また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1264066 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳は束の間の秋晴れ、手術後のリハビリのつもりが…(竹宇駒ヶ岳神社→北沢峠)

日程 2017年09月22日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
(往路)
JR中央本線長坂駅→(ローソン白州店立ち寄り)→竹宇駒ヶ岳神社(北杜タクシー)¥4,600

(復路)
北沢峠→仙流荘(南アルプス林道バス)¥1,340(荷物代込)
http://www.city.ina.nagano.jp/kankojoho/sangaku_alps/minamialps/minamialps_jikokuhyo.html

仙流荘→高遠駅(長谷循環バス)¥310
http://www.city.ina.nagano.jp/kurashi/kotsu_jikokuhyo/bus_rosenjikokuhyo/busjikokuhyo/bus_takato-hase/junkan_hase.html

高遠駅→伊那市駅(ジェイアールバス関東)¥520
http://www.city.ina.nagano.jp/kurashi/kotsu_jikokuhyo/bus_rosenjikokuhyo/busjikokuhyo/bus_takato-hase/bus_takatosen.html

(首都圏乗継最終)
・平日
仙流荘17:23→17:53高遠駅
高遠駅17:58→18:21伊那市駅18:29→19:20岡谷19:37→(あずさ34号)
高遠駅18:45→19:08伊那市駅19:15→19:57岡谷20:15→(スーパーあずさ36号)
・休日
仙流荘18:03→18:33高遠駅18:45→19:08伊那市駅19:15→19:57岡谷20:15→(スーパーあずさ36号)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

尾白渓谷駐車場0:20→2:00笹ノ平分岐2:05→4:10刃渡り(仮眠)5:00→刃利天狗5:25→6:10五合目6:20→7:30七丈小屋7:45→8:50八合目御来迎場9:10→10:35甲斐駒ヶ岳10:55→駒津峰12:10→12:50双児山→14:10北沢峠…[13時間50分]
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え2 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ2 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 シュラフカバー タオル カメラ ヘルメット カラビナ3 スリング3

写真

11回目の尾白渓谷駐車場です。深夜0時。今日は終電の1本前で、1時間ほど早い到着。夏休みの大事件・急性虫垂炎の手術から5週間のブランクを経て、復帰第1戦は無理せずリハビリハイキング…のつもりでしたが。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11回目の尾白渓谷駐車場です。深夜0時。今日は終電の1本前で、1時間ほど早い到着。夏休みの大事件・急性虫垂炎の手術から5週間のブランクを経て、復帰第1戦は無理せずリハビリハイキング…のつもりでしたが。。。
4
夜食とトイレを済ませて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜食とトイレを済ませて、
1
登山届を書いて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届を書いて、
1
竹宇駒ヶ岳神社にお参り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹宇駒ヶ岳神社にお参り。
さあ、出発。いつも通りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、出発。いつも通りです。
1
途中割愛。神社から1時間30分で笹ノ平分岐です。今夜はゆっくりノンストップでここまで。筋力は間違いなく低下してるなあ…いつもそうですが、今回は特に、不安を感じたらすぐ下山、と自分に言い聞かせます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中割愛。神社から1時間30分で笹ノ平分岐です。今夜はゆっくりノンストップでここまで。筋力は間違いなく低下してるなあ…いつもそうですが、今回は特に、不安を感じたらすぐ下山、と自分に言い聞かせます。
3
1600m地点。笹ノ平分岐から35分かかっています。今回はこの手前の急坂から眠気に襲われました。そろそろ仮眠してもいいのですが、ここはいつも風が吹いていてちょっと寒い。八丁登ってからにしよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1600m地点。笹ノ平分岐から35分かかっています。今回はこの手前の急坂から眠気に襲われました。そろそろ仮眠してもいいのですが、ここはいつも風が吹いていてちょっと寒い。八丁登ってからにしよう。
約50分後、八丁登り終了を告げる大岩。この先、いくつかいい感じの仮眠スポットがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約50分後、八丁登り終了を告げる大岩。この先、いくつかいい感じの仮眠スポットがあります。
いつでも仮眠できる、と思うとなぜか覚醒し、刃渡りに到着。ここで少し休んでいこう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつでも仮眠できる、と思うとなぜか覚醒し、刃渡りに到着。ここで少し休んでいこう。
2
【眠くなったらその辺で寝る】本日の試行
今日の荷物は思い切って軽量化。娘のザックを借りてきました。なので低山日帰り装備以外のものは予備の着替えとシュラフカバーだけ(ただし、相変わらず食料は減りません)。
汗で濡れたシャツを着替え、フリースと雨具を着込み、靴のままシュラフカバーに入って地べたでごろ寝します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【眠くなったらその辺で寝る】本日の試行
今日の荷物は思い切って軽量化。娘のザックを借りてきました。なので低山日帰り装備以外のものは予備の着替えとシュラフカバーだけ(ただし、相変わらず食料は減りません)。
汗で濡れたシャツを着替え、フリースと雨具を着込み、靴のままシュラフカバーに入って地べたでごろ寝します。
7
40分ほど気持ちよく眠れましたが、やはり寒さで震えが来て目が覚めました。あと20分寝たかったが、そのためにはもうひと工夫要りそう。じゃまだけど、マットはあった方がいいかな。。。冬の経験から、お湯を一杯飲んで2度寝なら可能かも(この日は準備せず)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
40分ほど気持ちよく眠れましたが、やはり寒さで震えが来て目が覚めました。あと20分寝たかったが、そのためにはもうひと工夫要りそう。じゃまだけど、マットはあった方がいいかな。。。冬の経験から、お湯を一杯飲んで2度寝なら可能かも(この日は準備せず)。
3
朝5時。夜が明けてきます。登山道はまだ真っ暗ですので、ヘッドライトを点けて慎重に行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝5時。夜が明けてきます。登山道はまだ真っ暗ですので、ヘッドライトを点けて慎重に行きます。
3
刀利天狗へのはしご。ここを真っ暗な時間帯に通過するのは初めてだな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刀利天狗へのはしご。ここを真っ暗な時間帯に通過するのは初めてだな。
1
刀利天狗に到着。やっと明るくなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刀利天狗に到着。やっと明るくなってきました。
黒戸山の眩しい朝。写真よりももっとオレンジ色に輝いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸山の眩しい朝。写真よりももっとオレンジ色に輝いていました。
4
五合目からのビューです。軽いリハビリハイキングでいいというつもりでしたが、これを見てしまうと行くしかないでしょう。仮眠後の体調は良好。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目からのビューです。軽いリハビリハイキングでいいというつもりでしたが、これを見てしまうと行くしかないでしょう。仮眠後の体調は良好。
2
五合目。少し補給します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目。少し補給します。
1
6合目付近では紅葉が始まっていますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目付近では紅葉が始まっていますね。
1
小屋までもうひと踏ん張り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋までもうひと踏ん張り。
2
小屋手前、最後の難関の守り神。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋手前、最後の難関の守り神。
1
少し下から覗き込むように見上げてみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下から覗き込むように見上げてみました。
3
ここは岩の端にある階段を登ることになっていますが、岩の斜面真ん中付近から土が堆積して、足をかけてもよさそうになっています。これまで気づかなかっただけかな?岩が濡れているときなどは怖いので、確かめてみればよかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは岩の端にある階段を登ることになっていますが、岩の斜面真ん中付近から土が堆積して、足をかけてもよさそうになっています。これまで気づかなかっただけかな?岩が濡れているときなどは怖いので、確かめてみればよかった。
2
七丈小屋に着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋に着きました。
蛇口はしまっていましたが、ひねると水は出ます。そろそろ凍結の心配をしなくていいのかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇口はしまっていましたが、ひねると水は出ます。そろそろ凍結の心配をしなくていいのかな。
1
充実してきていますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
充実してきていますね。
1
今日は飲み物も十分あるし、通過します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は飲み物も十分あるし、通過します。
1
森林限界付近へ。このあたりから減速。やはり筋力低下は否定できないです。5週間のブランク自体はそれほど珍しくないのですが、そのうち2週間は寝たきり。さらに勤務復帰後1週間は、タクシーや新幹線で負担を避け、ほぼ歩かない生活でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界付近へ。このあたりから減速。やはり筋力低下は否定できないです。5週間のブランク自体はそれほど珍しくないのですが、そのうち2週間は寝たきり。さらに勤務復帰後1週間は、タクシーや新幹線で負担を避け、ほぼ歩かない生活でした。
3
朝出発のトレランの方々が風のように通過していきますが、私は一歩一歩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝出発のトレランの方々が風のように通過していきますが、私は一歩一歩。
6
でもね、ここに来てしまうと…
「縫い目が開いても行く!」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもね、ここに来てしまうと…
「縫い目が開いても行く!」
3
ここ、冬はスキー場のゲレンデみたいな凹凸のないアイスバーンなんですよね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ、冬はスキー場のゲレンデみたいな凹凸のないアイスバーンなんですよね。
5
ヘトヘトで八合目御來迎場に到着。無理しないで下山するって言ったって、今日は日帰り。これから黒戸尾根を帰るよりは北沢峠に向かいたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘトヘトで八合目御來迎場に到着。無理しないで下山するって言ったって、今日は日帰り。これから黒戸尾根を帰るよりは北沢峠に向かいたい。
1
あったかいものを食べたかったのだけど、バーナーを入れ忘れてしまった。冬なら問答無用で下山ですね(笑)七丈小屋があるから安心ではあるけれど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あったかいものを食べたかったのだけど、バーナーを入れ忘れてしまった。冬なら問答無用で下山ですね(笑)七丈小屋があるから安心ではあるけれど。
6
今回は電車の中で入れ忘れたことに気づいたので、コンビニでおにぎりを買いました。出発前に詰めてきたカップ麺はただの重しに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は電車の中で入れ忘れたことに気づいたので、コンビニでおにぎりを買いました。出発前に詰めてきたカップ麺はただの重しに。
3
さあ、行こう!せめて、ガスがかからないうちに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、行こう!せめて、ガスがかからないうちに。
3
紅葉のゲートを通って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉のゲートを通って
1
足が上がらず、途中でへばりつく私を想像してください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足が上がらず、途中でへばりつく私を想像してください。
2
難所が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難所が続きます。
1
そして最後の難関へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして最後の難関へ
1
剣の岩直下のルンゼをのぞき込んで撮りましたが、見上げるとあんまり怖くない写真ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣の岩直下のルンゼをのぞき込んで撮りましたが、見上げるとあんまり怖くない写真ですね。
1
ここまで登るだけで20分かかってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで登るだけで20分かかってます。
4
さらに10分以上…八合目より下で追い抜いていった方々が、もう山頂から帰ってきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに10分以上…八合目より下で追い抜いていった方々が、もう山頂から帰ってきます。
2
でも、もうすぐですね。呼吸が苦しいけど、少しずつ行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、もうすぐですね。呼吸が苦しいけど、少しずつ行きます。
1
祠がはっきり見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠がはっきり見える。
1
今回も到着することができました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回も到着することができました。
9
撮っていただきました。寒いところありがとうございます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮っていただきました。寒いところありがとうございます。
21
五合目からみた甲斐駒は束の間の秋晴れの中でしたが…天候は穏やかでよかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目からみた甲斐駒は束の間の秋晴れの中でしたが…天候は穏やかでよかった。
3
山頂は風があったので、鋸方面に少し下ったところで休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は風があったので、鋸方面に少し下ったところで休憩。
1
どこをみても雲がもくもくでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこをみても雲がもくもくでした。
1
今日はおとなしく、巻き道を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はおとなしく、巻き道を下ります。
1
摩利支天はよく見えてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天はよく見えてます。
3
六方石付近から甲斐駒を振り返って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六方石付近から甲斐駒を振り返って
6
ここからは北アルプスが見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは北アルプスが見えました。
今日は双児山経由で下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は双児山経由で下山します。
あれに登り返すのですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれに登り返すのですが
2
仙水峠経由の道はどこまで行っても岩だらけ。それよりも、少し足に優しい道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水峠経由の道はどこまで行っても岩だらけ。それよりも、少し足に優しい道です。
2
このあたりだったかな。小3娘、黒戸尾根のアスレチックで疲れて涙ぽろぽろで座り込んでしまったの(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりだったかな。小3娘、黒戸尾根のアスレチックで疲れて涙ぽろぽろで座り込んでしまったの(笑)
1
でも、登り返しの山頂はすぐそこだったという思い出。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、登り返しの山頂はすぐそこだったという思い出。
2
遠くになってしまった甲斐駒をもう一度振り返って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くになってしまった甲斐駒をもう一度振り返って
2
あとはひたすら下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはひたすら下ります。
1
今日の女王様は恥ずかしがっててダメでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の女王様は恥ずかしがっててダメでした。
とにかく九十九折れの地味にしんどい下り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく九十九折れの地味にしんどい下り
1
駒津峰から2時間で北沢峠に到着です。前回、仙水峠経由は2時間15分。休憩込なので単純比較できませんが、標準タイムは仙水峠が10分短いことになっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒津峰から2時間で北沢峠に到着です。前回、仙水峠経由は2時間15分。休憩込なので単純比較できませんが、標準タイムは仙水峠が10分短いことになっています。
1
林道バスは27人そろったところで15:00に発車。16時前に仙流荘に到着しました。少しゆっくりお風呂に入って、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道バスは27人そろったところで15:00に発車。16時前に仙流荘に到着しました。少しゆっくりお風呂に入って、
2
長谷循環バスで帰ります。平日なので17:23が最終。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷循環バスで帰ります。平日なので17:23が最終。
3
下山ビールは特急あずさのお弁当で。手術後の回復ぶりには自信がつきましたが、それにしても疲れた〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山ビールは特急あずさのお弁当で。手術後の回復ぶりには自信がつきましたが、それにしても疲れた〜
10
訪問者数:337人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/16
投稿数: 1685
2017/9/25 8:27
 凄いリハビリ
術後の回復ぶりが証明されましたね。
五週間のブランク、暑くなかったのと装備軽量化したのが功を奏したのではないでしょうか?
未明は歩いてると汗ダラダラですが休憩すると寒いんですね。
尾白、11回ですか、もはや真夜中の尾白はhiyopaさんの黒戸レコの必須アイテム(笑)

移動含め黒戸、本当にお疲れさまでした。
登録日: 2014/6/29
投稿数: 177
2017/9/25 21:52
 Re: 凄いリハビリ
tomhig さん、こんばんは♪

まだストレッチ体操などすると縫い目がピリッとしますので、半分無茶だなとは思いましたが…この時期どこに行きたい?って自分に聞いたらやっぱりここだったという、ある意味こっちの方がビョーキかも知れません

この日は晴れていたこともあってか、未明はかなり冷え込みました。それでも登っていれば笹ノ平までには汗でびっしょりですから、着替えなければ5分とじっとしていられません。それに加え、花崗岩の上で寝るというのはやめた方がいいですね(笑)せめて落ち葉か芝生の上にしないと。

今シーズンは春と秋の黒戸尾根を楽しむことができました。次回は年末あたりかなと。また雪が降ったら、小屋でお待ちしていますね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ