また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1245248 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

三本槍岳〜稜線には強風、山麓には秋風

日程 2017年09月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往:黒磯駅ーロープウェイ山麓(約1時間\1,350)
復 湯本温泉ー黒磯駅(約35分\820)
東野交通(株)http://toya108.jp/index.php?id=5

ちなみにこの日、那須ロープウェイは強風のため運休してました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
自然研究路 ツツジ吊橋は現在工事中で通行止め(6月1日から11月30日)です。
なす高原自然の家側は、ツツジ園地へのルートでもあるので、入口封鎖されてなく、400m程進んだ木道手前でバリケート封鎖されています。入口の注意書きがあるが小さいので見落としがち、他にもいらっしゃいました
その他周辺情報温泉:鹿の湯(http://www.shikanoyu.jp)
料金::土休日大人500円(小人300円)、貴重品入れ100円(返却なし)
41-48℃の浴槽と小さなかけ湯打たせ湯しかない。洗い栓もあるが石鹸等アメニティーや鏡・椅子いさぎ良いほど一切なく、洗い場の程はなしていない。逆に昔の湯治場気分

注 八幡温泉
6月頃廃業したとのこと(なす高原自然の家の方の談)。
HPはまだ閉鎖されてなく、2011リニューアルしたとあるのに…。
マイカーの方はまだ良いが、バス利用の方、ニノ徹を踏まぬよう
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

なすなす那須に来ま〜した♪
恐怖の強風ちびりそう〜♪
本日ロープウェイ運転中止とか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なすなす那須に来ま〜した♪
恐怖の強風ちびりそう〜♪
本日ロープウェイ運転中止とか
5
お天気も眺めも最高〜♪
ありきたりですが、この曲線美好きです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お天気も眺めも最高〜♪
ありきたりですが、この曲線美好きです
7
那須の花エゾリンドウ
その実リンドウの区別つきません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
那須の花エゾリンドウ
その実リンドウの区別つきません
15
すぐに森林帯を抜けます。
強風が正面から来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに森林帯を抜けます。
強風が正面から来ます。
8
ただ、花は終盤
ウラジロタデか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただ、花は終盤
ウラジロタデか
3
熊見曽根が見えてきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊見曽根が見えてきます
6
もう稜線、峰の茶屋です。お手軽〜!
と言いたいところですが、ここまで50分弱もかかってしまいました。風のせい?(汗)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう稜線、峰の茶屋です。お手軽〜!
と言いたいところですが、ここまで50分弱もかかってしまいました。風のせい?(汗)。
15
来し方を振り返る
銀ぎつねの向こう見下ろす下界もいい天気のよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来し方を振り返る
銀ぎつねの向こう見下ろす下界もいい天気のよう。
5
朝日岳に向かう
少し進むと明礬沢の懸崖が見えてくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳に向かう
少し進むと明礬沢の懸崖が見えてくる
7
アキノキリンソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
6
エゾリンドウと朝日岳
って、ドピンボケ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾリンドウと朝日岳
って、ドピンボケ!
5
紅いノリウツギ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅いノリウツギ?
5
お手軽アルペン気分
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お手軽アルペン気分
10
ガレ縁のホツツジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ縁のホツツジ
2
かっこいいが脆そうな岩塔
ここは左を巻きあがると間もなく朝日の肩です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かっこいいが脆そうな岩塔
ここは左を巻きあがると間もなく朝日の肩です。
9
朝日岳への岩稜を飾るのは地味めなウラジロタデ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳への岩稜を飾るのは地味めなウラジロタデ
3
赤い実が混じるとちょとおしゃれに?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い実が混じるとちょとおしゃれに?
8
朝日岳からは
あー残念、流石山は雲の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳からは
あー残念、流石山は雲の中
5
三本槍や旭岳方面にも千切れ雲飛ぶ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本槍や旭岳方面にも千切れ雲飛ぶ
6
茶臼岳の右に男鹿山塊は見えている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳の右に男鹿山塊は見えている
6
お、雲が切れて青空が!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、雲が切れて青空が!
4
旭岳アップ!
山姿に惚れているが、現在一般道ありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳アップ!
山姿に惚れているが、現在一般道ありません
11
下る中ノ大倉尾根と右に小さく赤面山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下る中ノ大倉尾根と右に小さく赤面山
4
さあ、三本槍へ
熊見曽根へのなだらかな稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、三本槍へ
熊見曽根へのなだらかな稜線
7
朝日岳を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳を振り返る
6
おお〜、流石山方面の雲が取れてきた!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお〜、流石山方面の雲が取れてきた!
7
一旦下った清水平からの三本槍
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦下った清水平からの三本槍
3
もう一枚
この先の北湯分岐からしばらく福島県側(今年初東北)稜線です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一枚
この先の北湯分岐からしばらく福島県側(今年初東北)稜線です。
5
三本槍につきました
流石山も待ってくれてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本槍につきました
流石山も待ってくれてます
16
ややくすんでいるが、流石山、大倉山、三倉山の稜線
行ってみたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ややくすんでいるが、流石山、大倉山、三倉山の稜線
行ってみたい
9
おお、クリアになってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、クリアになってきた
4
旭に乾杯!(サントリーで?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭に乾杯!(サントリーで?)
8
旭岳が陰るとブラックピラミッド
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳が陰るとブラックピラミッド
6
その奥アップにすると猪苗代湖も見えている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その奥アップにすると猪苗代湖も見えている
5
さあ、名残惜しいが行かねばならね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、名残惜しいが行かねばならね
6
流石山
きっと来ます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流石山
きっと来ます
4
茶臼と朝日は何度も来た
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼と朝日は何度も来た
3
男鹿山塊も来る?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男鹿山塊も来る?
3
下った鞍部から旭岳に最後の一瞥
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下った鞍部から旭岳に最後の一瞥
5
シャクナゲもあるようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲもあるようです
2
紅い実がなんかきれい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅い実がなんかきれい
3
赤面山を見ろしながら中の大倉尾根を下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤面山を見ろしながら中の大倉尾根を下ります
4
下ると朝日岳も様相が変わります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ると朝日岳も様相が変わります
4
登山道脇を飾ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道脇を飾ります
4
ダケカンバの素敵な道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバの素敵な道
4
ナナカマドと雲と青空
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドと雲と青空
4
マウントジーンズゲレンデにちょっと立ち寄ると、アサギマダラに会えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マウントジーンズゲレンデにちょっと立ち寄ると、アサギマダラに会えた
11
スキー場なので高山植物の植栽もある
ニッコウキスゲ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場なので高山植物の植栽もある
ニッコウキスゲ?
2
リンドウ栽培地に見慣れぬ花
(多分園芸種)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウ栽培地に見慣れぬ花
(多分園芸種)
1
キキョウ(終盤)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キキョウ(終盤)
2
「恋人の木」ダケカンバとゴヨウツツジの合体木
でも、捻れた小生なら「罪人の木」と呼ぶかな〜
岳樺「魔が差した"ダケ"!」
五葉躑躅「ならぬ"ゴヨウ"」
とか・・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「恋人の木」ダケカンバとゴヨウツツジの合体木
でも、捻れた小生なら「罪人の木」と呼ぶかな〜
岳樺「魔が差した"ダケ"!」
五葉躑躅「ならぬ"ゴヨウ"」
とか・・・・
1
北温泉。。混浴温泉プールが有名
今回はパスで先に行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北温泉。。混浴温泉プールが有名
今回はパスで先に行きます。
2
順調に下っていると・・・・
つつじ吊り橋通行止め(涙)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
順調に下っていると・・・・
つつじ吊り橋通行止め(涙)
なら近くの温泉でゆっくり・・・・
廃業(八幡温泉)です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なら近くの温泉でゆっくり・・・・
廃業(八幡温泉)です。
2
「そんな殺生な〜!」
・・・・(滝汗)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「そんな殺生な〜!」
・・・・(滝汗)
6
なんのこんなことで♨を、
あきらめやせんたい※!
※写真千体地蔵です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんのこんなことで♨を、
あきらめやせんたい※!
※写真千体地蔵です
7
鹿の湯で無事汗を流す
おしまい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿の湯で無事汗を流す
おしまい
7

感想/記録
by odax

 青春18切符が余っている。
 どうせがっつりは歩けないので、移動に時間はかかっても"お得感"のあるエリアがいいな。今年まだ東北の山行ってないし。
 そう言えば、都内の某ユーザが、同切符利用で福島市まで往復して、荒稼ぎしたレコを読んだことがある。ただ、横浜でも内地の小生は、各駅で福島県まで到達となると、歩き出しがお昼になってしまう。で妥協点は那須の三本槍。歩きプラスで福島県鏡まで到達する算段だ。
 コースはバス利用で高度を稼いでの、朝日・三本槍メインルート周回。25年前の細君との最後のまともな山行に選んだのと全く同じ=お気楽コースです。まあ、リハビリということで。
 台風15号の影響で、稜線の強風地帯では風が鳴る。長袖シャツが丁度いい涼しさだ。強風と言っても、たたらを踏んだり風に体を預ける程ではなく、かえって高山気分を盛り上げてくれる。
 朝日〜三本槍から、旭岳、流石山と宿題の山が真近に臨める。そう言えば三本槍は3回目だが、雲も多いが初めて晴れた。
 中ノ大倉尾根は25年前スリッピーな泥濘で辟易した記憶があるが、そこと思しき箇所は石を金属ネットでがっちり固められていた。大スリップの心配はないが、見た目無粋だし、何より金属ネットが劣化・破断したらかえって危険な気もする。
 当初は北温泉♨までの予定だったが、♨からバス停まで車道10分ずっと登りで汗掻いた覚えがある。ちょっと下に八幡温泉があるし、自然歩道をたどって湯本まで下っても1時間位でしょう!そこで、北温泉での入湯はパスして、湯本までの自然歩道歩きをチョイ足しする事に。
 自然歩道を下リ車道を横切り那須高原自然の家に着くと、丁度黒磯行きバスが停まっていたが、まだまだ大丈夫。八幡温泉も近くだが、もみじ吊橋渡って湯本まで行くぞ!
 とここまでは良かったのですが…。
誤算1 なす高原自然の家から下ること400m、バリケードで行けず
 入口に通行止めのちっちゃな注意書きがあったのですが、クマ出没の注意書きの方に気を取られ、見過ごしたようです(涙)。同様に後から家族連れが来ましたので看板が悪い?
誤算2 バス停で次のバスはと見るとまだ1時間余りある
 ただ、丁度近くに八幡温泉がある。こりゃ病み上がりにガツガツ歩かずともゆっくり温泉に入れとの天の啓示とプラス志向に解釈(←楽したくなっただけ)
誤算3 八幡温泉廃業してました
 人影なく、ガッチリ施錠されてました。初秋の好日の下、動く影はアキアカネのみ。稜線の強風より寒さを感じたり…(秋風ビュー)。リニューアルして間もないのに…。

あかじ※の湯 乗れぬ風に舞う アキアカネ
※"赤字"と"開かじ"掛けてます

 ということで、湯に浸からず1時間待つのも癪なので、巻道(車道)使って当初予定通り湯本に抜けましたとさ。
 初志貫徹できました。有難う八幡温泉!?
訪問者数:351人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/27
投稿数: 1932
2017/9/5 10:23
 久しぶりに本格山レコですね!
odaxさん、こんにちは。

連なる山々の眺めが素晴らしいですね
雲は多いながらも遠望が利いて見事な景色です
これでも「お手軽コース」なんですか?
この辺りの山もまだ行ったことがないのですが、あと一月もすれば紅葉が始まって大勢の方が訪れるのでしょうね。

写真67の北温泉は映画のロケ地にもなっていたんですね!
写真の右側に温泉プールの一部が写っていますが入浴されている方はいなかったのでしょうか?
道路からも丸見えでは男でも躊躇してしまいそうですね…

歩くペースが(とても速い)のは、急坂をチャリで上る特訓の成果でしょうか?
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5593
2017/9/5 21:38
 odaxさん、こんにちは。
那須岳、生涯一度は行ってみたい山です。
大きな火山地形を見てみたいなと。
ただ、アクセスが遠くて、と思ってましたが
電車利用で行けるのですね。
名古屋から、宇都宮までは、夜行バスが
ありますので、来年の参考となりました。
百名山としては、茶臼岳踏まないと
カウントされないんですよね?

立派なホテルの廃業、残念ですね。
廃墟マニアが喜びそうな状態に
なる前に、他の形での利用など
あるといいのですが。
登録日: 2012/6/3
投稿数: 9132
2017/9/5 21:49
 odaxさん、
青春18きっぷで那須岳・・・来年、行ってみよっと

拙者が始発で福島駅に行く折は、黒磯駅で乗換えになります。
駅前をぶらつくと、那須ロープウェイ行きのバス停があるので「ここから行けるんだな」と思っていましたが、現実に三本槍岳に登って那須湯本まで歩いて戻れるとは・・・好い話を聞きました
拙者の場合、最速でも黒磯駅8時50分発のバスになるので、今回レコより(恐らく)一つ前の便になるのかな?

拙者の那須岳の思い出は・・・
1990年代初頭に、1号隊員とロープウェイに乗って楽して朝日岳・三本槍岳を経て三斗小屋温泉に下ったら「予約なしで・・・」と呆れられました。
お情けで予備の部屋に泊めてもらえましたが・・・

稜線で飛ばされそうなくらいの強風が吹き抜けていたのをよく覚えています。

  隊長
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1433
2017/9/5 21:51
 昔来た温泉
 makoto1959さん、コメありがとうございます。
 那須の茶臼〜朝日周辺の稜線は、森林限界を抜けており、アプローチもフル利用すればその稜線に1時間足らずで立てます。山麓駅から朝日、三本槍のみで北温泉止めなら半日コースなのでお手軽かと。
 歩くrunペースが速い ?登りが僅かだからですよ。
 北温泉は、25年前入湯 しました。よく言えば本当に昔の湯治場風情で、えー悪く言えば古びてちょっとぼろっちく、これが細君には合わなかったようで、さっさと上がってました。今はどうなんでしょう
 宿前の温泉プール、開放感いっぱいですが、確かに登山道から丸見えで、入浴されている方がいました。もち、ちょうど視界から消えたすきにシャッターを切りましたよ。
 なお、25年前にもこの温泉プールありました。が、その時は若い男女のペアが入っていて(←水着無着用)、しかもじゃれ合ってました 。(細君の手前?)流石に正視できなかったのに加え、”女性まじ勇気あるな ”と思ったのを覚えています。
 え、今回は?もち男性だけでしたよ。もし女性virgoが入ってたら・・・・。写らなくとも、カメラ 向けただけで御用ものでしょ。
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1433
2017/9/5 22:33
 三本の矢
 komakiさん、コメありがとうございます。
 那須岳の表那須側はバスbus便もけっこうありますので、公共輸送機関trainbus利用でも登りやすいです。ですから小生も那須エリアには4度登りに来ていますが、いずれも電車バスtrainbusです。
 ですが、観光だけでなく、山歩きに来ていている方も圧倒的に車 利用の方が多かったですね〜。
 深田百名山の代表ピークは茶臼岳ですが、もし茶臼岳単独としたら、小生なら日本のベスト100には推しませんね 。主峰茶臼に、岩峰の朝日、最高峰の三本槍、をあわせた表那須としてベスト100の価値があるのでは。数ある名山候補の中で勝ち残る”三本槍”ならぬ”三本の矢”ですかね
 三峰回っても軽めの一日コースですので、komakiさんの脚前なら楽々ですよ。
 廃業した温泉 ホテル。よくある話ですが、観光的にもマイナスイメージですし、妙な輩に利用されないように、何かよい利用法があるとよいのですが、
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1433
2017/9/5 23:00
 CP追及
 yamabeeryuさん、コメありがとうございます。
 お分かりと思いますが、冒頭で仮名引用した山レコユーザは、もち隊長のことですよ
 青春18切符は節約登山者の強い味方ですが、何しろ移動速度が遅いのがネックです。ご推察のとおり、東北本線方面に向かうに、横浜の奥地からでは、都内在住のyamabeeryuさんとは、出だしから5馬身位出遅れることになります。
 yamabeeryuさんが青春18切符で那須に出掛ける場合ですが、折角の節約登山のCPをスポイルするのが観光地のバス代busdollarの割高感 です。黒磯ーロープウェイ山麓駅で片道1,350円往復2,700円で、これだけで青春18切符の一日分(\2,350)を上回ってしまいます。
 流石にいくら隊長でも黒磯駅から登っては日帰りは無理でしょうが、バス便も多い湯本温泉起点に周回しては?バス代は1,640円に抑えられます。
 コースは、殺生石から茶臼の西側の牛ヶ首への登路を採って、茶臼、朝日、三本槍を周回して湯本まで戻る。yamabeeryuさんの脚前と、JR乗車移動時間が小生より往復2時間は少ない地の利生かせば、可能では

PS 三斗温泉まだ未踏(湯)です

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ