(小4)との月例ファミリー登山、8月は初めて山小屋泊まりの山行を企画。行き先に選んだのは、八ヶ岳のオーレン小屋からの天狗岳。以前、弟子と2人で桜平からオーレン小屋から夏沢峠ー硫黄岳ー峰の松目を周遊したことがあって、その時にオーレン小屋の快適過ぎるロケーションにいたく感動し、次来る時にはここでテントを張って泊まろうね…という話をしてた。また、馬肉を使ったすき焼き「桜鍋」が名物と聞き、機会があれば泊まってみたいね…という話もしてた。ただ、ネックが桜平の駐車場の混雑ぶり。年々混雑に拍車がかかり、終点の駐車場だけは収容しきれなったクルマが路駐することは常態化してた。他人の迷惑を顧みない路駐が後を絶たずしびれを切らしたのか、終点のもっと手前に「桜平駐車場(中)」と「桜平駐車場(下)」の2ヶ所が新たに整備され、路駐は禁止という運用になった。終点の「桜平駐車場(上)」は20台しか駐めることはできず、今までよりも高い競争倍率になった。土曜の朝にどれだけ早く自宅を出ても、遠方からのハンデがあるため「桜平駐車場(上)」に入れることは無理だろうから、いっそのこと、土曜日や日曜日の早朝を外して、日曜日の午後に行ったら空きがあるに違いない!…と考え、月曜日は私も弟子も仕事を休むことにし(ポッポとリンちゃんはまだ夏休み)、8月27日の日曜日からの1泊2日の日程で、桜平からの登山を企画した。
 『キャラメルハウス』を朝7:40に出発し、10:50に『鹿児島ラーメン桜島広丘店」に到着。ここで少し早い昼食喰ってから(苦笑)、塩尻北I.C.ー諏訪I.C.を移動。国道152号を経由し、三井の森の広大な敷地を通過。桜平入口からガタガタのダートに入る。途中「桜平駐車場(下)」を通過したけど、クルマは2台くらいしか駐まっていない。そうだよなあ、ここから歩くと登山口まで1時間かかるらしいから(苦笑)。時間が時間だけに山を降りてくるクルマ10台以上とすれ違う。下りてきたクルマの数だけ、空き駐車スペースがあるってことなので、「桜平駐車場(上)」の空きに期待が持てる。桜平の「桜平駐車場(上)」には13時に到着。「桜平駐車場(上)」からは登山口まで4分下りがあり、帰りはこれが登りになることを考えたら、「桜平駐車場(中)」のほうが便利かもしれない。
 登山口のゲートを13:18に通過。まずは沢に向かって下る。橋のたもとに簡易トイレがあるので、ここで私だけ用を足す。夏沢鉱泉までは車道歩き。日曜の午後だけあって、多くの下山中の登山者とすれ違った。30分ほどの歩きで、夏沢鉱泉に到着。ここで休憩した後、さらに車道を少し行くと、オーレン小屋のステッカー貼ったクルマが止まってる(苦笑)。車道はここまでで、登山道になる。リンちゃんが遅れ気味なので、トップを弟子と交代し、私はリンちゃんのフォローに回る。ここの登山道、沢を渡り返したり、後半は電光型に道が切られたりしてるけど、国土地理院の1:25,000地形図はほぼ正確に描写してるので、子供に「今どこ?」としつこく訊かれるようなオトーサンは地形図見ながら歩いたほうがいい(苦笑)。谷を挟んだ向こう側に峰の松目が大きく見えるようになれば、小屋は近い。「山と高原地図」のコースタイムどおり50分でオーレン小屋に到着。勿論、夕食は桜鍋です!
 朝5時に起床。すぐに朝食の案内があり、食堂へ。朝食喰った後すぐにでも出発したかったけど、小屋の出発は6:11になった(苦笑)。ポッポとリンちゃんは長袖(ジャージ)を着て登り始めたけど、途中で暑がって、脱いだ。箕冠山の頂上を越えるまでは樹林帯で全く意に介さなかたけど、実は風が強く、根石山荘への下りから風に吹かれた。脱いだばかりのジャージをまた着て、根石岳頂上を越えて白砂新道分岐までの下りではさらに防寒具を身につけた弟子とポッポとリンちゃん。私は、長袖Tシャツだけで我慢(苦笑)。風が強く天気も曇りだったけど、高曇りのお陰で展望はすこぶる良かった。北アから御嶽、中央アルプス、仙丈、甲斐駒、北岳、阿弥陀岳、赤岳、硫黄岳、秩父連山、浅間山まで、展望が得られた。白砂新道分岐からは東天狗頂上への登り。頂上直下に金属製の足場板を渡しただけの悪場と鎖場があったけど、ポッポもリンちゃんも無事通過。7:44に東天狗頂上に到着。風が強いため、弟子よりここで引き返す提案もあったけど、西天狗に進むことにする。西天狗との鞍部に下ると、風の勢いが弱まった。それまで風が強くて休憩どころでは無かったけど、西天狗頂上では腰を下ろしての休憩が出来た。西天狗から東天狗頂上に戻る。風の通り道になってるみたいで、東天狗に戻ると、また風が強い。そのまま往路を忠実に戻り、白砂新道分岐と根石岳頂上を越え、根石小屋へトイレしに行く(苦笑)。箕冠山の頂上で一緒になった女性登山者から根石小屋に行けばコマクサが咲いてるかもよ…と言われてたけど、もう花の時期は終わったのか、殆ど咲いてない(苦笑)。箕冠山への登りの途中から、天狗岳方面がガスで覆われ始める。箕冠山頂上からは、往路とはコースを変えて、夏沢峠へ下りる。途中から硫黄岳方面もガスに包まれ始めた…。9:59に夏沢峠に到着。
 時間に余裕があれば、夏沢峠から硫黄岳ー赤岩ノ頭を経由してオーレン小屋に下りるつもりだったけど、ポッポとリンちゃんと一緒に1日6時間を超える山行を行ったことは稀なうえ、硫黄岳は今から登っても真っ白だろうし苦行を強いるだけと考え、夏沢峠から直接オーレン小屋に下りた。10:19にオーレン小屋に着いて、小屋の前で早い昼食。持参してきたカップ麺の他、小屋でカレーを2人前注文し、4人で食べた(苦笑)。11:18にオーレン小屋を出発。下山中、小屋のボッカさんのほか、キャタピラーのついた作業車ともすれ違った(苦笑)。12時半に桜平の「桜平駐車場(上)」に到着。路肩に駐車してるクルマの姿は殆ど無かった。
 風が強く寒かったものの、天候にも恵まれ、ポッポとリンちゃんの小屋泊まり山行デビューとしては上々ではなかったでしょうか。
訪問者数:254人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ