また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1259855 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 八幡平・岩手山・秋田駒

裏岩手縦走路(八幡平〜岩手山)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2017年09月16日(土) ~ 2017年09月17日(日)
メンバー
天候9月16日(土):晴れ
9月17日(日):ガス&強風
アクセス
利用交通機関
電車バス
<行き>
●電車:新幹線はやぶさ/6:00東京発〜8:13盛岡着(14740円)
●バス:八幡平自然散策バス/9:10盛岡駅発〜11:00八幡平頂上着(1300円)
※時刻表:http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/uploads/29_sansak.pdf
※盛岡からバスを使って八幡平頂上へ行く場合は一番早くて11時着となります。

<帰り>
●路線バス(下山後の温泉へ):御神坂駐車場〜網張温泉(380円)
●路線バス:網張温泉〜盛岡駅(1180円)
※時刻表:http://www.iwatekenkotsu.co.jp/pdf/timetable/11_shizukuishi/11025_amihari-koiwaikankou_20170421.pdf
●深夜バス:23:10盛岡駅発〜6:10池袋着(8500円)
 
経路を調べる(Google Transit)
GPS
14:43
距離
34.2 km
登り
2,081 m
下り
2,993 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●ルート全般
テン場がないため、避難小屋利用となります

●八幡平山頂レストハウス〜大深山荘
八幡平レストハウスから裏岩手縦走路の登山口までは850mほどの車道歩き。
登山口から800mほど進むとすぐ縦走路からわずかに離れた畚岳との分岐が現れます。
畚岳から緩やかにアップダウンした次のピークが諸桧岳となります。
諸桧岳の頂上標はピークの手前の小ピークに立っていました。
諸桧岳から鞍部まで下ると湿地帯となり石沼が東側(進行方向左手)にあります。
ここから緩やかに登り返すと前諸桧へと至ります。
前諸桧からは今回のルートの中では珍しくも急斜面(といってもフツーの斜面です)
を高低差120mほど下り、90mほど登り返すと嶮岨森へと至ります。
嶮岨森から1.7kmほど進むと大深山荘に到着です。

※大深山荘の水場は松川温泉登山口方面に5分ほど進んだところにあります。
三ッ石山荘の水場は水が枯れている可能性があるため、
心配な場合はここで汲んで行きます。

●大深山荘〜三ッ石山荘
水場から縦走路に復帰してしばらく進むと稜線に乗り、
進路を西に変えるとほどなく大深岳へ。
ここでさらに進路を南に変えて関東森とルートを分けると鞍部まで
九十九折に高低差150mほど下り120mほど登り返して小畚岳へと至ります。
小畚岳からP1447を経て鞍部の三ツ沼まで下り緩やか〜に登り返し三ッ石山に到着です。
三ッ石山山頂からは少し足元の悪いガレ場のルートを高低差180mほど
下って三ッ石山荘へと至ります。

※三ッ石山荘の水場は滝の上登山口方面に3分ほど進んだところにあります。
この日は細いながらも水は出ていました。

●三ッ石山荘〜黒倉山
三ッ石山荘から大松倉山までは、草深いルートを高低差120mほど登ります。
その後、犬倉山分岐までは濡れた粘土質の登山道が続くためスリップに注意。
犬倉山は山頂を通過するルートと巻道に分かれます。
姥倉山分岐で森林限界上の稜線に乗った瞬間、
体が持っていかれるほどの強風に晒されました。
ほどなく樹林帯に入れますがそれも束の間、黒倉山への直登ルートの途中から再び
森林限界を超えるため、風と格闘しながらの登りになりました。

●黒倉山〜鬼ヶ城〜不動平
黒倉山も山頂ルートと巻道に分かれ合流するとすぐに切通です。
切通で鬼ヶ城ルートとお花畑ルートとに分かれます。
鬼ヶ城ルートは切り立った岩場の登下降があるため風が強い場合は
お花畑ルートを使うのが一般的なようです。地形的にも風が遮られる登山道です。

鬼ヶ城ルートは切通からしばらくは樹林帯の幅の広い尾根が続きますが、
徐々に岩っぽくなり岩場の登下降を繰り返しながら標高を上げていきます。
岩場は溶岩なので滑りにくく歩きやすいです。
切通から高低差380mほど登ると御神坂ルートと合流し、
ひと下りすると不動平へと至ります。

●不動平〜岩手山
不動平から溶岩砂礫のガレ場を登るとほどなく火口縁であるお鉢に飛び出します。
山頂(薬師岳)まで登山道に沿って三十三観音像が等間隔で並んでいます。
この日はかなりの強風。特に山頂の100mほど手前から風が急激に強くなり、
この辺りで撤退する人がほとんどでした。
ここから山頂までは岩につかまったり地面に這いつくばりながら進みました。

●岩手山〜御神坂駐車場(御神坂コース)
高低差およそ1400mを一気に下ります。
上部はハイマツ帯。やがてガレ場へと変わります。
途中崩落地の通過を通過すると笠締という名の大岩があります。
大滝展望台まで下ると樹林帯に入り、火山の独立峰らしく下るほどに傾斜が緩みます。
標高600m付近で林道と出合います。しばらく林道を進んで迂回後に
再び登山道を下ると御神坂駐車場に到着です。
 
その他周辺情報【温泉】
網張温泉(600円)
 
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

【9月16日 1日目】
東京発6時の新幹線はやぶさで盛岡へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【9月16日 1日目】
東京発6時の新幹線はやぶさで盛岡へ
5
バスまでの待ち時間で駅弁をパクリ。鳩が泣けるぜ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスまでの待ち時間で駅弁をパクリ。鳩が泣けるぜ
8
八幡平自然散策バスの車窓より岩手山をパチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡平自然散策バスの車窓より岩手山をパチリ
4
八幡平山頂レストハウスに到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡平山頂レストハウスに到着
2
レストハウスから森吉山が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レストハウスから森吉山が見えました
5
そしてこれから向かう畚岳が見えています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてこれから向かう畚岳が見えています
4
八幡平山頂レストハウスからスタート。裏岩手縦走路登山口までは車道歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡平山頂レストハウスからスタート。裏岩手縦走路登山口までは車道歩き
4
裏岩手縦走路登山口にはこんな看板があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏岩手縦走路登山口にはこんな看板があります
1
いよいよ裏岩手縦走路に入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ裏岩手縦走路に入ります
4
まずは畚岳に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは畚岳に向かいます
3
赤いものがチラホラ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤いものがチラホラ(photo komemame)
1
オヤマリンドウ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウ(photo komemame)
4
畚岳アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畚岳アップで(photo komemame)
5
えぐれた登山道を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えぐれた登山道を進みます
1
畚岳分岐で荷物を置いて山頂に立ち寄ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畚岳分岐で荷物を置いて山頂に立ち寄ります
2
山頂より。八幡平
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。八幡平
6
山頂より。茶臼岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。茶臼岳
9
山頂より。これから向かう諸桧岳方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。これから向かう諸桧岳方面
1
山頂より。森吉山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。森吉山
3
絶賛絶景撮影中(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶賛絶景撮影中(photo komemame)
ザックを背負い直して先に進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックを背負い直して先に進みます
3
オヤマリンドウは今回のルートほぼすべてで見られました。まさに最盛期
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウは今回のルートほぼすべてで見られました。まさに最盛期
3
食べられるのかな?(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食べられるのかな?(photo komemame)
2
鞍部付近で樹林帯に入りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部付近で樹林帯に入りました
2
先ほどまでいた畚岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどまでいた畚岳
1
鞍部からゆるやか〜に登り返すと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部からゆるやか〜に登り返すと…
諸桧岳に到着。ここで進路を90度変えると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諸桧岳に到着。ここで進路を90度変えると…
1
たおやかな稜線が延びています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たおやかな稜線が延びています
2
秋田駒ケ岳が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋田駒ケ岳が見えました
3
畚岳を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畚岳を振り返ります
5
諸桧岳から歩いてきた紅葉の稜線を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諸桧岳から歩いてきた紅葉の稜線を振り返ります
8
正面に岩手山が裾野を広げていますが山頂は雲の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に岩手山が裾野を広げていますが山頂は雲の中
諸桧岳から鞍部に近づくと足元は溶岩っぽくなりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諸桧岳から鞍部に近づくと足元は溶岩っぽくなりました
石沼を過ぎるとほどなく前諸桧
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石沼を過ぎるとほどなく前諸桧
そして前諸桧を過ぎると正面の視界がドーンとひらけます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして前諸桧を過ぎると正面の視界がドーンとひらけます
5
正面はのっぺりとした大深岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面はのっぺりとした大深岳
1
こちらは岩手山。だいぶ雲が取れてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは岩手山。だいぶ雲が取れてきました
1
八幡平市の街並み
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡平市の街並み
前方には尖った嶮岨森
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方には尖った嶮岨森
2
嶮岨森〜大深岳まで続く稜線。これから歩けると思うとワクワク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嶮岨森〜大深岳まで続く稜線。これから歩けると思うとワクワク
5
嶮岨森との鞍部までは本ルート中では珍しい急斜面の下り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嶮岨森との鞍部までは本ルート中では珍しい急斜面の下り
ソバナ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソバナ(photo komemame)
嶮岨森と右に秋田駒ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嶮岨森と右に秋田駒ヶ岳
2
鞍部にはアキノキリンソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部にはアキノキリンソウ
2
嶮岨森を見上げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嶮岨森を見上げます
2
岩手山と眼下に鏡沼
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩手山と眼下に鏡沼
1
嶮岨森への登り返し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嶮岨森への登り返し
嶮岨森まであと少し!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嶮岨森まであと少し!
3
おおっ紅葉がっ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおっ紅葉がっ!
22
山頂より。森吉山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。森吉山
2
山頂より。茶臼岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。茶臼岳
3
山頂より。八瀬森方面かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。八瀬森方面かな
2
山頂より。なんじゃこりゃー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。なんじゃこりゃー!
6
なんじゃこりゃー!をアップで。一瞬竜巻かとアセりましたが、おそらく温泉の煙が低い雲と繋がったのかと。(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんじゃこりゃー!をアップで。一瞬竜巻かとアセりましたが、おそらく温泉の煙が低い雲と繋がったのかと。(photo komemame)
6
お昼ゴハン用に買っておいた森名物のいかめしで休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼ゴハン用に買っておいた森名物のいかめしで休憩
6
開けるとイカが2匹
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けるとイカが2匹
9
ごはんが美味しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごはんが美味しい
4
さて、休憩を終えて先に進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、休憩を終えて先に進みます
3
歩いてきたルートを振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきたルートを振り返ります
2
鞍部からほどなく進むと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部からほどなく進むと…
1
大深山荘に到着です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大深山荘に到着です
2
三ッ石山荘の水場は枯れている時も多いとのことで大深山荘の水場で水を補給します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ石山荘の水場は枯れている時も多いとのことで大深山荘の水場で水を補給します
水場は草黄葉した草原のルートにあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場は草黄葉した草原のルートにあります
6
ジャブジャブ出てました。ここで5リットルほど汲んでいきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャブジャブ出てました。ここで5リットルほど汲んでいきます
3
有名な柄杓らしいっす(komemame談)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な柄杓らしいっす(komemame談)
4
縦走路に復帰してほどなく源太ヶ岳から続く稜線に乗って西に進路を変えると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路に復帰してほどなく源太ヶ岳から続く稜線に乗って西に進路を変えると…
1
大深岳に到着です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大深岳に到着です
1
大深山から今度は進路を南に変えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大深山から今度は進路を南に変えます
1
手前から小畚山〜P1447(覘標ノ台)〜三ッ石山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前から小畚山〜P1447(覘標ノ台)〜三ッ石山
6
テンション上がります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テンション上がります
1
おお!あと少しで岩手山の全貌が見えそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお!あと少しで岩手山の全貌が見えそうです
6
小畚山との鞍部は紅葉が進んでいるようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小畚山との鞍部は紅葉が進んでいるようです
4
岩手山を眺めながら鞍部まで下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩手山を眺めながら鞍部まで下ります
3
九十九折に高低差150mほど下りです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九十九折に高低差150mほど下りです
2
岩手山の山頂がようやく見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩手山の山頂がようやく見えました
3
鞍部は紅葉の盛り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部は紅葉の盛り
8
鞍部から小畚山を見上げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から小畚山を見上げます
2
三ッ石山方面に進むに連れて紅葉が目立ち始めます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ石山方面に進むに連れて紅葉が目立ち始めます
10
午後遅くなってから光が差し始めました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後遅くなってから光が差し始めました
ミネウスユキソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミネウスユキソウ
1
小畚山までは120mほどの登り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小畚山までは120mほどの登り
振り返ると八瀬森方面に続く縦走路。こっちも気になるなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると八瀬森方面に続く縦走路。こっちも気になるなぁ
3
紅葉していた鞍部を見下ろします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉していた鞍部を見下ろします
5
青空が広がり始めました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が広がり始めました
山頂より。岩手山。ついに山頂が姿を現しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。岩手山。ついに山頂が姿を現しました
4
山頂より。三ッ石山まで続く紅葉の稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。三ッ石山まで続く紅葉の稜線
12
山頂より。大深岳。歩いてきた九十九折のルートも見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。大深岳。歩いてきた九十九折のルートも見えます
1
さて、先に進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、先に進みます
1
否が応でも岩手山が目に入ってきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
否が応でも岩手山が目に入ってきます
3
こんなに紅葉が進んでいるなんて露ほども思わず、大興奮!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなに紅葉が進んでいるなんて露ほども思わず、大興奮!
8
小畚山から三ッ石山まで続く稜線の紅葉に感動
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小畚山から三ッ石山まで続く稜線の紅葉に感動
5
この辺りから撮影で足が止まってしまってなかなか先に進みません(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから撮影で足が止まってしまってなかなか先に進みません(photo komemame)
手前にP1447の覘標ノ台と奥に三ッ石山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前にP1447の覘標ノ台と奥に三ッ石山
7
三ッ石山に近づくに連れてどんどん赤がすごくなっていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ石山に近づくに連れてどんどん赤がすごくなっていきます
13
入れ替わり立ち替わりパチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入れ替わり立ち替わりパチリ
2
乳頭山、笊森山と奥に秋田駒ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乳頭山、笊森山と奥に秋田駒ヶ岳
後から聞くと三ッ石山は岩手県で一番紅葉が早いと言われているそうです。一説には本州で一番早いとも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後から聞くと三ッ石山は岩手県で一番紅葉が早いと言われているそうです。一説には本州で一番早いとも
11
そんなことまったく知らなかったかったので不意打ちを食らって驚きも倍増
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんなことまったく知らなかったかったので不意打ちを食らって驚きも倍増
13
しかも紅葉の期間が長続きするそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかも紅葉の期間が長続きするそうです
9
P1447(覘標ノ台)を見上げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1447(覘標ノ台)を見上げます
7
小畚山から歩いてきた稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小畚山から歩いてきた稜線
4
P1447に向けて緩やかに登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1447に向けて緩やかに登ります
1
P1447の覘標ノ台に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1447の覘標ノ台に到着
1
振り返って小畚山と大深岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って小畚山と大深岳
3
そして、本日最後のピークに向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、本日最後のピークに向かいます
10
眼下に池塘が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に池塘が見えます
3
時間も遅かったためこの縦走路、貸切でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間も遅かったためこの縦走路、貸切でした
12
三ッ石山に着いてしまうのがもったいないような、早く着きたいような
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ石山に着いてしまうのがもったいないような、早く着きたいような
7
カワイイ感じのこれはナンジャラホイな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カワイイ感じのこれはナンジャラホイな?
3
P1447(覘標ノ台)と三ッ石山の鞍部にはひっそりと三ッ沼
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1447(覘標ノ台)と三ッ石山の鞍部にはひっそりと三ッ沼
1
三ッ沼とP1447(覘標ノ台)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ沼とP1447(覘標ノ台)
5
ミヤマリンドウ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマリンドウ(photo komemame)
2
笹原の先に紅葉した三ッ石山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原の先に紅葉した三ッ石山
4
気持ちの良いところですなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良いところですなぁ
4
三ッ石山山頂まであと少し!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ石山山頂まであと少し!
3
いざ、紅葉の総本山へ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ、紅葉の総本山へ!
4
傾いた太陽の光が紅葉を照らします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾いた太陽の光が紅葉を照らします
27
手前に紅葉の斜面と奥に乳頭山と秋田駒ヶ岳。眼下には滝ノ上温泉の湯けむりでしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に紅葉の斜面と奥に乳頭山と秋田駒ヶ岳。眼下には滝ノ上温泉の湯けむりでしょうか
12
ひと足先に三ッ石山山頂に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひと足先に三ッ石山山頂に到着
5
山頂からkomemameを見下ろします1
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からkomemameを見下ろします1
8
ひと足先に山頂にお邪魔してkomemameを見下ろします2
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひと足先に山頂にお邪魔してkomemameを見下ろします2
8
komemameも山頂に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
komemameも山頂に到着
4
岩手山をバックに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩手山をバックに
12
秋田駒ヶ岳をバックに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋田駒ヶ岳をバックに
7
大深山〜源太ヶ岳をバックに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大深山〜源太ヶ岳をバックに
頂上標のある隣の岩峰がTOP of TOPかな(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上標のある隣の岩峰がTOP of TOPかな(photo komemame)
7
山頂より。岩手山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。岩手山
15
山頂より。大深山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。大深山
8
山頂より。秋田駒ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。秋田駒ヶ岳
8
引きで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引きで(photo komemame)
3
山頂より。歩いてきたルート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。歩いてきたルート
7
山頂より。源太ヶ岳と奥に八幡平の茶臼岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。源太ヶ岳と奥に八幡平の茶臼岳
2
山頂より。眼下には赤の絨毯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。眼下には赤の絨毯
7
komemameもTOPにやってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
komemameもTOPにやってきました
6
広がり(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広がり(photo komemame)
2
クラクラ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラクラ(photo komemame)
3
紅葉の先に湿原が広がる楽園的風景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の先に湿原が広がる楽園的風景
1
この斜面が特にスゴかったなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この斜面が特にスゴかったなぁ
14
山頂より。三ッ石山荘が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。三ッ石山荘が見えました
さて、三ッ石山荘に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、三ッ石山荘に向かいます
1
こちらから見ると意外と複雑な山容をしています。山頂右側の凹んだところが不動平。手前に姥倉山と黒倉山。右側に弧を描いているところが鬼ヶ城でしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらから見ると意外と複雑な山容をしています。山頂右側の凹んだところが不動平。手前に姥倉山と黒倉山。右側に弧を描いているところが鬼ヶ城でしょうか
5
午後遅くの光を受けながら下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後遅くの光を受けながら下ります
2
アオモリトドマツの高原
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオモリトドマツの高原
1
三ッ石山荘に到着。この日はほぼ満員でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ石山荘に到着。この日はほぼ満員でした
3
二階に陣取らせていただきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二階に陣取らせていただきました
2
まずは脂多めのトモサンカクから
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは脂多めのトモサンカクから
7
保冷剤と一緒に担いできたビール。冷えてて美味しい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保冷剤と一緒に担いできたビール。冷えてて美味しい!
8
次は肉の味がしっかりするモモ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は肉の味がしっかりするモモ
4
三ッ石山荘からの夕焼け(iPhoneで撮影)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ石山荘からの夕焼け(iPhoneで撮影)
5
メインは鍋。茅乃舎のだしに醤油麹に漬けた豚肉と白菜、九条ネギ、しめじ、マイタケ、油揚げを入れて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メインは鍋。茅乃舎のだしに醤油麹に漬けた豚肉と白菜、九条ネギ、しめじ、マイタケ、油揚げを入れて
11
【9月17日 2日目】
暗いうちからスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【9月17日 2日目】
暗いうちからスタート
1
樹林帯の中を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中を進みます
1
南側が開けると強い風が吹き抜けていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側が開けると強い風が吹き抜けていきます
濡れた粘土質の登山道が続き…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濡れた粘土質の登山道が続き…
意外と気を使います
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外と気を使います
犬倉山に到着。巻道もありますが忠実にピークを辿りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬倉山に到着。巻道もありますが忠実にピークを辿りました
5
犬倉山から岩ゴロの道を進み…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬倉山から岩ゴロの道を進み…
再び斜度を上げ…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び斜度を上げ…
姥倉山分岐に近づくと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥倉山分岐に近づくと…
立ってられないほどの強風。いったん下ってアウターを着ます。煽られるkomemame
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ってられないほどの強風。いったん下ってアウターを着ます。煽られるkomemame
2
黒倉山も巻くことができますが山頂へと向かいます。樹林帯に入り落ち着けるのも束の間。山頂へのルートは再び吹きさらしに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒倉山も巻くことができますが山頂へと向かいます。樹林帯に入り落ち着けるのも束の間。山頂へのルートは再び吹きさらしに
黒倉山山頂に到着。風が強すぎてこちらを向けない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒倉山山頂に到着。風が強すぎてこちらを向けない
2
切通に到着。風は強いけれどやっぱり鬼ヶ城ルートがいいよね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切通に到着。風は強いけれどやっぱり鬼ヶ城ルートがいいよね
1
切通からしばらくは穏やかな樹林帯を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切通からしばらくは穏やかな樹林帯を進みます
1
鬼ヶ城周辺も紅葉が進んでいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ城周辺も紅葉が進んでいました
1
岩と紅葉の対比が美しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩と紅葉の対比が美しい
4
徐々に岩っぽくなってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に岩っぽくなってきました
1
草黄葉が進んでいるところもあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草黄葉が進んでいるところもあります
1
基本稜線の南側を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基本稜線の南側を進みます
風はビュービュー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風はビュービュー
鬼の横顔に見えたのでパチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼の横顔に見えたのでパチリ
岩場は溶岩なのでまったく滑りません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場は溶岩なのでまったく滑りません
ウメバチソウ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメバチソウ(photo komemame)
晴れてたらさらにキレイなんだろな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてたらさらにキレイなんだろな
3
尖った岩峰に黄色ペンキが。あんなところ進むのか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尖った岩峰に黄色ペンキが。あんなところ進むのか
岩峰を直登します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩峰を直登します
3
岩の間をすり抜けます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の間をすり抜けます
1
オーバーハングした岩の下をトラバース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーバーハングした岩の下をトラバース
1
鬼ヶ城っぽいギザギザ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ城っぽいギザギザ
鬼ヶ城もようやく終わりそう。思ったよりも長かったなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ城もようやく終わりそう。思ったよりも長かったなぁ
1
ひと下りして不動平避難小屋に到着。ここでお昼休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひと下りして不動平避難小屋に到着。ここでお昼休憩
3
ご飯を食べて体が温まったところで、意を決して岩手山山頂に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご飯を食べて体が温まったところで、意を決して岩手山山頂に向かいます
不動平から火口縁に向かって登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動平から火口縁に向かって登ります
ここから火口縁に沿って三十三観音像が等間隔で並んでいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから火口縁に沿って三十三観音像が等間隔で並んでいます
山頂の手前100m辺りから烈風
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の手前100m辺りから烈風
1
石にしがみつき、時には這いつくばりながら山頂に到着。写真だけ撮ってすぐに下山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石にしがみつき、時には這いつくばりながら山頂に到着。写真だけ撮ってすぐに下山
8
不動平避難小屋まで戻りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動平避難小屋まで戻りました
御神坂コースから下山開始
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御神坂コースから下山開始
1
カメラが曇ってしまいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラが曇ってしまいました
独立峰ならではの景色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独立峰ならではの景色
ハクサンシャジン(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンシャジン(photo komemame)
2
標高を下げると時折日の光も
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を下げると時折日の光も
ノコンギク(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノコンギク(photo komemame)
3
御神坂登山口に到着。お疲れ様でした!このあと網張温泉へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御神坂登山口に到着。お疲れ様でした!このあと網張温泉へ
4
【ここからおまけ】
盛岡まで戻って焼肉。ロース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ここからおまけ】
盛岡まで戻って焼肉。ロース
5
そして冷麺。この後、深夜バスで東京に戻りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして冷麺。この後、深夜バスで東京に戻りました
11
バスで寝ている間に台風とすれ違ったのだろうか、東京に戻ると台風一過の青空。山の片付けを終えてもまだお昼前、ということでhanaと近所の公園で過ごすことにします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスで寝ている間に台風とすれ違ったのだろうか、東京に戻ると台風一過の青空。山の片付けを終えてもまだお昼前、ということでhanaと近所の公園で過ごすことにします
11
ビールを飲みながらゆっくりと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビールを飲みながらゆっくりと
14
そして爆睡。気づくと夕方でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして爆睡。気づくと夕方でした
14

感想/記録

三連休は台風から逃げるように久しぶりに東北へ。
行き先は以前から歩いてみたかった裏岩手縦走路。

台風が日本列島を直撃することが濃厚になった木曜日に急遽、
行き帰りの足を整え始めます。
台風のことを考えると1泊2日でおさめて、
2日目の夜のうちに東京に戻るのがベストだろうと、
今回初めて深夜バスを利用することにしました。ちょっと楽しみ。

1日目の畚岳〜三ッ石山荘までのルートは名前の付いたピークだけでも
6つ(畚岳、諸桧岳、嶮岨森、大深岳、小畚山、三ッ石山)ありますが、
ピークというよりもイメージとしては大地が膨らんだところ
(まぁ広い意味で山はすべてそうなんですが…)といった感じで、
「トレイル」というのは本来こういうルートのことを言うんだろうなぁ。
とにかく歩いていて気持ちがよいのです。

さらに、小畚山からは三ッ石山に近づくに連れて、目の前に赤い絨毯が広がります。
後から知りましたが、三ッ石山の紅葉は岩手県で一番早いとのこと
(一説には本州で一番早いとも)。
天気も回復して青空が広がり、日も傾きはじめて紅葉の斜面を照らすベストタイミング。
まったく予想だにしていなかったので、感動も倍増。
三ッ石山は間違いなく心のベスト100名山に入りました。
写真を撮り過ぎてなかなか前に進めませんでした(おかげで今回も写真がたくさん)。

三ッ石山荘はほぼ満員。地元の方がお酒をたくさん担いで宴会をしていました。
薪ストーブが焚かれていたため、シュラフに入らなくてもポカポカの夜を過ごせました。

翌日。予想通り天気は冴えませんが、雨には降られずにすみそうな空模様です。
ただ風がとにかく強い。姥倉分岐以降は終始風との格闘でした。
特に岩手山へのラスト100mは強烈。石にかじりつき、時には這いつくばって登頂。
後から不動平の避難小屋に集まっていた岩手山の常連の方々の話を聞くと、
「こんな風が強いのは初めて」とか「こんな風が強い中、よく鬼ヶ城を通ってきたね」
とのこと。1日目と2日目のギャップが面白かった。

帰りは網張温泉へのバスの時間に合わせて御神坂コースから下山。
温泉に浸かった後、盛岡まで戻って焼肉冷麺でエンジョイ。
普段の山帰りには飲めないお酒も飲んで深夜バスに乗り込みました。

2日間の疲れとお酒でバスの中では熟睡。あっという間に着いていました。
東京は台風一過の晴れ。家に戻って後片付けを終えてもまだ午前中。
お酒を持ってhanaと一緒に近所の公園へ行きゆっくりと過ごしました。

不動平の避難小屋ではフキの煮物にラッキョやミョウガの漬物を、
網張温泉の休憩所ではリンゴとトマトをいただき、
地元の方の優しさが身に沁みる山行でもありました。

この山域は、機会があればもっともっと歩いてみたいですね。

感想/記録

この連休はテン泊だー、と
張り切っていたのに、まさかの台風。
しかもかなり影響があるという。
けれど予報をみると東北はくもりではあるけど、
まだ大丈夫っぽい。
というわけで、のんびりハイクができれば
それでいいね、と裏岩手トレイルへ行ってきました。

そんな感じで天気や景色はまったく期待してなかったのだけど、
感動モノの紅葉が待ち受けていました!
こんな良いことあっていいの?
ここで運つかってしまってないかな?
これに感謝しないとバチが当たるよ!
と、どうしたって溢れちゃうよろこびを
抑えようとするけど、まったくうまいこといかず、
わーわー、なにこれー、と騒ぎまくり。
ほんとここまできた甲斐がありました。
地元の方の話によると、三ッ石山の紅葉は、岩手日報(だったかな?)に、
毎年掲載されるほどの岩手県の秋の風物詩であり、
誰もが待ち焦がれる有名な紅葉だそうです。
今年は1週間から10日ほど早いとのことでした。
ラッキーだったなー。

翌日はうってかわっての天気となり、
ものすごい強風にとばされそうになりながらの山歩き。
実際、吹っ飛ばされガツンとお尻をぶつけました。
怖いくらいの強風で、私は岩手山登頂はあきらめました。
岩手山は前回登ったときもすごい風で、
私のなかで岩手山は、ツライ山というイメージになりそうでしたが……
けど、山頂に向かうdanyamaを小屋でまつあいだ、
地元の方とお話させてもらい心温まる時間をすごせました。
みなさん、昨日もおとといも岩手山に登ったんだとか、
今年だけでもう60何回登ったとか岩手山への愛、地元愛を感じました。
おいしい手づくりごはんまでお裾分けいただいて、
暴風の天気だったけど、岩手山のイメージはよいものになりました。
岩手山は、また必ず行きたいと思います!

今回は東京への足は、深夜バスをつかいましたが、
眠れないのだろうなぁ、、と思っていたら、
気づいたら東京についていたほど、爆睡していました。

思い出深い三連休を過ごせました。

おしまい。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:12142人

コメント

素敵な紅葉を拝見致しました。
danyamaさん。komemameさん。裏岩手縦走お疲れさまでした。

九条ネギに心惹かれてコメントさせて頂きます。
流石は都内ですね。えぇどすねぇ〜九条ネギが手に入るとはウラヤマシイかぎりです。
九条ネギの入った鍋とても美味しそうです。

もちろん、山行き全てがとても良い感じで紅葉や食事等々が素敵でした。

komemameさんのショートパンツも「山と道」製でしょうか、良くお似合いです。

お二人ともクリエーター系だけあってセンスが良いですね。

是非、機会がありましたら東北のお山へ遊びにお越し下さい。

義久
2017/9/21 10:45
Re: 素敵な紅葉を拝見致しました。
義久さん

こんばんは。
九条ネギに反応していただけるとは!
じつは、ふつうのネギにするか九条ネギにするか、一瞬迷ったんです〜。
九条ネギにしてなかったら、義久さんの目に止めてもらえなかったかもですね。

義久さんは岩手の方なんですね。
九条ネギよりも、三ッ石山とか岩手山が近いっていう方が、
私はウラヤマシイですっーーーー。
東北の山、またすぐにでも行きたいです。

パンツ褒めていただいてありがとうございます。
コメントもありがとうございました!
2017/9/21 21:09
なんだこりゃ!の紅葉
こんにちは。
久コメになります。
裏岩手縦走路、素晴らしいですね。一度歩いてみたいです。あ、岩手山はパスして平らな道だけね(笑)

いや〜三ツ石近辺の紅葉、大当たりでしたね。この時期に既にこんなになってるとは!
台風を避けた結果の嬉しい誤算?というか、私の感覚だと、雨宿りしていたら超美人と隣り合わせ、知り合いになったぐらいのラッキーかも(笑)

今季ヤマレコで最も早い本格的紅葉レポートに私の一存で認定します!(笑)
他のレコはよくみてませんけどね(笑)

しかし毎度、山食拝見していると、ヨダレが出そうなぐらい美味しそうです。料理のほうも達人とお見受けしました。こんど家に出張シェフしてもらおうかな(笑)
2017/9/21 15:42
Re: なんだこりゃ!の紅葉
つかどんさん

こんばんは。
おひさしぶりです〜!コメントうれしいです。

ほんと、この時期に紅葉だなんて思いもしなくて驚いちゃいますよね。
今週ならまだ三ッ石山の紅葉間に合うかもですよ、ぜひぜひ。

料理はてんでダメなんですけど……根が食いしん坊なので、
できるだけ美味しいものを食べたくて、毎回どんなメニューにしようか頭悩ませてます。
といっても、カンタンなものとなると、だいたいいつも同じになっちゃうんですけどネ。
もっとレパートリーがほしいところです。
なんかいいアイデア、レシピがあったらぜひとも教えてください。
2017/9/21 21:41
恐るべし東北の紅葉
danyamaさんkomemameさんこんばんは。
この時期でもうこんなに紅葉しているのですね。
まだ紅葉は大雪山まで行かないとダメだと思っていました。

裏岩手縦走路は、20年以上前転勤で盛岡に住んでいた頃歩いたことが有るのですが、八幡平の紅葉は良く覚えているのですが、岩手山は全く紅葉の記憶がありません。
登山道の様子も余り覚えていないのですが、もっと荒れていたようなイメージが有ります。

それにしても東北の山の紅葉は素晴らしいですね。
この週末にでも早速行ってみたくなりましたが、盛岡は遠いな〜

いつもながら素晴らしい写真ありがとうございます。
2017/9/21 23:20
Re: 恐るべし東北の紅葉
やまやさん

こんばんは!
私もこんなに紅葉していると思っていなかったです。
とんだご褒美をいただいちゃいました!
あとで知りましたが、本州で一番早いみたいで、
さらに今年は10日くらい早かったようです。
岩手山のほうは、鬼ケ城のはかなり紅葉してました。
とはいえ、岩手山行った日は暴風でぜんぜん紅葉を愛でる余裕はなかったですが

もりおか遠いですけど、乗っちゃえば2時間ですよー!
大阪よりも近いですよー!(車はしんどいですけど)
やまやさんも、今週ぜひ行っちゃってください!!!!
2017/9/22 21:29
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ