また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1251417 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳・直登コース

日程 2017年09月09日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、時々曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
仙流荘駐車場までマイカー、北沢峠までマイクロバス。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
メジャーな山だけあって迷いやすい箇所はありません。只、要注意箇所でのハイカーへの安全に対する配慮が殆ど感じられませんでした。北アルプスなら絶対にあるだろう箇所にも、クサリ、ハシゴは、一切無く、初心者が北アルプス感覚で登ったら痛い目に遭うかも。一部のハイカーが降りられなくて困っている場面にも遭遇しました。極めつけは、駒ヶ岳中腹に直登コースと巻き道コースの分岐があります。特に注意書きはなかったので直登コースを選んだが、途中で躊躇する場面に遭遇。降りるに降りられず、大きな石をよじ登ったり、体の保持が困難な大岩を横切る箇所があり、クサリやハシゴ等一切なし。荷物が重い場合は更に危険、落ちたら只では済みません。せめて直登コースには「初心者は危険」などの注意喚起は必要と思います。勝手に登ってケチを付けるのもなんですが・・・
その他の場所では歩きにくい大きな石の上を歩いたり、クサリのない数メートルの岩場の上り下りはあるものの、気を付ければ大丈夫です。
なお、日帰りの場合、バスの最終便は午後4時と早いので要注意です。特に臨時便が出ない通常は、北沢峠の出発が7時頃になってしまうので1日の行動時間は約9時間しかありません。
その他周辺情報下山後の入浴は、バスターミナル隣に「仙人の湯」があります。入浴料金500円。バスを利用した場合、バスターミナルで割引券を貰えば100円割引可)地下水を汲み上げているようで温泉ではないようです。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

5:19 仙流荘駐車場到着。既に約90%の駐車率であった。
2017年09月09日 05:19撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:19 仙流荘駐車場到着。既に約90%の駐車率であった。
1
切符購入の列。
2017年09月09日 05:23撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切符購入の列。
切符は2台の自動販売機で販売、往復で2260円。そのほか手回り品(18リットル以上のザック)として往復420円プラスされます。
2017年09月09日 05:27撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切符は2台の自動販売機で販売、往復で2260円。そのほか手回り品(18リットル以上のザック)として往復420円プラスされます。
1
本来9月の始発便は6:05だが、本日は登山客が多いので臨時増発で対応、マイクロバスのピストン輸送で、私は5:30過ぎに出発出来た。
2017年09月09日 05:32撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本来9月の始発便は6:05だが、本日は登山客が多いので臨時増発で対応、マイクロバスのピストン輸送で、私は5:30過ぎに出発出来た。
6:20 約50分乗車で北沢峠に到着です。
2017年09月09日 06:24撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:20 約50分乗車で北沢峠に到着です。
駒ヶ岳、始めはこんな道。
2017年09月09日 06:27撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳、始めはこんな道。
駒ヶ岳が見えてきた。
2017年09月09日 08:03撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳が見えてきた。
3
標高差約600m、喘ぎながら登ること約1時間半、双児山に到着です。
2017年09月09日 08:05撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高差約600m、喘ぎながら登ること約1時間半、双児山に到着です。
1
双児山からの北岳方面を望む。
2017年09月09日 08:07撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双児山からの北岳方面を望む。
これから登る駒ヶ岳と手前に駒津峰。
2017年09月09日 08:07撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る駒ヶ岳と手前に駒津峰。
2
駒津峰登り途中から振り返る双児山。バックの仙丈ヶ岳はガスで見えない。
2017年09月09日 08:31撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒津峰登り途中から振り返る双児山。バックの仙丈ヶ岳はガスで見えない。
本邦第2位の北岳、凜々しく君臨しています。
2017年09月09日 08:32撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本邦第2位の北岳、凜々しく君臨しています。
1
目的地、駒ヶ岳は目の前だ。
2017年09月09日 08:52撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目的地、駒ヶ岳は目の前だ。
2
8:55 駒津峰に到着です。
2017年09月09日 08:55撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:55 駒津峰に到着です。
2
左側には・・・尖っているのは鋸岳だとか。
2017年09月09日 09:01撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側には・・・尖っているのは鋸岳だとか。
2
大きなゴロ石を通り駒ヶ岳を目指す。
2017年09月09日 09:10撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなゴロ石を通り駒ヶ岳を目指す。
3
ルートはこんな感じだ。
2017年09月09日 09:16撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートはこんな感じだ。
2
途中の大岩。これが六方石か?
2017年09月09日 09:31撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の大岩。これが六方石か?
3
足下にも大きな石が。
2017年09月09日 09:31撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足下にも大きな石が。
1
六万石を振り返る。
2017年09月09日 09:34撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六万石を振り返る。
1
直登コースと巻き道コースの分岐。直登コースを選択したが、後で躊躇することに・・・
2017年09月09日 09:36撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登コースと巻き道コースの分岐。直登コースを選択したが、後で躊躇することに・・・
いきなり大石が立ちはだかる。更にこの後にも、つかむものがなく大石を抱きかかえながら横切る箇所が・・・
2017年09月09日 09:38撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり大石が立ちはだかる。更にこの後にも、つかむものがなく大石を抱きかかえながら横切る箇所が・・・
2
難関は無事通過。
2017年09月09日 09:45撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難関は無事通過。
1
あとはこんな感じのルートが続く。
2017年09月09日 09:45撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはこんな感じのルートが続く。
2
巻き道コースの上部を望む。
2017年09月09日 09:47撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道コースの上部を望む。
1
頂上はまだ遙か上だ。
2017年09月09日 09:49撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上はまだ遙か上だ。
2
すこぶる展望が良い。
2017年09月09日 09:51撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すこぶる展望が良い。
1
北岳方面。左側はいつもガスが湧き上がっています。
2017年09月09日 09:54撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳方面。左側はいつもガスが湧き上がっています。
2
頂上を見上げる。
2017年09月09日 09:59撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上を見上げる。
1
後続者。
2017年09月09日 10:02撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後続者。
2
三点支持で岩をよじ登る。クサリなどありません。
2017年09月09日 10:03撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三点支持で岩をよじ登る。クサリなどありません。
6
通ってきたルートを振り返る。
2017年09月09日 10:05撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通ってきたルートを振り返る。
1
駒津峰を見下ろす。
2017年09月09日 10:05撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒津峰を見下ろす。
1
登ってきたルート全景。
2017年09月09日 10:06撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきたルート全景。
1
巻き道側の斜面。雲を遙か下に見下ろす。
2017年09月09日 10:09撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道側の斜面。雲を遙か下に見下ろす。
1
燕岳風の石も・・・
2017年09月09日 10:14撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳風の石も・・・
眼下を見下ろす。仙丈ヶ岳が雲の間に見え隠れします。
2017年09月09日 10:14撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下を見下ろす。仙丈ヶ岳が雲の間に見え隠れします。
1
頂上直下。
2017年09月09日 10:16撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下。
2
ルートを振り返る。
2017年09月09日 10:17撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートを振り返る。
1
こちらは巻き道ルート。
2017年09月09日 10:19撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは巻き道ルート。
1
眼下には摩利支天が。
2017年09月09日 10:23撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下には摩利支天が。
1
ガスに包まれた摩利支天、絵になります。
2017年09月09日 10:27撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスに包まれた摩利支天、絵になります。
2
10:31 甲斐駒ヶ岳、ついに到着です。頂上は結構広い。
2017年09月09日 10:31撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:31 甲斐駒ヶ岳、ついに到着です。頂上は結構広い。
12
頂上でのパノラマ。ガスで地蔵岳や富士山が見えないのが残念。(元サイズで拡大可)
2017年09月09日 10:33撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上でのパノラマ。ガスで地蔵岳や富士山が見えないのが残念。(元サイズで拡大可)
2
鋸岳方面。
2017年09月09日 10:50撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳方面。
1
あ、あれは何だ!
私の食べかけのカップでした。(^^;)
2017年09月09日 10:51撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ、あれは何だ!
私の食べかけのカップでした。(^^;)
3
もう一方のピーク。
2017年09月09日 10:58撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一方のピーク。
2
ガスに包まれた摩利支天を見下ろす。
2017年09月09日 10:58撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスに包まれた摩利支天を見下ろす。
2
もう一方のピークに向かいます。
2017年09月09日 11:00撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一方のピークに向かいます。
1
絵になるので何度も撮ってしまいます。
2017年09月09日 11:01撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絵になるので何度も撮ってしまいます。
2
もう一方のピーク。
2017年09月09日 11:02撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一方のピーク。
1
山頂を見上げる。
2017年09月09日 11:02撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を見上げる。
気温は14℃。汗が冷えると肌寒い。
2017年09月09日 11:05撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は14℃。汗が冷えると肌寒い。
11:06 早めに下山開始です。
2017年09月09日 11:06撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:06 早めに下山開始です。
1
巻き道ルートを見下ろす。
2017年09月09日 11:07撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道ルートを見下ろす。
1
急斜面だが直登ルートよりは安全だ。
2017年09月09日 11:08撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面だが直登ルートよりは安全だ。
1
摩利支天に寄りたかったが分岐を見落としてしまう。
2017年09月09日 11:10撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天に寄りたかったが分岐を見落としてしまう。
1
頂上を見上げる。
2017年09月09日 11:14撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上を見上げる。
まだまだ大勢が登ってきます。
2017年09月09日 11:21撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ大勢が登ってきます。
1
摩利支天分岐・・・ここからでは往復に時間がかかってしまうので断念。
2017年09月09日 11:27撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天分岐・・・ここからでは往復に時間がかかってしまうので断念。
1
更に下る。
2017年09月09日 11:27撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に下る。
1
断念した摩利支天。
2017年09月09日 11:29撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
断念した摩利支天。
2
面白い形の一枚岩。昨夜は一睡もしていないのであの上で寝そべって休みたい。
2017年09月09日 11:29撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面白い形の一枚岩。昨夜は一睡もしていないのであの上で寝そべって休みたい。
2
斜面。
2017年09月09日 11:32撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面。
1
んっ!
1本木、日陰のオアシス。
2017年09月09日 11:32撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
んっ!
1本木、日陰のオアシス。
1
ステップが出来ている。
2017年09月09日 11:34撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ステップが出来ている。
直登ルートを見上げる。
2017年09月09日 11:35撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登ルートを見上げる。
3
六万石で登ってくるハイカーで渋滞か。
2017年09月09日 11:45撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六万石で登ってくるハイカーで渋滞か。
1
駒ヶ岳を振り返る。
2017年09月09日 12:02撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳を振り返る。
2
駒津峰までもうすぐだ。
2017年09月09日 12:08撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒津峰までもうすぐだ。
12:20 駒津峰に到着です。ここからはルートを変えて仙水峠を経由して下山だ。
2017年09月09日 12:26撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:20 駒津峰に到着です。ここからはルートを変えて仙水峠を経由して下山だ。
急坂を約500m一気に降りる。膝に負担がかかるので要注意です。
2017年09月09日 12:39撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を約500m一気に降りる。膝に負担がかかるので要注意です。
今朝、登ってきた尾根。ピークは双児山だ。
2017年09月09日 12:46撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝、登ってきた尾根。ピークは双児山だ。
下山途中で小陰より駒ヶ岳と摩利支天を振り返る。
2017年09月09日 12:50撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中で小陰より駒ヶ岳と摩利支天を振り返る。
1
この先下山する谷を見下ろす。白くなっている箇所はテン場だ。無数のテントが見えます。
2017年09月09日 12:52撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先下山する谷を見下ろす。白くなっている箇所はテン場だ。無数のテントが見えます。
仙水峠を隔てて栗沢山。
2017年09月09日 13:04撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水峠を隔てて栗沢山。
2
13:24 やっと仙水峠に到着です。
2017年09月09日 13:24撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:24 やっと仙水峠に到着です。
先を急ぐ。ここから暫くは石ゴロのルートだ。
2017年09月09日 13:28撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先を急ぐ。ここから暫くは石ゴロのルートだ。
1
森林浴が出来そう。
2017年09月09日 13:51撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林浴が出来そう。
仙水小屋に到着。カップラーメンが出来るとのこと。
2017年09月09日 13:58撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水小屋に到着。カップラーメンが出来るとのこと。
仙水小屋の水、水温4℃だとか。歯にしみるくらい冷たい。脱水気味の体に飲み溜めする。
2017年09月09日 13:57撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水小屋の水、水温4℃だとか。歯にしみるくらい冷たい。脱水気味の体に飲み溜めする。
長衛小屋は間近だ。
2017年09月09日 14:25撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長衛小屋は間近だ。
長衛小屋に到着。
2017年09月09日 14:31撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長衛小屋に到着。
無数のテントが張られています。この奥にもあり、総数は150張りくらいか。
2017年09月09日 14:33撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無数のテントが張られています。この奥にもあり、総数は150張りくらいか。
2
14:44 無事に北沢峠に生還。バスはピストン輸送で満員になり次第発車しており、5分ほどですぐに発車した。
今回のデータ。合計距離:8.7km、合計時間:8時間26分、累積標高1238m でした。摩利支天に行けなかったのは残念ですが好天に恵まれ素晴らしい山旅となりました。お疲れ様でした。
2017年09月09日 14:44撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:44 無事に北沢峠に生還。バスはピストン輸送で満員になり次第発車しており、5分ほどですぐに発車した。
今回のデータ。合計距離:8.7km、合計時間:8時間26分、累積標高1238m でした。摩利支天に行けなかったのは残念ですが好天に恵まれ素晴らしい山旅となりました。お疲れ様でした。
2
訪問者数:312人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ