また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1239863 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走道東・知床

小4息子と火山の鼓動を感じた「阿寒岳(雌阿寒岳)」(日本百名山)[雌阿寒温泉から]

日程 2017年08月24日(木) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、
雌阿寒岳温泉にある駐車場を利用。
(駐車スペースは、30台ほど駐車可能)
駐車場の脇には、奇麗なトイレも設置されている。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間46分
休憩
13分
合計
3時間59分
S雌阿寒温泉駐車場09:1209:15雌阿寒温泉コース登山口09:1610:125合目10:1611:10雌阿寒岳11:1812:135合目13:08雌阿寒温泉コース登山口13:11雌阿寒温泉駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
★登山道整備度:2〜3(良5・4・3・2・1悪)階段や木道、鎖等の整備度
★体力難易度 :2(難5・4・3・2・1易)歩行距離、累積標高差、急登等
★技術難易度 :1.5(難5・4・3・2・1易)鎖場、アイゼン等の頻度や時間等
★登山道の眺望:4(良5・4・3・2・1悪)
★山頂の眺望 :5(良5・4・3・2・1悪)


【すれ違った登山者の数:10人程度】


◆登山口から2合目まではエゾマツの樹林帯、2合から5合目までは背丈ほどあるハイマツの登山道が続き、5合目の標高1080m以上は、火山特有な地形を呈し、植生限界となっている。

◆登山道は、鎖場等の施設は無く、危険性は無いので、子供でも支障なく歩ける。ただし、山頂付近の火口壁は断崖となっているので、登山道から外れないように注意したい。

◆標高1000m以上は、植生限界となるため、眺望は非常に良く周囲の山々を一望できる。特に山頂周辺から眺める阿寒湖や雄阿寒岳、阿寒富士をはじめ、複数箇所から立ち昇る水蒸気は迫力があって一見の価値はある風景だ。

◆雌阿寒岳の西側直下には北海道3大秘境湖になっているオンネトーがある。日のよって湖面の色が違うらしいが、湖面に映る雌阿寒岳と阿寒富士も見応えがあるので、立ち寄ることをお勧めしたい。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

北海道の初日は阿寒岳。
雌阿寒温泉脇の登山用駐車場に車を止めて出発!
2017年08月24日 09:12撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北海道の初日は阿寒岳。
雌阿寒温泉脇の登山用駐車場に車を止めて出発!
駐車場から車道を300m弱歩き登山口から入山する。
2017年08月24日 09:16撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から車道を300m弱歩き登山口から入山する。
1
登山口の案内板をふむふむ。
2017年08月24日 09:16撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の案内板をふむふむ。
序盤はエゾマツ主体の樹林帯を歩く。
2017年08月24日 09:23撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤はエゾマツ主体の樹林帯を歩く。
1合目。
山頂まで1合目ごとに標柱が設置されていた。
2017年08月24日 09:28撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1合目。
山頂まで1合目ごとに標柱が設置されていた。
木の根が地面を這いつくばり、まるで蜘蛛の巣のようだ。
2017年08月24日 09:36撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根が地面を這いつくばり、まるで蜘蛛の巣のようだ。
5
キノコかな〜??
何だろう??
2017年08月24日 09:46撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコかな〜??
何だろう??
1
標高1000m。
2合目を過ぎると大きな樹木は無くなった。
ハイマツが多くなり、眺望が良くなってきた。
2017年08月24日 09:55撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1000m。
2合目を過ぎると大きな樹木は無くなった。
ハイマツが多くなり、眺望が良くなってきた。
背丈以上あるハイマツのトンネルを進む。
2017年08月24日 09:57撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背丈以上あるハイマツのトンネルを進む。
2
3合目を過ぎると火山岩も増えてきた。
2017年08月24日 10:05撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目を過ぎると火山岩も増えてきた。
標高1050m。
余りの眺望の良さに、すぐに振り返り、眼下を眺めてしまう。
2017年08月24日 10:07撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1050m。
余りの眺望の良さに、すぐに振り返り、眼下を眺めてしまう。
1
5合目で休憩タイム。
2017年08月24日 10:13撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目で休憩タイム。
3
標高1180m。
雌阿寒岳の北側には、フップシ岳も見える。
2017年08月24日 10:26撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1180m。
雌阿寒岳の北側には、フップシ岳も見える。
1
ここから火口まで500mのエリア内に入る。
見慣れない火山情報に、食い入るように読むHaruto君。
2017年08月24日 10:36撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから火口まで500mのエリア内に入る。
見慣れない火山情報に、食い入るように読むHaruto君。
ここから火口の外輪部まで直登する。
2017年08月24日 10:43撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから火口の外輪部まで直登する。
1
8合目を通過。
2017年08月24日 10:46撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目を通過。
3
溶岩ドームのような荒々しさだ。
2017年08月24日 10:49撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
溶岩ドームのような荒々しさだ。
1
火口に近づくと、次第に巨岩も増えてきた。
2017年08月24日 10:53撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口に近づくと、次第に巨岩も増えてきた。
2
標高1400m。
北海道の広大さを感じるね〜
2017年08月24日 10:56撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1400m。
北海道の広大さを感じるね〜
1
標高1420m。
ようやく火口の外輪部に到着。
2017年08月24日 11:00撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1420m。
ようやく火口の外輪部に到着。
2
外輪壁の上から火口の赤沼を覗きこむ。
2017年08月24日 11:02撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外輪壁の上から火口の赤沼を覗きこむ。
4
Haruto君は、水蒸気のゴーという噴出音を聞いて、初めての活火山にビビり気味。
2017年08月24日 11:25撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Haruto君は、水蒸気のゴーという噴出音を聞いて、初めての活火山にビビり気味。
3
お〜、これよ、これ!
北側には阿寒湖と雄阿寒岳が見えてきた。
2017年08月24日 11:05撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お〜、これよ、これ!
北側には阿寒湖と雄阿寒岳が見えてきた。
4
至る所から水蒸気が立ち上がり、別世界に迷い込んだようだ。
2017年08月24日 11:06撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至る所から水蒸気が立ち上がり、別世界に迷い込んだようだ。
7
山頂はあと僅か。
Haruto君、ガンバロー。
2017年08月24日 11:08撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はあと僅か。
Haruto君、ガンバロー。
1
標高1499mの阿寒岳(雌阿寒岳)の山頂に到着。
2017年08月24日 11:14撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1499mの阿寒岳(雌阿寒岳)の山頂に到着。
9
割れているが味のある山頂標識だな〜
2017年08月24日 11:15撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割れているが味のある山頂標識だな〜
3
山頂から火口を眺めるとこんな感じ。
火口内も数か所から水蒸気が立ち上っている。
2017年08月24日 11:09撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から火口を眺めるとこんな感じ。
火口内も数か所から水蒸気が立ち上っている。
4
山頂から阿寒富士を眺める。
20年前は立ち寄ったが、今回は風が強いのでパスした。
2017年08月24日 11:12撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から阿寒富士を眺める。
20年前は立ち寄ったが、今回は風が強いのでパスした。
6
山頂から北側の眺望。
2017年08月24日 17:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から北側の眺望。
4
山頂から北側の眺望。
それにしても一見の価値がある絶景が広がり、子供でも感動したようだ。
2017年08月24日 11:16撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から北側の眺望。
それにしても一見の価値がある絶景が広がり、子供でも感動したようだ。
3
風が強すぎて、山頂でゆっくり昼食どころでないので、写真だけ撮って早々に下山。
2017年08月24日 11:18撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強すぎて、山頂でゆっくり昼食どころでないので、写真だけ撮って早々に下山。
2
ヒオドシチョウかな?
2017年08月24日 11:35撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒオドシチョウかな?
1
お〜、まだメアカンフスマが咲いていた。
2017年08月24日 11:40撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お〜、まだメアカンフスマが咲いていた。
2
下山は、ゆったり遊びながら山を楽しむ。
2017年08月24日 11:48撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は、ゆったり遊びながら山を楽しむ。
4
絶景を眺めながら慎重に。
2017年08月24日 11:55撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景を眺めながら慎重に。
2
眼下に北海道三大秘境湖のオンネトーが見えた。
2017年08月24日 11:58撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に北海道三大秘境湖のオンネトーが見えた。
5
シラタマノキ。
2017年08月24日 12:13撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラタマノキ。
大きな岩があると登りたくなるHaruto君。
2017年08月24日 12:20撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな岩があると登りたくなるHaruto君。
4
登山口に到着。
2017年08月24日 13:07撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着。
1
駐車場が見えてきた。
お疲れさまでした!
2017年08月24日 13:10撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場が見えてきた。
お疲れさまでした!
1
下山後、駐車場脇の雌阿寒温泉で子供用の登山バッチを購入。
2017年08月24日 13:29撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、駐車場脇の雌阿寒温泉で子供用の登山バッチを購入。
5
せっかく来たので、登山口から1.5劼曚豹覆漾茶褐色の「錦沼」に立ち寄った。
褐鉄鉱が沈殿しているため、独特の茶褐色の池だ。
2017年08月24日 13:33撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかく来たので、登山口から1.5劼曚豹覆漾茶褐色の「錦沼」に立ち寄った。
褐鉄鉱が沈殿しているため、独特の茶褐色の池だ。
2
更にオンネトーで先ほど登った雌阿寒岳(左)と阿寒富士(右)を眺めた。
2017年08月24日 13:43撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更にオンネトーで先ほど登った雌阿寒岳(左)と阿寒富士(右)を眺めた。
5
撮影機材:

感想/記録

今回の山旅は、小4の息子と夏休みの旅行を兼ねて北海道の百名山の中から手軽に登れる山をチョイスして3座登ることにしました。

まず、最初の山は、「阿寒岳」。
新日本海フェリーで朝4時半に小樽港へ入港し、約5時間弱で登山口に到着しました。
雨天の恐れもありましたが、少し風が強いものの雲は高く、登山に支障は無さそうなので、予定通り出発です。

小4のHaruto君は、先日、百名山の白山に登れたことが自信になったようで、山頂までの標高差が700mほどしかない阿寒岳は余裕な感じ。
二人で色々喋っているうちにあっという間に山頂に到着しました。

山頂付近は、15m/s程度の強風が吹き、体重の軽い子供だと、飛ばされそうな天候。
そのため、ゆっくり昼食でも食べながら休憩できるような状態ではなかったので、記念撮影だけして、そそくさに下山しました。

雌阿寒岳は、20年ぶりの再来ですが、山頂の火口周辺から水蒸気が立ち昇り、火山特有の荒々しさと周囲の山々や阿寒湖を望める大展望は、感動ものでした。
眺望にはあまり興味を示さないHaruto君でも何かを感じたようでしたね〜


<2座目の利尻山に続く>
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1239965.html
<3座目の余市岳に続く>
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1240233.html
訪問者数:181人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ