また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1252916 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

燕岳2 中房渓谷ルート その道、ハードモードにつき

日程 2017年09月10日(日) [日帰り]
メンバー
天候■9/10
快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■行き
マイカーで中房温泉駐車場(第一駐車場)へ

登山口:中房温泉
ルート:中房温泉→合戦尾根→燕岳→平→東沢乗越→中房渓谷→中房温泉 周回ルート
下山口:中房温泉

■帰り
中房温泉駐車場からマイカーで帰宅。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間7分
休憩
4時間0分
合計
13時間7分
Sスタート地点04:1804:28中房温泉04:31中房温泉登山口04:3305:03第1ベンチ05:28第2ベンチ05:3206:10第3ベンチ06:2006:41富士見ベンチ07:0107:20合戦小屋07:4507:55合戦山(合戦沢ノ頭)08:0008:38燕山荘09:4809:52いるか岩09:5310:11めがね岩10:1410:15燕岳10:3510:47北燕岳11:0611:4411:5112:50東沢乗越13:1814:20西大ホラ沢出合15:28奥馬羅尾沢出合15:5316:02ブナ平16:47吊橋17:16中房温泉登山口17:1717:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■登山道
中房温泉→合戦尾根→燕山荘→燕岳
登山道は非常によく整備されています。

燕岳→平
稜線歩きですが、やや藪がちな箇所があります。登山道でないところに踏みあとがついていたりして紛らわしいので注意が必要です。

平→東沢乗越
崩落地あり。やや藪がちですが、問題ないレベルかと思います。

東沢乗越→西大ホラ沢出合
かなりの急斜面です。

西大ホラ沢出合→北燕沢出合
中房川を何度も渡渉します。看板はほとんどなく(たしかひとつだけ)、岩や木のペンキ印やビニールテープが頼りです。これを確実に見逃さないで進む必要があります。
雨天時や雨後、融雪期は通行できなくなると思われます。

北燕沢出合→どうだん坂→ブナ平→吊橋
中房川沿いの斜面をトラバースぎみに進みますが、崩落地が多く危険な道のりです。
どうだん坂など、崩落地を避けるための急なアップダウンも多く、かなり神経を使います。
中房川の渡渉を終えたタイミングでこの危険地がやってくるので、肉体的にも精神的にも大きな負担を感じました。要注意。

吊橋→中房温泉
登山道は良く整備されています。
その他周辺情報■日帰り温泉
四季の郷ほりでーゆ
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ(1) 予備電池(1) 1/25000地形図 ガイド地図(1) コンパス(1) 笛(1) 熊鈴(1) 筆記具(1) 保険証(1) 飲料(1) ティッシュ(1) トイレットペーパー(1) ウェットティッシュ(1) フェイスペーパー(1) 日焼け止め(1) バンドエイド(1) タオル(1) 携帯電話(1) 計画書(2) 雨具(1) 防寒着(1) ストック(1) 水筒(1) 時計(1) カメラ(1) ズームレンズ(1) カメラメンテナンスキット(1) 予備カメラ電池(1) 予備SDカード(1) 非常食(1) アンダーウェア(2) 靴下(2) 帽子(1) サングラス(1) マスク(2) スパッツ(1) ザックカバー(1) おふろセット(1)

写真

まだ夜明け前の合戦尾根
2017年09月10日 05:11撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ夜明け前の合戦尾根
空を渡る荷揚げ用ロープウェイ
2017年09月10日 05:33撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空を渡る荷揚げ用ロープウェイ
夜明けです
2017年09月10日 05:43撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明けです
有明山からの朝日がおはようございます。
2017年09月10日 06:05撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有明山からの朝日がおはようございます。
1
常念山脈来たこれ
2017年09月10日 06:10撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念山脈来たこれ
ゴゼンタチバナ
2017年09月10日 06:14撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
朝の森
2017年09月10日 06:18撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の森
オオカメノキ
2017年09月10日 06:19撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオカメノキ
アキノキリンソウ
2017年09月10日 06:38撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
富士見ベンチから富士山見えず
2017年09月10日 06:46撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見ベンチから富士山見えず
富士山ベンチ
2017年09月10日 06:47撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山ベンチ
合戦小山
まだ7時半前ですがかなりの人出。
2017年09月10日 07:25撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦小山
まだ7時半前ですがかなりの人出。
テン場あるんですね。
2017年09月10日 07:45撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場あるんですね。
ウサギギク
2017年09月10日 07:54撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギギク
ヤマハハコ
2017年09月10日 08:01撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ
有明山
2017年09月10日 08:01撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有明山
彼方に見えるのは北信の山。妙高・黒姫・飯綱
2017年09月10日 08:02撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
彼方に見えるのは北信の山。妙高・黒姫・飯綱
燕山荘が見えた!
それにしてもいい天気です。
2017年09月10日 08:03撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘が見えた!
それにしてもいい天気です。
槍があらわれた
2017年09月10日 08:16撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍があらわれた
シラタマノキかな?
2017年09月10日 08:16撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラタマノキかな?
ナナカマド
2017年09月10日 08:27撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマド
沈む月
2017年09月10日 08:28撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沈む月
1
燕山荘が間近。
3年前はガスガスでしたが、今回はうってかわっての好天。
2017年09月10日 08:29撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘が間近。
3年前はガスガスでしたが、今回はうってかわっての好天。
常念山脈の向こうに槍穂
2017年09月10日 08:30撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念山脈の向こうに槍穂
これぞ北アルプス
2017年09月10日 08:30撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これぞ北アルプス
1
燕山荘が間近
2017年09月10日 08:32撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘が間近
1
野生のブルーベリーことサンカヨウの実
2017年09月10日 08:35撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野生のブルーベリーことサンカヨウの実
こちらはキイチゴでしょうか
2017年09月10日 08:38撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはキイチゴでしょうか
オンタデと有明山
2017年09月10日 08:43撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オンタデと有明山
1
稜線に到着!! 
風が吹き抜けます。
2017年09月10日 08:44撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に到着!! 
風が吹き抜けます。
燕岳!!
2017年09月10日 08:44撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳!!
そして槍ヶ岳と高瀬川系の谷。 
右手前は存在感抜群の硫黄岳。
2017年09月10日 08:44撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして槍ヶ岳と高瀬川系の谷。 
右手前は存在感抜群の硫黄岳。
1
双六・鷲羽・水晶方面
2017年09月10日 08:45撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六・鷲羽・水晶方面
2
奇岩の林立する稜線部
2017年09月10日 08:52撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇岩の林立する稜線部
1
これは良い槍。
2017年09月10日 08:52撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは良い槍。
3
5年前に行きましたが、まだ山頂には立ってないんですよね。
2017年09月10日 08:52撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5年前に行きましたが、まだ山頂には立ってないんですよね。
1
いまだ再挑戦果たせぬ槍・・・
2017年09月10日 08:53撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いまだ再挑戦果たせぬ槍・・・
2
そして大キレットから奥穂。
2017年09月10日 08:53撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして大キレットから奥穂。
1
あっちは八ヶ岳かな?
2017年09月10日 08:55撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちは八ヶ岳かな?
燕山荘と燕岳
2017年09月10日 08:57撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘と燕岳
何度見ても良い
2017年09月10日 09:52撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度見ても良い
迫力のある湯俣川の谷
2017年09月10日 09:52撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力のある湯俣川の谷
鷲羽・水晶・野口五郎方面 
これ、ぜんぶ歩けたらいいなぁ・・・
2017年09月10日 09:53撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽・水晶・野口五郎方面 
これ、ぜんぶ歩けたらいいなぁ・・・
1
名物イルカ岩。槍ヶ岳添え。
2017年09月10日 09:56撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物イルカ岩。槍ヶ岳添え。
2
イルカ & YARI
2017年09月10日 09:57撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イルカ & YARI
4
これは良い構図
2017年09月10日 09:57撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは良い構図
良い撮影スポットですね。
2017年09月10日 09:57撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い撮影スポットですね。
砂礫地のコマクサ
2017年09月10日 09:58撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂礫地のコマクサ
湯俣川谷
2017年09月10日 09:58撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯俣川谷
1
燕岳が目前です。
2017年09月10日 10:01撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳が目前です。
1
トウヤクリンドウ
2017年09月10日 10:01撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウ
いよいよ燕岳
2017年09月10日 10:03撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ燕岳
つらいでしかし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つらいでしかし。
北釜尾根がやばい。
2017年09月10日 10:07撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北釜尾根がやばい。
あそこが雲の平かと思いましたがそうでもないみたい。双六岳周辺ですかね。
2017年09月10日 10:08撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこが雲の平かと思いましたがそうでもないみたい。双六岳周辺ですかね。
青空と燕山荘の稜線。
2017年09月10日 10:11撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と燕山荘の稜線。
常念山脈は良い稜線です。
2017年09月10日 10:21撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念山脈は良い稜線です。
この岩もなにかの顔に見えなくもない。
2017年09月10日 10:21撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩もなにかの顔に見えなくもない。
山頂直下
2017年09月10日 10:22撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下
燕岳頂上2763m
2017年09月10日 10:24撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳頂上2763m
1
これから進む北方向の稜線。北燕岳、平方面。
2017年09月10日 10:25撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む北方向の稜線。北燕岳、平方面。
1
清水岳に雲が出てきましたね。
2017年09月10日 10:28撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水岳に雲が出てきましたね。
なんか元気がない(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか元気がない(笑)
2
二等三角点「燕岳」
2017年09月10日 10:30撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二等三角点「燕岳」
1
どどーんと北鎌尾根
2017年09月10日 10:35撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どどーんと北鎌尾根
北燕岳方面へ
2017年09月10日 10:40撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北燕岳方面へ
1
砂礫の稜線
2017年09月10日 10:40撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂礫の稜線
北燕岳
ここはコマクサの栽培試験地だそうです。
2017年09月10日 10:46撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北燕岳
ここはコマクサの栽培試験地だそうです。
1
北燕岳直下
2017年09月10日 10:50撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北燕岳直下
正面に湯俣岳・野口五郎岳
2017年09月10日 10:53撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に湯俣岳・野口五郎岳
さらに北へ。向こうにも巨大なイルカ型の岩ありますが
2017年09月10日 10:54撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに北へ。向こうにも巨大なイルカ型の岩ありますが
1
東沢方面への下山路は危険である旨の注意書き。本当に荒れています。
2017年09月10日 11:03撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢方面への下山路は危険である旨の注意書き。本当に荒れています。
1
このあたりは花が残っています。ウメバチソウ。
2017年09月10日 11:04撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは花が残っています。ウメバチソウ。
ハクサンフウロ
2017年09月10日 11:05撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
リンドウとウメバチソウ
2017年09月10日 11:05撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウとウメバチソウ
ミヤマコゴメグサ
2017年09月10日 11:06撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマコゴメグサ
巨大イルカの直下を通過
2017年09月10日 11:11撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大イルカの直下を通過
1
舟窪岳・針ノ木岳方面ですかね。
2017年09月10日 11:28撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舟窪岳・針ノ木岳方面ですかね。
前方に平と呼ばれる下降点が見えてきました。ここで右(東方向)に曲がり、稜線を後にします。
2017年09月10日 11:32撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に平と呼ばれる下降点が見えてきました。ここで右(東方向)に曲がり、稜線を後にします。
1
良い稜線なのですが、帰るために下りないといけません。
2017年09月10日 11:40撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い稜線なのですが、帰るために下りないといけません。
1
平が目前
2017年09月10日 11:41撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平が目前
2
赤く染まったオンタデ
2017年09月10日 11:42撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤く染まったオンタデ
平。ここで右折します。直進の道はありません。
2017年09月10日 11:46撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平。ここで右折します。直進の道はありません。
槍穂高が見えるのもここまで。
2017年09月10日 11:46撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂高が見えるのもここまで。
そして燕岳
このあたりでカメラが不調になってしまい、以降はスマホでの撮影になります。
2017年09月10日 11:46撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして燕岳
このあたりでカメラが不調になってしまい、以降はスマホでの撮影になります。
1
小さなリンドウの花
2017年09月10日 11:49撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなリンドウの花
チングルマの綿毛
2017年09月10日 11:50撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマの綿毛
崩落地を通過。徐々に道の難易度が上がっていきます。
2017年09月10日 12:11撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地を通過。徐々に道の難易度が上がっていきます。
1
ダケカンバの樹林帯に突入
2017年09月10日 12:15撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバの樹林帯に突入
東沢乗越
2017年09月10日 12:50撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢乗越
1
餓鬼岳方面。なかなか険しい道が続くそうです。
2017年09月10日 13:05撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼岳方面。なかなか険しい道が続くそうです。
1
中房川の谷に突入。一気につづら折れで下ります。笹が繁茂して歩きづらいところもあります。
2017年09月10日 13:29撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中房川の谷に突入。一気につづら折れで下ります。笹が繁茂して歩きづらいところもあります。
1
いやこれ急降下すぎるだろ
2017年09月10日 13:33撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやこれ急降下すぎるだろ
1
まさに峡谷
2017年09月10日 13:59撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさに峡谷
1
この斜面は私の限界勾配を越えてます・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この斜面は私の限界勾配を越えてます・・・
1
センジュガンピ?
2017年09月10日 13:59撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センジュガンピ?
ようやく西大ホラ沢出合が近づいてきました。
2017年09月10日 14:20撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく西大ホラ沢出合が近づいてきました。
西大ホラ沢出合からは、なんども中房川を渡渉することになります。ペンキマークを見逃さないよう慎重に進みます。
2017年09月10日 14:25撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西大ホラ沢出合からは、なんども中房川を渡渉することになります。ペンキマークを見逃さないよう慎重に進みます。
1
この川、どれだけ暴れるのか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この川、どれだけ暴れるのか。
2
台風の影響とのことですが、登山道は随所で崩落しており、非常に危ないです。
2017年09月10日 14:25撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風の影響とのことですが、登山道は随所で崩落しており、非常に危ないです。
2
奥馬羅尾沢出合に到達。この前後の道も急峻で難しいです。
2017年09月10日 15:39撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥馬羅尾沢出合に到達。この前後の道も急峻で難しいです。
それにしてもこの沢も厳しい。
2017年09月10日 15:39撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしてもこの沢も厳しい。
1
ブナ平を通過
2017年09月10日 16:02撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ平を通過
あちこちに堰堤のある中房川
2017年09月10日 16:25撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこちに堰堤のある中房川
また渡渉ポイント
2017年09月10日 16:31撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また渡渉ポイント
1
川底が赤いのは鉄分でしょうか。
2017年09月10日 16:32撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川底が赤いのは鉄分でしょうか。
かなりの赤色です
2017年09月10日 16:32撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりの赤色です
吊り橋を渡ります。数年前は老朽化していたそうなので、近年架け替えられたのでしょうか。
2017年09月10日 16:48撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡ります。数年前は老朽化していたそうなので、近年架け替えられたのでしょうか。
なかなかの急流
2017年09月10日 16:48撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかの急流
迫力満点です
2017年09月10日 16:48撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力満点です
ようやく中房温泉に到着。長かった中房川の道を歩ききり、一安心。
2017年09月10日 17:08撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく中房温泉に到着。長かった中房川の道を歩ききり、一安心。
急に文明感豊富になります。
2017年09月10日 17:08撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急に文明感豊富になります。
1
分岐点
2017年09月10日 17:08撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点
中房温泉、非常に立派な温泉宿です。泊まりたい・・・
2017年09月10日 17:12撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中房温泉、非常に立派な温泉宿です。泊まりたい・・・
登山口
2017年09月10日 17:17撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口
そして第一駐車場に帰還。おつかれさまでした。
2017年09月10日 17:24撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして第一駐車場に帰還。おつかれさまでした。

感想/記録

2014年に常念山脈を縦走して以来、3年ぶりに燕岳に行ってきました。
日帰りで槍・穂高・後立山など北アルプスの山々を眺められる燕岳は、とても素晴らしい山です。
合戦尾根のピストンでは面白くないということで、東沢乗越から中房川へ下る周回ルートを選択しました。

約5.6kmで約1400mを上がる合戦尾根は急登ですが、極めて道が整備されているために、非常に歩きやすいです。
一方、約8kmで約1400mを下る東沢乗越→中房川のほうが、極めて急勾配の箇所や荒れた河川の渡渉、崩落地トラバースが連続し、極めてハードです。

このルートは上級者向きで、安易に周回ルートにするとために選択するのは良くなかったなと反省。
しかし、この厳しい道を体験できたことは良い経験になりました。
来てよかったなとは思います。

――EXPLORING RECORD――――――>>
ヤマレコ 136記録
3000m峰 10/21
日本百高峰 26/100
日本百名山 42/100
日本二百名山 55/200(燕岳は二百名山だが、登頂経験あり)
日本三百名山 66/300
一等三角点百名山 21/100
都道府県最高峰 10/47
――――――――――――――――――
訪問者数:273人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ