また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1244311 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

日帰り黒戸尾根〜甲斐駒ケ岳

日程 2017年09月03日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
個人で録った記録です。

尾白川渓谷駐車場 3:40発
笹平 5:00-5:10
五合目 6:40-6:50
七丈小屋 7:20-7:40
甲斐駒ケ岳 8:45-9:15
七丈小屋 10:10-10:35
笹平 12:10-12:20
尾白川渓谷駐車場 13:25

行動時間:8時間
休憩時間:1時間45分
登り:4時間25分
下り:3時間35分
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

林道は真っ暗...
2017年09月02日 22:04撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道は真っ暗...
朝から驚かさないでください
2017年09月03日 03:50撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝から驚かさないでください
広い尾根は気持ちいい
2017年09月03日 05:44撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い尾根は気持ちいい
ナイフリッジ?
2017年09月03日 06:08撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジ?
あと少し!
2017年09月03日 08:46撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少し!
北岳の大きさに圧倒
2017年09月03日 08:56撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳の大きさに圧倒
人生二度目の甲斐駒!
2017年09月03日 09:15撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人生二度目の甲斐駒!
3
富士山のラスボス感(笑)
2017年09月03日 09:19撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山のラスボス感(笑)
2
青空が気持ちいい
2017年09月03日 09:47撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が気持ちいい
ありがとうございました!
2017年09月03日 13:24撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがとうございました!
ラムネ最高!!!
2017年09月03日 13:29撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラムネ最高!!!
1

感想/記録

最近は月1でしか山に行けず、毎日勉強ばかりでストレスも溜まっていたので1日でサクッと行け、けっこう激しめな山行がしたかったため、黒戸尾根にした。
また、七丈小屋で働いている先輩にも会いたかった(結局あえなかった...)のもある。

前日に松本を出発し、満員電車(諏訪で花火大会があったようで)に揺られ、長坂駅へ。
駅からはタクシーを使いたいところがそんな金もないので2時間半の道のり月明かりのみで歩く。田舎過ぎて街灯も何も無い。けっこう怖かったな。
この日はとりあえず、尾白川渓谷の駐車場でテントを張って仮眠を取った。

朝は、車の音で目覚めた。もう一度寝ようかと思ったが、アイドリングの音で寝れなかったため、少し早めに起き、朝食を取ってテント等を撤収。
テント等は分かりにくいところにデポしておいた。
久しぶりの山のせいか、ワクワクしてたまらなかった。
登り始めてから順調に歩みを進めていく。
いつの間にか笹平。気付けば1時間半もたっていた。
朝の冷たい空気がとても気持ちよかった。
道もきれいに整備され、歩きやすい。
次はトレランで来ようか。
ナイフリッジ?の辺りも問題なく超え、この当たりからハシゴが多くなってくる。どちらかと言うと、ハシゴの方がよっぽど怖い。
こんな所を歩荷して登る先輩は半端ないなと感じる。
七丈小屋の手前が一番、ハシゴが多い印象を受けた。
途中、抜かれたり抜いたりと多くの登山者と会い、たわいも無い会話が楽しかった。
これもまた山の一つのたのしみか。
七丈小屋では花谷さんに挨拶をし、頂上に向かった。
ちなみに花谷さんは信州大学のOBであり、山岳会の頃はよく噂や逸話を聞いたものだ。
花谷さんと直接会って喋るのは今回が初めてでかなり恐縮してしまった。
七丈小屋からの登りも整備され、それほど苦労せずに行けた。
しかし、ガレ場やザレ場も所々あり、気をつけなければならない。特に下りは慎重になる必要である。
1時間ちょっとでたどり着き、青空の下、頂上を楽しんだ。
いろんな人の頂上があり、やっぱり山はいいとしみじみ感じる。
30分ほど滞在したあと頂上を後にした。
下りは少し慎重に下った。思ったより早くついたということもあり、急ぐ必要も無いと感じた。
七丈小屋でまた、花谷さんとお話をして、小屋を後にした。また、七丈小屋に訪れたい。
下りは来た道をひたすら下った。
さすがに足に来てしまい、後半はペースが落ちる。
尾白川渓谷では多くの人でいっぱいであった。羨ましげに見ていたが、これから松本に帰ると思うと、悠長にしていられなかった。
売店でラムネを買い、帰ってきた喜びを感じる。
荷物をまとめ、温泉に入り、松本へと戻っていった。

今回は、ストレス発散、今の体力を見るにちょうどよかった。充実した1日となった。
訪問者数:380人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ